インデックスファンドの隠れコストやおかしな運用はもう隠せない

モーニングスターに、「ファンドにかかるコストの真実、運用にかかる費用は「信託報酬」だけではない」という記事が掲載されています。運用コストは「信託報酬」以外にも「売買委託手数料」「有価証券取引税」「その他費用」の3種類のコストがかかります。これらは昔は投資家から「隠れコスト」と呼ばれ警戒されていました。というのも、低コストが売りのインデックスファンドのなかに、信託報酬は低いのに、隠れコストが信託報酬...

毎月の積み立てインデックスファンド1本化を詳細検討。その結果!

毎月の積み立てインデックスファンドの1本化を検討しています。現在、株式クラスについては以下の3本のインデックスファンドに投資しています。・eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)・eMAXIS Slim 先進国株式インデックス・eMAXIS Slim 新興国株式インデックス国内株式:先進国株式:新興国株式=1:7:2の割合で積み立てています。これを、・eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)だけの1本に集約することを検討しています。検...

低コストインデックスファンド「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」「SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド」が新登場!

低コストインデックスファンド「SBI・Vシリーズ」が新設され(旧SBI・バンガードシリーズ)、6月29日に新ファンド「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」「SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド」を設定するとSBI証券が発表しました。SBI・Vシリーズ START|SBI証券2021年6月15日より「SBI・バンガード」シリーズは「SBI・V」シリーズに名称を変更します。皆さまの長期の資産形成を応援する低コストのインデックスフ...

eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)シリーズが純資産総額1兆円を突破。各社の厚生担当は問い合わせくらいしてみてはいかが?

三菱UFJ国際投信は、eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)シリーズが純資産総額1兆円を突破したと発表しました。三菱UFJ国際投信WEBサイト プレスリリース2021/04/13 『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』シリーズ 合計純資産総額1兆円を突破 個人投資家にとってとてもめでたい出来事です。個人投資家の資産形成に活用できるマトモなインデックスファンドを超・低コストで提供してくれる三菱UFJ国際投信さんに拍手を贈りたい...

そんなバカな!? インデックスファンドのびっくり仰天ニュース

インデックスファンドに関するびっくり仰天ニュースがモーニングスターに掲載されていました。モーニングスター ファンドニュース2021/03/08 先週の流入額上位-「日経225ノーロードオープン」が約1年ぶりのトップ(先週の流入額上位-「日経225ノーロードオープン」が約1年ぶりのトップ| モーニングスターより引用)驚いたのはインデックスファンドが週間流入額で1年ぶりのトップを取ったからではありません。「日経225ノーロ...

ずんの飯尾さんと三菱UFJ国際投信の代田さんがオルカンについてトーク!?

お笑いコンビずんの飯尾さんと三菱UFJ国際投信の代田さんが、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)についてトークするという俺得なコンテンツを見つけました。【ずん飯尾が聞く】ニューノーマル時代の資産形成の最適解とは代田 最近は投資についてお話しされるような芸人さんもお見受けしますが、飯尾さんは資産運用のご経験はありますか?飯尾 それが、まったくないんです。同じ事務所のキャイ~ン天野ひろゆきは芸能...

PayPayアセットマネジメント、日経225とNYダウのコスト最安インデックスファンドを新規設定すると発表!

PayPay アセットマネジメントという運用会社ができ、日経225とNYダウのコスト最安インデックスファンドを新規設定することが発表されました。アストマックス投信投資顧問 プレスリリース2021/02/19 業界最低水準の運用コストを目指す「PayPay投信インデックスファンドシリーズ」3月8日(月)より運用開始(予定)アストマックス投信投資顧問は2021年3月8日より「PayPay アセットマネジメント」と商号変更され、上記プレスリリー...

インデックスファンドの運用コスト競争の頂上決戦を見て出た言葉がそれか

先日、ツイッターに何気なく投稿した内容が、たくさんいいねされていたのでブログにも記録しておきます。いま、インデックスファンドはeMAXIS Slimシリーズやニッセイシリーズなど年0.001%をめぐる運用コスト競争を繰り広げています。そんな僅差で争うのは馬鹿だと言うのは簡単ですが、ここに来るずっと前に脱落したインデックスファンド群はもはやノーチャンスであることを考えると重要だと思います。— 水瀬ケンイチ(みな...

