日本でもインデックスファンドの残高増加中。市場を歪めるのか?

日本の投資信託の残高に占めるインデックスファンドの割合が増加して25%に迫っているようです。(インデックス型投信の残高増加 シェア25%に迫る: 日本経済新聞より引用)詳しくは、上記日経記事をご覧いただきたいのですが、アクティブファンドが依然として大半を占めるなか、インデックスファンドの比率はだんだん伸びてきています。最近は、インデックスファンドの比率上昇がおもしろくない(自社の儲けにつながらない)金融...

マイナー、不人気なインデックスに連動するインデックスファンド・ETFの繰上償還に注意

また繰上償還された投資信託があるようです。その中にはインデックスファンド・ETFも含まれている模様。2022年3月に償還した投資信託 ー34本中13本が繰上償還3月は34本の追加型株式投資信託が償還、このうち13本が繰上償還 投資信託協会によると、2022年3月に34本…www.toushin.com繰上償還とは、「投資信託が、あらかじめ決められた償還期日よりも前に償還されること。一般的には、その投資信託の規模が減少し、当初の目的に沿った...

「SBI・V」が「eMAXIS Slim」を追うシリーズに成長

モーニングスターによると、大手ネット証券3社の投信積立契約件数ランキング(22年4月)で「SBI・V」が「eMAXIS Slim」を追うインデックスファンドシリーズになってきているとのこと。(「SBI・V」が「eMAXIS Slim」を追うシリーズに浮上=ネット証券の投信積立契約件数ランキング22年4月| モーニングスターより)たしかに、トップ10に「eMAXIS Slim」シリーズが4本ランクインしているのに対して、「SBI・V」シ...

【追記あり】「Smart-i」シリーズに全世界株式インデックスが追加?

「Smart-i」シリーズに全世界株式インデックスが追加になるようです。りそなホールディングス プレスリリース2022/04/27 投資信託「Smart-i」シリーズの商品ラインアップの拡充について上記プレスリリースには「12商品を新たに追加」「ESG関連ファンドをラインアップに追加」と書かれていますが、ESG関連ファンドを含めた12商品のうちほとんどは以前から存在しています。今回本当に新規設定されたのは「Smart-i Select 全世界株...

三井住友トラスト・アセットマネジメントが超・低コストのインデックスファンド「My SMT」シリーズ11本を新規設定

三井住友トラスト・アセットマネジメント(三井住友TAM)は3月29日に低コストのインデックスファンド「My SMT」シリーズ11本を新規設定するとモーニングスターが報じています。三井住友TAMが業界最低コストのインデックスファンドシリーズ「My SMT」シリーズ11本を新規設定三井住友トラスト・アセットマネジメント(三井住友TAM)は3月29日、ノーロード(販売手数料無料)で運用関連手数料が低コストのインデック...

「楽天・バンガード・ファンド」シリーズ、運用管理費用引き下げ

楽天投信投資顧問は「楽天・バンガード・ファンド」シリーズ5本の運用管理費用を引き下げると発表しました。各ファンドが投資対象とするバンガードETFの経費率改定を反映したものです。(楽天投信投資顧問WEBサイト 「楽天・バンガード・ファンド」シリーズ 実質的にご負担いただく運用管理費用の引き下げについてより引用)楽天・全世界株式インデックス・ファンド 年0.212%→年0.202%楽天・新興国株式インデックス・ファンド...

「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:SBI・V・全世界株式)」が新規設定

SBI証券はSBIアセットマネジメントと協同して「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:SBI・V・全世界株式)」を2022年1月17日から募集開始すると発表しました。SBI証券 Webサイト12/28 「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:SBI・V・全世界株式)」募集開始のお知らせ気になる商品概要は以下のとおり。■SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:SBI・V・全世界株式)FTSE グローバル・オー...

インデックスファンドの隠れコストやおかしな運用はもう隠せない

モーニングスターに、「ファンドにかかるコストの真実、運用にかかる費用は「信託報酬」だけではない」という記事が掲載されています。運用コストは「信託報酬」以外にも「売買委託手数料」「有価証券取引税」「その他費用」の3種類のコストがかかります。これらは昔は投資家から「隠れコスト」と呼ばれ警戒されていました。というのも、低コストが売りのインデックスファンドのなかに、信託報酬は低いのに、隠れコストが信託報酬...

毎月の積み立てインデックスファンド1本化を詳細検討。その結果!

毎月の積み立てインデックスファンドの1本化を検討しています。現在、株式クラスについては以下の3本のインデックスファンドに投資しています。・eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)・eMAXIS Slim 先進国株式インデックス・eMAXIS Slim 新興国株式インデックス国内株式:先進国株式:新興国株式=1:7:2の割合で積み立てています。これを、・eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)だけの1本に集約することを検討しています。検...

