証券税制の軽減税率延長、3年で決着

証券税制の軽減税率が3年延長されるようです。

【ロイター 2008/10/30より引用】
証券税制の軽減税率延長、3年で決着=自公協議
 自民・公明両党の幹事長・政調会長・税制調査会長は30日、追加経済対策に関する最終協議を行い、対策に盛り込む証券税制の軽減税率延長期間は3年とすることで合意した。

 公明党の山口那津男政調会長が、協議後に記者団に明らかにした。

 金融資本市場安定化対策の一環として、金融機能強化法改正案の延長期間とあわせ3年の延長を決めた。

 現在、株式投資の譲渡益と配当の税率は10%の軽減税率(本則は20%)が適用されているが、2009年からは原則20%に戻ることが決まっていた。しかし、世界的な金融危機による金融・証券市場の動揺が収まらないことから、軽減税率の延長を市場安定化対策の一環として対策に盛り込む。

 関係者によると、延長期間をめぐっては、麻生太郎首相の「日本経済は全治3年」との主張を踏まえ2010年度までの景気回復期間の間とする「2年延長論」や、これが金融資本市場の安定化策の一環であり3年間の時限措置を決めて改正案を提出した金融機能強化法改正案とひょうそくをあわせた「3年延長論」、過去の事例に照らした「5年延長論」などで検討が進められていた。
【引用おわり】

市場安定化対策としては、いい判断ではないでしょうか。
このような大混乱相場のなかでは、現状と比べて少なくとも改悪になるような制度変更は控えたほうがいいと思います。

続きを読む

マネックスの太っ腹キャンペーン

マネックス証券が、新規口座開設者に対して、1ヶ月間、マネックスで取り扱う株式、投資信託、先物・オプション取引、米国株などの取引手数料を全額キャッシュバックするキャンペーンを実施するようです。

なんという思い切った太っ腹企画。
特に、普段割高な米国株(米国ETFもここに含まれると思います)の取引手数料もキャッシュバックというのがいいですね。
マネックス証券の気合を感じます。

続きを読む

身近なところにいた逆張り投資家!?

職場のリフレッシュルームで、「日経平均がバブル後最安値更新だってね」なんて数人で話していた時、「実にうれしいね」とのたまうやつがいました。
すると、「たしかに!」と同意するやつまでいました。

ただでさえ、身近なところには投資をやっている人がほとんどいません。
ましてや、この相場環境。
なのに、こんなところに気合の入った逆張り投資家がふたりもいるのか!?

と驚いていると…

続きを読む

最近のスーツケースはすごい

堅苦しい記事が続いたので雑談でも。

今度アラスカに行こうと思っています。
相方の小さい頃からの夢で、生でオーロラを見るためです。
一生に一度のおおごとになりそうなので、今からいろいろと準備をしています。

今日は旅行のお供、スーツケースを物色してきました。
いろいろありましたが、どれも驚くほど軽いですね。
いつの間にかスーツケースはポリカーボネートという樹脂素材がデフォルトになっていたようです。
あんなペコペコのプラスチックみたいな素材で大丈夫なんかと思ってしまいますが、強度は大丈夫らしい。

