マネックスの「年金積立インデックスファンド海外債券」はノーロードでした

本日から、マネックス証券で取り扱い開始の、「年金積立インデックスファンド海外債券」。
今まで販売手数料が不明でしたが、結局、ノーロード(販売手数料なし)でした。

ついでに、同日取り扱い開始になった、「損保ジャパン-フォルティス・トルコ株式オープン(愛称:メルハバ)」も、ノーロードでした。

よかった、よかった!(^^)

(参考記事)
2007/05/26 マネックス証券、「年金積立インデックスファンド海外債券」取り扱い開始

続きを読む

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」5月分の投資を5月30日に行ないました

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」5月分の投資を、5月30日に行ないました。
(ご参考)ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

今月は、あまり騰落のない、平穏な月だったように思います。
特にこれといった買い場もなかったような気がします。
月末まで引っ張ってみたものの、「時間切れ買い」です(笑)

購入投資信託は、以下の3本でした。

・トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
・インデックスファンドTSP
(上記2ファンドは、投資額が積みあがった段階で、適宜、更に低コストの海外ETF「iShares S&P500 Index Fund」及び「iShares MSCI EAFE Index Fund」へ乗り換えます)
・バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド

続きを読む

日経新聞に水瀬が掲載された…らしい

5月27日(日)の日経新聞朝刊に、水瀬のコメントが掲載されたらしいです。

らしいというのは、実際に自分では見ていないからです(笑)
以前取材をお受けした日経マネーの編集のかたから、日経新聞日曜版資産運用欄に、コメントが掲載される旨のご連絡をお受けしていたので、図書館で閲覧するか、コンビニかどこかで買おうと思っていました。
が、日曜日はいろいろ忙しくなってしまい、結局、買えなかったのです。残念。

読者の方々からいただいたコメントや、ホンネの資産運用セミナーさんの記事NightWalker's Investment Blogさんの記事で、掲載されたであろうことをかろうじて確認した次第です。
なので、僕のコメントがどんな文脈で紹介されていたのかは、不明です(^^ゞ

イー・トレード証券からの贈りもの

イー・トレード証券から、ぷっくり膨らんだ小包が届きました。

イートレからは、封書はよく届くのですが、小包が届いたのは初めてのことです。
「なんだろう?」
と思って恐る恐る開けてみたら、「春のノーロードファンドキャンペーン」(3月23日~4月27日実施)のプレゼント抽選に当選したとのこと。

ラッキー!!

プレゼントは、イートレード証券オリジナル電波時計でした。
電波を受信して、日にちや時間を勝手に合わせてくれるそうです。
年月日、曜日、時間に加えて、室温まで表示されていて、なかなかの優れものです。

イー・トレード証券オリジナル電波時計

証券会社は、毎月何かしらプレゼントをやっていますが、ちゃんと賞品も発送しているんですね(^^)

マネックス証券、「年金積立インデックスファンド海外債券」取り扱い開始

マネックス証券が、5月31日より「年金積立インデックスファンド海外債券(ヘッジなし)」の取り扱いを開始するようです。

年金積立インデックスファンド海外債券は、シティグループ世界国債インデックスに連動する、外国債券インデックスファンドです。
信託報酬が年率0.7035%、信託財産留保額が0.2%と外国債券インデックスファンドの中でも、低コストの部類です。
株式クラスに比べ、もともと期待リターンが低い債券クラスのファンドなので、コストは低いにこしたことはありません。

今まで、取扱い金融機関が限られていたのですが、多くの口座開設者がいるマネックス証券で購入できるなら、インデックス投資家にとって、ありがたいことです。
楽天証券の海外ETFと組み合わせれば、けっこう最強タッグかもしれません。

ところで、どこにも書いてないのですが、当然ノーロード…ですよね、マネックスさん?

<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます。(会社名をクリックすると口座開設できます)
・マネックス証券
・楽天証券「海外ETF」

日経マネー2007年07月号に梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーが掲載されました

今、発売中の日経マネー 2007年 07月号に、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーと水瀬が掲載されました。


4月に取材をお受けした時のものです。(参考記事
「ETF投資でがっちり勝とう」という特集の44ページ、「ステップアップ海外ETF活用術」の初級編に、僕が掲載されていました。
(ちなみに、中級編はFPのカン・チュンドさん、上級編は「みんなの投資」著者の藤田郁雄さんです)

続きを読む

ついに、イー・トレード証券が海外ETF取扱い予定!?

