ダイヤモンド・オンラインでコラム連載とかマジか

7月から、ダイヤモンド・オンラインでコラムを連載をすることになりました。

もちろん、インデックス投資に関するコラムになります。
隔週でアップしていく予定です。

他の執筆陣を見るとすごい方々ばかりで、自分がすごく浮いている感じがします。
でも、編集の方から「普段のブログのような感じで書いてくれればよい」とのお言葉をいただき、「やってみよう」と思い、お引き受けすることにしました。
まずは、ブログ読者の皆さまにいの一番にご報告をと思い、いまこうして記事を書いています。

ダイヤモンド・オンラインにコラムをアップしたら、当ブログでもご報告しますので、読んでみてやってください。
どうなることやら分かりませんが、乞うご期待!?

続きを読む

億万長者はこんな人なんだって

日経電子版に億万長者の実像に迫るデータが出ていました。

日経電子版 > マネー > コラム > 月刊日経マネー 特集セレクト
1万2000人調査で判明 億万長者はこんな人 (2011/6/29)
(大人の事情で直リンクができません。申し訳ありませんが上記リンクを辿ってください^^;)

これは日経マネーの個人投資家調査結果をまとめたものです。
『毎年「どんな人がもうかったのか」を分析してきましたが、今年はそこに「幸せ」というキーワードを追加。どんな人が幸せにおカネを殖やし、そして億万長者になっているのでしょうか』とのこと。
気になるリード文じゃないですか。

いろいろデータが出ていますが、それは上記コラムをご覧いただくとして、ここでは億万長者の実態にフォーカスして見てみたいと思います。

続きを読む

「いつかは経済自由人!」第6回は債券投資における珍しい指摘が!

日経電子版で田村正之氏が執筆しているコラム「いつかは経済自由人!」の第6回目が掲載されていました。

日経電子版 > マネー > コラム いつかは経済自由人!
日本国債の下落不安 リスク減らす投資術 (2011/6/28)
(大人の事情で直リンクができません。申し訳ありませんが上記リンクを辿ってください^^;)

詳しくは上記コラムをご覧いただきたいのですが、今回は債券投資について書かれています。
債券投資といえば、「金利が上がると債券価格は下がり、金利が下がると債券価格は上がる」「デュレーションが長いと金利変動の影響が大きくなる」「株式との相関が低く分散効果が得られる」あたりがよく言われている話だと思います。

でも、今回のコラムでは、ラダー型ポートフォリオ(組み入れ債券の投資金額が償還までの年数(1~10年)ごとに同じ金額になるようにする手法)を組めば、「金利が上がって一時的に債券価格が下がっても、長い時間をかければ上がった金利によるインカム収入が効いてきてポートフォリオはプラスに転じる」という面に着目した、珍しい記事だと思います。

続きを読む

ネット証券4社共同プログラム『資産倍増プロジェクト』への落胆と期待

ネット証券4社共同プログラム『資産倍増プロジェクト』に対する評価がガタガタのようです。

基本的な理念はよかったと思います。
資産倍増プロジェクト公式サイトにはこうあります。

資産倍増プロジェクトとは?
1960年に池田内閣が立ち上げた「所得倍増計画」は、10年間で国民所得を倍増させることを目標に掲げ、さまざまな政策によって当時の高度経済成長を実現させました。所得水準が伸び悩む現在、お客様の資産形成を全力で支援していくことが証券会社の果たすべき役割だと考え、今回、投資信託を取扱うネット証券4社が集まりました。このネット証券4社は、お客様の資産倍増を目指し、今後共同でさまざまなプログラムを実施してまいります。この企業の枠組みを超えた「資産倍増プロジェクト」に、ぜひご期待ください!