防寒着やら何やら荷物が増えそうなので、デカくてかつ軽いものを探して、いろいろ悩んだ挙句、選んだのはこれでした。

続きを読む

なぜ「今投資をやめる必要がないのか」その4つの理由とは

バンガードのWEBサイトに、今の時期にぴったりなコラムが掲載されていました。

その名も、『なぜ「今投資をやめる必要がないのか」その4つの理由とは』。

実にバンガードらしい、腰の据わったコラムです。
個人的には、特に理由1と理由4の説明文が腹に落ちました。
自分の投資スタンスにフィットしているんでしょうね。

詳しくは、コラムを読んでいただきたいと思います。


※投資判断は自己責任でお願いします。

米リーマンのCDS決済、大きな混乱なく過ぎる

リーマンのCDS決済は大過なく過ぎたようです。

【ロイター 2008/10/22より引用】
米リーマンのCDS決済、大きな混乱なく過ぎる
 [ニューヨーク 21日 ロイター] 21日は経営破綻したリーマン・ブラザーズのクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の決済日だったが、推定4000億ドルの清算に大きな混乱はなかった。市場で懸念が高まっていたことについてアナリストは、清算過程への誤解が原因と指摘した。
 クレジット・デリバティブス・リサーチの首席ストラテジスト、ティム・バックシャル氏は「何事もなかったようだ。一部のヘッジファンドに関するうわさがあったが、通常の清算となったはずだ」と述べた。
 清算価値が9%弱となったため、一部にはヘッジファンドや金融機関が清算支払いのために膨大な資金手当てをしているとの観測がでていた。しかし専門家は、懸念は増幅されており、いずれの場合も損失は次の四半期決算が発表されるまで明らかにならない、と指摘している。
 同じく経営破綻したワシントン・ミューチュアルのCDS清算に向けた入札は23日に予定されている。決済は11月7日。
【引用おわり】

CDSは今回の金融危機の根源的な原因に関わるものなので、どうなることかと。
まだ予断を許さない状況だと思いますが、とりあえず大きな混乱はなかったようです。
よかった、よかった(^^)

金融危機 分散投資の有効性は?

今日の日経新聞に、分散投資の有効性に関する良記事があったので、メモしておきたいと思います。
※長文になります。

【日経新聞 2008/10/20朝刊より引用】
金融危機 分散投資の有効性は?

国内外の株式や債券へ幅広く分散すれば、リスクを抑えながら資産を増やせる――。そんな“常識”が今回の金融危機では揺らいだ。あらゆる国の株式が大幅に下落し、一時は安全資産とされた国債まで売り込まれる場面もあったからだ。様々なデータで分散投資が本当に有効かどうかを探ってみた。

(中略)

photo_20081020.jpg
(クリックでグラフ拡大)

 次に日本株と日本債券、外国株と外国債券の四資産に分散投資した場合の結果をみよう(2008年は株価が急落した10月10日まで)。
 グラフBのように日本株だけの投資は年により変動が大きい。90年は約38%、08年は10日までで46%も下げた。
 四資産分散はどうか。グラフCのように単年度では下落の年が6年。「分散なら単年度でも下がらない」と思うのは過剰期待だと分かる。ただ下落率は日本株よりかなり縮小、今回も約26%だ。
 分散の効果が大きくなるのは長期投資と組み合わせた場合。四資産分散で10年間保有すると、どの年までの10年間でも、マイナスになることはなかった(グラフD)。08年を除くと、平均では年率約6.6%で資産は増え、10年で1.9倍になった。
 調査会社のイボットソン・アソシエイツ・ジャパンによると、対象期間を1970年代からとより長期にしても、10年保有ではほぼ同様の年率5-10%程度のリターンだったという。
 ただし10年保有でも今月10日の下落局面までに限ると、年率平均1.2%の小幅な上昇にとどまり、今回の暴落の大きさが分かる。ただそれほどの事態でもマイナスではなく、グラフにはないが10年の累計で資産は12%増えていた。
 一方で、日本株だけの保有なら10年保有でも10日までで14%の下落。相対的には有利だったともいえる。リスクを抑えながら資産を増やす有効な手段が他に見つけにくいなか「一時的な状況だけで分散の効果を否定しない方がいい」(木戸氏)との声が聞かれた。

【引用おわり】

続きを読む

投資家バフェット氏「私は米国株を買っている」

バフェットおじさんが米国株を買っているそうです。

【NIKKEI NET 2008/10/18より引用】
投資家バフェット氏「私は米国株を買っている」
 「私は米国株を買っている」――。米著名投資家のウォーレン・バフェット氏は17日付のニューヨーク・タイムズ紙への寄稿で、自身のこんな投資姿勢を明らかにした。「短期的な動きがどうなるかはわからないが、投資家心理や経済の状況が改善する前に(株価など)市場は上向く」と予測している。

 同氏は、傘下の投資会社ではなく、自分の資金で米国株を買っていると前置き。その上で「投資のルールはシンプルで、他の人が欲張っているときには恐れを抱き、他の人が恐怖にさいなまれている時に強欲になることだ」とした。

 また「多くの健全な企業の長期的な成長に不安を抱くことはナンセンス。5年や10年、20年先には利益の記録を塗り替えているはずだ」とみている。(ニューヨーク=米州総局)
【引用おわり】

