インデックス投資家のためのおすすめ証券会社 楽天証券

おすすめ証券会社の情報はネット上にいくらでもありますが、インデックス投資に特化したおすすめ証券会社の情報を、水瀬の独断で作ってみました。
今回は、海外ETFで一気に存在感を高めた、楽天証券です。

≪インデックス投資家のためのおすすめファンド≫
楽天証券で購入できるファンドのうち、インデックスファンドを中心に低コストで高品質なものを選んだつもりです。

I-Shares S&P500 Index Fund (ティッカー:IVV)
(米国株式委託手数料31.5$・Expense Ratio 0.10% ※為替手数料25銭)
海外ETF。米国S&P500種指数に連動する投資成果を目指します。
なんと言っても、Expense Ratio 0.09%と、“超”低コストです。
これは、既存の外国株式インデックスファンドと比べても1/10程度のコストであり、資産額に応じて毎年かかる費用なので、長期で持てば持つほど有利さが効いてきます。
売買時に定額31.5$(1000株まで)がかかりますので、なるべくまとまった金額で一気に購入すると更に有利です。
S&P500は米国株式インデックスで、マイクロソフト、IBM、GE、エクソンモービル、ファイザー、P&Gなど、世界最強クラスの米国大企業で構成されています。

NASDAQ 100 Trust Series1 (ティッカー:QQQQ)
(米国株式委託手数料31.5$・Expense Ratio 0.10% ※為替手数料25銭)
海外ETF。米国NASDAQ100指数に連動する投資成果を目指します。
NASDAQ100は、米国株式インデックスで、マイクロソフト、アップルコンピュータ、グーグル、ヤフー、インテルなど、これまた世界最強クラスの、米国ハイテク企業で構成されています。

Tracker Fund of Hong Kong
(中国株式委託手数料(金額によって違います)・Expense Ratio 0.10% ※日本円で決済)
海外ETF。香港ハンセン指数に連動する投資成果を目指します。
香港ハンセン指数は、香港株式インデックスで、HSBC、ハンセン銀行、中国移動(チャイナモバイル)などの香港証券取引所の上場企業で構成されています。
中国株式クラスが、年率0.1%で保有できるなんて夢のようです。

Hang Seng H-Share Index ETF
(中国株式委託手数料(金額によって違います)・Expense Ratio 0.60% ※日本円で決済)
海外ETF。ハンセンH株指数に連動する投資成果を目指します。
ハンセンH株指数は、中国株式インデックスで、中国石油天然気 (ペトロチャイナ)、平安保険、青島ビールなど、香港市場に上場されている中国企業で構成されています。
Expense Ratioが0.6%と、上記の海外ETFよりは値が張りますが、それでも一般的な中国株式ファンドに比べると、1/3程度の低コストです。

TOPIX連動型上場投資信託 (証券コード:1306)
(日本株式委託手数料(金額によって違います)・信託報酬0.1155%)
国内ETF。東証株価指数(TOPIX)に連動する投資成果を目指します。
TOPIXに連動するETFは、他にも種類がありますが、このETFが最も信託報酬が低いです。
日本株式クラスの運用商品は、これ一本で決まりと言っていいのではないでしょうか。

※データはいずれもmorningstarなどより


≪インデックス投資家のための楽天証券のメリット≫

・海外ETFが購入可能
なんと言っても、これに尽きます!
インデックス投資家にとって、最強のリーサルウェポンと言ってもいい、海外ETFを購入できるのが最大のメリットです。他の全ての欠点を補って余りある、特大メリットだと思います。

・国内ETFで逆指値注文が使える
日本株の逆指値注文が、ネット証券の中でも低い部類に入る手数料で、使えます。
日本株式クラスとして、国内ETFを利用していて、急な暴落がどうしても心配という方は、逆指値注文を出しておけば、自分のリスク許容度以上の損失を抱えるリスクを排除できます。
※ただし、「暴落が心配という精神状態での運用」および「機械的な損切り」を僕は推奨しません。自己責任でお願いします。

