三菱UFJ投信「ネット投資家向け投資信託を考える」ブロガーミーティングへの参加決定

三菱UFJ投信「ネット投資家向け投資信託を考える」ブロガーミーティングの抽選に当選しました。

ファンドの海のイーノさんからの情報で、「eMAXIS」をテーマにしたブロガーミーティングとのことで、なんだか面白そうなので申し込んでいたものです。
お聞きしていたプログラムは以下のとおり。

(1)プレゼンテーション
  企業の紹介、投信業界の現状、新商品の説明
(2)質疑応答
(3)個人ワーク、グループディスカッション
(4)意見交換会

運用会社のかたと直接お話できる機会はそう多くないので、とても楽しみにしています。
まずは、新たに立ち上げた低コストなインデックスファンドシリーズの「eMAXIS」の詳細情報を把握できることを期待しています。
例えば、ファンド立ち上げの経緯や、STAMを意識しているかどうか、ファンドの継続性をどう考えているかなどなど。
いろいろ聞いてみたいと思っています。

続きを読む

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」10月分の投資を実行

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」10月分の投資を、本日10月29日に行ないました。
(ご参考)ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

日経平均が3週間ぶりに1万円割れしたそうです。
すこし円高になったようですし、今月はいい買い物ができたかもしれません。

購入投資信託は以下の3本です。

続きを読む

マネックス証券とオリックス証券が統合。サービス改善に期待

マネックス証券とオリックス証券が統合すると報道されています。

NIKKEI NET 2009/10/28より引用】
マネックスとオリックス証券、来春めど統合 ネット証券2位に
 インターネット証券で業界3位のマネックスグループと同7位のオリックス証券が来春をメドに経営統合する方針を固めたことが26日、明らかになった。統合後は営業収益でSBI証券に次ぐ同2位に浮上する。株式市況の低迷でネット証券を取り巻く環境は厳しさを増しており、両社は規模拡大で経営体力の強化を図る。今回の統合を機に、成長の踊り場に差し掛かっているネット証券の再編が加速しそうだ。
【引用おわり】

記事にあるように、経営体力が強化され、価格設定や新サービスなど利用者にとってサービスが改善されることを期待したいと思います。
ただ、かつてマネックス証券と日興ビーンズ証券が合併した時に、サービス変更に伴い細かいところでサービス改悪もあったので、ちょっとだけ心配です…。
まあ、今から心配していても仕方がないので、動向を見守りたいと思います。

松井証券、手数料無料を廃止

今朝の日経新聞朝刊によると、松井証券が手数料無料を廃止するとのことです。

【日経新聞2009/10/27朝刊より引用】
松井証券、手数料無料を廃止
 松井証券は26日、株式売買の手数料を一部無料にするサービスを11月16日に廃止すると発表した。これまでは1日の約定代金が合計10万円を超えなければ、何度売買しても手数料がかからなかった。今後は1日21円の手数料をとるようにする。初めて株式を売買する個人投資家向けのサービスだったが、必要性が乏しくなったと判断した。

 松井証券は2004年3月、業界で初めて「手数料無料」のサービスを開始。その直後は株式投資の初心者の取り込みに成功した。だが同サービスの利用者約5万人のうち、1日10万円以下の小口売買を繰り返す顧客が半数を占めるようになった。顧客開拓の役割が終わり、収益への貢献も期待できないため、廃止することを決めた。
【引用おわり】

まあ、なるべくしてなったという感じがします。
個人的には、松井証券の無料サービスは長く続いたほうだと思います。

世の中に無料サービスは数多くありますが、全てのサービスには何某かのコストがかかっています。
それを無料にするわけですから、どこかに歪みを内包しているはずです。
サービスを無料にするかわりに、別のメリットを企業が享受しているうちはいいのですが、長く続けていればいずれ歪みが噴出して、無料サービス終了ということになることは多いと思います。

続きを読む

投資信託で調査、金融機関の窓口相談はホントに役立つ?(日経WOMAN)

自分は資産運用について、金融機関の窓口で相談したことはありません。

知りたいことはネットや書籍で自分で調べて、ネット証券で商品を選択すればよいと考えているので、窓口で相談する必要性を特に感じていないからです。
一方で、金融機関の相談窓口では、どのようなやりとりが行なわれているのか、まったく知らないわけで、興味はありました。
そんななか、金融機関の窓口相談はホントに役立つのか?という調査企画を見つけました。

