早期リタイアすると公的年金はいくら減るのか問題

Mocha(モカ)に「30歳・40歳・50歳で早期リタイアすると年金はいくら減るのか」という動画が掲載されています。早期リタイアを目指している自分にとって、これは興味あり!30歳・40歳・50歳で早期リタイアすると年金はいくら減るのか | 相続・税金・年金 - Mocha(モカ)昔から早期リタイアブームはありましたが、最近はFIREムーブメントにより、早期リタイアブームが過熱しています。FIREとは「Financial Independence Retire Ea...

ゆるゆると上がり続ける相場に健全な警戒心を持とう

上記はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の3年チャートです。日米ともに株価がゆるゆると上がり続けています。米国株、ダウ反発し179ドル高 主力ハイテク株に買い直し ナスダック続伸【NQNニューヨーク=横内理恵】12日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発し、前日比179ドル08セント(0.5%)高の3万6100ドル31セントで終えた。米長期金利が落ち着いた動きとなり、主力ハイテク株への見直し買いが続...

資産運用20年、リアルな運用資産の騰落や金額を公開する!?

2010年に共著で刊行された「ほったらかし投資術」(朝日新聞出版)と、2017年に単著で刊行された「お金は寝かせて増やしなさい」(フォレスト出版)が、奇しくも同じようなタイミングで改訂されることになっています。「ほったらかし投資術」は2015年に全面改訂版が刊行されたあと、6年ぶりに「三訂版」になります。テーマの根幹は普遍ですが、表現をほぼ全面的に書き直しているところです。「お金は寝かせて増やしなさい」はより...

「つみたてNISA」の途中売却をセゾン投信会長CEO中野さんが残念がっています。わかる!わかるけど…

「つみたてNISA」で投資した資金を途中売却する人がいることを、セゾン投信代表取締役会長CEOの中野さんが残念がっています。つみたてNISA、途中でやめる残念な人 | トウシル 楽天証券の投資情報メディア投資初心者必見!つみたてNISAの最大の魅力を解説。投資で失敗する人はどんな人?media.rakuten-sec.netつみたてNISAの最大の魅力は投資してから20年間という長期の非課税期間なので、1~2年で売却してしまうのは良さを生かしき...

毎年4万8000円を捨てる人がいる!?

会社員の皆さまはそろそろ「年末調整」の時期だと思います。PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)に「「忘れると4万8000円の損」年末調整で最近提出が増えている"第3の添付書類" 圧着ハガキを捨ててしまう人も」という記事が掲載されているのでチェックします。「忘れると4万8000円の損」年末調整で最近提出が増えている"第3の添付書類" 圧着ハガキを捨ててしまう人も年末調整の書類が配られる季節になりました。生命...

年末恒例、「一般NISAをどうするか問題」が日経新聞に

一般NISA(少額投資非課税制度)を使う人が、この時期に考えなければならないことについての記事が日本経済新聞電子版に掲載されています。NISA、期間満了時に備え 長期運用なら「継続」が基本今年も残り2カ月。一般NISA(少額投資非課税制度)を使う人が、この時期に考えなければならないのが、口座にある株や投資信託などの金融資産の扱いだ。5年間の非課税期間が終わる年末までに、資産を移す口座や売却の選択を迫られる。慌て...

不動産投資情報サイトに寄せられた「株式と不動産どちらに投資すべき?」という難問への回答が意外!

楽待という不動産投資情報サイトに、「資金1000万のサラリーマン、株式と不動産どちらに投資すべき?」という記事が掲載されています。サイト内に不動産投資専門Q&Aサービス「楽待相談室」というのがあり、そこに寄せられた質問に専門家や先輩大家さんが回答しています。不動産投資情報サイトなので、てっきり「そんなの絶対不動産に決まってる!!」という回答であふれかえるのかと思ったら、そうではありませんでした。資金1000...

GPIFの分散投資の投稿「卵をひとつのかごに盛るな」についた「かごを分けても同じ船に乗せれば一緒に沈むよ」というコメントに対する考察

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の分散投資の説明。有名な「卵をひとつのかごに盛るな」ですね。【投資のイロハ】「卵をひとつのかごに盛るな」は性質や値動きの異なる複数の資産に分散して運用することにより、安定的な運用成果を目指すという投資の格言です。 #GPIF が運用する #年金積立金 は190兆円を超える規模であるため、市場に与える影響に配慮し #国際分散投資 を実践しています。 pic.twitter.com/krncnm81wy&m...

「つみたてNISA」が順調ですが、意外と短期に売却した人も多かった!?

2018年に開始された「つみたてNISA」(少額投資非課税制度)が口座数、買付額とも順調に増加中ですが、既に売却してしまった人もけっこういるようです。つみたてNISAの実態は?~これから多くの人の資産形成の助けになることを期待~2018年1月から始まった つみたてNISA(少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度)。直近、公表された2021年6月末時点での口座数(棒グラフ)は417万口座と400万口座を...

今年もNISA口座のロールオーバー手続き(2017年分)が案内されましたが…

NISA口座(つみたてNISAではなく一般NISAの方)の2017年投資分について、もうすぐ非課税期間の5年が経つため、ロールオーバーの案内が来ました。2017年分のNISA口座では、海外ETF「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」(VT)等を120万円購入して、幸いにも分配金を含め約75万円の利益があり、現在、時価約195万円になっています。もしここで売却すれば、単純計算で75万円の利益に対して本来かかる15万円(75万円×20%=...