なかなか良いことが書いてあります。
大いに期待した個人投資家も多かったのではないでしょうか。

私は今年の3月に当ブログで「ネット証券4社共同プログラム『資産倍増プロジェクト』に求めたいこと」という記事を書き、その中で「資産形成層に向けた正しい知識を広めてほしい」という要望を表明していました。
具体的には、コスト、分散、リスク、シンプル、税金という資産運用の基本的要素について、ネット証券4社をあげて啓発してほしいと書きました。(別にインデックスファンドだけにしろとは言ってませんよ^^;)
まぁ個人ブログの意見など関係者は誰も見ていないかもしれませんし、これも世の中に数ある資産運用の考え方のひとつに過ぎません。でも、それでもいいと思って書きました。

予定されていた大規模イベントは東日本大震災の影響で中止になってしまいましたが、資産倍増プロジェクト専用投信が次々と発表されはじめました。

第1弾の投信、「日本応援株ファンド(日本株)」はなかなか良い商品だと思いました。
日本株のアクティブファンドで、販売手数料はなし(ノーロード)で信託報酬は年率1.05%とアクティブファンドとしては低く、しかも2年間は年率0.46%を東日本大震災復興のために寄付するといいます。

ところが、第2弾あたりから雲行きが怪しくなってきます。

続きを読む

何故、リレー投資によってドルコスト平均法の効果がなくなると思ってしまうのか?

前回の記事、『「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」6月分の投資を実行』のなかで小話的に、何故か定期的に寄せられるリレー投資に関する「不思議な質問」について取り上げました。
すると、予想外に「私もそう思っている(思っていた)」というご意見が多く寄せられました。

その質問とは、「リレー投資をしたら、せっかく積み立てたドルコスト平均法の効果がなくなってしまうのではないですか?」というもの。
返答としては、「そんなことはありません」であり、コメントへのレスではその理由を詳しく説明しました。
幸い、大方のかたにはご理解いただけたようで、よかったです。

でも、自分としては、何故そこを疑問に思うのかが相変わらず理解できないままでいました。
しかし、読者の方々から寄せられた多くのコメントを見ているうちに、理由が分かってきたような気がしました。
その理由とは……

続きを読む

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」6月分の投資を実行

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」6月分の投資を、本日6月24日に行ないました。
(ご参考)ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

ここのところ、世界的に株価が不調気味です。
ということで、いつもよりやや早めに投資してみました。
今月は、まあまあ良いところで買えたような気がします。
(まだ1週間ありますので今のところですが)

積み立て投資信託は、以下の4本です。

続きを読む

ランダム・ウォーカー第10版キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

昨日、Amazonで注文していた「ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理」(バートン・マルキール著)が今日届きました。

ランダム・ウォーカーズ
<写真>ランダム・ウォーカーズ(笑)

翌日配送とは驚きました。いいぞ、Amazonさん!!
早く読みたいところですが、週末にじっくり、穴が空くほど読み込みたいと思います。

続きを読む

「ウォール街のランダム・ウォーカー」(バートン・マルキール著)の最新刊が発売!

読者のテツさんからの情報提供です。
インデックス投資のバイブルで私の愛読書「ウォール街のランダム・ウォーカー」の最新刊、「ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理」が6月18日に発売になっています。

ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
バートン・マルキール 井手 正介

日本経済新聞出版社 2011-06-18
売り上げランキング : 8798

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools

英語の原書は今年の1月10日に発売されていて(関連記事)、ずっと邦訳待ち状態でした。
私としたことが、発売日に買いそびれるなんて…orz
即、Amazonで注文しました。
インデックス投資ブログ界隈で話題に出ていなかったのが不思議です。

さて、肝心の内容ですが、今回追加された内容にとても期待しています。

続きを読む

【特別寄稿】 国民健康保険加入時の海外ETFのコストを考える

こんにちは、水瀬ケンイチです。
今回は、当ブログのコメント常連さんである、タカちゃん氏の寄稿をご紹介します。

タイトルは、「国民健康保険加入時の海外ETFのコストを考える」です。
私自身は現在、会社の健康保険組合に加入しているので、国民健康保険加入時の注意事項についてよく知りません。
しかし、将来リタイアした後は、国民健康保険に加入すると思います。
その時、自分の資産運用の内容が国民健康保険の保険料に影響するのであれば、今のうちから勉強しておいて損はないと思います。
それでは、どうぞ!


