為替相場に左右されずに純粋に株価の上下だけで損益を確定させる方法?

米国ETFを買ったという読者のかたから、「為替相場に左右されずに純粋に株価の上下だけで損益を確定させる方法ってあるのでしょうか」というご質問をいただきました。

結論から言えば、「あるけどあまり儲からない」ということではないかと僕は思います。

まず、いちばん簡単なのは、外国株式投資信託で、為替ヘッジあり・なしが選べるもので、「為替ヘッジあり」コースを選ぶという手があります。

一見良さそうですが、為替差益がなくなるのと同時に、為替ヘッジにはヘッジコストがかかり、パフォーマンスを押し下げます。
良い例が「内藤忍の資産設計塾 外貨投資編」(内藤忍著)に出ていたので、参考に引用させていただきます。
為替ヘッジ有無

もちろん、円高進行のレベルによっては、「為替ヘッジあり」コースのほうが「なし」コースよりも、パフォーマンスが良くなる場合もなくはないと思います。
しかし、上記の本では、「そのようなタイミングはそもそも外貨投資を縮小すべき時期であり、ヘッジ付きの外貨投資を行なうよりもむしろ円の資産へシフトさせるべき」と説明しています。

個人的には、為替状況にあわせてアセットアロケーションを変えること自体にはあまり賛同できませんが、将来の為替予測は「あやふや」なのに対して、コストは「確実」にパフォーマンスを押し下げます。
そういう意味では、「為替ヘッジあり」コースは、あまり儲からない可能性のほうが高いのではないかと思っています。

続きを読む

インデックス投資家の仕事

ここ2日ばかり、世界の株式市場が下落しているようです。

いつものように、ニュースや新聞で、たくさんのネガティブ講釈が巷に溢れています。
米国サブプライムローン問題、円キャリートレードの巻き戻し、原油先物相場の急上昇…などなど。

個人的には、あまり意に介していません。
講釈をしているご本人でさえ、今後の株価がどうなるのかなんて、どうせ分かっていないのですから。
証券会社のストラテジストも、大新聞の論説委員も、カリスマ投資家も、たとえ米国FRB議長であっても、将来のことが正確に分かる人など、誰ひとりとしていないという、シンプルな事実。
いくらネガティブニュースを読み漁ってみても、ある一定以上に得られるものはありません。

それよりも、僕はつねづね、インデックス投資家の仕事は、「売りたくなった時に我慢すること」だと思っています。
市場や企業を常に分析・判断しているアクティブ投資家と違い、インデックス投資家は、普段、何もしていない(笑)のですから、こういう時こそ、淡々とインデックス投資家の「仕事」をすればいいのだと思っています。

続きを読む

金ETFの「次」へ期待?

今日の日経新聞19面の小さなコラムで、海外ETFネタがありました。
ほぉ~と思う内容でした。

【日経新聞 2007/07/27より引用】
金ETFの「次」へ期待?

8月10日、大阪証券取引所に上場する国内初の金ETF(上場投資信託)。運用する野村アセットマネジメントが出した有価証券届出書の一節が話題を呼んでいる。「名称」について「ネクスト・ファンズ」という別称を付ける場合があるとしているのだ。

FTF(水瀬注:おそらくETFの誤植でしょうね)の残高が5年で5倍に拡大した米国では、ブランドづくりがカギだった。業界関係者は「別称を使ったETFのシリーズ化が狙いでは」とみる。日本でも原油やコメ、外国の株価指数などに連動する「次」への期待は高まる一方。野村アセットは「次の予定は立っていない」と言うが、運用会社間のさや当ては激しくなりそうだ。
【引用終わり】

なるほど。
たしかに、大証のプレスリリースには、ネーミングについて以下のとおり、たくさんのファンド名案と「ネクスト・ファンズ」の別称を付ける場合がある旨が出ています。

続きを読む

ソニー銀、ネット証券子会社を設立・サービス一体提供

ソニー銀行がネット証券をつくるとの報道がありました。

【NIKKEI NET 2007/07/26より引用】
ソニー銀、ネット証券子会社を設立・サービス一体提供
 インターネット専業銀行のソニー銀行は全額出資でネット証券の子会社を設立する。登録などの手続きが済み次第、9月をめどに営業を始める。ネット専業銀行が証券子会社をつくるのは初めて。貯蓄から投資への流れが進む中で、ネット上でも銀行と証券の一体サービスを提供し、既存のネット証券との違いを打ち出す。

 証券子会社の社名は「ソニーバンク証券」とする見込み。資本金は15億円。開業に向けて、証券業登録などの手続きを進めている。社長には旧山一証券出身の杉浦康浩氏が就任する。(07:00)
【引用終わり】