・使える各種レポートコンテンツ
山崎元氏の「ホンネの投資教室」、澤上篤人氏の「さわかみ経済教室」、堀古英司氏の「ウォール街から」など、単なる銘柄推奨レポートではない、資産運用についての本格的読み物コンテンツが揃っています。全部プリントアウトして保存したいくらいです。

・豊富なノーロードファンド
インデックスファンドを含め、各種ノーロード(販売手数料なし)ファンドが31本あります。 海外ETFの前にはかすみ気味ですが…(^^ゞ

続きを読む

インデックス投資家のためのおすすめ証券会社 Eトレード証券

おすすめ証券会社の情報はネット上にいくらでもありますが、インデックス投資に特化したおすすめ証券会社の情報を、水瀬の独断で作ってみました。
今回は、株式売買手数料最安値クラス、Eトレード証券です。

≪インデックス投資家のためのおすすめファンド≫

・TOPIX連動型上場投資信託(証券コード1306)
(信託報酬0.1155%)
日本株式上場投資信託(ETF)。東証株価指数(TOPIX)に連動する投資成果を目指します。
TOPIXに連動するETFは、他にも種類がありますが、このETFが最も信託報酬が安いです。
信託報酬がここまで安くなると、投資先進国である米国のETFと遜色ないレベルまで来ていると言っていいと思います(米国にはもう少しだけ安いものもありますが)。
日本株式クラスの運用商品は、これ一本で決まりと言っていいのではないでしょうか。

・朝日-日経平均ファンド
(販売手数料0%・信託報酬0.525%・信託財産留保額0%)
日本株式インデックスファンド。日経平均株価に連動する投資成果をめざす。
僕は、日経平均は銘柄入替時の透明性に問題があると考えているので、日本株式インデックスとしては、TOPIXを利用しています。
しかし、感覚的に慣れ親しんでいるとか情報が得やすい等の理由で、どうしても日経平均で運用したいという方もいらっしゃると思うので、あえて掲載させていただきました。
日経平均連動インデックスファンドの中では、かなり信託報酬が安いです。
ただし、積み立てプログラム専用投資信託なのでご注意を。

※データはいずれもEトレード証券WEBサイトより


≪インデックス投資家のためのEトレード証券メリット≫

・株式の売買手数料が業界最安値クラス
その株式売買手数料の安さから、ETFの購入にぴったりです。
同業他社が値下げすると、必ず同レベルまで追随値下げをするその根性と体力はあっぱれです。
ただし、最低売買単位(今なら約16万円)で購入の場合、例えば「20万円まで売買手数料無料」という料金体系がある他の証券会社の方が有利な場合もあります。
僕は、投資信託で少しずつ積み立てて、50万とか100万とか積みあがったところで、一気にどかっとETFを買うので、Eトレード証券が良いです。

・個人型確定拠出年金の商品ラインナップが良い
該当者は限られると思いますが、個人型確定拠出年金のインデックス商品のラインナップが良いです。
中央三井DC外国株式インデックスファンド(信託報酬0.84%)、富士TOPIXオープン(信託報酬0.6825%)あたりが、他社と比較して低コストだと思います。

続きを読む

インデックス投資家のためのおすすめ証券会社 カブドットコム証券

おすすめ証券会社の情報はネット上にいくらでもありますが、インデックス投資に特化したおすすめ証券会社の情報を、水瀬の独断で作ってみました。
今回は、ノーロード(販売手数料なし)ファンドが充実の、カブドットコム証券です。

≪インデックス投資家のためのおすすめファンド≫
カブドットコム証券で購入できるファンドのうち、インデックスファンドを中心に低コストで高品質なものを選んだつもりです。

・ステート・ストリート 外国株式インデックス
(販売手数料0%・信託報酬0.9975%・信託財産留保額0.3%)
外国株式インデックスファンド。日本を除く世界主要21カ国の株式市場(MSCIコクサイ)の動きに連動した投資成果の獲得を目指して運用する。
他がどんどん途中償還されていく中、生き残っている貴重な外国株式インデックスファンドです。
一部の年金にも採用されており、安定性があります。

