「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」5月分の投資を実行

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」5月分の投資を、本日5月31日に行ないました。
(ご参考)ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

今月は、日米とも月初から少しずつ株価が下げてきました。
ここぞという買い場が見つからないまま、結局、月末での投資となりました。
結果的に月内ではまあまあよいところで買えたかなと思います。

積み立て投資信託は、以下の4本です。

続きを読む

31年ぶりの貿易赤字は一過性のものか?

数日前、「4月貿易収支は31年ぶり赤字」というニュースを見ました。

もちろん東日本大震災の影響が大きいのでしょうが、31年ぶりというのが個人的にインパクトがありました。
今後どうなるんだろう?その記事には、「生産回復を背景に早ければ7-9月期、遅くとも10-12月期には黒字回復するだろう」とさらりと書かれていましたが…。
今日、みずほ総研からちょうど私の疑問に答えてくれるレポートが出ていました。

みずほ総合研究所
2011年5月30日 震災後の貿易収支を読む~貿易赤字は一過性か?

詳しくはレポートを読んでいただきたいのですが、そこには、「貿易収支は2011年度▲0.6兆円、2012年度も▲0.9兆円と小幅の赤字が続く見通し」とありました。
また、「中長期的な輸出競争力の低下による貿易赤字の恒久化を回避することが重要な政策課題」とも書かれていました。

続きを読む

投資ブログのアクセス数を伸ばす秘訣

先日、三菱UFJ投信のブロガーミーティングに参加した際、開始予定時刻よりも早めに到着した私は会場でぼーっとしていました。

すると、おそらくeMAXIS公式ブログを運営しているのであろう社員のかたが、「どうすれば皆さんのブログのようにアクセスを伸ばせるのでしょうか?何か秘訣はありますか?」と質問してきました。
はて?ブログアクセスを伸ばす秘訣?

「ええと…頻繁に更新することですかね?」

なんて言葉でお茶を濁しましたが、そういえば、最近はあまりアクセスを伸ばそうと考えていなかったかもしれません。
でも、ブログを始めた頃(約6年前)は、たしかにアクセスアップを研究していました。
たしかいくつかポイントがあったはずですが、もう無意識にやっている状態なのでとっさに思い出せませんでした。

あらためて思い返してみると…

続きを読む

三菱UFJ投信 第4回ブロガーミーティングの参加レポート

先日、インデックスファンドの「eMAXISシリーズ」などを運用する三菱UFJ投信の第4回ブロガーミーティングに参加しました。
プログラムは以下のとおり。

・eMAXISの振り返り(残高推移、一般投資家向けへの裾野拡大等) ~代田商品企画部長
・決算概況 ~後藤田パッシブ運用部長
・質疑応答
・運用報告書の見方・作成の裏側について ~宇野ディスクロージャー部次長
・全体を通じた質疑応答

eMAXISシリーズ(10本)の純資産総額は設定以来順調に拡大しており、4月末には総額200億円を超えています。
新興国株式と先進国株式が人気でだいたい7割くらいを占めているでしょうか。
販売会社も当初のネット証券3社からネット銀行を含めて10社まで拡大しています。
専用サイトでの情報発信を拡充しています。

インデックス丸わかり:ブロガーMTGでの初心者にも分かりやすい説明を!の声に対応
Index Information:専門的知識を持つ投資家の要望から
・セミナー等:モーニングスターとコラボ (そのセミナー動画のブログ記事はこちら

新たに公式ブログとツイッターを始められたそうです。

eMAXIS 公式ブログ
@howabout_emaxis

今回で4回目になるブロガーミーティングも含めて、個人投資家向けの情報発信はとても意欲的だと思います。

続きを読む

延び延びだけど

4月にダイヤモンド・ザイの取材をお受けしました。

取材前は5月発売号のザイ掲載予定と聞いていましたが、取材当日には6月発売号になったと言われ、本日7月発売号になったとの連絡が来ました。
延び延びですなぁ(^^;

続きを読む

大和投信、ETFの売買単位や信託報酬を引き下げ

大和投信がETFの売買単位や信託報酬を引き下げると発表しました。

大和証券投資信託委託 プレスリリース
2011/05/23 ダイワ上場投信の商品性改善のお知らせ

上記プレスリリースによると概要は以下のとおり。

■売買単位の変更(6月10日から)