インデックス投資家にとってソニー銀行は、中央三井シリーズというなかなか良いインデックスファンドを取り揃えてくれているものの、販売手数料がかかることがネックになっているケースが多かったように思います。
僕も口座開設まではしましたが、その後は活用しておりませんでした。
このソニーバンク証券は、どのようなファンドのラインナップになるのか、注目したいと思います。

「マネーと常識--投資信託で勝ち残る道」(ジョン・ボーグル著)良書の予感…

まだ発売前ですが、バンガードの創始者ジョン・ボーグルの最新著書の邦訳が出るそうです。

【投信資料館 投資信託ニュース 2007/07/25より引用】
ジョン・ボーグルの「The Little Book of Common Sense Investing」日本語訳「マネーと常識」、8月13日に日経BP社より出版決定!

ジョン・ボーグルの最新著書「The Little Book of Common Sense Investing」の日本語訳が8月13日に日経BP社より出版される。日本語タイトルは「マネーと常識~投資信託で勝ち残る道」。詳細は次の通り。

[書名]
マネーと常識--投資信託で勝ち残る道 
原書タイトル:The Little Book of Common Sense Investing
原書サブタイトル:The Only Way to Guarantee Your Fair Share of Stock Market Returns
著者:ジョン・C・ボーグル
監訳:林 康史
翻訳:石川由美子
定価:本体1600円+税
発行:日経BP社
発売:日経BP出版センター

[紹介文]
投資の世界に革命を起こした男が勝者のゲーム(=インデックスファンド)を語る。

「多くの投資家にとって、なぜインデックスファンドが最高の選択肢なのか? 
その理由をボーグルが明快に示してくれた」(ウォーレン・バフェット)

数ある投資信託のなかでも、すべての銘柄に平均的に分散投資するだけのインデックスファンドがアクティブ運用ファンドを凌駕するリターンをあげ続けているのはなぜか? その秘密を解き明かしながら、株式投資を含めた資産運用全般に通底する原理・原則をわかりやすく解説する。結局のところ、普通の人々にできることは、業者の手数料や税金として消えてしまう無駄なコストをできるだけ抑え、市場(=すべての企業)が生み出した利益のうちの正当な取り分を獲得することにほかならない。そして、その手段こそがインデックスファンドによる長期投資なのである。難解な数式や面倒なデータ分析がいっさいなく、明快で読みやすい語り口が魅力の万人向け投資入門書。郵便局や銀行・証券会社の勧誘にのせられて"手数料満載"の投信を掴まされる前に、ぜひ一読を。

ジョン・ボーグル John C. Bogleについて
米投資信託大手バンガード・グループの創業者。幅広い銘柄に割安な手数料で投資できるインデックス・ファンド(株式指数連動型の投資信託)を世の中に広め、アメリカ人の資産形成に大いに貢献してきた。ウォーレン・バフェットなどと並び称される投資業界のカリスマの一人。フォーチュン誌「投資の世界でもっとも偉大な4人」にも選出された。主な著書に『インデックス・ファンドの時代』(東洋経済新報社)など。

続きを読む

手に取った投資本にびっくり

今日、TSUTAYAに立ち寄りました(レンタル半額デーなんですよ)。
お目当てのDVDをまとめ借りするついでに、書籍販売コーナーに平積みになっていた投資本を手に取ってみました。
パラパラめくっていると、なんと、そこに梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーの名前が出ているではありませんか。
他にも、相互リンクさせていただいているブログがいくつか出ていたように思います。
会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方」(中桐啓貴著)という本です。
早くDVDを見たかったので、じっくりとは読んでいないのですが、うちのブログが出ているということは、きっとインデックス投資の本なのでしょう。(違うかも?)
今度、ちゃんと読んでみたいと思います。

「内藤忍の資産設計塾 外貨投資編―投資フロンティアを広げる外貨攻略法」(内藤忍著)

「内藤忍の資産設計塾 外貨投資編―投資フロンティアを広げる外貨攻略法」(内藤忍著)を読みました。久々の良書です。


内藤忍氏の「内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法」、「内藤忍の資産設計塾 実践編 ―自分も資産も成長する新・資産三分法」に続く第3弾です。
第1弾と第2弾は内容が似ている部分が多く、また、第2弾のほうが掲載データが長期間にわたっていたため、今まで僕は、第2弾のほうをおすすめしたり、友人にプレゼントしたりしてきました。(参考記事

