モーニングスターの記事(記者)選定スタンスに対する懸念と提案

モーニングスターに、「つみたてNISA」(少額投資非課税制度)の対象商品について自由がない「お仕着せ」だとする記事が掲載されています。つみたてNISAはお仕着せだが使いよう、資産形成の基礎に大胆な自由を足し合わせつみたてNISAは「使い勝手の悪い制度」だが、だからといって使わないのはもったいない。上から与えられる「お仕着せ」は、「アベノマスク」のように大概は満足度の低いものだ。ただ、使い勝手は悪くても...

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用が堅調

公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用が堅調なようです。#GPIF は、2021年度第2四半期運用状況(速報)を公表しました。 #年金積立金 https://t.co/SY6oPSabba pic.twitter.com/g3yqwRstdz— GPIF (@gpiftweets) November 5, 2021 2021年度第2四半期の期間収益率は+0.98%、期間収益額は+1兆8763億円とのこと。2001年の市場運用開始以降で見ると、年率の収益率は+3.70%、累積収益額は+102兆1...

お金を稼いでも幸せになれない?

マネーポストに「年収1億円の満足度は年収1000万円に劣る?お金を稼いでも幸せになれない理由」という記事が掲載されています。そこにあったグラフがおもしろい。(年収1億円の満足度は年収1000万円に劣る?お金を稼いでも幸せになれない理由 | マネーポストWEBより引用)世帯年収が100万円未満から100万~300万円未満、300万~500万円未満と増えていくにしたがって、満足度が上がっていきます。ところが、世帯年収2000万~3000万...

Jリーガー鄭大世選手がインデックス投資。プレーは豪快、投資はスマート!

会社四季報オンラインで、Jリーガー鄭大世選手(町田ゼルビア所属)がインデックス投資をおすすめしています。町田ゼルビア鄭大世が「激動の2021年相場」から得た"果実" | 会社四季報オンライン元川 悦子 / 足元は、新型コロナウイルスのワクチン接種が進む一方で、中国・恒大集団のデフォルト(債務不履行)危機に加えて、原油高や長期金利上昇への懸念が高まったことで、9月から10月にかけて世界の主要株価指数が下落す…...

投資家=金持ち=税金をふんだくってやれ、という政治家たちの古くて凝り固まった罪深い考え

投資家=金持ち=税金をふんだくってやれ。このような政治家の意見は古臭く、昔の常識に凝り固まっており、庶民のつつましい資産形成の現状を知らない罪深い意見だと思います。金融所得課税が見逃した胎動 投資家=金持ちの短絡岸田文雄首相は就任7日目、肝煎りと思われた金融所得課税の強化をあっさり「当面考えない」と軌道修正した。自民党総裁選では格差是正につなげる分配政策の財源と位置づけ、就任会見でも「選択肢の一つ」...

イメージと違う? 日本の所得格差は縮小している

日本社会について「格差が拡大している」「二極化が進んでいる」という趣旨の話を聞いたことはないでしょうか。しかし、実際には単なる「思い込み」かもしれません。データで見ると世間のイメージに反して所得格差は縮小しているようです。所得格差は世界標準の「ジニ係数」とう指標で測定されます。ジニ係数の値は0から1の間をとり、係数が0に近づくほど所得格差が小さく、1に近づくほど所得格差が拡大していることを示す。一般に...

投資しているだけなのに、生活全般の税金や保険料や医療費負担が上がる?

Mocha(モカ)に「投資の利益で扶養を外れることがあるので注意」という記事が掲載されています。投資の利益で扶養を外れることがあるので注意 口座の選び方が重要 | 資産運用・経済 - Mocha(モカ)今や株や投資信託は、数百円から購入できる時代です。少額投資が浸透し、手軽に始められる投資に関心のある方は多くなってきました。しかし、扶養に入っている人(専業主婦・主夫など)が投資で儲かると、「扶養から外れてしまうの...

日本の賃金には夢がないけどできることをやるしかない

世界の平均賃金ランキングという情報があったので取り上げてみます。(世界の平均賃金ランキング、1位はアメリカ。日本は何位? | Mocha(モカ)より引用)OECD各国の中で最も平均賃金が高かったのは米国で6万9392ドル。以下、アイルランド、ルクセンブルク、スイスと続いて、日本は22位で3万8515ドルでした。日本はG7(色付き棒グラフ)の中では下から2番目、なんとOECD平均よりも低い賃金です。近年ずっと低い低いと言われてはい...

うちの老親の参考書

昨日のブログ記事「相続の基本がわかる動画で学んでしんみり」で、ちょうど私の両親が「元気なうちに」と銀行・証券口座や保険契約を棚卸して書き出しはじめたという話をちょっとしました。その棚卸に先立ち、親から「年金生活者のお金まわりについてわかりやすくまとまったおすすめ本ない?」と聞かれて困りました。自分が知っているお金のおすすめ本は、どうしても投資や資産運用など資産形成期の本が多いからです。よくよく話を...

相続の基本がわかる動画で学んでしんみり

日本経済新聞電子版に「相続」の基本がわかる動画が掲載されていて、勉強になったので取り上げます。遺言書は?期限は? 動画で学ぶ大相続時代の必須知識年に一度、お盆のこの時期に恒例の金融テーマといえば「相続」。老いも若きも、好むと好まざるとに関わらず、ある日突然「関係者」になる可能性があります。高齢化で世界トップを走る日本の年間死亡者数は約137万人。相続対象の資産額は年約50兆円規模ともいわれます。「大相...