ダイワ上場投信-日経225(1320) 10株→1株
ダイワ上場投信-トピックス(1305) 100株→10株
ダイワ上場投信-トピックス・コア30(1310) 100株→10株
ダイワ上場投信-東証電気機器株価指数(1610) 100株→10株
ダイワ上場投信-東証銀行業株価指数(1612) 1000株→100株

■信託報酬の変更(5月24日から)

ダイワ上場投信-日経225(1320) 年率0.231%→0.168%
ダイワ上場投信・TOPIX-17シリーズ(1634~1650) 年率0.294%→0.189%
ダイワ上場投信-トピックス(1305) 上限を年率0.2415%から0.1155%へ引き下げ(現状は0.1155%)


続きを読む

「30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと」(朝倉智也著)はアグレッシブ

「30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと」(朝倉智也著)を読みました。
本書は、投資信託を活用した資産運用の入門書ですが、その内容はかなりアグレッシブです。

30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと
朝倉智也

ダイヤモンド社 2011-05-20
売り上げランキング : 475

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools

著者の朝倉氏は投信評価会社のモーニングスター代表であり、本書でも投資信託選びではモーニングスターをフル活用した内容になっています。
モーニングスターは私も普段からよく活用させてもらっており、データの質・量ともに非常に充実しています。
そのモーニングスターのデータで、既存の投資信託を実名でズバズバと斬っており、読んでいて「おいおい、そんなことまで書いて大丈夫?でもそのとおり!」と思う部分が多く、ある意味痛快ですらあります。

続きを読む

いくらあれば早期リタイアしてもいいと思いますか?

今朝のNIKKEI プラス1の11面「当世ふところ事情」のコーナーに、「いくらあれば早期リタイアしてもいいと思いますか?」というアンケート結果が出ていました。

珍しいアンケートですが、いちおう早期リタイアを目指している身としては気になったので、ブログで取り上げたいと思います。
調査方法は、マクロミルによるインターネット調査で、対象は全国の成人既婚男女618名(男女半々)とのこと。
結果は以下のとおり。

いくらあれば早期リタイア?
(NIKKEI プラス1 2011年5月21日11面のデータより筆者作成)

続きを読む

楽天証券、投資信託14ファンドをノーロードへ

楽天証券が、5月30日より下記の投資信託14ファンドをノーロード(販売手数料0円)にするとのこと。

続きを読む

NTT・トヨタ・アステラス製薬など、年金基金が新興国投資を拡大

企業年金が新興国投資を拡大しているとのこと。

【日経新聞2011年5月19日朝刊1面より引用】
年金、新興国投資を拡大
企業年金が新興国の株式など高利回りを目指す資産運用を拡大している。海外株式と、不動産やヘッジファンドなど「代替投資」と呼ばれる分野を合わせた投資額は、国内株式での運用額を超えた。NTTの年金基金が今年度に数百億円規模の新興国株投資を計画するなど、今後も一段と増える見込みだ。株安や低金利で積み立て不足が膨らむのを避けるため、各社とも運用内容の見直しを急ぐ。
【引用おわり】

元記事によると、新興国市場への投資比率はNTTで2~3%、トヨタ自動車で3%、アステラス製薬で4.6%と、実際はまだまだ控えめな印象です。
それでも、もともとの資金量が大きな年金基金ではそれなりの規模になる(NTTでは数百億円)でしょうし、公的年金のGPIFも新興国への投資開始を検討しているように、年金の世界の流れはだんだん新興国投資も加える方向のようです。

続きを読む

ドルコスト平均法の負の側面も書いている良記事

日経電子版に、ドルコスト平均法について書かれたコラムが掲載されています。

珍しいパターンの良記事だと思います。
何故かというと、通り一遍のドルコスト平均法のメリットだけでなく、デメリットについてもきちんと書かれているからです。

日経電子版 > マネー > コラム
いつかは経済自由人! ソフトバンク株、半値でも投資成績32%増 (5/17)
(大人の事情で直リンクができません。申し訳ありませんが上記リンクを辿ってください^^;)

タイトルが煽りっぽいですが、中身はドルコスト平均法のメリットとデメリットの両方が、データで示されており、わかりやすいです。
特に、コラム前半には、「ドルコスト平均法は、世の中では効果ばかりが強調され過ぎるきらいがあります。一方で弱点や注意点もあり、そちらもよく知ったうえで使うことが大切です。今回のコラムの主な目的は、むしろ後者の解説にあります」と書いてあり、デメリットもしっかり伝えようという意思が感じられます。