今回の第3弾は、サブタイトルどおり、外貨投資に特化している内容です。
今までとは毛色が違うので、第1弾、第2弾を読んだかたも、読む価値がある良書だと思います。

続きを読む

今日の仕事帰り

やばい!!
通勤電車の中で暇つぶしに読んでいた本が、予想外に感動的だ。
だめだ!!
涙がこみ上げてくる。
いやいや!!
大の男がこんなところで泣いたら笑い者だ。
しかし!!
もうどうにも止まらん。

続きを読む

大証、金ETFを8月10日に上場

大証が金ETFを8月10日に上場すると発表しました。
半年前、「早ければ今夏に上場」と報道されていましたが、本当に上場されるのですね。
(参考記事)
2007/01/12 大阪証券取引所が「金ETF」の上場を検討

【NIKKEI NET 2007/07/17より引用】
大証の金価格連動投信、2万6000円程度から投資可能に
 大阪証券取引所は17日、金価格に連動するETF(指数連動型上場投資信託)の上場を承認したと発表した。売買単位は10口(10グラム)で、現在の相場だと2万6000円程度から買うことができる。個人が分散投資に利用する動きのほか、17日に東京工業品取引所が取引を始めた金先物の小口取引「金ミニ取引」との裁定取引ニーズもあるとみられる。

 ファンド名は「金価格連動型上場投資信託」で、8月10日に上場する。管理・運営するのは野村アセットマネジメント。当初は27億―56億円規模になる見通し。国内の取引所が株価指数以外に連動するETFを上場するのは初めてだ。

 大証の参加者資格を持つ証券会社であれば取り扱うことができる。特別のシステム対応も必要ないため、「ほとんどの個人向け証券会社で買えるようになる」(大証)という。金価格は一般的に安定性が高いと言われるが、為替変動の影響も受けることを認識する必要がある。
【引用終わり】

続きを読む

海外の上場投資信託、東証に上場方針 年度内にも

東証が海外ETFを年度内にも上場させる方針であると報道されています。

【asahi.com 2007/07/16より引用】
海外の上場投資信託、東証に上場方針 年度内にも
2007年07月16日06時10分

 東京証券取引所は今年度中に、海外の上場投資信託(ETF)を上場させる方針を固めた。ETFは日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)のような株価指数の値動きに連動するように作られた投資信託。取引可能な投資商品を海外商品に広げることで東証の取引に参加する投資家を増やす狙いがある。

 年内にも海外ETFが上場できるように新規則を作る。金融庁の認可を得たうえで、まずは数本の海外のETFを上場させる方向。東証は提携先のニューヨーク、ロンドン両証券取引所との間でETFの共同開発や相互上場を検討中で、ETFの品ぞろえを増やしていく方針だ。

 ETFは株価指数に連動するため値動きがわかりやすく、従来の投信に比べて手数料が安い、といった利点がある。国内では株式市場活性化を狙って01年7月から上場が始まり、株式と同様に売買できるようになった。

 ただ、東証の上場本数は現在11本にとどまる。07年5月時点でETFに投資されている資産総額は約3兆円。それに比べ、欧米のETF取引はもっと盛んだ。米大手証券のモルガン・スタンレーの調べでは、07年3月末の米国のETFの資産総額は4283億ドル(約52兆円)、上場本数は428本、欧州はそれぞれ986億ドル(約12兆円)、299本に達している。

 大和総研の藤井佑二・ストラテジストは「米国では資産形成の一環として個人投資家が売買し、ETF市場が拡大した」と話す。東証が海外のETFを上場すれば、「海外投資に興味を持つ個人投資家が売買するはず」(ネット証券)との期待が証券業界にもある。
【引用終わり】

これが事実なら、個人投資家にとってとても良い話です。
1年前に僕が勝手に予測した、海外ETFの5つの提供パターンのうち、パターン1に該当します。
(参考記事)
2006/06/19 海外ETFの提供パターンを勝手に予測
もしこれが実現すれば、個人投資家にとって最もいい形で、海外ETFが購入できるようになると思います。

続きを読む

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」7月分の投資を7月11日に行ないました

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」7月分の投資を、7月11日に行ないました。
(ご参考)ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

今月は月の前半、ちょっと早めに投資してみました。
これで、今月は何もやることがありません。なんとなく気分爽快(笑)
購入投資信託は、以下の3本。
一定の資産配分で、毎月ほぼ同額ずつ購入しています。

・トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
・インデックスファンドTSP
(上記2ファンドは、投資額が積みあがった段階で、適宜、更に低コストの海外ETF「iShares S&P500 Index Fund」及び「iShares MSCI EAFE Index Fund」へ乗り換えます)
・バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド
(バランスファンドですが外国債券ファンドの代用)