読者のかたから、素晴らしい情報が寄せられました。
SBIイー・トレード証券株式会社の2007年3月期決算の決算説明資料に、海外ETFについて、「なるべく早期の取扱い開始を予定」と書かれているという情報です。
http://search.etrade.ne.jp/v2/popwin/info/home/irpress/070426_2.pdf

さっそくチェックしてみると、57ページ目にありました。
「(3)その他今後の展開 幅広い金融商品の拡充」という題名のスライドのなかで、

「グローバルな投資商品の中で、お客様からの要望が多い、海外ETFの取扱いを予定」
「なるべく早期の取扱い開始を予定」


と確かに書かれています。

ついに、ついに、イートレさんも動きだしますね!!

海外ETFについて、ネット証券では、昨年10月より楽天証券の独壇場となっていました。
ここにイートレが参入すれば、会社間の競争が発生し、海外ETFの銘柄拡大や手数料の値下げなど、更なるサービスの向上が期待できるかもしれない…そう考えて、僕はイートレに、海外ETFを取り扱ってくれるよう、要望を出していました。
ブログでも、読者の皆さんに、要望を出す呼びかけをやったりしていました。
(参考記事)
2007/1/7 イー・トレード証券で海外ETFを買いたい人、いらっしゃいませんか?
これには、多くのかたが賛同してくれ、かつ行動を起こしてくれて、とても心強く思いました。

しかしながら、その後、イートレにまったく動きが見られませんでした。
読者コメントの間でも、諦めムードもただよっていました。

それが、ここへきて、とても期待が持てる展開になってきました。

続きを読む

大和証券が始める夜間取引で欧米のETFが

大和証券が来年4月ごろから、夜間取引で、海外ETFを取り扱う計画とのこと。

【FujiSankei Business i 2007/5/18より引用】
夜間取引 大和証券12月開始 アジア株、欧米投信も視野

国内証券第2位の大和証券グループ本社の鈴木茂晴社長は東京・丸の内の大和証券SMBC本社で17日開いた個人投資家を単勝とした業績説明会で、大手証券として初めて参入する株式の夜間取引について、12月から始める方針を明らかにした。当初は日本株の売買だけだが、香港などアジア株の売買も検討。その後も、欧米のETF(上場投資信託)などの取引も来年4月ごろに追加していく計画だ。
【引用終わり】

大和証券では、もともと、既に海外ETFを取り扱っています。
でも、外国株式扱いの割高な手数料が適用になり、手が出せませんでした。
このニュースからは、大和証券の夜間取引がどのような手数料体系になるのか、まだわかりません。まして、その中で海外ETFがどのような手数料体系になるのか不明です。
でも、もし、国内株式と同等の手数料で、海外ETFが買えるなら、いい話かもしれません。

今まで、僕のようなインデックス投資家には、縁がないものと思っていた「夜間取引」ですが、海外ETFを取り扱うとなれば、動向に注目したいと思います。

続きを読む

オーストラリア中心の海外ETFが登場!

楽天証券より、オーストラリア中心の海外ETFが出るようです。
相互リンク先のエルさんが、コメントで教えてくれました。

iShares MSCI Pacific ex-Japan Index(EPP)
MSCI Pacific ex-Japan指数連動・信託報酬年率0.50%
※データは楽天証券WEBサイトより

iShares MSCI Pacific ex-Japan Indexの投資国は、オーストラリア66.23%、香港21.05%、シンガポール10.11%、ニュージーランド1.79%、その他少々という感じです。
言うなれば、「太平洋諸国」という感じでしょうか。

ところで、“ex-Japan”というのは、日本以外という意味ですが、このETFに限らず、“ex-Japan”と付く指数に連動する海外ETFは、日本の個人投資家にとって使い勝手がよいと思います。

なぜなら…

続きを読む

世界同時株安前の水準を回復

ポートフォリオを見たら、3月あたまの世界同時株安前の利益水準を、すっかり回復してました。
それどころか、既に超えてました。

その間、僕がしたこと。
何もなし(笑)

世界同時株安が進行していた頃、僕は北海道でスノーボードをやってました。
帰ってきたら、楽天証券から待望の海外ETF、iShares MSCI EAFE Index Fund(EFA)とiShares MSCI Emerging Markets Index Fund(EEM)の取り扱いが開始になりました。
世界同時株安の傷跡の円高&株安は、むしろ海外ETFの買いチャンスということで、ニヤニヤしてました。

インデックス投資は、のん気なもんです。

養老渓谷でリフレッシュ

先日、房総の養老渓谷に行ってきた時の写真でも。
(ご興味がある方だけどうぞ)

続きを読む

楽天証券が米国高配当株ETF、台湾ETF、韓国ETF、ブラジルETF、南アフリカETF、中国ETFを追加!