公的年金の2021年度第1四半期の運用実績が堅調ですが……テレビはだんまり、一部新聞も劣化報道

公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法)は2021年8月6日に、2021年度第1四半期の年金積立金の運用状況報告を公開しました。2021年度の運用状況|年金積立金管理運用独立行政法人年金積立金管理運用独立行政法人のWebサイトです。GPIFの2021年度の運用状況を掲載しています。www.gpif.go.jp◆2021年度第1四半期(2021年4月~6月)収益率: +2.68%(期間収益率)収益額: +4兆9819億円運用資産額: 191兆6189億円◆...

連日日本の金メダル続出で盛り上がる東京オリンピックと、平日は黙々と会社で働くしかない悲しさ。

連日の日本金メダル続出で盛り上がる東京オリンピックです。皆さま楽しまれていることと思います。私はと言えば、先週末の土日はあちこちのチャンネルでLIVE放送しているテレビチャンネルをザッピングしながら競技を巡って盛り上がっていたものの、昨日から平日になると、途端に仕事が忙しすぎて、パタリと競技を追えなくなります。朝昼夕はテレビなどまったく見ることができませんし。夜に行われる競技やハイライト映像を見るので...

思ってたのと違う東京オリンピック開催

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が遅れて、緊急事態宣言下で開催されることになった1年遅れの東京オリンピック。東京都は不要不急の外出自粛や、飲食店などに対しては酒類の提供停止や営業時間の短縮、デパートや映画館などの大規模施設に対しては営業時間の短縮を要請しています。多くの国民が期待していたものとはぜんぜん違う、異例の無観客オリンピック開催となってしまいました。3種目当選してずっと楽しみに持ってい...

親として子に最も伝えたいのは「お金の管理の大切さ」

内閣府の調査で、自分の子どもが成人するまでに親として伝えたいことをたずねるものがありました。20~40代男女が親として子に最も伝えたいのは「お金の管理の大切さ」だったとのこと。20~40代男女が親として子に伝えたいこと ~結婚・家族に関し最も伝えたいのは「お金の管理の大切さ」~www.dlri.co.jp詳しくは上記の第一生命経済研究所のレポートをお読みいただきたいのですが、他にも、恋愛・結婚・家事などに関する身近な選...

富裕層への追徴課税額が過去最高に

2020年の富裕層への追徴課税額が過去最高になったそうです。海外の税務当局との連携が進み、海外の預金口座が把握できるようになったことが主因とのこと。富裕層の追徴課税が最高に ? 税申告の注意点 | ZUU online2020年の富裕層への追徴課税額が過去最高になったのをご存知だろうか。海外の税務当局との連携が進み、海外の預金口座が把握できるようになったことが主因のようだ。今回は、富裕層が改めて注意しておくべき税申告の注...

「気づけばアクティビスト天国」なのではなく、「今までが上場企業天国」だっただけ

日本経済新聞に「気づけばアクティビスト天国」という記事が掲載されています。気づけばアクティビスト天国 官製指針が後ろ盾に上場企業の株主総会が6月下旬に開催ピークを迎える。ここ数年は「アクティビスト」と呼ばれる物言う株主が突きつける要求に翻弄される企業が少なくない。折しも東芝と筆頭株主エフィッシモ・キャピタル・マネージメントとの攻防が明るみに出た。それもそのはず。実はいま、世界中のアクティビストが日...

SNSでは意見と人格を切り離して考えられない人とは関わらない方がいい

投資に唯一無二の正解はないのですが、明らかに間違った意見ならいくらでもあります。たとえば、株式投資で「○○すれば絶対儲かる」という意見です。株式のようなリスク資産への投資に「絶対」はなく、期待リターンを中心に儲かる方向と損する方向に同じ程度にリターンがブレるのが普通です(正規分布するというモデル)。もちろん、このブレは損する方向のマイナス圏にも広がっています。だから、株式投資で「○○すれば絶対儲かる」...

金融トラブル経験者が多いのは○○県!?

Mocha(モカ)に「金融トラブル経験者が多い都道府県はどこ?」という記事が掲載されています。金融広報委員会が実施した「金融リテラシー調査」によると……金融トラブル経験者が多い都道府県はどこ? | 家計・ライフ - Mocha(モカ)預貯金、保険、投資信託など、金融機関のサービスが身近な方も多いでしょう。スムーズに納得のいく金融商品と出会えればいいのですが、中には何かしらの金融トラブルを経験している方もいます。今...

パックンさん、資産形成のゴールは米国でガールフレンドのパパから教わる!日本でも来年からマネー教育がはじまる

当ブログにもたびたび登場するお笑いコンビ「パックンマックン」のパックンさん。じつはインデックス投資家さんです。資産形成のゴールについては、米国で大学時代にガールフレンドのパパから学んだそうです。なんとざっくばらんなこと!【お笑い芸人・パックンさん】投資を学んで人生を力強く生き抜く!ガールフレンドのパパから学んだ投資の金言とは | 東証マネ部!個人投資家の投資スタイルは千差万別。短期売買で稼ぐ人、長期...

マイナンバーカードの普及がいまいち進まない理由についてひとこと

マイナンバーカードの普及がいまいち進まない理由について、日本経済新聞が記事で取り上げています。健康保険証 「誤り3万件」が映すマイナンバーの不思議菅義偉首相肝煎り、「デジタル庁」の発足が間近だ。関連法案は6日に衆院を通過し月内にも成立する見通し。デジタルガバメント成否のカギを握るのはいわずと知れた個人番号、通称・マイナンバー。日本に住む1億2000万人超の全員に割り振られている12ケタの数字だ。1960年代まで...