梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

低コストのインデックスファンド・ETFをバイ&ホールド、下町個人投資家のインデックス投資実践記を見てやってください。

【まとめ記事】低コストインデックスファンド徹底比較(20年12月末)高評価インデックスファンド集【全部入り】

「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事で取り上げた資産クラス(日本株式、先進国株式、新興国株式、全世界株式、日本債券)ごとのインデックスファンド比較の図表(2020年12月末時点)を、すべて1本の記事にまとめました。各資産クラスの高評価なインデックスファンドが一覧できますよ。※当シリーズ記事の説明書きとして、まずは『新シリーズ!「低コストインデックスファンド徹底比較」開始。まずは説明書き』を...

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2020」は、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)が二連覇

本日、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2020」が発表になり、「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」(三菱UFJ国際投信)が見事栄冠を勝ち取りました。昨年に続いて二連覇です。おめでとうございます!eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、国内株式・先進国株式・新興国株式に投資するインデックスファンドです。いわゆる全世界株式ですね。これ一本で全世界の株式にまるごと投資できる国内籍のイ...

【日本債券】低コストインデックスファンド徹底比較(20年12月末) eMAXIS Slimとニッセイが高評価

「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事として、日本債券クラスの主要なインデックスファンドについて、2020年12月末で比較しました。※当シリーズ記事の説明書きとして、まずは『新シリーズ!「低コストインデックスファンド徹底比較」開始。まずは説明書き』をぜひご覧ください。それではどうぞ。日本債券クラスのベンチマークである NOMURA-BPI は、「インカム収入を考慮した経過利子込時価総額加重型インデック...

【全世界株式】低コストインデックスファンド徹底比較(20年12月末) eMAXIS Slim 全世界株式(オルカン&除く日本)が高評価

「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事として、全世界株式クラスの主要なインデックスファンドについて、2020年12月末で比較しました。※当シリーズ記事の説明書きとして、まずは『新シリーズ!「低コストインデックスファンド徹底比較」開始。まずは説明書き』をぜひご覧ください。それではどうぞ。全世界株式クラスの対象インデックスは、「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」と、「MSCI オール・カ...

【新興国株式】低コストインデックスファンド徹底比較(20年12月末) 超低コスト「雪だるま新興国株式」に異常値!?

「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事として、新興国株式クラスの主要なインデックスファンドについて、2020年12月末で比較しました。※当シリーズ記事の説明書きとして、まずは『新シリーズ!「低コストインデックスファンド徹底比較」開始。まずは説明書き』をぜひご覧ください。それではどうぞ。新興国株式クラスの対象インデックスは、「MSCI エマージング・マーケット・インデックス」もしくは「FTSE エマー...

【先進国株式】低コストインデックスファンド徹底比較(20年12月末) 信託報酬 年0.1%以下の超低コスト、ニッセイ&eMAXIS Slimが高評価

「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事として、先進国株式クラスの主要なインデックスファンドについて、2020年12月末で比較しました。※当シリーズ記事の説明書きとして、まずは『新シリーズ!「低コストインデックスファンド徹底比較」開始。まずは説明書き』をぜひご覧ください。それではどうぞ。先進国株式クラスの対象インデックスは、「MSCI コクサイ・インデックス」。アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス...

【日本株式】低コストインデックスファンド徹底比較(20年12月末) eMAXIS Slimが高評価、iFreeが1年リターンで頑張る

「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事として、日本株式クラスの主要なインデックスファンドについて、2020年12月末で比較しました。※当シリーズ記事の説明書きとして、まずは『新シリーズ!「低コストインデックスファンド徹底比較」開始。まずは説明書き』をぜひご覧ください。それではどうぞ。日本株式クラスの対象インデックスは、「TOPIX」です。比較の結果、「eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)」(運用会社:三...

自分がやっている投資はバイ&ホールド戦略なのか、トレンドフォロー戦略なのか

先日、ツイッターに何気なく投稿した内容が、たくさんいいねされていたのでブログにも記録しておきます。ちょっと前まで「米国株!米国株最強!」と言ってた人ほど、急に「ビットコイン!ビットコイン最強!」と騒ぎ出しているような。意識しているか否かにかかわらず、投資法が直近上がっているものに飛びつくトレンドフォロー戦略なんですね。— 水瀬ケンイチ(みなせけんいち) (@minasek) January 8, 2021 2021年1月7日深夜...

某メディアからかんたんなアンケート取材をお受けしました

某メディアからかんたんなアンケート取材をお受けしました。テーマはインデックス投資ではなく、若いかた向けのお金全般の準備についてとりあげる企画のようです。インデックス投資についての取材だと、いつも同じような質問を受けて同じような話をすることになるのですが、今回はじっくり考えながら回答する必要があって新鮮でした。それにしても、コロナ禍の影響で、取材は対面ではなくすっかりオンラインだけになりました。その...

個人投資家の9割が株で負けている理由と「信用取引評価損率」の推移

日刊SPA!によると、個人投資家の9割が株で負けているらしいです。個人投資家の9割が株で負けている理由。塩漬け、逆張り、割安株投資/足立武志 | 日刊SPA!nikkan-spa.jp情報ソースが日刊SPA!なので、その理屈をまず疑ってかかりました。またろくでもないコメンテーターが適当なことを面白おかしく言っているだけだろうと思ったからです。誤解なきように予め申しあげておくと、当ブログでも過去に何度も書いているとおり、私はエン...