海外ETFで快進撃中の楽天証券が、またまたやってくれました。
5月14日(月)より、以下の海外ETF6銘柄を取扱開始予定とのこと。

・iShares Dow Jones Select Dividend Index(DVY)
 ダウ・ジョーンズ好配当株式指数連動(米国の高配当株)・信託報酬 年率0.40%
・iShares MSCI Taiwan Index(EWT)
 MSCI Taiwan指数連動(台湾株)・信託報酬年率0.70%
・iShares MSCI South Korea Index(EWY)
 MSCI South Korea指数連動(韓国株)・信託報酬年率0.70%
・iShares MSCI Brazil Index(EWZ)
 MSCI Brazil指数連動(ブラジル株)・信託報酬年率0.70%
・iShares MSCI South Africa Index(EZA)
 MSCI South Africa指数連動(南アフリカ株)・信託報酬年率0.70%
・iShares FTSE/Xinhua China 25 Index(FXI)
 FTSE/Xinhua China 25指数連動(中国株)・信託報酬年率0.74%

これで、海外ETFは合計17銘柄になりました(一覧はこちらから)。

今回、個人的に注目の海外ETFは、iShares Dow Jones Select Dividend Index(DVY)です。
日本でも、投資信託では、高配当株ファンドが人気ですが、信託報酬が高いものが多いです。(例えば、グローバル高配当株式ファンド(日興)の信託報酬は1.4805%)
そこへいくと、DVYは信託報酬0.4%と低コストです。

株式投資の未来」(ジェレミー・シーゲル著)は、インデックス投資を中心に据えつつ、更なるパフォーマンス向上を狙って、資産の一部で「高配当戦略」「セクター戦略」「バリュー戦略」を提唱しています。
「高配当戦略」は、ダウやS&P500の高利回り上位10銘柄に投資することで、インデックスを上回れる可能性があるというものです。

DVYは、Dow Jones U.S. Total Market Index の中で高配当の株式50銘柄に投資するETFです。
シーゲル博士の高配当戦略に近い効果が得られると考えられます。
ただし、DVYは米国株ばかりなので、ポートフォリオにおける米国比率の集中には注意する必要がありそうです。

続きを読む

大半の投資家、インデックスファンドの利用が賢明=バフェット氏

世界のウォーレン・バフェット氏が、大半の投資家に、インデックスファンドの利用をおすすめしているようです。

【ロイター 2007/05/07より引用】
大半の投資家、インデックスファンドの利用が賢明=バフェット氏
 [オマハ(米ネブラスカ州) 6日 ロイター] 米著名投資家のウォーレン・バフェット氏は6日、自分は依然として主要市場の株価指数をアウトパフォームできると考えているが、大半の投資家は低コストのインデックスファンドに投資する方が賢明だとの認識を示した。

 バフェット氏は、自身が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイの年次株主総会の翌日に開いた記者会見で「コストが非常に低いインデックスは、アマチュアが運用する資金や専門家が運用する資金の大半に勝るだろう」と語った。

 また、投資家は人気が高まっているヘッジファンドに集中すべきではないとも指摘。「グロスでのパフォーマンスはそれなりだが、手数料が利益のかなりのパーセンテージを食う」とした上で、「運用成績の良いマネジャーに多くの手数料を支払うが、成績のあまり良くない人にも多くの手数料を支払うことになる」と述べた。
【引用終わり】

集中投資で有名なバフェット氏ですが、もともと、インデックスファンドについては、「定期的にインデックス・ファンドに投資することで、何も知らない投資家は、ほとんどの投資のプロを事実上出し抜くことが可能だ」と過去の「バフェットからの手紙」の中で述べています。
今回の発言は、あらためてそれを繰り返した形です。

もちろん、バフェット氏と同じくらいの個別株選択眼をお持ちのかたであれば、集中投資が効率的だと思います。
でも、僕を含めて大半の「普通のひと」は、インデックスファンドへの投資が無難だと思います。
少なくとも、いきなり個別株投資から入るのではなく、一度はインデックスファンドへの投資を検討したうえで、アクティブファンドや個別株への投資を検討するという過程を踏んだほうがよいと、個人的には思います。

続きを読む

「思考停止」から抜け出したい!(まとめ)