「ほったらかし投資術 三訂版(仮)」水瀬パート脱稿

執筆中だった「ほったらかし投資術 三訂版(仮)」の水瀬執筆パートについて締め切りの1日前に脱稿。共著なのでこれから諸々の調整はあろうかと思いますが、とりあえずホッとしましたひとり脱稿祝いじゃい!! pic.twitter.com/h05Ftblk8i— 水瀬ケンイチ(みなせけんいち) (@minasek) October 3, 2021 平日は本業の仕事に専念し、本の執筆はほぼすべての土日祝祭日を費やしてやってきました。私のパートは大量に書き直しまし...

「ほったらかし投資」について山崎元氏と代田秀雄氏の対談

トウシルに経済評論家山崎元氏と三菱UFJ国際投信代田秀雄氏の対談記事が掲載されています。タイトルに【PR】と付いているのでPR記事ですね。【PR】資産運用の最適解とは?『ほったらかし投資』について考える | トウシル 楽天証券の投資情報メディア【スペシャル対談】 三菱UFJ国際投信・代田秀雄  × 楽天証券経済研究所・山崎元 三菱UFJ国際投信 常務取締役の代田秀雄氏が、楽天証券経済研究所の山崎元と空前の資産運用ブ...

無分配ファンドが自由!

運用開始以降、一度も分配金を支払ったことのない「未分配ファンド」の投資信託市場でのシェアが4割を超えてきたとのこと。良い傾向だと思います。広がる「分配金は不要」 未分配投信の残高4割超す運用開始以降、一度も分配金を支払ったことのない「未分配ファンド」の投資信託市場でのシェアが4割を超えてきた。毎月分配型を中心に分配金を出すファンドが市場を席巻していた10年前には全体の1割にも満たなかった。つみたてNISA(...

アクティブ運用とパッシブ運用のパフォーマンス比較のデータ…アクティブ運用は今年も散々な結果(2021年版)

S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス社が毎年発表している「SPIVA」というアクティブ運用とパッシブ運用(インデックス)のパフォーマンス比較データがあります。直近2021年6月末の結果を見てみます。SPIVAではリターンがインデックスに負けたアクティブ型投信の比率を国別に見せています。米国、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、欧州、南アフリカ、インド、日本、オーストラリアの10カ国です。グラフで1年、3年、5年リター...

銀行口座と証券口座をいくつ持っている?

皆さんは銀行口座をいくつ持っているでしょうか。銀行口座はいくつ持っている? どう使い分ける? | 東証マネ部!インターネットバンキングが一般化し、銀行へ出向かずともPCや...money-bu-jpx.com上記記事を見ると、けっこうたくさんの口座を持っているかたが多いようですね。なかには6口座以上持っているかたも。Q. 銀行口座はいくつ持っていますか?持っていない 0.9%1口座 5.9%2口座 21.3%3口座 31.8%4口座 16.2%5口座 9....

日経に「つみたてNISA」の良記事! ただこの説明は…

日本経済新聞に「つみたてNISA」に関する良記事が掲載されています。つみたてNISAの投信選び リスク知り海外株中心に積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)が始まって約3年半。この間に株式相場は大幅な下落局面をはさみながらも上昇し、制度を利用する人の多くが資産を積み上げた。つみたてNISAは2037年まで毎年口座を開設でき、20年間非課税での運用が可能だ。利用し続ける人や新たに始める人が長期の資産形成に生か...

どうしたみずほ

大学入学時に、大学の最寄り駅にあった富士銀行(当時)で自分名義の口座を作って以来、もう30年近くみずほ銀行をメインで使っています。就職してからは給与口座にもなっています。[社説]恥ずべきみずほのシステム「公的管理」銀行業の中枢を事実上の「公的管理」下に置く異例の対応をとるからには、再発防止を徹底してほしい。金融庁はATMなどの障害を繰り返すみずほ銀行と持ち株会社のみずほフィナンシャルグループに22日、業...

虫とり小僧さんトウシルに登場!

ブログ「いつか子供に伝えたいお金の話」を書いている相互リンクブロガーの虫とり小僧さんが、トウシルに掲載されています。虫とり小僧さんに聞く!投資初めて物語~最初はみんな初心者だった~ | トウシル 楽天証券の投資情報メディア▼答えてくれた人虫とり小僧さん▼Profile40代。サラリーマン兼個人投資家。2005年より国際分散インデックス投資を開始したが、1年間のうち投資にかける時間は数時間程度。ほぼほったらかしで、これ...

ダイヤモンド・オンラインに「米国株投資とグローバル分散投資のどちらが良いのか?」について面白い考え方

ダイヤモンド・オンラインに「米国株投資とグローバル分散投資、どちらが良いのか?」という興味深い記事が掲載されています。米国株投資とグローバル分散投資、どちらが良いのか?「米国株投資とグローバル分散投資、どちらが良いのか?」、実はこの問いかけには投資手法にかかわる本質的な考え方が含まれている。今回はその辺りを考えてみよう。diamond.jp詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、無理やりまとめると、米国...

華々しい成功ストーリーの裏には必ず「嫌われ仕事」をこなし支える人がいる

投資をしていると株価や債券価格などが無機質な数字の羅列に見えてくることがあります。個別株ではなくインデックス投資をしていると、なおさらそうかもしれません。成長企業の右肩上がりの株価や経営者のヴィジョンは夢と将来のリターンを感じさせます。しかし、企業という組織は「人」の集合体です。全員が表舞台に立てるわけではありません。華々しい成功ストーリーの裏には、地味でおもしろくもない「嫌われ仕事」をこなし支え...