低コストインデックスファンド「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」「SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド」が新登場!

低コストインデックスファンド「SBI・Vシリーズ」が新設され(旧SBI・バンガードシリーズ)、6月29日に新ファンド「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」「SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド」を設定するとSBI証券が発表しました。SBI・Vシリーズ START|SBI証券2021年6月15日より「SBI・バンガード」シリーズは「SBI・V」シリーズに名称を変更します。皆さまの長期の資産形成を応援する低コストのインデックスフ...

eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)シリーズが純資産総額1兆円を突破。各社の厚生担当は問い合わせくらいしてみてはいかが?

三菱UFJ国際投信は、eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)シリーズが純資産総額1兆円を突破したと発表しました。三菱UFJ国際投信WEBサイト プレスリリース2021/04/13 『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』シリーズ 合計純資産総額1兆円を突破 個人投資家にとってとてもめでたい出来事です。個人投資家の資産形成に活用できるマトモなインデックスファンドを超・低コストで提供してくれる三菱UFJ国際投信さんに拍手を贈りたい...

そんなバカな!? インデックスファンドのびっくり仰天ニュース

インデックスファンドに関するびっくり仰天ニュースがモーニングスターに掲載されていました。モーニングスター ファンドニュース2021/03/08 先週の流入額上位-「日経225ノーロードオープン」が約1年ぶりのトップ(先週の流入額上位-「日経225ノーロードオープン」が約1年ぶりのトップ| モーニングスターより引用)驚いたのはインデックスファンドが週間流入額で1年ぶりのトップを取ったからではありません。「日経225ノーロ...

ずんの飯尾さんと三菱UFJ国際投信の代田さんがオルカンについてトーク!?

お笑いコンビずんの飯尾さんと三菱UFJ国際投信の代田さんが、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)についてトークするという俺得なコンテンツを見つけました。【ずん飯尾が聞く】ニューノーマル時代の資産形成の最適解とは代田 最近は投資についてお話しされるような芸人さんもお見受けしますが、飯尾さんは資産運用のご経験はありますか?飯尾 それが、まったくないんです。同じ事務所のキャイ~ン天野ひろゆきは芸能...

PayPayアセットマネジメント、日経225とNYダウのコスト最安インデックスファンドを新規設定すると発表!

PayPay アセットマネジメントという運用会社ができ、日経225とNYダウのコスト最安インデックスファンドを新規設定することが発表されました。アストマックス投信投資顧問 プレスリリース2021/02/19 業界最低水準の運用コストを目指す「PayPay投信インデックスファンドシリーズ」3月8日(月)より運用開始(予定)アストマックス投信投資顧問は2021年3月8日より「PayPay アセットマネジメント」と商号変更され、上記プレスリリー...

インデックスファンドの運用コスト競争の頂上決戦を見て出た言葉がそれか

先日、ツイッターに何気なく投稿した内容が、たくさんいいねされていたのでブログにも記録しておきます。いま、インデックスファンドはeMAXIS Slimシリーズやニッセイシリーズなど年0.001%をめぐる運用コスト競争を繰り広げています。そんな僅差で争うのは馬鹿だと言うのは簡単ですが、ここに来るずっと前に脱落したインデックスファンド群はもはやノーチャンスであることを考えると重要だと思います。— 水瀬ケンイチ(みな...

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」が残高1000億円突破で最上級ランクの低信託報酬適用へ

全世界株式インデックスファンドの「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」が、残高1000億円突破してより低い信託報酬適用となりました。モーニングスター WEBサイト2021/02/09 「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」残高1000億円突破、より低い信託報酬率適用| モーニングスター上記記事によると、三菱UFJ国際投信が運用する「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」の純資産残高が2021年2月5日...

私も積み立てている「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」が受益者還元型信託報酬率適用!

モーニングスターが「eMAXIS Slim 新興国株式インデックスが受益者還元型信託報酬率適用、シリーズ5本目」と報道しています。モーニングスター WEBサイト 2021/01/20 「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」が受益者還元型信託報酬率適用、シリーズ5本目| モーニングスター上記記事によると、三菱UFJ国際投信が運用するインデックスファンド「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」の純資産残高が2021年1月14日に500...

「eMAXIS Slim」シリーズの残高5000億円突破に賛辞と要望

モーニングスターに、インデックスファンド「eMAXIS Slim」シリーズ残高5000億円突破という記事が掲載されています。...

「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」信託報酬引き下げ!

三菱UFJ国際投信は、2020年9月25日から「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」の信託報酬を引き下げると発表しました。...

「インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」「インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券」の信託報酬引き下げ

日興アセットマネジメントは、「インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」「インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券」の信託報酬を、2020年10月1日より引き下げます。...