続きを読む

年金運用から個人に役立つヒントを探そう

2011年5月15日(日)の日経新聞朝刊13面に、「プロの年金運用 個人に役立つヒント探そう」という特集がありました。

個人投資家にとって参考になる記事でした。要点は、以下のとおり。

1. 国内外の株や債券に幅広く分散
2. 「高金利だから有利」と思い込まない
3. 資産配分比率を定期的に元に戻す
4. 基本は低コストの指数連動型投信
5. 新興国への投資を大きくしすぎない

いずれも、国際分散投資の基本ポイントです。
もう耳にタコができるほど聞いたことかもしれませんが、大切なことなので何度でも取り上げたいと思います。
今回の日経新聞の特集では、上記基本ポイントについて、結論部分が有識者のコメントでまとめられていました。
そのコメント部分を引用したいと思います。

続きを読む

初音ミクがえらいことに

いわゆる「ボーカロイド」の初音ミクがえらいことになっているようです。
(投資とは関係ない雑談です。ご興味があるかただけご覧ください)

続きを読む

ノックイン型投信なんてまだ売っていたのか

ノックイン型投信をめぐり高齢者が金融機関とトラブルになっているという記事です。

毎日jp 2011/05/14より引用】
複雑金融商品:「もうかる」にトラブル多発 老後の資産運用、高まる関心 /奈良
◇購入の際「家族に相談」必要
年金制度への不安などを背景に老後の資産運用に対する関心が高まる中、高齢者が金融商品の仕組みを十分に理解しないまま購入し、大きな損失を出してトラブルになる事例が後を絶たない。県内でも、複雑な仕組みの投資信託を購入したことで約4000万円(10年11月末現在)の損失を抱えた70代女性が「元本欠損リスクなどについて十分な説明がなかった」として、販売した大手信託銀行に元本の払い戻しなどを求めて奈良地裁に提訴している。購入の際の注意点や家族の対処法を取材した。
【引用おわり】

記事では、日経平均のノックイン型投信を大手信託銀行から1億9000万円分(!)購入した70代女性の実例が紹介されています。
これを見てまず最初に思ったのは、「まだノックイン型投信なんて売ってたのか!」ということです。

続きを読む

各アセットクラスとの相関係数がわかるサイト

アセットアロケーションを決める際に使う、データのひとつに相関係数があります。

相関係数のデータは伝統的4資産(国内外の株式・債券)に関するものなら手に入りやすいのですが、細かいアセットクラス分類のデータはなかなか手に入りません。
モーニングスターでは、相関係数の情報があります。

モーニングスター
相性(組み合わせ)のよいファンドを選びましょう。

例えば、日本株式でも大型株と小型株それぞれのデータや、国際株式で日本を含むものと含まないもの、北米株、欧州株、中国株、インド株、ブラジル株、ロシア株など、債券でも国際債券、エマージング債券など、ヘッジファンドなど、様々なアセットクラスとの相関が低いアセットクラスの相関係数が調べられます。

続きを読む

W君 アフターストーリー

当ブログの昔からの読者のかたなら、「W君」の伝説の数々をご存知のかたもいらっしゃると思います。

最後にW君のことをブログに書いたのは、たぶん2007年のこの記事この記事だと思います。
しばらく彼についてブログに書いていなかったところ、読者のかたからポツポツと、「W君は金融危機を乗り切れたのでしょうか?」「W君のその後が気になるので近況報告を!」というご要望をいただいておりました。

今回、W君の許可を得たので、彼のその後のことを少し書いてみようと思います。

続きを読む

海外での課税逃れの抜け道が着々と…

海外口座にて合法的な節税に励んでいる方々には悪いお知らせです。

【日経新聞 2011年5月9日朝刊1面より引用】
多国間徴税、日本も参加 税務情報共有し徴収代行要請
政府は資産の海外移転による課税逃れを防止するため、多国間で構成する徴税ネットワークに参加する方向で検討に入った。多額の納税義務を負う納税者の資産状況など税務情報を加盟国間で共有。必要に応じて海外の税務当局に徴税の代行を要請できるようになる。今年11月をめどに国際条約に署名。国内でも関連法を整備し、2、3年内の実現を目指す。
【引用おわり】