僕もインデックスファンドを通じて、最も高い比率で米国株を買っているので、バフェットおじさんの言葉を心強く感じます。
特に、バークシャー・ハザウェイを通じてではなく、自分の資金で投資しているというところが奮っています。

続きを読む

マネックスで証券口座の開設の申し込みが通常の5倍

マネックス証券では、個人投資家の口座開設が急増しているそうです。

【ロイター 2008/10/17より引用】
インタビュー:個人投資家の口座開設が急増、株価大幅下落の中で=マネックス社長
 [東京 16日 ロイター] マネックスグループの松本大社長は16日、ロイターとのインタビューに応じ、日経平均が8400円台まで急落するなど国内株式が大幅に下落している中で、個人投資家からの証券口座の開設の申し込みが通常の5倍程度に急増しているという現象が起きていることを明らかにした。株価下落で損失を抱えている既存の個人株主とは対照的に、安値とみた新規購入者が増大しているとみられる。
【引用おわり】

この荒れ相場のなか、頼もしい限りです。

続きを読む

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」10月分の投資を実行

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」10月分の投資を、本日10月16日に行ないました。
(ご参考)ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

今月は、バーゲンセールでよい買い物ができたと思います。
日米ともに相場が乱高下しているので多少タイミングが気になりますが、気にし過ぎていると買えなくなってしまうので、適当なところでスパーンと買いました。
ポートフォリオの平均購入単価の引き下げには貢献してくれると思います。

購入投資信託は以下の3本です。

続きを読む

仕事関係の某資格試験

投資とは関係ありませんが、先日、仕事関係の某資格試験を受けてきました。

職場の受験仲間に話を聞くと、何ヶ月も前からしっかり準備してきたやつもいれば、一夜漬けで寝ないで臨んだやつ、まったく何も準備せずにノーガード戦法で臨んだやつまで、いろいろのようです。
自分は、仕事とブログの合間に、ちょこちょこつまみ食いのようにやった感じでしょうか。
せっかく勉強してきたことなので、受かるといいなぁと思っています。

しかし、担当業務が2~3年でどんどん変わっていく会社なので、現在の仕事関係の資格がはたして役に立つのか実は疑問です。
でもまあ、株や債券だけでなく、たまには自分にも投資ということで。

世界の株式市場が反発

急落していた世界の株式市場が反発しているようです。

【NIKKEI NET 2008/10/14より引用】
米国株、急伸――ダウ936ドル高と上げ幅最大、金融安定化への期待で
【NQNニューヨーク=荒木朋】13日の米株式市場でダウ工業株30種平均は急伸。9営業日ぶりに大幅反発し、前週末比936ドル42セント高の9387ドル61セントで終えた。上げ幅は過去最大。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は大幅続伸し、194.74ポイント高の1844.25で終えた。前週末以降明らかになった各国政府の金融市場安定化の取り組みを好感した買いが優勢になった。

 前週末にワシントンで開かれた7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議では金融機関への公的資金の注入などを柱とする「行動計画」の実施で合意。12日にはユーロ圏15カ国が緊急首脳会合を開き公的資金注入や銀行間取引の政府保証を含む行動計画を採択。銀行間取引の政府保証は米国も追随するとの期待が広がり、金融市場の安定化への期待から幅広い銘柄に買いが膨らんだ。

 米連邦準備理事会(FRB)など日米欧の主要中央銀行が同日、短期金融市場を通じて事実上無制限にドル資金を供給すると発表したほか、財務懸念から売りが膨らんでいたモルガン・スタンレーが三菱UFJフィナンシャル・グループからの総額90億ドルの出資が完了したと発表したことも買い安心感を誘った。追加の米景気対策への期待感も相場の押し上げ要因。ダウ平均は前週末までの8日続落で約2400ドル(22%)下げており、値ごろ感からの買い戻しも入りやすかった。

 S&P500種株価指数は104.13ポイント高の1003.35と、1000の大台を回復して終えた。業種別S&P500種株価指数は「エネルギー」の18%高を筆頭に全十業種が上昇した。フィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)は10%弱上げた。

 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約21億4500万株(速報値)、ナスダック市場は約26億5000万株(同)。
【引用おわり】