日経WOMAN スキルアップ
投資信託で調査、金融機関の窓口相談はホントに役立つ?――おんなのマネー社会科見学Part26

女性ライターさん(かなり詳しいかたのようです)が初心者のフリをして、銀行や証券会社の相談窓口で相談をするというもの。
たいへん興味深く読ませていただきました。

続きを読む

BRICs、VISTAが成長軌道に戻ってきているらしいですが

BRICsに続いて、VISTAが成長軌道に戻ってきているそうです。

NIKKEI NET 2009/10/24より引用】
中堅5カ国「VISTA」、BRICsに迫る成長力
 国際通貨基金(IMF)の最新経済予測に基づくとベトナムなど「VISTA」と呼ばれる中堅5カ国の2010年の国内総生産(GDP)成長率が平均で3%を超える見通しとなった。金融危機の影響が相対的に小さいうえ、個人消費をけん引する若年層の人口比率が高いため。BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)に続く成長地域として国際企業による市場開拓が一段と進みそうだ。

 VISTAはベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチンの5カ国の頭文字を並べた造語。BRICs経済研究所が将来的に高成長が見込める地域として提唱した。IMFの最新の「世界経済見通し」によると、VISTA5カ国の10年の経済成長率は単純平均で3.4%。BRICs4カ国の平均5.1%には及ばないが、いち早く成長軌道に戻る姿が鮮明になった。
【引用おわり】

今回の世界金融危機では、先進国よりも新興国の回復が目立っています。
個人的には、ここまで早く新興国が回復してくるとは思っていませんでした。
こうなってくると、ポートフォリオにおける新興国株式比率をドーンと上げたくなってしまう気持ちが湧き上がってきます。

しかし、

続きを読む

たまにはアクティブファンドのお話を。MHAM株式オープン

MHAM株式オープン。

僕が保有する数少ないアクティブファンドのひとつですが、最近パッとしません。
保有する投資信託・ETFのほとんどが上昇するなか、ひとり取り残されているような気がします。

数年前、MHAM株式オープンがまだDKA株式オープンだった頃。
パフォーマンスが良いアクティブファンドを事前に選ぶことは不可能であるという認識のもと、それなら歴史があってコストが安いやつを選んでみようということで、1976年設定、アクティブファンドの割には信託報酬が安い(0.7665~0.8085%)このファンドを購入してみました。

続きを読む

三井住友アセットマネジメントから信託報酬0.525%の外国株式インデックスファンド等が出ました

三井住友アセットマネジメント(SMAM)から、信託報酬0.525%の外国株式インデックスファンドが出たようです。

三井住友アセットマネジメント WEBサイト
外国株式指数ファンド 概要

■外国株式指数ファンド
MSCI KOKUSAIインデックス(円ベース)連動
販売手数料:なし、信託報酬:0.525%、信託財産留保額:0.3%
販売会社:三井住友銀行(ネット専用)

信託報酬0.525%というのは、「STAM グローバル株式インデックス・オープン」(信託報酬0.777%)や「eMAXIS 先進国株式インデックス」(信託報酬0.63%)よりも一段と安い。
なにより、販売会社が高コスト商品のデパートであるメガバンクというのが驚きです。

続きを読む

世界の株式時価総額「危機前」に迫る。自分のポートフォリオは…

世界の株式時価総額が、リーマン・ショック前の水準に近づきつつあるそうです。

NIKKEI NET 2009/10/19より引用】
世界の株式時価総額「危機前」に迫る 45兆ドル、2月比1.5倍
 世界の株式相場が上昇基調を強めている。主要52市場の株式時価総額の合計は約45兆ドル(約4090兆円)と直近の底だった2月末から5割以上増加。昨年9月のリーマン・ショック前の水準に近づいた。世界景気の底入れ期待に加え、各国の中央銀行による潤沢な資金供給で、投資マネーが株式に回帰しているためだ。原油や金など商品相場の上昇も弾みをつけた。一方、日本株は約3割の増加にとどまった。
【引用おわり】

投資マネーが株式に回帰してきているとのこと。
おかえりなさ~い!(^o^)/

100年に一度といわれる金融危機で、暴落相場が永遠に続くと感じたかたもいらっしゃると思いますが、過去の歴史をなぞるように、あっさりと回復しちゃいましたね。
景気の二番底を懸念する声も多いですし、実際そうなるかもしれませんが、長期的に見れば、株価が永遠に下げ続けることはないのかもしれません。

とりあえず、市場から退場させられることなく生き残った自分に乾杯!(笑)

続きを読む

『内藤忍式10万円から始める「お金の育て方」講座』(内藤忍著)は図解入りインデックス投資入門本

『内藤忍式10万円から始める「お金の育て方」講座』(内藤忍著)を読みました。
図解入りでたいへん分かりやすく、これから投資を始めようという初心者にぴったりな、インデックス投資入門本だと思います。

内藤忍式10万円から始める「お金の育て方」講座内藤忍式10万円から始める「お金の育て方」講座

イースト・プレス 2009-09-28
売り上げランキング : 45542

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る

by G-Tools

内容自体は、新書で出ている「初心者は株を買うな!」(内藤忍著)とほぼ同等だと思いました。
今回の本の方が図解入りなので、分かりやすさは上かもしれません。
ただ個人的には、新書の安さ、持ち運びやすさも捨てがたいところです。

続きを読む

「上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型」(1677)の登場で山崎元氏主張変更?