何年か前、AICや橘玲氏の著作の影響で、タックスヘイブンを利用した合法的節税スキームを研究したことがあります。
たしか、タックスヘイブンに銀行口座を開き、無分配型のオフショアファンドを購入すれば有利に運用ができるとか、売却する際も日本国の「非居住者」になれば売却益に対する課税を合法的に逃れられるとか、非居住者にならなくても日本に送金しないで小額ずつクレジットカードで使っていけば当局には…ごにょごにょ…みたいな話だったかと思います(うろ覚えかつ一部違法ですが)。

いろいろ調べましたが、結局、得られるかもしれないメリットと社会的信用を失うかもしれないデメリットを天秤にかけると、とてもいちサラリーマンには実践できないと判断して思いとどまったような記憶があります。

続きを読む

インデックス投資への「過剰期待」と「過小評価」 その2

前回の記事「インデックス投資への「過剰期待」と「過小評価」 その1」の続きです。

「過剰期待」に続いて、インデックス投資の簡単な説明がひきおこす、インデックス投資に対する「過小評価」について、個人的によく見聞きする例を列挙してみます。

≪インデックス投資に対する過小評価≫

(1)日経平均はこの20年間下がりっぱなしだったのでインデックス投資はだめ
→日本という単一国だけを見てインデックス投資を判断するのは視野が狭い。国際分散投資をするのだから、例えば先進国・新興国を含んだMSCI ACWIなどカバレッジの広いインデックスを見てみよう

(2)銘柄選択の努力をしないで儲けられるわけがない
→プロでも運の良い素人には勝てないのが市場であり、努力と利益は必ずしも比例しない。手間なく常に市場の平均を取れることの意義は大きい

(3)インデックスを上回るアクティブファンドは存在するのだからそれを選べばよい
→インデックスを上回るアクティブファンドはある時点で見れば一定数存在するが、それが継続するかどうかは別問題。また事前にそれを選べる合理的手段はないのが現実

(4)グローバル化の進展により分散効果はなくなった
→各アセットクラス間の相関係数がすべて1にならない限り(たとえ正の相関が強くても)分散効果はある。相関係数は日々変動しているので実質的にすべてが1になり続けることはない

以下、ちょっとマニアックになりますが、せっかくなので整理しておきます。

続きを読む

インデックス投資への「過剰期待」と「過小評価」 その1

インデックス投資がほんの少しは浸透してきたからなのか、ここのところインデックス投資についてのブログや本が増えてきました。

だいたいどれも「長期」「分散」「低コスト」をうたい、インデックス投資の優位性を分かりやすく説明しています。
いずれも投資の要諦でありとても大事なことなのですが、分かりやすくするために説明を簡略化した情報が増えてくることで、個人投資家の間でインデックス投資に対する「過剰期待」と「過小評価」が表れてきているのではないかと感じています。

自分もそれに引っかかっているかもしれませんので、ここらで整理しておきたいと思います。
インデックス投資にもいろいろありますが、ひとまずここでは「インデックスファンドの積み立てによる国際分散投資」と定義して、個人的によく見かける過剰期待と過小評価の例をそれぞれ列挙してみます。

まずは過剰期待から。

続きを読む

楽天銀行×楽天証券口座連携サービス「マネーブリッジ」に申し込めない…

楽天のサービス「マネーブリッジ」をご存知でしょうか。

楽天銀行と楽天証券の両方に口座があれば、以下のサービスが使えるようになります。

・優遇金利:投資の待機資金を楽天銀行の普通預金に置いておくだけで優遇金利が適用
・らくらく入金:楽天銀行から楽天証券への入金がワンクリックで可能に
・らくらく出金:楽天証券から楽天銀行への当日出金が可能に
・残高表示サービス:楽天証券のログイン後画面で、楽天銀行の普通預金残高を自動表示
・投資あんしんサービス:楽天証券での信用取引等における不足金等の発生や信用保証金維持率の低下に対して自動的にスイープ

特に、優遇金利で普通預金に0.12%が付くのだから悪くないサービスです。
コストはかからないので、楽天銀行と楽天証券に口座があるかたは、ぜひとも申し込むべきだと思います。

しかし、私はサービス開始直後から何度も申し込み手続きを試みているのですが、何度やってもエラーが出てしまいます。
楽天証券、楽天銀行ともに、ID・PASSは正しいのです。(普段からログインしているので当たり前ですが)
オートコンプリート機能を切ったり、ソフトキボードを使ったりしてもだめで、さっぱり理由が分かりません。