続きを読む

前回の記事「投資スタンス」に寄せられたご意見

前回の記事「投資スタンス」に対して、たくさんのコメントをいただきました。
たくさんいただき過ぎて(うれしい悲鳴です)、ひとりひとりにお返事することが厳しくなってしまったので、新たな記事としてお返事にかえさせていただきたいと思います。

この厳しい状況下において、いろいろな考え方があるのだと勉強させていただきました。
特に印象に残ったのが、以下のご意見でした。

続きを読む

投資スタンス

世界の株価が急落した激動の一週間でした。
日本でも、生保が破綻したり、REITが破綻したり、サーキットブレーカーが発動されたりと大荒れの様相でした。

投資ブログを巡回してみたのですが、市場から撤退されたかた、新規投資を止めたかた、買い増しされたかた、売り建てたかたなど、悲喜こもごもといった感じでした。

投資スタンスを変更されたかたもいらっしゃるようです。
これだけの事態が起こったのですから、無理からぬことだと思います。

続きを読む

SBI証券もバンガードETF2銘柄取り扱い

マネックス証券、楽天証券に引き続き、SBI証券でも、10月14日からバンガードETF2銘柄の取り扱い開始すると正式発表がありました。

取り扱い銘柄は、例によって以下の2銘柄です。

VANGUARD TOTAL STOCK MARKET ETF (VTI)
 (MSCI US ブロードマーケットインデックス連動・管理報酬0.07%)
VANGUARD SMALLCAP ETF (VB)
 (MSCI US スモールキャップ1750インデックス連動・管理報酬0.1%)

これで、バンガードETF三つ巴。
その他の銘柄の取り扱いに期待が高まります。
個人投資家にとって、こういうネット証券の健全な競争は大歓迎です(^^)


<ご参考>
上記ネット証券は以下から口座開設できます。(会社名をクリック)
SBI証券

悲観論は知的に見える

誰のものか忘れてしまいましたが、「悲観論は知的に見える」という言葉を覚えています。

たしかに、このような暴落相場の中で悲観論を延々と書けば、注目を集めるだろうし、時代を読めているようなイメージがしてなんとなく知的に見えます。

しかし、声を大にして言いたいのは、将来を正確に予測できる人など誰ひとりとしていないということです。
大切なことなのでもう一度言います。
将来を正確に予測できる人など、誰ひとりとしていないのです。

これから先、たくさんの悲観論を目にすることがあると思います。
それは、新聞記事であったり、雑誌のコラムであったり、ニュースの解説であったり、あるいは個人ブログであるかもしれません。
悲観論に対して、「そんなことが分かっていたなら、もっと早く言ってくれよ!」という思いを抱くこともたくさんあるでしょう。
覚えておきたいのは、それらは後だしジャンケンに過ぎないということです。

続きを読む

NY円急伸、対ドルで一時100円台 対ユーロは135円台に上昇

対ドル、対ユーロで円高進行中のようです。

【NIKKEI NET 2008/10/07より引用】
NY円急伸、対ドルで一時100円台 対ユーロは135円台に上昇
【NQNニューヨーク=荒木朋】6日のニューヨーク外国為替市場で円相場は急伸。前週末比3円50銭円高・ドル安の1ドル=101円75―85銭で終えた。世界的な金融不安や景気悪化懸念を受け、世界の株式相場が急落。リスク資産を一斉に圧縮する動きが広がり、円買い・ドル売りが優勢になった。円は一時100円22銭まで上昇し、4月10日以来、半年ぶりの円高水準を付けた。円は対ユーロでも急伸し、一時1ユーロ=135円05銭と05年9月下旬以来、約3年ぶりの円高水準を付けた。

 欧米金融不安の根深さが意識されるなか、欧米株式相場が下落。ダウ工業株30種平均は下げ幅が800ドルに達する場面があった。投資家のリスク許容度低下の思惑が強まり、円買い・ドル売りが進んだ。クロス円(ドル以外の通貨の対円取引)での円買いが一時大きく膨らんだことも円の対ドルでの上昇に寄与した。
【引用おわり】

うーむ、ドルもユーロもか。
国際分散投資で外貨比率が高い自分にとって、これはちょっとこたえます。

とはいえ、為替相場については予測不能と考えているので、何か対応できるわけでもありません。
毎月のドルコスト投資の際に、高くなった円で、海外のドル資産やユーロ資産を安く買わせていただくだけです。