外債投資不要論(?)を唱えていた山崎元氏ですが、「上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型」(1677)のコストの安さに、ぐらっときているようです。

YOMIURI ONLINE 山崎流マネーここに注目
外債投資もインデックス・ファンドで

記事の中で山崎氏は、「ETFなので取引単位がやや大きい(約50万円から)し、毎月分配という点が資産形成のための運用を考える上では余計だし、分配金の再投資も自動ではできないが、この程度まで信託報酬が下がってくると、一般的な個人の資産運用でも投資を検討していい対象になるだろう」と述べています。

続きを読む

よいモバイル版ブログ検索サービスをご存じないでしょうか?

テクノラティジャパンが、10月23日にサービス終了するようです。

テクノラティジャパン サービス終了のお知らせ

テクノラティジャパンは、あまりメジャーじゃなかったのでご存じないかたもいらっしゃると思いますが、ブログ検索エンジンです。
よく不具合でサービスが中断するので、僕もPCではあまり使っていませんでしたが、モバイル版はかなり活用していました。

「インデックス投資」とか「ETF」などのキーワードでブログ検索をおこない、皆さんがどんな記事を書いているのか時間がある時に見ていました。
モバイル版のブログ検索サービスに他によいものが見当たらなかったため、出先ではモバイル版のテクノラティジャパンを使っていました。

サービス終了は、かなり痛いです。
どこか他に、よいモバイル版ブログ検索サービスをご存じないでしょうか?(^^;

ヘッジファンドとインデックスファンド

ヘッジファンドに資金が戻ってきているそうです。

NIKKEI NET 2009/10/13より引用】
ヘッジファンド、資金戻る 資産残高、4カ月で9兆円増
 ヘッジファンドに投資資金が戻っている。民間調査会社の調べによると、運用資産残高は直近の最低となった今年4月末から8月末までの4カ月間に約1千億ドル(約9兆円)増えた。世界的な株価の回復で機関投資家などの投資余力が改善。5月に単月の利回りが5%と9年ぶりの高水準となるなど、好調な運用成績も注目されている。昨秋以降の金融危機で打撃を受けたヘッジファンドだが、市場で存在感を取り戻しつつある。
【引用おわり】

相場が落ち着いてきたということでしょうか。
記事には、「世界的な株価の回復で機関投資家などの投資余力が改善」とあります。
よいことですねえ。

続きを読む

インデックス投資環境、三つ巴の戦い

先日、STAMシリーズよりも信託報酬が安いeMAXISシリーズの発表がありました。
(関連記事)2009/10/09 三菱UFJ、低コスト投信シリーズ

競争によって、インデックスファンドのコストが下がってきました。
とても良いことだと思います。

ブログのコメントで「コストはどこまで下がるのか?」という主旨のご質問をいただきました。
個人的には、ETFと同レベルまで下がるのではないかと考えています。
なぜなら、ETF先進国の米国において、かつてETFとインデックスファンドのコスト競争が起きて、両者とも同レベルまでコストが下がった歴史があるからです。
時間はかかるでしょうが、同じ道をたどるのではないかと予想しています。

ところで、時間の経過とともに期待できるインデックス投資環境改善には、ざっくりいって3つの道があるように思います。

(1)インデックスファンドのコストがETFレベルまで下がる ⇒インデックスファンド中心で運用
(2)国内市場に資産運用のコアになるようなETFが上場される ⇒国内ETF中心で運用
(3)海外ETFがネット証券で特定口座対応される ⇒海外ETF中心で運用

どれも期待したいところですが、どれが先に来るかという点で見ると…

続きを読む

三菱UFJ、低コスト投信シリーズ

おもわずモブログ。

今朝の日経朝刊によると、三菱UFJ投信が10月末、業界最低水準の信託報酬の低コスト投信シリーズを設定するそうです。
国内株式、国内債券、国内REIT、先進国株式、先進国債券、先進国REIT、新興国株式のそれぞれの指数に連動して運用とのこと。

具体的なコストや販売会社は書いてありませんでしたが、STAMシリーズの強力なライバルになるかもしれませんね。
続報を待ちたいと思います。

それにしても、ケータイ投稿は疲れます(^^;

<追記>2009/10/09 19:00
三菱UFJ投信WEBサイトに詳細情報が出ていました。
http://www.am.mufg.jp/text/091009release.pdf

資料によると、気になる信託報酬は、以下のとおり。

続きを読む

トータルでいくらもらえるかではなく、最重要なのは毎月の分配金額の維持?

