お金があっても不満感が減少するだけで、満足感が増加するわけではない?

ゴールデンウィークはまとまった時間があるので、いつもは忙しくて考えられなかったことを考えることができます。私にとっては、「早期リタイア」がそうです。...

早く独立したらいいのに

(写真はイメージです)先日、友人宅で宴会がありました。最初からブロガーとしてもう何年もお付き合いしている友人たちです。そこではいろいろな話題が出てすごく楽しいので、毎回楽しみにして行きます。ただ、独立開業している方々がメインということもあって、毎回「水瀬さんもはやく独立したらいいのに!」と強烈にプッシュされます。...

「定年退職すると不健康になる」とはいうけれど、それは何の準備もなくいきなり退職するからではないか

いくつかの研究が、「定年退職すると不健康になる」というデータを示しているそうです。...

私がいちばん参考になった絶版早期リタイア本が復刊!

以前ブログでご紹介した「働かないって、ワクワクしない?」(アーニー・J・ゼリンスキー著)は、私が今まで読んできたなかでいちばん参考になった早期リタイア本です。<該当記事>2008/05/03 ゴールデンウィーク早期リタイア考(その2) 地に足の着いた早期リタイア本早期リタイアを志向するかたにはぜひ読んでみてほしかったのですが、残念ながら絶版になっていました。新品を買えないどころか、Amazon等で中古品が定価以上のプ...

人生の先輩に教えを請うクリスマスイブ

今日はクリスマスイブですが、先輩の家で昼から呑んだくれていました。先輩は社団法人を設立し、地元に根ざした一般市民の教育事業を展開するようです。私も将来、早期リタイアしたあかつきには、同種のビジネスをしたいと考えているので、いろいろ質問しまくりで教えてもらいました。酔っ払って忘れてしまうにはあまりにも惜しい、値千金の話が聞けて、有意義なクリスマスイブでした。先輩宅に於かれましては、こんな日におじゃま...

日経電子版に珍しく早期リタイア情報

私は早期リタイアに向けて投資をしたり、いろいろ準備しています。でも、日本では労働が美徳とされているためか、早期リタイアへの関心が低く、なかなか情報がありません。あるのは、株やFXで○億設けてリタイア、とかいう煽り情報ばかりで、マトモな情報がありません。そんななか、本日の日経電子版に早期リタイアに関する記事が掲載されていました。日経電子版 マネー > コラム > 月刊日経マネー特集セレクト2012/5/23 「私、...

人生の最期に後悔しないように

終末期ケアの看護師さんによると、死を覚悟した患者さんのほとんどが、「人生の後悔」を語るそうです。web R25 W×Rウェブレビュー2012.04.26 最期に抱く「人生の後悔」TOP5「The Top Five Regrets of the Dying」という本にもまとめたれた、最期に抱く人生の後悔TOP5は、「あんなに一生懸命働かなくてもよかった」「自分自身に忠実に生きればよかった」「もっと素直に気持ちを表す勇気を持てばよかった」「友人といい関係を続け...

いくらあれば早期リタイアしてもいいと思いますか?

今朝のNIKKEI プラス1の11面「当世ふところ事情」のコーナーに、「いくらあれば早期リタイアしてもいいと思いますか?」というアンケート結果が出ていました。珍しいアンケートですが、いちおう早期リタイアを目指している身としては気になったので、ブログで取り上げたいと思います。調査方法は、マクロミルによるインターネット調査で、対象は全国の成人既婚男女618名(男女半々)とのこと。結果は以下のとおり。(NIKKEI プラス...

ゴールデンウィーク早期リタイア考(その5) 自分の早期リタイア計画

長々と続けてきた「ゴールデンウィーク早期リタイア考」シリーズですが、今日が最終回です。最後は、自分の早期リタイア計画について書きます。今まで、雑誌取材などでは小出しに話したことはあるのですが、ちゃんとブログに書くのは初めてかもしれません。プロフィールにも書いてあるとおり、僕の投資の目的は早期リタイアです。インデックスファンド・ETFを中心にした国際分散ポートフォリオに、毎月の積立投資(参考記事)と年1...

ゴールデンウィーク早期リタイア考(その4) 早期リタイア実践者たちに学ぶ

前回までの記事(その2・その3)で、早期リタイアに関連する書籍を紹介させていただきましたが、次はどうしても、実際に早期リタイアされた先輩の「生の声」が聞きたくなります。しかし、リアルではもちろん、ネットでも早期リタイア実践者はなかなか見つかりません。ネットで早期リタイアと検索すると、関連ページが出てくることは出てくるのですが、情報商材の販売ページだったり、本当かどうか疑わしいページだったり、どうも信...

ゴールデンウィーク早期リタイア考(その3) リタイアの先輩、女性に学ぶ

突然ですが、男性は女性よりもはやく死にます。世界保健機関(WHO)の世界保健報告2006年度版によると、日本人の平均寿命は、男性79歳、女性86歳(ちなみに世界一!)と女性のほうが7歳も長生きです。 うちも、僕より相方のほうがきっと長生きすることでしょう。ゆえに、「リタイア生活」が長いのは男性よりも女性であると言えます。 ということは、女性向けの本になにか早期リタイアの鍵が隠されているのではないか? なんて安易...

ゴールデンウィーク早期リタイア考(その2) 地に足の着いた早期リタイア本

早期リタイア、アーリーリタイア、ハッピーリタイア、セミリタイア……本屋に行くと魅力的なタイトルが付いた本がたくさん売られています。 ひととおり目を通すようにしているのですが、株で○億円大儲けとか、不動産投資で月○百万円とか、情報起業でセミリタイアとか、どれも儲ける部分に主眼が置かれていて、かつ、どこか現実離れした成功本だったりして、個人的にしっくり来ないものが多いです。 僕が探しているのは、もっと地に足...

ゴールデンウィーク早期リタイア考(その1) リタイア修行と目指す生活

ゴールデンウィークは、運良く長めの休みが取れています。しかしながら、何をしているかといえば、主夫やってます(笑)朝食と昼食を兼ねたブランチを適当に済ませて、午後から出かけて、諸手続き(通販の返品やら電話の修理やら)を処理してきました。夕方には、タイムサービスの商店街に行き、晩飯の買出しです。最近は、豆腐など大豆製品が高い。おのれ、コモディティファンドのせいか!(笑)商店街の激安野菜とわずかな豚コマ...

「人生後半戦のポートフォリオ」(水木楊著)に納得

「人生後半戦のポートフォリオ」(水木楊著)を読みました。投資ではなく、早期リタイアに向けて参考になった本としてご紹介します。人生後半戦のポートフォリオ 「時間貧乏」からの脱出 (文春新書)文藝春秋水木 楊(著)発売日:2004-01-21おすすめ度:amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy)この本でいう「ポートフォリオ」とは、金融資産のポートフォリオのことではなく、時間・カネ・モノのポートフォリオのことです。筆者は、斬新...

死ぬ前に「もっと仕事をすればよかった」という人はいない

本日の日経一面のコラム「働くニホン」にあった一文に目をひかれました。某ベンチャー企業の副社長(31)が、米ハーバード大ビジネス・スクール留学中に、最新の経営手法と共にたたき込まれた教えだそうです。死の床にある経営者たちに人生を振り返ってもらった。すると「もっと仕事をすればよかった」という人はいない。誰もが「家族や自分のために時間を使いたかった」と話す――。どんなに成功しても、自分なりの「働く意味」を見...