珍しく真面目な、『「思考停止」から抜け出したい!』シリーズ記事のまとめです。

「思考停止」から抜け出したい!(その1) 人として進歩したい
「思考停止」から抜け出したい!(その2) スゴイ思考停止
「思考停止」から抜け出したい!(その3) 必要に迫られた人たちのやり方
「思考停止」から抜け出したい!(その4) MBAバリュエーション
「思考停止」から抜け出したい!(その5) 道具としてのファイナンス

最後に、この春勉強したファイナンス理論を振り返り、個人的な感想を少々。

会社の資本構成などの基礎をもとに、事業をすすめるうえでの資金調達・投資判断手法を、知ることができました。
その事業活動の結果として、利益が生み出され、各種財務指標が算出される。
ただし、企業価値評価のためのお目当ての指標にたどり着くには、自分で手を加える必要がある。
それら財務指標を使った、投資家側の企業価値算定のいくつかのフレームワークも、ぼんやりとながらも分かりました。プロが用いるそれらの方法は、必ずしも正確ではないかもしれないが、実務上のグローバルスタンダードになっている。
投資企業を組み合わせ、更に債券と組み合わせることで、最適なポートフォリオを構築する方法も復習できました。

これらの知識は、市場で起きる様々なことについて説明する、「共通言語」であり、知っていて損はなさそうです。
実際、断片的だった知識があちこちで結びつくのを経験しましたし、世の中の市場解説記事も、理解しやすくなったのを感じます。多くの情報が「共通言語」で書かれているからでしょう(そうでないものも多いですが)。
インデックスファンドをバイ&ホールドしているだけでは、こうはいかなかったかもしれません。
もちろん、まだまだ不十分であり、今後も継続して勉強しなくてはいけませんが、「思考停止」から抜け出す、キッカケくらいにはなったかなと思っています。

でも、そんなことよりも、頑張っている(←ココ大事!)個別株投資家の皆さんに、優しくなれそうな予感です(^^ゞ

続きを読む

「思考停止」から抜け出したい!(その5) 道具としてのファイナンス

前回の記事、「思考停止」から抜け出したい!(その1)(その2)(その3)、(その4)の続きです。

必要性に迫られて企業価値評価をする人たち、つまりビジネスの観点から、「バリュエーション」をとっかかりにして勉強してきました。

そこの大枠が見えてくると、その他のファイナンス理論にも興味がわいてきます。
財務会計、資本構成、配当政策、デリバティブなど。
そこで、やはりAmazonで高評価だったり、相互リンクブログ様で推薦されていた、以下の本を読んでみました。

4534039484道具としてのファイナンス
石野 雄一
日本実業出版社 2005-08-25

by G-Tools

道具としてのファイナンス」は、様々なファイナンス理論を簡潔にまとめて教えてくれます。

  • 投資に関する理論(将来価値・現在価値・正味現在価値NPV・内部収益率IRRなど)
  • 証券投資に関する理論(リスク・標準偏差・共分散と相関係数・効率的フロンティア・β・効率的市場仮説など)
    ※ここだけはサクサク読めました(笑)

  • 企業価値評価(加重平均資本コストWACC・フリーキャッシュフロー・DCF法・EVAなど)
    ※ここは前記事の「MBAバリュエーション」で詳しくやりました。

  • 企業の最適資本構成と配当政策(財務レバレッジ・MM理論・財務破綻コスト・ペッキング・オーダー理論・配当政策・自社株取得・資金調達など)

  • 資本市場に関する理論(債券・金利・配当から株価を求める・マルチプル法など)

  • デリバティブの理論(先物・スワップ・オプション・ワラント・転換社債など)

  • ブラックショールズ・モデル
と、濃淡はあるものの、全体像を把握するのにもってこいです。

続きを読む

「思考停止」から抜け出したい!(その4) MBAバリュエーション

前回の記事、「思考停止」から抜け出したい!(その1)(その2)(その3)の続きです。

企業価値評価のことを、「バリュエーション」というらしいです。
バリュエーションのいい本ないなか~と探していたら、その名もズバリなのがありました。


この本は、僕のような素人でも分かりやすいと思います。
なんと言っても、ハードカバーの割には文字がデカい!(笑)

基礎編と実務応用編に分かれていて、特に基礎編の、企業価値算定に必要な「三種の神器」(現在価値・ディスカウントレート・永久還元の定義式)についての説明を、まずは何度も読み返しました。

そして、企業価値算定の基本公式、

企業価値(PV)=C/(r-g)