第2回インデックス投資交流会に参加

第2回インデックス投資交流会に参加しました。

多くのかたと意見を交わすことができ、有意義な時間を過ごせました。
話の内容は多岐に渡ったので全てはかけませんが、個人的に印象に残ったことをあげておきたいと思います。

・厳しい相場環境のなかでもポジティブなかたが多い
・20年、30年先を見て投資しているかたが多い
・この暴落を機に投資を始めたかたもいる
・配当成長にもっと着目すべきとのプレゼン
・東証はまずTOKを上場するべき。話はそれからだ
・将来における資産の取り崩しかたについての情報が少ない
・学生のうちにきちんとした投資教育が必要ではないか
・本の情報、ネットの情報、対面の情報はそれぞれ違う良さがある
・自分にとって保険は見直しの余地がありそう

といったところです。
番外編として、こんな話も…

続きを読む

米金融安定化法が成立

いったんは否決されていた米金融安定化法が、修正金融安定化法として成立したようです。

【NIKKEI NET 2008/10/4より引用】
米金融安定化法が成立 大統領「信用収縮緩和に断固たる措置」
 【ワシントン=米山雄介】最大7000億ドル(約74兆円)の公的資金で金融機関から不良資産を買い取ることを柱とする修正金融安定化法が3日、成立した。米下院が同日、上院を通過済みの法案を賛成多数で可決したのを受け、ブッシュ米大統領が即日署名した。米国発の金融危機の封じ込めへ、過去最大規模の税金を投入する金融対策が動き出す。

 大統領は声明で「米経済を脅かしている信用収縮の緩和に向けた断固たる措置になる」と評価。「米国が金融市場を安定させ、世界経済で引き続き指導的な役割を果たすことを示した」と強調した。

 ポールソン米財務長官は「新しい権限を迅速に実行に移す」との声明を発表。公的資金による不良資産の買い取りを早急に開始する意向を示した。ただ資産の買い取り価格など制度の運用には不透明な部分が残っており、売却に伴う損失の処理で金融機関の自己資本が不足する恐れもある。金融危機が鎮まるかどうかはなお流動的だ。
【引用おわり】

これで最低限のセーフティーネットは確保されたと思います。
ひとまず安心といったところでしょうか。

続きを読む

かえるさんとお会いしました

相互リンクブログ「かえるの気長な生活日記。」のかえるさんの上京に合わせた投資家の皆さんの集まりに、水瀬もお呼ばれしました。

集まったのは、おなじく相互リンクブログの、
Passiveな投資とActiveな未来のybさん
ホンネの資産運用セミナーのゆうきさん
ある貧乏人の投資信託物語のfundstoryさん
そして、「内藤忍の資産設計塾」著者の内藤忍さん
の6名でした。

僕が皆さんにお聞きしたかったのは、米国発の金融危機というこの相場状況のなか、今後どうするかということでした。

個別の意見は差し控えますが、皆さんとも今回の下落の大きさは認識しつつも、将来に対してはあまり悲観していない様子でした。

米ドルの信認が失われてえらいことになるとか、実際の相場は正規分布ではなくベキ分布であるとか、いろいろ言われてはいますが、じゃあどうすればよいかと言えば、結局、目が覚めるような新投資手法があるわけではありません。
今までやってきた投資手法(インデックス投資家の場合は国際分散投資でドルコスト平均法、バリュー投資家の場合はしっかりとした銘柄選択など)でコツコツやるしかないのかなという話になりました。

続きを読む

投資家の意見を聞いてみよう

今週後半は、投資関連の方々とリアルでお会いする機会に恵まれています。

まず明日木曜、ある投資関連の方々数名とお会いします。
僕はお呼ばれなのですが、著名なかたも来られるようなので楽しみです。

土曜日には、以前募集されていた第2回インデックス投資交流会に参加します。
主催のえんどうさんによると参加者は30名くらいとのこと。メンバーは第1回の時と同じなんだろうか…?分かりませんが、こちらはお会いしてのお楽しみです。

こんな相場環境ですが、だからこそ皆さんがどう考えているのか、いろいろご意見をお聞きしてみたいと思っています。

続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/03/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/30まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)