郵便局でインデックスファンドを買ってはいけない

郵便局は、10月3日から販売する投資信託商品として、計3商品を正式に決めたとの報道がありました。内容を見ましたが、正直、ガッカリです。

日本郵政公社
8/29付:郵便局において募集の取扱い等を行う証券投資信託の選定結果について
情報ソースへのリンクはコチラ

3商品のうちのひとつがコレ。

・大和ストックインデックス225ファンド(販売手数料2.1%

販売手数料2.1%!?高っ!!
僕は、インデックスファンドは販売手数料ゼロが常識だと思っています。
販売手数料があろうとなかろうと、インデックスファンドの収益は一緒です。だって、日経225のような指数(インデックス)とまったく同じ値動きをするように作られているんですから。
だったら、販売手数料ゼロの販売会社で買った方がいいのは明白です。販売手数料ゼロの日経225インデックスファンドなんて、他でいくらでも売ってます。探せない人のために、いくつか例を下記に示しておきます。

イー・トレード証券
・日経225ノーロードオープン(興銀第一ライフ・販売手数料0%)
・株式インデックスファンド225 (DKA・販売手数料0%)

楽天証券
・日経225ノーロードオープン(興銀第一ライフ・販売手数料0%)
・株式インデックスファンド225 (DKA・販売手数料0%)

マネックス証券
・日経225ノーロードオープン(興銀第一ライフ・販売手数料0%)

カブドットコム証券
・インデックスファンド225(UFJパートナーズ・販売手数料0%)

みーんな販売手数料ゼロですよ。それなのに、郵便局では2.1%も取る。
郵便局で100万円分ファンドを購入した瞬間、2万1000円は販売手数料として郵便局に持っていかれてしまうのですよ。一方で、全く同じ値動きをするのに販売手数料は1円も取られないファンドが、別のところでは売っているのです。
これじゃ、無知につけこんだ「ボッタクリ」です。
ああ、投資に疎いおじいちゃんおばあちゃんや、定年まで一生懸命働いて退職金を手にした団塊世代のお父さんお母さんたちが、なじみの郵便局員から、このボッタクリファンドを笑顔で買っていく様子が目に浮かぶ……。とてもやるせない。

話は変わりますが、郵便局での投資信託販売については、かねてより、金融業界から民業圧迫だのなんだのというトンチンカンな批判が相次いで出ていました。郵便局の割高な販売手数料設定は、それに配慮した形にも見えます。
だとしたら、こんな投資家そっちのけの業界都合がまかり通ってはいけないと思います。

インデックスファンド投資家として、皆さんに声を大にして言いたい。

『郵便局でインデックスファンドを買ってはいけませんよー』

天然キャラと投資について語る

ひとり旅に行った時に、久しぶりに会った友達(Iちゃんとでもしときます)と投資の話をした。

Iちゃんは、昔からの飲み友達&メール友達で、ついついいじめたくなるような天然ボケキャラです。数年前初めて会った時は、あまりの天然ぶりに「こいつ海に落としてやろうか!」と仲間たちと画策したもんです。

まさか投資なんて考えてないと思ったら、けっこう興味があるようで、自分がやってるインデックスファンド投資の話に、「教えて欲しい!」とすごい食いつきです。僕はインデックスファンドをバイ&ホールドする投資戦略の優位性を、ちょっとずつ、一生懸命説明しました。
そしたら、

「うーん、家を安く買って借金以上の金額で人に貸せば、生活の足しになるしー」

と、知ってか知らずか不動産投資を考えているようです。今度結婚する予定の相手が自営業で収入が不安定というのと、事業拡大による転居の可能性があるからとのこと。
本業以外に、複数の収入源を作っていくという方向性は、「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズ(ロバート・キヨサキ著)や「億万長者入門」(ロバート・アレン著)に、金持ちになるための基本として書かれているとおりです。

また、自分がアメリカの株式市場を中心に投資していると話したところ、

「アメリカは、日本が経済的に支えているわけでしょー」

と国際経済学者ばりの持論まで展開。まさか、アメリカの経常赤字を、日本が多額の米国債を引き受け続けることで、支えてきた経緯を知っているのか!?