です。Cは事業の収益力(現在のキャッシュフロー)、rはキャッシュフローの安定性、gはキャッシュフローの成長性を表し、企業価値や株価が、すべてこの3つの要因で決まるとの考えです。

当初、(r-g)って何?期待収益率?何ソレ?と思いましたが、(r-g)の逆数である1/(r-g)が、投資家におなじみの株価収益率(PER)だと教えてくれます。
ということは、(r-g)というのは、むか~し覚えた「益回り」のことじゃないですか。へぇ~。
なんて具合に、断片的だった知識と、どんどん結びついていきます。

余談ですが、上記の基本公式を知ってからから、楽天証券の山崎元氏コラム「ホンネの投資教室」の「第五十三回 株価の適正水準に関する雑考」を読むと、むちゃくちゃ理解できます。

また、言葉的にややこしかった、「時価総額」と「企業総価値」(=将来キャッシュフローの現在価値)の違いについては、「ネット・デット」の有無だと分かりました。(図がとても分かりやすいので、一部手を加えて載せておきます)
図解

どうも、企業価値の算定においては、簡単に数字がつかめる「時価総額」よりも、ネット・デットを加えた「企業総価値」のほうが有用のようです。
でも、企業の決算書には、ネット・デットという項目はないので、自分で計算するようです。
簡単な算出方法としては、「有利子負債」-「現金および現金同等物」とのこと。
ん?両方どっかで見たことある言葉だな?と思ったら、四季報なんかに出ている項目でした。これで、何のために使うのか分からなかった四季報の数字の2つが、意味を持ち始めました(^^)

今まで、ぼんやりとしか理解できていなかった基本的事項が、有機的に結びついてきて、シャキっと見えてきたような気がします。

続きを読む

「思考停止」から抜け出したい!(その3) 必要に迫られた人たちのやり方

前回の記事、「思考停止」から抜け出したい!(その1)(その2)の続きです。

ひとことで、「インデックス投資以外のファイナンス」と言っても、いろいろありますが、どの辺から手をつけたのか?

インデックス投資の根幹をなす、現代ポートフォリオ理論は、最も効率的なポートフォリオは市場の縮小コピーであると教えています。つまり、世界中のインデックスファンドを買え、ということです。

そうすると、いくら個別企業を研究しても無駄、ということになります。
だから、小難しいファイナンスの本の冒頭で、「企業価値とは何か?」なんて出てくると、僕のようなインデックス投資家は、反射的に、「あ、無駄。インデックスファンドでも買って寝ようっと…」で終わってしまいがちです。

でも、個人投資家としてやっていく分には、それでいいんじゃないかと個人的には思っていました。
少々不謹慎ではあるものの、僕たち個人投資家は、学者ではありませんから、企業価値を数式的にどう説明するかなんてことより、いかに楽ちんに儲けられるかどうかの方がよっぽど重要、というわけです。

ただ、一方で、世の中には、どうしても企業価値の算定をしなければいけないという局面も、あることはあるんだろうなぁと気にはなっていました。

例えば、ビジネスの世界です。
先進的技術の確保や、ライバル社の取り込みなど、ビジネス上の必要性から、ある企業を買収したいという局面はあると思います。
経営者が、「よし、あの企業を買収しろ!」という時に、社員として、「社長~、株価はランダムです。インデックスファンドにしておきましょう」なんて言う奴はいないと思います。

続きを読む

「思考停止」から抜け出したい!(その2) スゴイ思考停止

前回の記事、「「思考停止」から抜け出したい!(その1)」の続きです。

実は、この春に入ってから、インデックス投資以外のファイナンスの知識を、勉強中であります。
相互リンクブログ様でおすすめされていたり、Amazonで評価が高かったりしたファイナンス関連の本を、読み進めています。

むか~し、本で軽く読んだきり、今までスルーしてきた、PV=C/(r-g)とか、正味現在価値(NPV)とか、内部収益率(IRR)とか、加重平均資本コスト(WACC)とか、経済的付加価値(EVA)とか……。

しかし、今まで、数式と計算を、全力で回避してきた脳ミソが、「や、やめてくれ~!」と悲鳴を上げます。悲鳴を無視して、無理やり勉強を続けていると、脳ミソは、睡魔を呼びこむという形で反撃してきます。
これには何度も打ち負かされ、なかなか前に進みません。
主に通勤時間を使って読んでいますが、まさに、3歩進んで2歩下がる、の繰り返しです。

でも、一方で、今までバラバラで断片的だった知識が、少しずつ、つながりはじめてきています。

続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大180,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/07/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設&各種取引で住民票取得代行+最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/07/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)