金融庁、2020年度税制改正要望で少額投資非課税制度(NISA)の恒久化を求める。大賛成!

金融庁の2020年度税制改正要望が、老後に備えた資産形成を助ける少額投資非課税制度(NISA)について、恒久化や所得税などの非課税措置を求めることが柱だとわかったとの報道です。大賛成!!非課税総額は現在のままでも構わないので、制度自体と非課税期間は、ぜひ恒久化してほしいと思います。...

「ポイント」総まとめの良記事を読みながら、自分のポイント活用度をチェックしてみた

今やネットや街のあちこちの買い物で「ポイント」が付いたり使ったりできますが、いろいろ種類がありすぎてよくわからなくなっている方も多いはず。トウシルに、ポイントの歴史・仕組み・海外事情・活用法・今後の課題にいたるまで網羅的にまとめられた良記事があったので取り上げます。...

「年金2000万円不足問題」のばかばかしさ

金融庁の金融審議会がまとめた報告書「高齢社会における資産形成・管理」がきっかけとなって、連日とりざたされている「年金2000万円不足問題」。老後の生活費と年金の差分だけにクローズアップして「政府が年金の限界を認めた」と年金叩きに大騒ぎのマスコミ、それに乗じて「裏切られた」とヒステリックに煽り立てる無責任コメンテーターたち、さらには、ここぞとばかりに年金を「政争の具」にして国会の貴重な時間をムダ使いする...

「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」など橘玲氏の著作多数! Kindleストアで「【50%ポイント還元】幻冬舎フェア」実施中

いま、Kindleストアで、「【50%ポイント還元】幻冬舎フェア」を実施中です。その中で、「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」等で人気の橘玲氏の著書が多数、50%ポイント還元対象になっているので、まとめてご紹介します。私も夢中で読み込んだ著書ばかりです。...

「こんなショボい詐欺話に引っかかるやつなんているのかよ!?」と思っても…

仮想通貨の悪質業者が消費者庁によって公表されたそうです。...

元号が「令和」に変わっても投資の原則は変わらず。「勝って兜の緒を締める」のが良策

先日2019年4月1日、新元号が「令和」となることが発表されました(5月1日から施行)。出典が万葉集ということで、和風な感じが個人的には良いなと感じています。さて、投資の話ですが、日本の株式市場は4月1日から上昇し続け、為替もすこし円安に振れて、国際分散投資をしている投資家にとっては「ご祝儀相場」という様相です。...

新入社員の皆さんへ、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーからのメッセージ (2019年版)

新入社員の皆さん、ご就職おめでとうございます! 4月1日(月)には、多くの会社で入社式が行われることと思います。その後は研修か、はたまたあいさつ回りでしょうか。入社前の夜、きっと期待と不安が入り混じっていることでしょう。「大志を抱け」とか「プロ意識を持て」などという立派なお話は、世の社長さんたちにお任せするとして、ここは、入社20うん年の投信ブロガーが、入社時にこうしておけばよかったなあと思うところを...

公的年金の運用実績報告に対する各メディアの取り上げ方の違いには雲泥の差が!

先日、公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法)が、2018年第3四半期の運用状況報告を公開しました。最新の運用状況|年金積立金管理運用独立行政法人年金積立金管理運用独立行政法人のWebサイトです。当法人の運用状況、運用方針、運用委員会等に関する情報を掲載しています。www.gpif.go.jp...

パックンさん、「インデックスファンドの父」ジョン・ボーグル氏が残した功績について語る

(Photo: テレビ東京WEBサイトより)お笑いコンビ「パックンマックン」のパックンさんが、テレビ東京の番組モーニングサテライトで、「インデックスファンドの父」ジョン・ボーグル氏が残した功績について報じていました。...

NIKKEI STYLE に消費増税や株価下落の対策

NIKKEI STYLE に消費増税や株価下落の対策に関する記事が掲載されています。...

Merry Christmas !

今夜はクリスマス・イブです。ステキな夜をお過ごしください。...

そう! 今こそ確定拠出年金制度を見直すべき

ニッセイ基礎研究所に、今こそ確定拠出年金制度を見直すべきだというコラムが掲載されています。...

戦後の1年定期金利とインフレ率の長期推移。大半の時期で1年定期金利がインフレ率に勝ってきた!?

戦後の1年定期金利とインフレ率の長期推移を比べるという、珍しいデータがありましたので、取り上げさせていただきます。...

日銀の出口戦略についてのニッセイ基礎研レポートが痛快!

金融緩和策としてどんどんETFの買い入れを行っている日銀。その出口戦略についてのニッセイ基礎研のレポートが痛快です。...

丸井グループ、クレジットカード払いで“つみたて専門”の証券会社を設立。大外しはしなさそう?

丸井グループは、クレジットカード払いで“つみたて専門”の証券会社を設立すると発表しました。...

新入社員の皆さんへ、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーからのメッセージ (2018年版)

新入社員の皆さん、ご就職おめでとうございます! 4月2日(月)には、多くの会社で入社式が行われることと思います。その後は研修か、はたまたあいさつ回りでしょうか。入社前の夜、きっと期待と不安が入り混じっていることでしょう。「大志を抱け」とか「プロ意識を持て」などという立派なお話は、世の社長さんたちにお任せするとして、ここは、入社20うん年の投信ブロガーが、入社時にこうしておけばよかったなあと思うところを...

金融庁森長官の素晴らしい功績ブラボー!! でも、その理念はもっと昔から

金融庁長官として異例の3年目に入った我らが金融庁森信親長官の記事です。異例の続投、森長官に聞く「私は金融庁をこう変える」 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) 「フィデューシャリー・デューティー」(受託者の忠実義務)の推進や「つみたてNISA」の立ち上げなど、金融業界に新たな改革の風を吹き込み、日本の投信業界の悪習であった「回転売買」の抑制や、超・低コストインデックスファンドが続々登場したことなど、個人...

金融庁が主要行に立ち入り検査へ

金融庁が、国内の主要な銀行などに顧客本位の投資商品を提供しているかどうか立ち入り検査を実施するとの報道です。...

【追記あり】 日本の公的年金についてのわかりやすい記事とちょっとした疑問

公的年金についてのわかりやすい記事が NIKKEI STYLE に掲載されています。...

国と金融機関と投資家、それぞれすねに傷があるけれど

金融庁森長官が投信の販売会社や運用会社に対し、顧客利益を最優先したビジネスモデルに転換することを求めたとのこと。...