--- 以下、寄稿 ---

タイトル:国民健康保険加入時の海外ETFのコストを考える

会社員の内は社会保険に加入しているので確定申告をしても税金だけを考えれば良いのですが、会社を退社した場合は国保に切り替える人は多いかも知れません。
そんな時に注意したいのは、特定口座が使える大手証券会社を除いて確定申告をして税金を納めるような投資対象である海外ETFの場合は国保を上げてしまうケースが出てきます。
そこで、国保のコスト構造を知っておくと対策が立てやすいと思いますので、例を挙げて簡単な計算をしてみます。
是非、コスト低減対策に役立ててほしいと思います。

続きを読む

アクティブファンドの期待リターンとリスクはどうやって知るの?

インデックス投資の利点のひとつとして、ポートフォリオに組み入れる各アセットのデータが簡単に手に入るということがあります。

アセットアロケーションを考える時、大雑把に言えば、各アセットクラスのインデックスそのものの期待リターンやリスクのデータがそのまま計算に使えます(厳密には、期待リターンから信託報酬等のコストを引く必要はありますが)。
では、アクティブファンドの場合はどうなるのでしょうか?

アクティブファンドはベンチマークを上回るよう運用されることが多いので、ベンチマークのインデックスそのもののデータを使うことは不適当です。
最近はベンチマークを設定しないアクティブファンドも多いですから、ますます何の数字を使ってアセットアロケーションを組めばよいのやら、よく分かりません。

自分の場合はどうやってアクティブファンドの期待リターンとリスクを把握しているかというと……

続きを読む

リスクを「率」で見るか、「額」で見るか?

リスクについて、山崎元氏の興味深いコラムがありましたので紹介します。

楽天証券 山崎元「ホンネの投資教室」
第151回 個人の運用計画は「比率」よりも「金額」が簡単

詳しくは上記コラムをご覧いただきたいのですが、無理やりまとめると、ポートフォリオのリスクを「率」ではなく「額」で把握すると、自分の生活へのインパクトを実感できてよいのではないか、という提案でした。

当ブログでもリスクについては度々取りあげてきました。
リスクを「率」で語る方が比較的多くのかたと話が噛み合いやすいのですが、リスクは「額」で見た方が本人にとってはイメージしやすいようです。

上記コラムでも、例えば100万円運用していたとすると、「期待リターン5%、リスク20%」ということは、1年後の想定最大損失額が-35万円、期待される稼ぎが5万円、ベストの稼ぎが45万円、といった具合に金額で把握した方が分かりやすいのではないかということです。

実際に、他の投資ブログを拝見していると、運用資金が1,000万円を超えたら「率」で見るリスクが自分の損得勘定と感覚があわなくなってきたというかたや、運用資金が3,000万円に達したところで「率」で見るリスクに耐えられなくなり、「額」で見て耐えられるレベルまでリスクを落とされたというかたがおられます。
運用資産の拡大に伴い、自分のリスク許容度が「率」ではなく「額」で縛られているということが分かったという例です。

続きを読む

STAMインデックスシリーズの実質コスト(2011年5月決算)

インデックスファンド「STAMインデックスシリーズ」の2011年5月決算の運用報告書が公開されました。

例によって、信託報酬とその他費用(いわゆる「隠れコスト」)を加味した実質コストを計算しましたので、公開しておきます。
なお、計算方法が間違っている可能性もありますので、ご利用は自己責任でお願いします。

ファンド名信託報酬リツ信託報酬
エン
その他費用ヒヨウ
エン
概算実質コスト
TOPIX0.4725%1500.4725%
日経2250.4200%2200.4200%
国内債券0.4200%2200.4200%
グローバル株式0.6300%2120.6900%
グローバル債券0.5775%2310.6026%
J-REIT0.5250%1920.5803%
グローバルREIT0.6825%2490.9384%
新興国株式0.6825%63311.0183%
新興国債券0.6300%40190.9293%