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」が残高1000億円突破で最上級ランクの低信託報酬適用へ

全世界株式インデックスファンドの「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」が、残高1000億円突破してより低い信託報酬適用となりました。モーニングスター WEBサイト2021/02/09 「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」残高1000億円突破、より低い信託報酬率適用| モーニングスター上記記事によると、三菱UFJ国際投信が運用する「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」の純資産残高が2021年2月5日...

私も積み立てている「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」が受益者還元型信託報酬率適用!

モーニングスターが「eMAXIS Slim 新興国株式インデックスが受益者還元型信託報酬率適用、シリーズ5本目」と報道しています。モーニングスター WEBサイト 2021/01/20 「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」が受益者還元型信託報酬率適用、シリーズ5本目| モーニングスター上記記事によると、三菱UFJ国際投信が運用するインデックスファンド「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」の純資産残高が2021年1月14日に500...

「eMAXIS Slim」シリーズの残高5000億円突破に賛辞と要望

モーニングスターに、インデックスファンド「eMAXIS Slim」シリーズ残高5000億円突破という記事が掲載されています。...

「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」信託報酬引き下げ!

三菱UFJ国際投信は、2020年9月25日から「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」の信託報酬を引き下げると発表しました。...

「インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」「インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券」の信託報酬引き下げ

日興アセットマネジメントは、「インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」「インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券」の信託報酬を、2020年10月1日より引き下げます。...

この「これなら買っていいインデックス投信リスト」はバランスファンドも比較しやすい

ダイヤモンド・オンラインに、「これなら買っていいインデックス投信リスト」が掲載されています。...

バンガード・インベストメンツ・ジャパン20周年記念ありがとうキャンペーン

バンガード・インベストメンツ・ジャパンが、20周年記念ありがとうキャンペーンをやっています。...

「eMAXIS Slim」を運用する三菱UFJ国際投信の代田さんがゲストでトーク。テーマの『インデックス投資「低コスト後」を考える』が気になる!

日経CNBCで、低コストインデックスファンド「eMAXIS Slimシリーズ」を運用する三菱UFJ国際投信の代田さんがゲストでお話している動画コンテンツがありました。インデックス投資「低コスト後」を考える(ゲスト:代田 秀雄氏)/マーケット・レーダー【2020/02/27】 | ZUU online zuuonline.com冒頭で、先月発表された「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」(該当ブログ記事はこちら)で「eMAXIS Slimシリーズ」が1位を...

「eMAXIS Slim 先進国株式」が信託報酬引き下げ、野村からは期間限定で信託報酬0%のインデックスファンド登場

三菱UFJ国際投信は、「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の信託報酬を引き下げると発表しました。三菱UFJ国際投信 プレスリリース2020/02/25 業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施気になる値下げ概要は以下のとおり。◆ eMAXIS Slim 先進国株式インデックス信託報酬 年率0.0965%以内 → 0.0930%以内また、受益者還元型信託報酬も以下のとおり更新され...

インデックス投信シリーズ残高推移のグラフを見ながら、今までの歴史をふり返る

日経電子版に「インデックス投信シリーズ、残高1.5兆円」という記事が掲載されています。右肩上がりのインデックス投信シリーズ残高の折れ線グラフが印象的です。インデックス投信シリーズ、残高1.5兆円「日経平均株価」や「東証株価指数」など指数に連動した運用成果を目指すインデックス投資信託の残高が拡大している。中でも運用会社が主にインターネットチャネル向けに「シリーズ」としてラインアップを設けていwww.nikkei.com...

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドが、運用コスト(信託報酬)引き下げで先進国株式クラスの最安値更新!

ニッセイアセットマネジメントが、「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」の運用コスト(信託報酬)を引下げると発表しました。...

りそなアセットマネジメント、「Smart-i TOPIXインデックス」の信託報酬引き下げ

りそなアセットマネジメントは、「Smart-i TOPIXインデックス」の信託報酬を年率0.14%(税抜)に引き下げると発表しました。...