国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(19年11月)、マーケットメイク対象外ETFの乖離が大幅拡大。薄々感じていたことが確信へ

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。国際分散投資に活用できる主要なETFについて、2019年11月末までの乖離率を調べてみました。そして、以前から薄々感じていたことが確信めいたものになりました。...

国内ETF「MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信」(銘柄コード1550)が信託報酬引き下げを含む変更!

ETF
三菱UFJ国際投信は、国内ETF「MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信」(銘柄コード1550)の信託報酬引き下げを含む変更を行うと発表しました。...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(19年10月)、新興国株式クラスで一部乖離拡大

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。国際分散投資に活用できる主要なETFについて、2019年10月末までの乖離率を見てみましょう。...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(19年9月)、乖離はごく小さく許容範囲内

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。国際分散投資に活用できる主要なETFについて、2019年9月末までの乖離率を見てみましょう。...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(2019年8月)、8月は大きめの為替変動があったが乖離は許容範囲内

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。国際分散投資に活用できる主要なETFについて、2019年8月末までの乖離率を見てみましょう。...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(2019年7月)、乖離は気にしなくてもいいレベルでよきかな

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。国際分散投資に活用できる主要なETFについて、2019年7月末までの乖離率を見てみましょう。...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(2019年6月)、乖離が凪ぎ凪ぎでよきよき

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。国際分散投資に活用できる主要なETFについて、2019年6月末までの乖離率を見てみましょう。...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(2019年5月)、乖離が低位安定でよきかな

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。ウォッチ対象ETFの数が増えてきて、グラフがごちゃごちゃしてきたため、先月から、先進国株式クラスと新興国株式クラスを分けました。同じアセットクラスのETFが比較しやすくなりました。2019年5月末までの乖離率を見てみましょう。...

バンガード・米国増配株式ETF(VIG)の経費率改定、年0.08%から0.06%へ

ETF
バンガードETF 1銘柄の経費率(エクスペンス・レシオ)が改定されました。...

VTI、VOOなどメジャーなバンガードETFの経費率改定、もともと安い運用コストがさらに安く!

ETF
バンガードETF 9銘柄の経費率(エクスペンス・レシオ)が改定されました。...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(2019年4月)、今月から先進国と新興国を分けて比較しやすくしました

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。ウォッチ対象ETFの数が増えてきて、グラフがごちゃごちゃしてきたため、今月から、先進国株式クラスと新興国株式クラスを分けました。これで、同じアセットクラスのETFが比較しやすくなりました。2019年4月末までの乖離率を見てみましょう。...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(2019年3月)、低位安定でよい

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。海外資産クラスの主要銘柄の2019年3月末までの乖離率について見てみましょう。...

バンガードETF経費率改定、ただでさえ安いコストがさらに安く!

ETF
2019年のバンガードETFの経費率(エクスペンス・レシオ)が改定されました。...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(2019年2月)、久々の凪(なぎ)状態でよきかな

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。海外資産クラスの主要銘柄の2019年2月末までの乖離率について見てみましょう。...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(2019年1月)、日興 上場MSCIエマ株 (1681)がアウト

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。海外資産クラスの主要銘柄の2019年1月末までの乖離率について見てみましょう。...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(2018年12月) 許容範囲内に収まるも雲行きが…

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。海外資産クラスの主要銘柄の2018年12月末までの乖離率について見てみましょう。...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(2018年11月) 許容範囲内に収まる

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。海外資産クラスの主要銘柄の2018年11月末までの乖離率について見てみましょう。...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(2018年10月)。市場は大荒れでしたが乖離率はまずまず

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。海外資産クラスの主要銘柄の2018年10月末までの乖離率について見てみましょう。...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(2018年9月)。ウォッチ銘柄全体はまずまずで、iシェアーズ優勢

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。海外資産クラスの主要銘柄の2018年9月末までの乖離率について見てみましょう。...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(2018年8月)。ウォッチ銘柄はまずまずの状況

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。海外資産クラスの主要銘柄の2018年8月末までの乖離率について見てみましょう。...