・トピックスオープン
(販売手数料0%・信託報酬0.651%・信託財産留保額0%)
日本株式インデックスファンド。TOPIXに連動する投資成果をめざす。

・三菱UFJ チャイナオープン
(販売手数料0%・信託報酬1.596%・信託財産留保額0.5%)
中国株アクティブファンド。主要投資対象は、香港証券取引所の中国関連銘柄、ブルーチップ、レッドチップ、H株及び上海・深セン両証券取引所のB株等。
比較的低コストな中国株ファンドだと思います。

※データはいずれもモーニングスターより


≪インデックス投資家のためのカブドットコム証券メリット≫

・ステート・ストリート外国株式インデックスが購入可能
なんと言っても、この投資信託がノーロード(販売手数料なし)で買えるのが魅力です。この投資信託は、インデックス投資家なら外せない逸品です。しかも、積み立てプログラムにも対応。

・豊富なノーロードファンド
インデックスファンドを含め、各種ノーロード(販売手数料なし)ファンドが64本あります。
怒涛のノーロードファンドラインナップに目移りしてしまいそうです。

・投信積み立てプログラムに対応
投信積み立てプログラム「ファンド星人」(どういうネーミングでしょう!?笑)は、77本の投資信託の中から選べます。
積み立てプログラムに対応可能な投資信託が、いわゆる“ダメ投信”ばかりという金融機関も多い中、カブドットコム証券は人気投資信託もしっかり入っています。

続きを読む

インデックス投資家のためのおすすめ証券会社 マネックス証券

おすすめ証券会社の情報はネット上にいくらでもありますが、インデックス投資に特化したおすすめ証券会社の情報を、水瀬の独断で作ってみました。
いくつかあるのですが、今回は、インデックス投資家にいちおし、マネックス証券です。

≪インデックス投資家のためのおすすめファンド≫
マネックス証券で購入できるファンドのうち、インデックスファンドを中心に低コストで高品質なものを選んだつもりです。

・バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド
(販売手数料0%・信託報酬0.82%・信託財産留保額0% ※売買時25銭/$の為替手数料がかかります)
ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、そして米国ナスダック店頭市場で通常取引されているすべての米国普通株式で構成されるインデックス「MSCI US Broad Market Index」のパフォーマンスに一致する投資成果を目指します。

・バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド
(販売手数料0%・信託報酬0.87%・信託財産留保額0% ※売買時25銭/$の為替手数料がかかります)
米国の債券と普通株式に配分され、全体の資産のうち60%~65%を高格付けの中長期債に、残りは配当のある株式に投資されます。

・トヨタアセットバンガード海外株式ファンド
(販売手数料0%・信託報酬約1.29%・信託財産留保額0%)
主に4本のバンガード・グループのファンドを通して海外の株式に投資。4本はすべてインデックスファンドで、それぞれ、米国成長(グロース)株、米国割安(バリュー)株、欧州株、新興国(エマージング)株が対象。

・インデックスファンド TSP
(販売手数料0%・信託報酬0.546%・信託財産留保額0%)
TOPIXに連動することを目指すインデックスファンドです。
※データはいずれもマネックス証券WEBサイトより


≪インデックス投資家のためのマネックス証券メリット≫

・バンガードのファンドが購入可能
インデックス投資の先駆けである米国バンガード社の良質なファンドを、日本で唯一買うことができる証券会社です。

・豊富なノーロードファンド
インデックスファンドを含め、各種ノーロード(販売手数料なし)ファンドが19本あります。

・外貨建てMMFに豪ドルあり
米ドル、ユーロ、豪ドルの3通貨の外貨建てMMFがあります。特に豪ドルMMFが揃うネット証券は貴重です。ちなみに、外貨建てMMFは為替差益が非課税です。

・豊富な投信積み立てプログラム
「自動つみたて」「カードDE自動つみたて」「銀行DE自動つみたて」の3とおり。積み立てプログラムは楽ちんインデックス投資に欠かせません。

・投資教育に熱心
無料・有料の各種投資セミナーが数多く行なわれています。実際にいくつか参加しましたが、他ではあまり見られない、インデックス投資を推奨する良心的なセミナーがありました。


続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)