続きを読む

インデックス投資ブロガーさんとお会いしました

相互リンクブログ「NightWalker's Investment Blog」のNightWalkerさんと、「rennyの備忘録」のrennyさんにお会いしました。
(個人的な話になってしまうので、以下ご興味のあるかただけどうぞ)

続きを読む

日興、マネックス株の売却検討・相乗効果薄いと判断 (その2)

前回の記事、「日興、マネックス株の売却検討・相乗効果薄いと判断 (その1)」の続きです。

マネックス証券の2007年3月期決算説明資料によると、営業収益は約332億円で前年同期比▲15.2%、当期純利益は約95億円で前年同期比▲30%と、業績は悪化しています。

収益の内訳を見ると、66%を株式委託手数料に頼っており、業績はまだまだ株式市況次第というところなのかもしれません。(将来的にはこれを50%に下げていきたいとのこと)
こういう不安定な経営環境の中、大手証券日興CGが、大株主(保有比率26.3%)にドーンといるのといないのとでは、経営の安定度が違うと思います。

参考までに、記事によると、他のネット証券各社の大株主は以下のとおりです。(カッコ内は保有比率)
SBIイー・トレード証券 SBIホールディングス(52.4%)
楽天証券 楽天(100%)
カブドットコム証券 三菱UFJフィナンシャル・グループ(40.4%)

もっとも、その大株主が、上場廃止スレスレで外資傘下に吸収されてしまった現状では、安定度が違うと言えるかどうか微妙ですが…。
まあそうは言っても、持ち株比率で26.3%を占めていた大株主が抜けるということになれば、経営も少なからず影響を受けると思います。

ではどうすればいいか、勝手に考えてみました。

続きを読む

日興、マネックス株の売却検討・相乗効果薄いと判断 (その1)

日興コーディアルグループが、マネックス証券株の売却の検討を始めたと報道されています。

【NIKKEI NET 2007/07/05より引用】
日興、マネックス株の売却検討・相乗効果薄いと判断
 日興コーディアルグループは、傘下のネット専業証券大手、マネックス・ビーンズ・ホールディングスの株式を売却する方向で検討を始めた。日興は独自のネット取引部門を持つため、マネックス株を保有し続けても相乗効果が薄いとの判断に傾きつつある。今後、マネックスと売却先などを協議する見通しだ。

 日興はマネックスの発行済み株式の26.3%を保有する筆頭株主。時価にすると、4日終値ベースで600億円程度となる。売却時期や売却先などについて日興幹部は「ネット証券の将来性を見極めてから売却の是非を判断したい」と言っている。(07:00)
【引用終わり】

マネックス証券利用者の立場から見ると、日興CG傘下であることのメリットは、あまりないように感じます。むしろ、マネックス証券のサービス戦略が、日興コーディアル証券の戦略と「競合」しているのではないかと感じていました。

続きを読む

「バイアウト」(真山仁著)

バイアウト 上」「バイアウト 下」(真山仁著)を読みました。
(投資本の紹介ではありませんので、ご興味があるかただけどうぞ)

続きを読む

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」6月分の投資を6月29日に行ないました

記事にするのが遅れてしまいましたが、「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」6月分の投資を、6月29日に行ないました。
(ご参考)ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

6月も、あまり騰落のない平穏な月でした。
ちょっとずつ円安に向かっていたし、特にこれといった買い場もなかったような気がします。
結局、月末の「時間切れ買い」でした。

購入投資信託は、以下の3本。
一定の資産配分で、毎月ほぼ同額ずつ購入しています。

・トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
・インデックスファンドTSP
(上記2ファンドは、投資額が積みあがった段階で、適宜、更に低コストの海外ETF「iShares S&P500 Index Fund」及び「iShares MSCI EAFE Index Fund」へ乗り換えます)
・バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド

続きを読む

楽天証券サービス開始8周年記念投資セミナー

本日、「楽天証券サービス開始8周年記念投資セミナー」に参加してきました。

会場はたくさんの投資家で、良い場所の席はほぼ満席でした。
入り口で配っていた資料の袋に、楽天証券のボールペン、携帯スクリーンカット&クリーナセット、MARKET SPEEDショートカット用キーボードシール(使途不明…)が入っていました。
それから、面白いのが、日経マネー7月号のETF特集「ETF投資でがっちり勝とう」が冊子になったものが入っていました。

日経マネー海外ETF特集の冊子

両隣の席のかたがたが熱心に読んでいるのを見て、「そこに出てるの僕ですから!」と言いたい衝動に駆られました(笑)

さて、講演ですが、森永卓郎氏、澤上篤人氏、堀古英司氏、広瀬隆雄氏、山崎元氏の講演を聞きました。
それぞれ、ひとことずつ印象に残った点を書いてみます。


続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)