僕は思いました。
こ、こいつ、天然ボケキャラの皮をかぶった切れ者だ。そのうち、「インデックス投資じゃ期待リターンが足りないしー」とか「市場はそれほど効率的じゃないと思うなー」とか言って、ダメ出しまでされるかもしれん……(滝汗)

人は見かけによらないものです。相手が自分より知らないと勝手に思い込んで偉そうに語ると、とんでもない大恥をかくことがあるという悪い見本ですわ。

でも、Iちゃん、飯食ってる時に背中をアブに刺されて騒いでました。
かわいいところも残ってて良かったです(笑)

ひとり旅でリフレッシュ!

1週間休みを取って、ひとり旅に出てきました。
行き先は新潟です。

はっきり言って、僕は新潟が好きです。というより、愛しています。故郷の地元と同じくらいか、もしかしたらそれ以上です。
なぜ、そこまで入れ込んでるのかは自分でも良くわかりませんが、米や酒が美味いのもあると思うし、いい温泉があるとか、海が静かだとか、いい仲間がいるとか、転勤族の自分の初の勤務地だったこともあると思う(転勤族の間では初の赴任地は“第二の故郷”になると言われてます)し、いろいろなものが重なり合ってるんでしょうねー。
レンタカーを借りて、あちこち気ままに回ってきました。

niigata_1.jpg
海沿いの道(ココによく来て本読んでました)

niigata_2.jpg
浜焼き(アマダイの串焼きとサザエのつぼ焼き)

niigata_3.jpg
岩ヶ崎の夕焼け(この後突然の雷雨に…汗)

niigata_4.jpg
寺泊のお寿司(カニの味噌汁がうれしいっす)

niigata_5.jpg
村上の三面川(鮎の塩焼き食いました)

こうして、休んでリフレッシュしている間にも、自分のファンドは勝手に増えてました。
やっぱり、手のかからないバイ&ホールドの不労所得万歳!\(^o^)/

売らずに我慢するテクニック(オマケ編)

オマケです。下げ相場で「売らずに我慢するテクニック」として、一見効果がありそうなのに、実際やってみたら意外に効果がなかった没ネタ集です。皆さんの、何かの役に立たないとも限らないので載せておきます。

*****

× 相場動向を詳細に調べる
「相場はいつも行き過ぎる」と言われ、市場は、後から思えば、過度に悲観・楽観する傾向があるようです。暴落時には、いくら調べても、テレビ、新聞、雑誌、WEBサイト、メルマガなど、全メディアで総悲観状態なので必要以上に凹むだけです。特に最悪なのが、インターネットの掲示板で、暴落すればするほど儲かる空売り派の人達が、「地獄の底まで暴落するぞ」「早く売らないと樹海行き」などと暴落を煽りまくるので、バイ&ホールド派にとって百害あって一利なしです。

× 証券会社に相談する
証券会社は、基本的に私たちが金融商品を売買する手数料で食っている商売であることを忘れてはいけません。私は、証券会社の人に、「ここは売らずにホールドしましょう」と言われたことが一度もありません。「それを売って、こっちを買いませんか?」と営業されます。

× 投資仲間に相談する
相場暴落時は、往々にして投資仲間たちもダメージをくらっていて、機嫌が悪いです。建設的な意見交換が出来る状態ではありません。逆に、暴落時に嬉々としているヤツは、だいたいが空売り派であり、「お前もファンドなんか売っ払って、空売りすべきだ!」と迫ってくるのでかえって逆効果です。私の投資仲間にろくなヤツがいないだけかもしれませんが…(笑)
腰の座ったバイ&ホールド派のあなた、友達になってください!

× 旅に出る
旅に出て気分転換♪のつもりが、旅先は暇なもの。暇な時には人間ロクなことを考えません。いつも以上に相場の事を思い出しますよ…。

× 仕事に打ち込む
仕事が好きな人はどうぞ。ぐーたらな私には無理です。

*****

最後に、実際やってみたことは無いけど、試してみたいことがあります。それは、

○ ファイナンシャルプランナーに相談する

です。ファイナンシャルプランナーという人たちのサービスを受けたことはありませんが、欧米では、弁護士・医者と並んで結構メジャーな職業らしいです。長期投資を勧めるファイナンシャルプランナーに、「ここで売ったらいけませんよ!」と諭してもらえるのなら、利用価値はあるような気はします。
サービス経験者の方、よろしければどんな感じなのか、教えていただけないでしょうか?

売らずに我慢するテクニック

インデックスファンド投資家の仕事は、「ファンドを売りたくなった時に我慢すること」ではないか、そして、じっと我慢するだけではツラいので、なんとか「売らずに我慢するテクニック」はないのかという前回のお話の続きです。

本やネットでいろいろ調べてみました。
しかし、投資の必要性とか仕組みとか買い方、売り方などの情報は膨大に存在するが、売らずに我慢するテクニックに関するまとまった情報は見つかりませんでした。
しかし、じっとしていて我慢できるほど私の意思は強くありません。何か有効な「行動」を見つからなければ、自分で考えてやってみるしかありません。
いろいろもがいてみた結果、自分で少しは有効と感じられた行動を、以下に整理したいと思います。

○ スポーツに没頭する
○ 飲んだくれる
○ バイ&ホールドを推奨する本を読む

苦しんだ割には、この程度でした。目の覚めるような画期的なものが無くて、申し訳ありません。でも、資産運用なんてカッコいいことを言っても、現実なんて泥臭いものです。

*****

○ スポーツに没頭する、について。
これは効きます。
特に、ハードであればあるほど、投資だのなんだのという事はスッパリ忘れられます。スポーツを終えた後も、心地よい疲れが投資のことを忘れさせてくれます。
恥ずかしながら、いい歳こいて最近サーフィンデビューしたのですが、当日の夜や翌日は、疲れと筋肉痛で廃人同然(笑)。何も考えられず、これなんかまさに持ってこいであります。
ただ、売りたくなった時に都合よくスポーツできるかどうかという問題はあります。

○ 飲んだくれる、について。
賛否両論あろうかと思いますが、一応効果はあります。
酒は嫌なことを忘れさせてくれます。たまに、帰り道まで忘れさせてくれるので困りものですが…(笑)。まあ、「酒に逃げてる」だけですし、投資のためにアル中になるのもバカらしいので、あまりおすすめしません。

○ バイ&ホールドを推奨する本を読む、について。
これが一番効果がありました。
自分が、「インデックスファンドのバイ&ホールド」戦略を最も信用できると判断した時の材料を、改めて読み直す。売りたい気持ちを見事に我慢できました。
ただ、問題は、我慢したい時に読むべき部分が、分厚い本のあちこちに散らばっていて、いざという時探すのが面倒くさいという事です。一刻も早く売り抜けたい!という切羽詰った状況において、例え良書であっても1ページ目の「この本を親愛なる妻●●に捧げる」なんてところから、順番に読んでいくのは結構ツラいものです。

*****

そこで、我慢したい時に読むべき部分に、印をつけておこうと考えました。
本に付箋を貼ったり、WEBサイトのあるページをブックマークしたりしましたが、見たい情報がいろんな場所に散らばってしまうので、どうも煩雑でうまくありませんでした。
それならば、我慢したい時に読むべき情報を、コピーやプリントアウトして一ヶ所に綴じておこうと考えました。
気になるバイ&ホールド情報をコピーして、クリアファイルに入れていく……。地道で面倒くさい作業ですが、「売りたくなったら見る情報ファイル」として、なかなかいい物が出来ました。
これは自信を持って、皆さんにもおすすめできます。
よかったら、皆さんも自分なりの「売りたくなったら見る情報ファイル」を作ってみませんか?そして、暴落相場でもインデックスファンドを売らず、一緒に乗り切ろうではありませんか。

※他にもこんな方法があるよ!という方、ぜひご紹介いただけないでしょうか。よろしくお願いします。

ベランダで極楽

今日はいい天気だったので、朝からベランダにアウトドア用のイスを出して、上半身裸で本を読んでました(お隣さんゴメン!)。
じりじり日に焼きながら、アイスコーヒーを飲んで目を閉じると、先月行ったバリ島と同じ気分がした。目を開けるまでの一瞬だけだったけど(笑)
ああ、早く好きな時に好きな所へ行けるようになりたい。
bali.jpg

我慢が仕事 その2

インデックスファンド投資家の仕事は、「ファンドを売りたくなった時に我慢すること」ではないか、というお話の続きです。
まず、自分の経験的に、今までどんな時にファンドを売りたくなったか、整理してみました。

(1)生活費が足りなくなった時
(2)ガンガン上がっている別の投資対象を見つけた時
(3)ものすごい上げ相場の時
(4)ものすごい下げ相場の時

こんなところでしょうか。これを我慢しなくてはいけないわけです。

(1)生活費が足りなくなった時、について。
人間、毎日の生活が基本です。生活費が逼迫してくれば投資どころではありません。
よく言われることですが、「投資は余裕資金で」です。私も今は余裕資金でやっているので、基本的にこういう状況は発生しないと思っています。(昔は、連日の合コン費用等重要出費(笑)でちょくちょく生活逼迫状態になっていましたが)

(2)ガンガン上がっている別の投資対象を見つけた時、について。
例えば、「ネット関連のA企業が●●日連続でストップ高更新中!」という情報を見たりした時の事です。
そんな時には、「A企業と比べて、自分のインデックスファンドの値動きのトロいこと。いっそ、ファンドは売って、その企業の株に全額投資したろか…」という考えが一瞬頭をよぎります。
でも、これはだいたい我慢できます。
なぜなら、その投資対象を見送っても、別に損はしないわけですから。
今までも、すごく儲かっている人の自慢話を聞く事はよくありましたが、比較的冷静に、「へーすごいね」と言ってやれます。雑誌やネットの情報などには、なおさら冷静でいられます。

(3)ものすごい上げ相場の時、について。
相場が上がれば、それと同じだけ利益も上がるのがインデックスファンドです。幸運にも含み益がどんどん膨らみ続けているような状況の事です。
そんな時には、「今は儲かっているけど、いつ下げに転じるか分からない。ここで利益確定しておきたい!」という誘惑に駆られます。
でも、これもだいたい我慢できます。
なぜなら、儲かっている状況は気が大きくなっているからです。大舟に乗ったような気分で、「多少下げても関係ないね」と威張っていられます。
それに、インデックスファンドを売って利益確定をすると、利益の一部を税金で持って行かれてしまいます。これデカイよー。100万儲かったら10万(2008年4月以降は20万円!)も持って行かれてしまう。しかも、売却した資金は、どうせまた何かに投資するわけですから(私の場合、同じインデックスファンドに投資することになる)、税金分持っていかれるだけで、たいした得もないと思います。

(4)ものすごい下げ相場の時、について。
ここで、真打ち登場。相場が下がれば、それと同じだけ損失も膨らむのがインデックスファンドです。不幸にも、含み損がどんどん膨らみ続けているような状況の事です。
これは、いままでの状況とは全く違います。はっきり言って、

とてもキツい!!

なぜなら、投資している資金は、自分が毎日朝から晩まで必死に働いて貰った給料の中から、なんとか捻出した、大事な、大事な虎の子です。それが毎日、数万円、あるいは数十万円単位で目減りしていくなんて我慢ならんです。つい、自分が今日一日労働で稼いだ賃金と、今日一日の損失額を比べて愕然としたりして。ううう…。
今すぐ、インデックスファンドを売って、目減りしない普通預金にでもして、損失の拡大を喰い止めたいと思うに違いありません。実際、自分も下げ相場でインデックスファンドを手放してしまったことがあります。(後で思い切り後悔しましたが…)

投資指南本には、「そんな時こそ強い意志を持て」とか「相場のことは忘れろ」などと、さらりと書いてある場合がありますが、ゴメンナサイ、私にはそんなこと出来ませんでした…。意志弱いんです。

では、どうするか?
それには、「売らずに我慢するテクニック」みたいなものが必要ではないでしょうか。

(次回へ続く)

我慢が仕事 その1

インデックスファンド投資家がしなくてはいけない仕事について。

企業へ投資する場合、当然、その企業のことを調べる作業が発生すると思います。その企業が今後よくなっていくのか、悪くなっていくのか、よくよく選ばないと、最悪、倒産してしまい投資資金がパーなってしまいます。
ファンダメンタル的な観点から、財務や事業内容等を調べる人もいるでしょうし、テクニカル的観点から、チャートや出来高を調べる人もいるでしょう。
昨日、本屋に行きましたが、「デイトレでなんとか」「チャートなんとか」という、テクニカル分析派の本が、明らかに多かったですね。きっとそっちの方が売れるんでしょう。
パラパラめくってみましたが、覚えること、チェックすべきこと、やらなくてはいけない作業が数多く書かれていました。
いずれにしても、手がかかることです。

一方、インデックスファンドへの投資なら、特に調べるものはありません。なにせ、投資対象は指数=市場全体であり、市場全体は、資本主義経済の原理によって、上下しながらも、全体的にゆっくりと上昇して行く傾向にあるのですから。

この辺の理論にご興味のある方、「上がるか下がるかは五分五分では?」と疑われる方は、「ウォール街のランダム・ウォーカー」(バートン・マルキール著)、「敗者のゲーム」(チャールズ・エリス著)等の本をご参照ください。いずれ、このブログでも「読書」カテゴリー等で紹介していくつもりです。

私は、インデックス投資家がしなくてはいけない仕事は、「ずっとファンドを持っていること」、もう少し泥臭く言えば、

「ファンドを売りたくなった時に我慢すること」

に尽きるのではないかと考えています。
「何だ、そんなことか」と思われるかもしれませんが、やってみると、これがまた難しいんですよ…。

(次回へ続く)

頭ワープ

私は大きなことを決めるときに、頭をワープさせます。
いえ、決して危ない行動ではありません(笑)。
下記のようなイメージを思い浮かべながら、考えてみるのです。

頭ワープ開始。視点を自分の頭の上へ、上へ……
2-1

うちの街だねー。近所の人たちはどうしているんだろう?

ゴゴー……
2-2

東京だねー。いろんな人がいるんだろうね。
会社社長、芸能人、大物国会議員、大地主さんなんかもいるんだろうなー。
彼らはどうしているんだろう?

ゴゴー……
2-4

日本だねー。狭い島国。
この中だけでしか通用しない事も多いんだろうな。
おとなりの国ではどうしているんだろう?

ゴゴー……
2-5

地球だねー。こうして見ると、海ばっかりで陸地は狭く、どこにいても大差なさそうに思える。
世界標準では、どうしているんだろう?

ゴゴー……
2-6

宇宙の中の地球。時間の流れがゆっくり……。
人類の歴史の中で、昔の人たちはどうしてきたんだろう?


……という具合にイメージしていくと、凝り固まっていた頭がほぐれて、大事だと思っていたことが意外とどうでもいいことだったり、絶対だと思っていたことが実はそうでもなさそうだったり、けっこう我に帰れます。
大きな決断をする時は、知らず知らずのうちに熱くなりがちです。
「頭ワープ」、おすすめの思考法ですよ。

※画像はGoogle Earthより利用させていただきました。これが無料なんですからGoogleスゴイですね。

投資事始め その2

どんな投資法がいいのか。何を優先して決めるか考えました。

本やWEBで関連情報を読み漁ると、投資法には、金利動向で判断するもの、為替動向で判断するもの、株価動向で判断するもの、出来高で判断するもの、財務分析で判断するもの、業界動向で判断するもの、大きなファンドの動きで判断するもの、指数構成銘柄入れ替えで判断するもの、果てはタクシーの運ちゃんの言葉や星の動きで判断するものなど、本当にいろいろな方法がありました。
最後の2つは除いても、それぞれ良さそうに思えてきて、自分もすぐに儲けられそうな気になってきます。
実際に、小額でいくつか試してみたものもありましたが、結果はいまいち奮いませんでした。

・「就職したいと思う会社に投資せよ」にしたがって、ある個別銘柄に投資→ちょい損
・「財閥系低位株に投資」にしたがって、ある個別銘柄に投資→大損失
・「グランビルの法則」にしたがって、ある個別銘柄に投資→大損失
・雑誌に出ていた人気ファンドに投資→鳴かず飛ばずのうちに中途償還

まして、今後将来的に大金をつぎこむ事になることを念頭に置くと、とたんに気になってきたのが、

「その方法は普遍的な方法なの?」

ということです。
そこで、前回の記事で言うところの、

(1)安全に、
(2)確実に、
(3)すぐに、
(4)楽ちんに、
(5)理論的裏付けがあり、
(6)たくさん

のうち、(5)理論的裏付け、があるかどうかに注目してみました。
大体は、非常に限られた範囲・期間のデータで、「ほらデータで見ても効果があるでしょう?」という論理展開でした。酷いのになると、データでの検証などなく、「経験豊富な私が言うのだから間違いない」と「独り決めつけ」しているだけのものも結構ありました。

その中で、長期間にわたり、しっかりとした検証データに基づき、有効な投資法を教えてくれていたのが、「ウォール街のランダム・ウォーカー」(バートン・マルキール著)でした。
(ちなみに、このブログのタイトルの由来もここから取らせていただきました)

「個々の株式を売買したり、プロのファンドマネージャーが運用する投資信託に投資するよりも、ただインデックス・ファンドを買ってじっと待っているほうが、はるかによい結果を生む」


そのユニークな内容もさることながら、この本の初版が出版されたのが私が生まれた1973年、以来30年以上にわたって増刷・改訂を重ね、現在でも堂々と通用しているという「実績」が信用に足ると考えました。

実際、この投資方法を始めてみると、これがまた私にピッタリ!
なにしろ、前回の記事で言うところの、

(1)安全に、
(2)確実に、
(3)すぐに、
(4)楽ちんに、
(5)理論的裏付けがあり、
(6)たくさん

のうち、(3)すぐに、以外の項目はそこそこ満たしてくれます。また、嬉しい誤算として、(4)楽ちんに、の項目については、私の知る限り、他のどんな投資法よりもよく当てはまります。ホント楽ちんです。

というわけで、私の基本的投資スタンスは、ブログタイトルの副題にもあるように、『インデックスファンドをバイ&ホールド』です。

投資事始め その1

投資を始めたのは、いつだったか。
給与口座に貯まった100万円を定期に入れようとしたところ、あまりの低金利に愕然。何年も寝かせてこれだけかよ…。他にもっとマシな預け先はないものかと探し始めたのがきっかけでした。

どうせやるなら、

(1)安全に、
(2)確実に、
(3)すぐに、
(4)楽ちんに、
(5)理論的裏付けがあり、
(6)たくさん

儲かる方法はないかと、(今思えば無謀な)検討を始めました。
適当な本を読んだり、マネー雑誌を見たり、ネットでマネーサイトを巡ったり、さ迷い歩きました。
その結果、結論じみたものに至りました。

そんなものはこの世に無い!!

そりゃそうです。そんなものあったら、みんなとっくに始めてます。
だいたい、
(1)安全で(2)確実なものは、(6)たくさんは儲からないようになっているようです。
【例】普通預金など
(3)すぐに儲かるものは、(1)安全ではない。
【例】競馬・パチンコなど
ネットで見つかった情報の中には、(1)安全に(2)確実に(3)すぐに(4)楽ちんに儲かりそうなものもありましたが、どう見ても怪しい感じで、(5)理論的裏付けは望むべくも無い感じでした。
【例】詐欺・マルチ商法など

そこで考えました。
全部を満たすのは無理でも、そこそこ満たしていればいいやと。
さーて、どれを優先しようか。

(次回へ続く)

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/03/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/30まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)