投信会社のかたも返答に窮したのではないでしょうか。

livedoorニュース2009/10/08より引用】
ある投資家が投信会社に入れた「クレーム」の理由
 先日の投信会社の人から、毎月分配型投信に関して興味深い話を聞いた。

 このようなご時世なので毎月の分配金額の減額を実施したところ、基準価格が下がろうがとにかく毎月の分配金額だけは維持してほしいと苦情を言ってきた顧客がいたとのこと。トータルでいくらもらえるかではなくて、最重要なのは毎月の分配金額の維持なのだそうだ。
【引用おわり】

トータルでいくらもらえるかではなくて、最重要なのは毎月の分配金額の維持なのだそう。
世の中にはいろいろな考え方があるんですね。
まあ、本人が納得してやっているのだから、他人がとやかく言うことじゃないのかもしれません。

続きを読む

過去10年で最大級の台風上陸の恐れ。気をつけていきましょう

最近10年で上陸した台風では最大級の勢力の台風が、上陸する恐れがあるそうです。

台風18号:過去10年で最大級 各地で厳戒態勢(毎日jp)
通勤・通学に影響必至、8日朝の運転見合わせも 首都圏(NIKKEI NET)

首都圏では明日の出勤が大変そうですが、なんとかして行くしかありません。
ああ、悲しきサラリーマン。
大きめのタオルと替えの靴下を持っていこうっと。

皆さん、気をつけていきましょう。

さっそく出口戦略をとる国が

オーストラリアがG20一番乗りで、政策金利引き上げです。

NIKKEI NET 2009/10/06より引用】
豪が政策金利上げ G20で危機後初、「出口戦略」焦点に
 オーストラリア準備銀行(中央銀行)は6日開いた理事会で、政策金利を0.25%引き上げ、年3.25%とすることを決めた。7日実施する。豪の利上げは2008年3月以来、1年7カ月ぶり。世界的な金融危機を受け昨年9月から続けてきた金融緩和を終了する。今回の危機後の局面で、日米欧を中心とする20カ国・地域(G20)では初めての利上げとなる。
【引用おわり】

オーストラリア経済は堅調なんでしょうか。
景気が腰折れしないで、このままうまく離陸できるといいですね。

一方、どこぞの国の金融相は、出口戦略を探る中央銀行に「寝言を言うな」などと言ったとか。
お家事情が違うので何とも言えませんが、どうなることやら。

続きを読む

海外ETF投資の敷居を下げるもの

QUICK MoneyLifeに、楽天証券外国株式事業部長新井氏とFPさんの対談記事が出ていました。

QUICK MoneyLife ETF インタビュー【第3回】
楽天証券株式会社 外国株式事業部長 新井党氏 × ファイナンシャル・プランナー 國場弥生氏
低コストな海外ETFではじめる国際分散投資への第一歩

海外ETFの基本的な説明だけでなく、米国市場におけるETFの大きな存在感や、楽天証券海外ETF人気銘柄トップ10(1位はEEM!)など、興味深い情報が出ています。
そのなかで、新井氏は今後の目標として、以下のように述べていました。

國場:
楽天証券の今後の目標を教えてください。

新井:
まずは、個人投資家のみなさんがETFの仕組みを理解して興味を持っていただくことです。
(中略)
ETFは現在、上場先の取引所の通貨でしか投資できません。将来的には、海外市場に上場しているETFに円で直接投資ができる環境を整えることで、ETF投資への敷居を低くするのが目標です。


ETFの仕組の理解促進と、海外ETFに円で直接投資ができる環境を整えることで、ETF投資への敷居を低くするのが目標とのこと。
たしかに、海外ETFを買う際の為替取引は、海外ETF投資の敷居を上げていると思います。
円で取引できれば、敷居を低くすることもできるでしょう。

でも…

続きを読む

ランカウイ旅行記(写真中心です)

マレーシアのランカウイに行ってきました。
旅行記を書こうと思いましたが、主にのんびりしてただけなので、写真中心でご紹介します。

(投資とは関係ない雑談です。ご興味があるかただけご覧ください)

続きを読む

ほったらかしにできることはいいことだ

現在、旅行中なわけですが、投資関係はいっさいほったらかしです。

この記事を書いている9月25日と、この記事が自動アップされる予定の10月2日では、株価や為替などの経済情勢がいろいろ違うと思われます。
もしかしたら、急激な株安や円高に見舞われているかもしれません。

でも、特に何もしません。
ドルコスト平均法を採用することによって(自分の場合は多少アレンジしてますが)、投資行動としては、毎月やることは同じになります。

ドルコスト平均法はパフォーマンス的には有利でも不利でもないと言われています。
そのとおりだと思います。
また、単なる「気休め」だと言う人もいます。
それも、そのとおりだと思います。
でも、気が休まることがどんなに大切か。

続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中! (2017/05/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/05/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)