トヨタアセットと三井住友アセットが合併へ

トヨタアセットと三井住友アセットが来年4月に合併すると発表しました。

http://www.smam-jp.com/news/news/pdf/__icsFiles/afieldfile/2012/10/02/news20121002_2.pdf

トヨタアセットは資産運用事業を譲渡して撤退するようです。

続きを読む

Yahoo!ファイナンスの株価表示がリアルタイムに

本日2012年8月1日から、Yahoo!ファイナンスの株価表示がリアルタイムになりました。

今までは約20分遅れだったので、ありがたい話です。
ただ、主にインデックスファンドを月一で積み立てるだけの自分にとって、なにか改善したかと考えたら、特にメリットはありませんでした(^^;

もともと、証券会社の口座があればリアルタイムな株価は分かりましたしね。

続きを読む

【特別寄稿】 国民健康保険加入時の海外ETFのコストを考える

こんにちは、水瀬ケンイチです。
今回は、当ブログのコメント常連さんである、タカちゃん氏の寄稿をご紹介します。

タイトルは、「国民健康保険加入時の海外ETFのコストを考える」です。
私自身は現在、会社の健康保険組合に加入しているので、国民健康保険加入時の注意事項についてよく知りません。
しかし、将来リタイアした後は、国民健康保険に加入すると思います。
その時、自分の資産運用の内容が国民健康保険の保険料に影響するのであれば、今のうちから勉強しておいて損はないと思います。
それでは、どうぞ!


--- 以下、寄稿 ---

タイトル:国民健康保険加入時の海外ETFのコストを考える

会社員の内は社会保険に加入しているので確定申告をしても税金だけを考えれば良いのですが、会社を退社した場合は国保に切り替える人は多いかも知れません。
そんな時に注意したいのは、特定口座が使える大手証券会社を除いて確定申告をして税金を納めるような投資対象である海外ETFの場合は国保を上げてしまうケースが出てきます。
そこで、国保のコスト構造を知っておくと対策が立てやすいと思いますので、例を挙げて簡単な計算をしてみます。
是非、コスト低減対策に役立ててほしいと思います。

続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/03/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/30まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)