梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

低コストのインデックスファンド・ETFをバイ&ホールド、下町個人投資家のインデックス投資実践記を見てやってください。

マネックス証券とSBI証券、米国ETF9銘柄の買付手数料実質無料化

マネックス証券とSBI証券は、バンガードなど米国ETF9銘柄の買付手数料を実質無料化すると発表しました。...

松井証券に追随して、すかさずSBI証券も1日の約定代金50万円までの株式取引手数料を無料化

2019年12月9日に松井証券が、国内株式について1日の約定代金50万円までの株式取引手数料を無料とすると発表しました。すると同日、すかさずSBI証券も追随して、1日の約定代金50万円までの株式取引手数料を無料とすると発表しました。...

「お金は寝かせて増やしなさい」(フォレスト出版)2周年

拙著「お金は寝かせて増やしなさい」(フォレスト出版)の初版が2017年12月8日に発売されてから、本日で丸2年です。...

もしコストゼロのインデックスファンドがあったら必ず儲かる?

昨年2018年の夏、米国フィデリティ・インベストメンツが信託報酬ゼロのインデックスファンドを発売して話題になりました。...

複雑怪奇な2階建て新NISAの日経新聞報道。脳内で円卓会議を妄想

日本経済新聞に、2024年に刷新される「新NISA」の報道が出ています。...

「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の信託報酬がライバル追随値下げ!

三菱UFJ国際投信は、インデックスファンドの「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の信託報酬を、他社類似ファンドに対抗して引き下げると発表しました。...

DMM.com証券、米国株式の取引手数料を完全無料化

昨日、「【追記あり・SBI証券も】松井証券・楽天証券・マネックス証券、投資信託の購入時手数料を無料化」というブログ記事を書きましたが、今度は「米国株式」の取引手数料の完全無料化を発表する証券会社が現れました。...

【追記あり・SBI証券も】松井証券・楽天証券・マネックス証券、投資信託の購入時手数料を無料化

松井証券は2019年12月9日から、楽天証券は2019年12月16日から、投資信託の購入時手数料(販売手数料)を無料化すると発表しました。また、マネックス証券は2020年1月から、投資信託の購入時手数料を全額キャッシュバックすると発表しました。こちらは完全な無料化ではありませんが、実質無料化です。...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(19年11月)、マーケットメイク対象外ETFの乖離が大幅拡大。薄々感じていたことが確信へ

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。国際分散投資に活用できる主要なETFについて、2019年11月末までの乖離率を調べてみました。そして、以前から薄々感じていたことが確信めいたものになりました。...

「新R25」に取材記事の第2弾が掲載されました

R25世代(20~30代)のビジネスパーソン向けWEBメディア「新R25」に、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーと水瀬が掲載されました。...

良い金融アドバイザーを見つけるのはなかなか難しい

トウシルに、金融アドバイスと利益の対立について解説した動画が掲載されています。...

たまひよ幻の第9回コラム!?

2019/11/21に「『たまひよ』に若いママパパ向けの第9回連載記事が掲載。今回はつみたてNISAのお話」というブログ記事で、たまひよの第9回連載を報告しました。すると、読者の方から「たまひよのコラムのリード文が第10回となっているが、第9回の間違いではないか」という趣旨のご指摘をいただきました。当ブログの報告記事も9本目だったし、たまひよの連載記事一覧画面で見ても9本目だったので、ご指摘のとおりリード文の間違いだ...

国内ETF「MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信」(銘柄コード1550)が信託報酬引き下げを含む変更!

ETF
三菱UFJ国際投信は、国内ETF「MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信」(銘柄コード1550)の信託報酬引き下げを含む変更を行うと発表しました。...

「SBI・先進国株式インデックス・ファンド/愛称:雪だるま(先進国株式)」が信託報酬引き下げ!

SBIアセットマネジメントは、「SBI・先進国株式インデックス・ファンド/愛称:雪だるま(先進国株式)」の信託報酬を、2019年12月18日から引き下げると発表しました。...

【修正・第10回でした】「たまひよ」に若いママパパ向けの第9回連載記事が掲載。今回はつみたてNISAのお話

妊娠や出産・育児のお役立ち情報サイト「たまひよ」に、水瀬ケンイチの第9回第10回連載記事が掲載されました。今回は、「つみたてNISA」の話です。...

相談や苦情につながる販売が若年層にも拡がっている

ニッセイ基礎研究所に「年金不安の陰で増加する金融トラブル」というレポートが掲載されています。...

みずほマイレージクラブ、2020年3月1日(2020年1月31日の取引条件判定)からサービス改悪。私はどうするか?

利用しているみずほ銀行の「みずほマイレージクラブ」で、コンビニATM利用料0円とか振込手数料0円などの条件が、2020年3月1日(2020年1月31日の取引条件判定)から改悪されるとの連絡がありました。...

Kindleストアで「人生にお金はいくら必要か」(山崎元・岩城みずほ著)など、【40%ポイント還元】東洋経済新報社フェア実施中

現在、Kindleストアで、「【40%ポイント還元】東洋経済新報社フェア」を実施しています。対象Kindle本のなかから、当ブログの読者さまにおすすめの本をご紹介します。...

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」19年11月分の実行、173回目の積み立て

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」の19年11月分の積み立て投資を、11月14日に行ないました。 ブログで記録をはじめてから173回目の積み立てになります。※「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」とは、積み立て投資の退屈対策のためにやっている投資法に付けたテキトーな名前です。詳しくはこちらを参照。...

試される大地で投資談義

某試される大地に来ています。...