投資本の選び方の注意点、拙著の場合は?

ANA Financial Journal の記事「投資初心者におすすめの本10選。学びのポイントと注意点を解説」で、拙著「お金は寝かせて増やしなさい」(水瀬ケンイチ著)が紹介されました。投資初心者におすすめの本10選。学びのポイントと注意点を解説投資についての情報ソースは、新聞・雑誌やインターネットなど、どんどん多様化しており、今や投資初心者でもリアルタイムで情報入手できるようになっています。反面、根本となる理論や考え方...

オンラインの投資家飲み会に参加。TOPIX算出方法見直し、ESG投資、新興国の勢い、沖縄は半袖など

 (画像はイメージです)先日、オンラインの投資家飲み会に参加しました。TOPIX算出方法見直し、ESG投資などいろいろな話が出て、とても有意義でした。相互リンクブロガーのおぱるさんとkenzさんが主催する「オンラインムサコ会」です。ムサコ会は以前から何度も開催されていますが、最近はコロナ禍の影響でビデオ会議を活用したオンライン飲み会になっています。今回は冷奴、ミックスナッツ、ビール(アサヒスーパードライ)...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(20年12月末)、今回から全世界株式クラスも追加

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。「市場価格と基準価額の乖離」とは、かんたんにいえば、ETFの中身に対して中身どおりの価格がついているか、それとも割高 or 割安な価格がついてしまっているかを表しています。いちばん良いのは、ETFの中身と価格が同じ(乖離率±0%)というフェアな状態です。国際分散投資に活用できる主要な国内ETFについて、2020年12月末ま...

2020年12月末の資産配分(アセットアロケーション)と主な投資商品、今後の投資方針

毎年2回、6月末と12月末に資産配分(アセットアロケーション)の把握をしています。正月に2020年12月末の資産配分を確認しました。直近1年間に「コロナショック」の株価暴落とその後の急回復がありました。果たしてどうなっているのでしょうか。資産配分(アセットアロケーション)日本株式 5.3%先進国株式 57.3%新興国株式 9.9%REIT(国内外) 1.9%外国債券 2.1%日本債券 23.6%半年前と比べると、債券クラスが3%ほど小...

2021年、あけましておめでとうざいます

あけましておめでとうございます。2021年の始まりです。今年はどんな年になるのでしょうか? わかりません!(恒例の即答)新型コロナウイルス感染症拡大の勢いはいまだおさまらず、延期になった東京オリンピックがどうなるのかもわかりません。ワクチンが広まったら広まったで、逆に材料出尽くしで株式市場の暴落が来るとか、来ないとか、いろいろなことが言われているようです。しかし、将来のことが正確にわかる人などこの世に...

2020年 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー的、3大ニュース

激動の2020年がもうすぐ終わります。今年もいろいろなことがありましたが、2020年最後に梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー的、3大ニュースをまとめておきたいと思います。(1) コロナショックの暴落とその後のV字回復(2) バンガード・インベストメンツ・ジャパンが営業活動終了(3) 「たまひよ」連載、全21回完結以下、ふりかえってみます。...

2020年末、「お金は寝かせて増やしなさい」Kindle版がAmazon一般・投資読み物カテゴリでベストセラー1位に返り咲き

本日、拙著「お金は寝かせて増やしなさい」(水瀬ケンイチ著)のKindle版が、Amazon「一般・投資読み物」カテゴリでベストセラー1位に返り咲きました。(2020年12月30日 13:23現在)2017年12月の初版発売から、3年の月日がたちましたが、再びベストセラーになったことに感謝です。現在Kindleストアで実施中の「【最大50%OFF】Kindle本 年末年始キャンペーン」の対象本になったのをきっかけに読んでくれた方が数多くいらっしゃるの...

2020年もインデックスファンドの信託報酬(運用管理費用)は低下、アクティブファンドは逆に上昇?

QUICK Money World に、インデックスファンドの信託報酬(運用管理費用)は低下傾向が続いているという最新データが掲載されています。投資信託の信託報酬、インデックス型で低下傾向が続く - 資産運用・資産形成|QUICK Money World - 株式投資・マーケット・金融情報の総合サイト投資信託の信託報酬は、インデックス型(指数連動型)を中心に低下傾向が続いている。インデックス型投信の信託報酬(税込み)は11月末時点の残高加...

SBI証券ユーザーは要注意! 一定期間パスワード変更していないとリセットされて面倒なことに

SBI証券のWEBサイトに「パスワード変更のお願いとログインパスワードおよび取引パスワードのリセットについて」というお知らせが出ています。一定期間ログインパスワードの変更をしていない人が対象のようです。そういえば最近、ログインするたびにパスワードを変更してくれ、変更してくれ、と表示されてましたっけ。そのままスルーして操作を進めてましたが。ところが、2021/1/20(水) 9:00時点で、「ログインパスワード」の変更...

いまの20代の若者の方は危機に対する対応がスマート

日経電子版に、QUICK資産運用研究所が11月に実施した「個人の資産形成に関する意識調査」で、若い世代を中心に資産形成が広がりつつあることがわかったという記事が掲載されています。若い世代に広がる資産形成 コロナ禍が背中押す: 日本経済新聞日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなど...