不動産投資について勉強した結果

早期リタイア実現の経済的基盤を作るための手段は何でしょうか。

いろいろ調べているうちに、だいたい、証券投資か不動産投資で早期リタイア実現をされている方が多いことがわかりました。
(他にも、事業を起こしてそれを売却することで富を得た方もいらっしゃいましたが)

普段、証券投資の方は勉強しながらやっていますが、不動産の方は、ほとんど手付かずでした。強いて言えば、経済誌でマンション相場特集を読んだり、J-REITの値動きを見ているくらいでしょうか。
今までほとんど勉強してこなかった不動産投資について、ここ1ヶ月くらい、集中して本を読んでいました。冷静な目で見るため、不動産投資肯定派と思われる本と、否定派と思われる本の両方を読んでみました。
ざっと以下のような本です。

サラリーマンでも「大家さん」になれる46の秘訣―実践版 利回りがすべてのアパート・マンション経営入門
サラリーマンでもできるアパート・マンション投資
ハワイ プチ富豪の成功法則
アスコム
発売日:2004-10
地価「最終」暴落
光文社
発売日:2004-10-22
借金国家から資産を守る方法 ~不動産編~
フォレスト出版
発売日:2005-06-21
Amazy

これで十分とは言えないとは思いますが、とりあえず1ヶ月後の結論は……

続きを読む

企業が配当を増やしていますが、まだまだです!

2005年度は、企業が配当を増やした結果、過去最高の配当課税額になったそうです。
役人の皆さまはさぞかしお喜びのことと思います。
だいたい、役人が喜ぶことは、庶民が嫌がることと相場が決まっているのですが、こと、株式の増配に関しては、役人も庶民も両方が喜ぶ珍しいケースではないでしょうか。

【NIKKEI NET 2006/04/28より引用】
国税収入、配当課税増え47兆円大幅超過・05年度見通し
 2005年度の国税収入が47兆円を大幅に上回る見通しとなった。企業が株主への配当を増やした結果、株式配当への課税額が過去最高となり、予定額の47兆420億円を3000億円超上回るのは確実。法人税も順調に伸びており、最終的な税収決算額は47兆円台半ばに達する公算が大きい。
 税収見込みは当初予算から増額補正され、これをさらに上回ることになり、景気回復が税収面にも及んできた格好だ。財務省が28日に発表した税収実績によると、3月末までの累計税収は予算額の77.3%。04年度の3月時点よりも約2ポイント上回っている。
 05年度の当初見込み額は44兆円。今年2月の補正予算の段階で47兆420億円に上方修正したばかりだが、財務省は「税収実績が予算額を上回るのは確実」と見る。
 税収増の原動力は配当課税だ。すでに年間予算額の1兆9760億円を約3000億円規模で超えた模様だ。日本経済新聞の調査によると、3月期決算の上場企業の06年3月期の経常利益は7.8%増え、過去最高益となる見通し。 (22:04)
【引用終わり】

しかしながら、この程度でありがたがってはいけないと思います。
えっ、そりゃ強欲過ぎだろう!と思われますか?
いえいえ、それがそうでもないのです。なぜなら……

続きを読む

今月のMRF分配金、多くないですか?

証券会社の口座情報を見ていて、おや?と思いました。
毎月、月末に入ってくるMRFのスズメの涙ほどの分配金。
今月は、いつもより多くないですか?

直近の実績分配率を調べてみると、年率0.031%となっていました。
ほほー。なるほど。1年前は、だいたい年率0.001~0.003%くらいだったと記憶していますから、実に10倍以上になっているんですね。
いや、絶対値的には相変わらずスズメの涙であることには変わりませんが…(^^ゞ

普段はまったく意識していませんが、MRFは内外の公社債およびコマーシャルペーパーを中心に投資する、れっきとした「債券ファンド」です。
3月の日銀量的緩和解除の前後から、金利は上昇してきています。その影響がMRFの実績分配金にも出ているのだと思います。

続きを読む

日本株、まんまと反騰

本日、日本株はまんまと反騰しました。
昨日、どかんと下げたところで、日本株式ファンドを買い増しできました。米国株も円高の時にうまく買えたようです。
ちょっとだけうれしいです。
まぁ、10年単位の長期的視野で見ればこんな差など、虫眼鏡で見ても分からないくらいの微小な差なのでしょうけど (^^ゞ

さあ、次の投資はまた来月です。
のんびり本でも読みながら、相場の行く末を見守ります。

今月の「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」本日投資

しばらく1ドル117円くらいの為替相場が続いていましたが、ここへきてスルスルっと円高が進み、1ドル114円台まで来ました。
ここしかない!ということで、「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」4月分の投資を、本日行いました。
※ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

毎月定額購入しているメインファンド(バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンドとバンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド)がドル建てなので、できるだけ円高の日を狙って購入しています。

ついでに、今日のお昼に「日経平均前引けマイナス365.63円」というニュースを見て、DKA株式オープンの買い増し注文も出しておきました。
結局、日経平均終値はマイナス489.56円の下落でした。けっこう下がりましたね。

続きを読む

DIAM中国関連株オープン(チャイニーズ・エンジェル)、絶好調ですが…

2003年の設定当初からの付き合いの、DIAM中国関連株オープン(チャイニーズ・エンジェル)は、中国株(正確には中国関連株)の投資信託で、ノーロード(販売手数料なし)で買えるところが気に入って買ったものです。

2月の頭に「絶好調」とブログに書きましたが、その時の基準価額が13,500円くらいでした。
ところが、現在は16,500円を超えてます。平均取得単価に対しての損益はプラス75%以上にもなります。




基準価額がここまで上昇すると、うれしい反面、心配になってくることがあります。
それは、大きな臨時分配金を出すのではないか、ということです。

臨時分配金が出るとなんとなくうれしい気がするのは錯覚です。
当然のことながら分配した分だけ、基準価額は下がります。そして、分配金からは強制的に税金が取られて、税引き後の現金が手元に残るだけです。どうせまた投資しなくてはいけないのに…。
これでは運用効率が落ちてしまいます。

実際に、僕が保有しているSGロシア東欧株ファンドは、運用が好調の中、昨年の10月、基準価額が14,500円くらいになった時に、1,500円もの分配金を出しました。同時期にいくつかの好調投資信託が大幅な臨時分配金を出していたと記憶しています。余計なことしてくれるな!と思ったものです。

続きを読む

イー・トレード証券、ついに売買手数料無料も!

イー・トレード証券が、売買手数料値下げを発表しました。
ついに、手数料無料が出てきました(売買代金が10万円まで)。
野村のネット専業証券ジョインベスト証券の参入など、ネット証券業界の手数料競争が再び過熱してきた感じです。
業界の人は大変でしょうが、利用者からすれば大歓迎です。

【NIKKEI NET 2006.4.20より引用】
イー・トレード証券、売買手数料引き下げへ
 インターネット専業証券大手のイー・トレード証券は20日、6月1日から株式の委託売買手数料を引き下げると発表した。1日の売買代金が決められた範囲内なら売買の回数にかかわらず手数料が一定となる「定額制」のうち、売買代金が10万円までを無料、30万円までを315円にする。これまでは50万円まで一律525円だった。 (19:38)
【引用終わり】

ただ、手数料は無料以下にはなりえません。無料以上の競争になると、各社とも手数料では差異化がしづらくなります。
やはり、他社にない新たな資産運用サービスが必要なのではないでしょうか。

どんなサービスが利用者に受けるかって?
いち個人投資家として、声を大にして言います。

続きを読む

何故と聞かれて分かること

最近、妻が投資を始めたこともあるためか、いろいろ素朴な質問をされます。

日経平均が上がったというニュースを見て、
「どうして今日は株価が上がったの?」
長期金利が上がったというニュースを見て、
「金利が上がると、どんな影響があるの?」
原油が高値更新というニュースを見て、
「原油が上がると、どうなるの?」
円急騰というニュースを見て、
「どうして急に為替が動いたの?」
投資信託を買うにあたり、
「日本株と外国株、どっちがいいの?」
等々。

中には即答できる質問もありますが、質問が素朴であればあるほど、どう答えればよいか悩んでしまいます。
例えば、「どうして今日は株価が上がったの?」という質問に対する答えひとつとってみても、答えるのはなかなか難しいと思います。

たしかに、大引け後の日経新聞等のメディアを見ると、その日の株価の動きが、「米国の株高を好感して」とか「企業業績改善の期待感から」とか、もっともらしい理由で解説されています。
しかし、これって本当に正しいのでしょうか?たまたま記者がそう感じているだけなのでは?
何故なら、いつも根拠が書かれていないからです。あっても、「どこかの証券会社のストラテジストが言っていたから」というようなおよそ十分とは言えない根拠しか書かれていません。全国の投資家にアンケート調査をした訳でもなんでもありません。

続きを読む

妻投資デビューから1ヵ月後の成績

先月の妻投資デビューから、1ヶ月が経ちました。
さて、どうなっているのでしょうか。

妻は某インデックスファンドを購入したのですが、購入当初から、まるで投資したことを忘れているのかのような無視っぷりでした。
あれから1ヶ月経過しましたが、相変わらず、騰落をチェックしている様子はほとんどありません。まるで大物投資家の貫禄だなこりゃ(笑)

僕に促されて、渋々チェックしてみると……

続きを読む

平成電電、再建を断念

平成電電が、ついに再建を断念してしまいました。

【NIKKEI NET 2006.4.17より引用】
平成電電、再建を断念・支援中止で資金繰りつかず
 昨年10月に民事再生法適用を申請した平成電電(東京・渋谷)が17日、再建を断念すると発表した。再生支援企業に決定していたソフト開発のドリームテクノロジーズが16日に再生支援を中止すると発表し、資金繰りがつかない状況となった。3月末の負債総額は約1300億円。
 東京地裁から、近日中に民事再生手続きの廃止決定と保全管理命令を受ける見通し。平成電電の事業と資産は地裁が選任する保全管理人が管理することになる。
 割安固定電話サービスの契約回線数は「14万4000件程度」(佐藤賢治会長)。申立代理人の松村正哲弁護士は「利用者に支障のないよう他社への移行を含めて最大限できることはしたい」という。
 割安固定電話で日本テレコムの設備を一部利用すると6日に発表したが、「(設備利用は)再生が前提であり基本的に実現はないと思われる」(松村弁護士)。
 平成電電を巡っては、協力会社2社が約1万9000人の個人らから490億円を調達したことが問題となっている。 (20:30)
【引用終わり】

この会社が提供していた電話サービスについては興味はなかったのですが、気になるのは、この会社が個人相手に募集していた匿名組合という形の投資商品の行く末でした。なぜなら、この投資商品が募集されていた当時、僕の親が真剣に投資を検討していたからです(結局万策を講じてやめさせましたが)。
※以前の関連記事参照
2005/10/03 平成電電の破綻に思う
2005/10/03 【続報】平成電電の破綻に思う
2005/10/16 【再続報】平成電電の破綻に思う
2005/11/05 平成電電、ここまで腐っていたか!でもこの事件から学べることも
2005/11/11 平成電電支援、ソフトバンクやUSENが名乗り

前回の記事で、再生支援企業について、「通信インフラ企業として社会的責任を果たしながら企業再生を目指すような、立派な志を持ったスポンサーでない限り、匿名組合出資金の返還は厳しいかもしれないと思います。」と指摘させていただきましたが、ドリームテクノロジーズでもダメだったようです。
ドリームテクノロジーズは、途中で投げ出すくらいなら最初から引き受けなきゃいいのにと思います。
なぜなら、再生支援企業選定時期当時には、ドリームテクノロジーズの他にもソフトバンクやUSENが再生支援に名乗りを上げていたからです。それらを押しのけて自ら再生支援を始めたのに、途中で投げ出すのは、平成電電だけでなく、ソフトバンクやUSENにとっても迷惑な話なはずです。
被害者の方々の心中をお察しいたします。

続きを読む

草津温泉でスッキリ

草津

週末は草津温泉。

朝から晩まで温泉に入ってました。
カダラに溜まった悪い汗を、思い切り出してきた感じです。心身ともにスッキリ。
大好きな硫黄の香りに包まれ、至福のひと時でした。
殺菌効果の高い温泉に2日間つかっていたら、手のひらの皮がぽろぽろ剥けてきました。気持ちだけでなく、手のひらも生まれ変わっているのでしょうか。

草津の朝晩は冷え込み、今朝は雪もぱらぱらと降ってました。
帰りの道中、少し山を降りた街道沿いの桜が満開でした。当たり前のことですが、やはり群馬は東京よりも寒いんですね。

風呂上りには、のんびりと本を読んでました。
以前に買ったまま、ずっと読まずに放っておいたものです。

続きを読む

投資も忘れて温泉へ

ここ1ヶ月、仕事で激務が続いています。

心身ともに疲れが溜まりまくっております。特に精神的ストレスがきつい。
まぁ会社勤めも10年を超えてくると、ストレスとも長い付き合いなので、自分のストレスレベルとその対処法もだいたい分かってくるものです。僕の場合、ストレスが臨界点に近づくと、ある「サイン」が現れます。そしてここ2~3日、そのサインが出てしまっております。

というわけで、今週末は温泉に泊まって、ひとやすみしてこようと思います。
仕事のことも、投資のことも、全て忘れて、ひたすら温泉三昧ですね。
待ってろよ~硫黄の香り。。。

確定拠出年金(日本版401k)専用インデックスファンドの信託報酬は何故異様に安い?

確定拠出年金(日本版401k)が急拡大しているそうです。

【NIKKEI NET 2006.4.13より引用】
日本版401k、導入企業が5割増の6600社・2005年度
 運用成績次第で受け取る年金額が変わる確定拠出年金(日本版401k)が急拡大している。厚生労働省によると、導入企業は3月末時点で6600社強と前年度比5割(2300社)増加、加入者は180万人弱(1月末時点)と約50万人増えた。加入者急増を背景に同年金向け投資信託の3月末の残高(QUICK・QBR調べ)は8000億円と前年度末に比べて倍増した。「貯蓄」から「投資」への流れが強まるなかで、今後も拡大が続きそうだ。

 確定拠出年金は日本では2001年に導入。企業が毎月拠出する掛け金を基に、加入者があらかじめ用意された預金など元本確保型商品や株式投信などで運用する。トヨタ自動車や日立製作所など大企業を中心に導入が進んできたが、最近は中小企業などでも導入するケースが目立ち始め、すそ野が広がっている。 (16:31)
【引用終わり】

僕が働いている会社は昔ながらの確定給付型年金ですが、個人的に確定拠出型年金には興味津々です。
なぜかというと、税制上の優遇があるのはもちろん、確定拠出型年金専用のインデックスファンドには、驚くほど低コストのものがあるからです。

モーニングスターで、インデックスファンドを信託報酬が低い順に並べると、上位はほとんどが確定拠出型年金専用インデックスファンドです。
※証拠はこちらをご覧下さい。

確定拠出型年金専用インデックスファンドの信託報酬が異様に安い理由は、僕の中での資産運用七不思議のひとつです。

続きを読む

年金カットの恐るべき理由

今日のYOMIURI ONLINEの記事を見てドキッとしました。

【YOMIURI ONLINE 2006.4.12より引用】
公務員OB 年金、最大1割カット
一元化向け 政府・与党方針 「追加費用」50~20%削減

 政府・与党は11日、厚生・共済両年金の一元化に伴い、公務員OBの年金額を10%を上限に減額し、OBの年金の一部に投入されている追加費用と呼ばれる税金を20~50%削減する方針を固めた。年金の官民格差を緩和することが狙いだ。ただ、年金額が少ない場合は、生活に支障がないように減額を免除する最低保障制度も導入する。最低保障額は年200万~300万円程度となる見通しだ。

 政府は、OB減額や厚生、共済両年金の保険料率の統一時期などを盛り込んだ、年金一元化関連法案を来年の通常国会に提出する方針だ。OB減額は早ければ2008年度から実施する。

 年金減額の上限を10%としたのは、今国会で成立した国会議員互助年金(議員年金)廃止法が、議員OBの減額の上限を10%としたことを参考にした。「10%以上の削減は、憲法が保障する財産権に抵触する恐れがある」(自民党幹部)と判断したためだ。最低保障制度については、保障額を少しでも上回ると保障額以下しか受け取れない逆転現象が起こることから、段階的に減額幅を変えるなど、不公平の是正策も検討する。
【引用終わり】

公務員OBの年金カットの話自体はあまり興味がなかったのですが、気になったのは10%という数字の理由です。
『「10%以上の削減は、憲法が保障する財産権に抵触する恐れがある」(自民党幹部)と判断したため』ということは、逆に言うと、10%までは財産権に抵触しないってこと?

日本の財政赤字を解消するため、将来、いわゆる「資産課税」が行われるのではないかという予測が一部でされています。
「そんなことできるわけないだろう」と思う反面、現に「10%までなら財産権に抵触しない」という理由で年金をカットされている人がいるということは、同じ理由で私達の金融資産に10%までの資産課税がかけられないとも限りません。

続きを読む

入院中の友達にプレゼント

僕のスノーボード仲間が大怪我をして入院しています。
先日、お見舞いに行ったところ、だいぶ快方に向かっているようでほっとしました。

でも、元気になって来たら来たで、相当暇らしい。
ベット脇の机には、分厚いクロスワードクイズの本がありましたが、「もう全部やっちゃったよ」とのこと。他にも、哲学的な自己啓発本など何冊かの本がありましたが、「もう何回も読んじゃったよ」とのこと。
普段は本などまったく読まない彼ですが、あまりに暇で、何でもいいから読みたいそうです。

ほほー。これが、よくドラマに出てくる「がむしゃらに働き続けてきた男が入院を機に生まれかわる」瞬間かもしれませんな……。

と言うわけで、さっそく本日、投資の本をプレゼントしました。
まずは投資の基礎である分散投資について、わかりやすく書かれた本がよいと思い、以下の本にしました。

続きを読む

確定申告の還付金が来ました

2006/04/06の記事、「確定申告の還付金」で書いた、初確定申告の還付金ですが、本日、「国税還付金振込通知書」という保護シール付きのハガキが届きました。
いろいろ調べて申告用紙に記入したものの、いまいち自信がなかったので、恐る恐る保護シールを剥がしてみると……。

おお!申告通りの額が「支払金額」欄に書いてあるではないですか。

今回の還付金額自体はそう多くはありません。でも、外国税額控除等、「いつかやらなくては」と思いながらも、今までずっと出来なかったことが出来たというのは、ひとつの壁を突破したような、ちょっとうれしい感じです。

ちなみに、「手続開始年月日」欄にはH18.4.20と書いてあり、注意書きで「実際にあなたの口座に入金されるのは、手続開始年月日から金融機関の休日を除き4・5日程度要しますのであらかじめ御了承下さい」と書いてあるので、振り込まれるのは4月の終わりだと思います。
前回の記事のコメントで、先輩方に教えていただいたとおり、約1ヶ月半で還付されることになります。お教えいただいた皆さま、ありがとうございました。

続きを読む

売らずに我慢するテクニック 『役人に飲み食いされるシーンを想像する』

僕の投資スタイルは、インデックスファンドのバイ&ホールド戦略です。
バイ&ホールド戦略を採る投資家の一番大事な仕事は、企業分析やマクロ経済分析ではなく、単に「ファンドを売りたくなった時に我慢すること」ではないでしょうか。
しかし、実際に自分でやってみると、これが非常に難しい。市場にはさまざまな誘惑が満ちています。※売りたくなる状況はこちらの記事をご参照
インデックスファンドのバイ&ホールドのためには、テクニックが必要なのではないでしょうか。僕が実践している 「売らずに我慢するテクニック」をご笑覧下さい。

○ 売らずに我慢するテクニック 『役人に飲み食いされるシーンを想像する』

現在のような上げ相場では、利益確定の誘惑に駆られます。
そんな時は、税金のことを考えるのです。
リスクを取って、損失に怯えながら、やっと得た利益です。それを国税庁の役人にごっそり持って行かれてしまうのです。2006年4月現在、通常の国内株式型投資信託には売却益に対して10%の税金がかかります。100万円儲かったら10万円取られます。
彼らは何のリスクも取っていません。単に、儲かった人からお金を取っているだけです。今ファンドを売ったら、彼らに利益の一部を献上することになります。
税金を払わなくてはいけないのは頭では分かりますが、気持ち的になんとなく納得いきません。この納得いかなさで、ファンドを売りたい気持ちを抑えるのです。

それでもまだ、売りたい気持ちを我慢できない方は、以下のようなシーンを想像して下さい。

続きを読む

カブドットコム証券、「国際投信」の取り扱い全ファンドの手数料を無料化

カブドットコム証券が、投資信託について思い切った販売手数料無料化を決めたようです。
さっそく、見てみましょう。

カブドットコム証券WEBサイトより引用開始】
国際投信の当社取扱全ファンドを手数料無料(ノーロード)化
~ 主要ネット証券最多、33ファンド57本の手数料無料(ノーロード)ファンド ~

カブドットコム証券株式会社は、三菱UFJフィナンシャル・グループの国際投信投資顧問株式会社(以下「国際投信」)の当社取扱全ファンド(10ファンド18本)を、4月10日(月)よりすべて手数料無料(ノーロード)とします。また同日、国際投信の「グローバル財産3分法ファンド(毎月決算型)」の取扱を手数料無料(ノーロード)にて開始します。これにより、当社の手数料無料(ノーロード)ファンド取扱本数は、33ファンド57本となり主要ネット証券最多となります。

■新たに国際投信の6ファンド10本を手数料無料(ノーロード)に
当社取扱国際投信の投資信託(10ファンド18本) 分類 現手数料 新手数料
グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型) 一般/累投 1.575% 無料
グローバル・ソブリン・オープン(3ヵ月決算型) 一般/累投 1.575% 無料
グローバル・ソブリン・オープン(1年決算型) 一般/累投 1.575% 無料
エマージング・ソブリン・オープン(毎月決算型) 一般/累投> 3.150% 無料
ユーロランド・ソブリン・インカム 一般 2.100% 無料
KAMジャパンエクイティ・オープン 一般 3.150% 無料
ジャパン株式インカム(3ヵ月決算型) 一般/累投 無料 無料
グローバル・ヘルスケア&バイオ・オープンA 一般/累投 無料 無料
グローバル・ヘルスケア&バイオ・オープンB 一般/累投 無料 無料
グローバル財産3分法ファンド(毎月決算型) 4/10追加予定 一般/累投 無料 無料

「グローバル・ソブリン・オープン」をはじめとする国際投信の6ファンド10本を、4月10日より新たに手数料無料(ノーロード)とします。これにより同日取扱を開始する「グローバル財産3分法ファンド(毎月決算型)」と合わせて、10ファンド18本の当社取扱国際投信の投資信託すべてを手数料無料(ノーロード)とします。

■手数料無料(ノーロード)ファンド数は、ネット証券最多の33ファンド57本
当社の手数料無料(ノーロード)ファンド取扱本数は、33ファンド57本となり主要ネット証券最多となります。その他も含めて当社取扱全ファンド数も、ネット証券屈指の144ファンド209本。
取扱ファンドの投資カテゴリー・対象はバラエティに富んでいるため、お客様のニーズにあったファンドをお選びいただくことができます。
【引用終わり】

こ、これは……

続きを読む

確定申告の還付金

先月、初めての確定申告を苦労してやったわけですが、そういえば、その還付金っていつごろ還って来るのでしょうね?
民間企業の配当金でも決算から3~4ヶ月はかかることを考えると、国がやることだから半年後くらいでしょうか。
ご経験のある方、どなたかご存知ありませんでしょうか?

運用が好調ですが、淡々とやります

最近、米国市場、日本市場、エマージング市場のいずれも、株式市場が好調です。
僕は主にインデックスファンドを中心に投資しているので、市場全体の上昇の恩恵をフルに享受できています。大当たりもない代わりに、相場上昇を絶対に外さないのが、インデックス投資のいいところです。

日々増えていく含み益を見ていると、つい、「こんなに簡単に儲かるなら、貯金全額おろして好調なファンドに突っ込んでしまおうか」と思ってしまいます。基本的に、僕は意志が弱い人間なのです。

しかし、気持ちの赴くまま投資していては、本来「安い時に買い、高い時に売る」としなくてはならないところ、逆に「高いときに買い、安い時に売る」になってしまいがちです。
相場上昇時に買い増しした株が、その後下落に転じた時に、損失拡大を更に加速させる。ああ、こんなことなら買い増しなんてしなきゃよかった……。そんな状況を今まで自分で痛いほど経験してきたはずです。

続きを読む

有利な投資信託購入のために

前回の記事で、中東欧諸国およびロシアに投資するノーロードファンド「欧州新成長国株式ファンド」をご紹介しました。補足になりますが、この投資信託が販売手数料ゼロ(ノーロード)なのは、マネックス証券で購入した場合です。

ここでご注意いただきたいのは、投資信託は、証券会社によって販売手数料が違うということです。
以前の記事で、郵便局や銀行について、投資信託の販売手数料が高いことについて、生意気にも指摘させていただいたことがあります。
※参考記事
2005.8.30 郵便局でインデックスファンドを買ってはいけない
2005.11.15 銀行で投資する人って、投資の勉強しているんですか?(前編)
2005.11.16 銀行で投資する人って、投資の勉強しているんですか?(後編)

では、どこで購入するのがいいのかということになりますが、僕は「ネット証券」がいいのではないかと考えています。この点については、異論はない方も多いと思います。
しかしながら、「ネット証券」ならどこでも投資信託の販売手数料が安いのかというと、そうでもないことに注意が必要だと思います。
例えば、前述の「欧州新成長国株式ファンド」は、マネックス証券で購入すると販売手数料ゼロ(ノーロード)と紹介させていただきましたが、同じネット証券でも、Eトレード証券で購入した場合は、意外にも販売手数料が3.15%もかかります。
Eトレード証券はネット証券最大手で、ADSL等で価格破壊を推進する孫さんのソフトバンクグループということもあり、「なんでも安い!」というイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうではない場合もあります。

逆に、マネックス証券がなんでも安いかと言われると、これまた必ずしもそうでない場合があります。
例えば、僕も保有している「DKA株式オープン」という投資信託があります。比較的良質な日本株式投資信託だと思っているのですが、この投資信託の場合、マネックス証券で購入すると販売手数料が2.1%もかかりますが、Eトレード証券で購入すると、販売手数料ゼロ(ノーロード)です。もちろん、僕はこの投資信託についてはEトレード証券で購入しています。

続きを読む

中東欧諸国およびロシアに投資するノーロードファンド「欧州新成長国株式ファンド」

先日、マネックス証券の投資信託に新たに6銘柄が追加になるという記事を書きました。その時は主にHSBCブラジルオープンについて書きました。
2006.3.14 マネックスでイベント、ブラジリアン・ナイト!!
3/31の販売開始に伴い、マネックス証券のWEBサイトで手数料等が見られるようになりました。さっそく、チェックしてみると、「おっ」と思わせる情報がありました。

中東欧諸国およびロシアに投資する「欧州新成長国株式ファンド」が、なんと販売手数料ゼロ(ノーロード)じゃないですか!

僕は、同じくロシアや東欧に投資する投資信託として「SGロシア東欧株ファンド」というのを保有しています。高コスト傾向があるエマージング市場の投資信託の中で、当時比較検討して低コストであるものを選んだつもりだったので、さっそく両ファンドのコストを比較してみました。

・SGロシア東欧株ファンド(Eトレード証券で購入の場合)
 販売手数料1.05% 信託報酬1.8795% 信託財産留保額0.3%
・欧州新成長国株式ファンド(マネックス証券で購入の場合)
 販売手数料なし 信託報酬1.96% 信託財産留保額0.3%

続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/03/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/30まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)