世界市場ポートフォリオは効率的か?

日本を含むグローバル株式指数をベンチマークとする株式運用(いわゆる世界市場ポートフォリオ)が広がりを見せていることに対する反論レポートです。

ニッセイ基礎研究所 ニッセイ年金ストラテジー
2010年12月号(vol.174) グローバル株式指数による運用は効率的か?

上記ニッセイのレポートでは、ざっくりまとめると、

・年金ポートフォリオの株式の国内比率は低下傾向を辿っている
・先進国のなかでも急速に進展しつつある少子高齢化など国内経済の相対的な低成長を見越した動き
・一方で世界市場ポートフォリオ(国内比率は10%)が広がりを見せていることも関係
・前提となるCAPM理論が間違っている
・株式の国内比率が10%となる外国株式の期待リターン水準は14%
・過去のパフォーマンスを見ても世界市場ポートフォリオはリターン・リスクの関係が効率的ではない
・少なくとも、グローバル株式指数による運用が全ての年金に共通する運用効率の改善策ではない

と指摘しています。

ハリー・マーコウィッツ、ジェームズ・トービン、ウィリアム・シャープと続くモダン・ポートフォリオ理論によると、CAPM理論が正しいなら世の中に効率的ポートフォリオはひとつしかなく、それは株式市場の縮小コピーであるということになっています。(臆病者のための株入門・橘玲著より)
それが、世界市場ポートフォリオということになります。
投資商品で言ったら海外ETFの「VT」や「ACWI」などが該当します。

続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)