続きを読む

「いつかは経済自由人!」第2回も良記事。でも気になることが…

日経電子版で田村正之氏が執筆している新コラム「いつかは経済自由人!」の第2回目が掲載されていました。

日経電子版 > マネー > コラム
「失われた20年」に8割増の投資法とは (5/2)
(大人の事情で直リンクができません。申し訳ありませんが上記リンクを辿ってください^^;)

今回も良記事です。
難しい話をすると寝てしまうハナちゃんとのやりとりの中で、国際分散投資の良さをデータを交えて伝えています。
ポイントを勝手にまとめると以下のとおり。

・公的年金は、成績が悪い時だけ国会等で非難されがちだが、国際分散投資で資産を増やしている
(水瀬注:国会だけでなくメディアにも同じ傾向があるように思いますが…)
・分散していれば単年度でも下がらないというのは誤解であり過剰期待
・アクティブ型投信は、高いコストを補えず長期では市場平均を下回る比率が高い
・ファンドの成績は、69%が資産配分で決まり、銘柄選択や売買タイミングは残り約3割に過ぎない
・『100マイナス自分の年齢』が株の比率という簡便法。但し人により状況は違うから自分なりに考える
・金融の世界ではリスクは危険ではなく、期待しているリターンに対するブレの指標
・資産配分→商品選びという順番が正しい。逆の人が多い

国際分散投資の要諦とよくある誤解が、きれいにまとまっていると思います。
ところで……

続きを読む

「震災後のお金の救急ナイト」体験記 その2

前回の記事『「震災後のお金の救急ナイト」体験記 その1』の続きです。

・ミュージックセキュリティーズの「セキュリテ被災地応援ファンド」の紹介(小松) ※詳しくはこちらのサイトを参照
・寄付は金銭的リターンがない投資。資金が何に使われたかを投資家にきちんと報告
・先日も被災地へお金を届けに行ったが、事業者の方々は既に気持ちが切り替わっていて、事業運営する上でこのタイミングでの資金は大変有難いと言われた
・ファンドに集まったお金の半分は寄付、半分は投資となる。金銭的に見ると割に合わないが、被災地を応援したいという人がお金を出してくれている

ここで水瀬所感。
「セキュリテ被災地応援ファンド」は、投資商品としてというよりも、助けてほしい人と助けたい人を素早くマッチングさせ、その後も継続的に応援できる仕組みとして有効だと思いました。
ただ、ファンドと名前は付いていますが、スキームは匿名組合契約であり、投資信託とは大きく異なります。投資信託にはない様々なリスク(流動性リスクや各種信用リスクなど)があるので、投資を考えられているかたは商品性をよく理解してから投資された方がよいと思います。

続きを読む

「震災後のお金の救急ナイト」体験記 その1

昨日5月2日に行われたイベント「震災後のお金の救急ナイト」に行きました。
(イベント概要は公式WEBサイトをご覧ください)

会場はお台場・東京カルチャーカルチャーで、お客さんは50人くらいいました。
テレビ東京(WBS)の撮影クルーが入り、取材を受けているお客さんの姿もちらほら(私はご遠慮申しあげましたが…^^;)
出演者は、安原ゆかり氏(日経マネー編集長)、羽生祥子氏(日経マネー記者)、内藤忍氏(株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長)、深野康彦氏(ファイナンシャルプランナー)、宮本泰輝氏(外資系運用会社駐日代表、株式アナリスト)、小松真実氏(ミュージックセキュリティーズ株式会社代表取締役)、そして司会のえんどうやすゆき氏という多彩なメンバーでした。
以降、印象に残ったポイントを簡単にレポートさせていただきます。

続きを読む

時間の洗礼

前回の記事『ついに国内ETFの「基準価額と市場価格の乖離問題」が解消レベルに?』で、国内ETFの1680・1681の乖離率がプラスマイナス0近辺まで縮小してきたことを取りあげました。

今日、ゴールデンウィークの暇にまかせて過去の自分のブログ記事を振り返って読んでいたら、ちょうど1年前の5月に、同じ1680・1681について書かれた記事を見つけました。
<該当記事>
2010/05/09 1680・1681の乖離率がえらいことに

そういえば、1年前は瞬間最大風力で「基準価額と市場価格の乖離」が、1680で+12.44%、1681で+11.57%なんてことがあったんだっけ。
あの時はみんなで驚いたものです。
1年かけて、ずいぶん改善してきたものだと感慨深く思い返してしまいました。

続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)