続きを読む

「いつかは経済自由人!」第5回は投信ブロガーの影響力について書いてある

日経電子版で田村正之氏が執筆している新コラム「いつかは経済自由人!」の第5回目が掲載されていました。

日経電子版 > マネー > コラム いつかは経済自由人!
ハイパー個人投資家59人が選ぶベスト投信 (2011/6/14)
(大人の事情で直リンクができません。申し訳ありませんが上記リンクを辿ってください^^;)

今回は、投信ブロガーのことや、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2010」で入賞したものを中心に、選り抜きのインデックスファンドやETF(一部アクティブファンドも)のことがたくさん掲載されています。

続きを読む

ストラテジストの本音とインデックス投資家の本音の共通点

アナリストやストラテジストの予想は当たらないとよく言われていますが、そのストラテジストのレポートで、久々に心動かされるものがありました。

マネックス証券 ストラテジーレポート
2011年6月10日 ストラテジストの予想は当らない - なぜ理論が大切なのか -

詳しくは上記レポートを読んでいただきたいのですが、ストラテジストの広木隆氏は、内藤忍氏やナシーム・ニコラス・タレブ氏の著書の厳しい指摘を引用しつつ、ストラテジストの予想は当たらないと言われていることを紹介しています。
また、相場は運や偶然に左右されるところが大きく、理論で説明ができるのはせいぜい2割がいいところだと認めています。
そして、だからこそ人の力で突き詰められる理論が大切なのだと述べています。

続きを読む

日興アセットマネジメントのマネージャー向け教材が泣ける

運用会社の日興アセットマネジメントのWEBサイトに、投信販売現場のマネージャー向けの教材が公開されています。

日興アセットマネジメント
投信上司・応援レター BOSSヨミ

Vol.1 投信が本来持つ極めて珍しいお客様との関係
Vol.2 為替の原理原則
Vol.3 分配金利回り≠ファンドの運用利回り
Vol.4 「分配原資」という専門用語の“罪”
Vol.5 株式の原理原則
Vol.6 債券の原理原則
Vol.7 REITファンドの原理原則

『投信販売現場のマネージャーである「投信上司」の方に特に知っておいていただきたい「投信の仕組みやマーケットの知識」について、4コママンガをまじえてお届けします』
との紹介のもと、上記の各テーマが分かりやすくまとめられています。
これを読んで、どうお思いになりますか?

続きを読む

「貯金ゼロ 借金200万円! ダメダメOLが資産1500万円を作るまで」(花輪陽子著)はいちばん易しいマネー本

「貯金ゼロ 借金200万円! ダメダメOLが資産1500万円を作るまで」(花輪陽子著)を読みました。
本書は、私が今まで読んできたマネー関連の本の中で、いちばん易しい本です。

貯金ゼロ 借金200万円! ダメダメOLが資産1500万円を作るまで貯金ゼロ 借金200万円! ダメダメOLが資産1500万円を作るまで
花輪 陽子 ふじい まさこ

小学館 2011-05-30
売り上げランキング : 479

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools

なぜ、いちばん易しいかというと、それは本書の7~8割がマンガだからです。
でも、マンガの中に、借金、結婚、節約、貯蓄、資産運用など、FPの知識がそれとなく混ぜ込まれていて、知らないうちに知識を得られてしまいそうです。

続きを読む

米国バンガード、その国が「コミッション」ベースか「フィー」ベースかで進出を判断

米国バンガードが、欧州やアジアなど米国以外の市場で、ETF展開を加速しているとのこと。

モーニングスター ファンドニュース
2011/06/09 インデックスファンド最大手バンガードが海外展開を加速、「欧州でETFの新ラインアップを用意」(1)

上記記事によると、米国バンガードが海外(米国以外)にETFで進出するにあたって、その国が「コミッション」ベースの販売方式か「フィー」ベースの販売方式かがポイントになっているようです。
「フィー」ベースになっている(もしくは移行しつつある)国として、イギリス、カナダ、オーストラリア、香港などの名前があがっています。また、オーストラリアやイギリスでは、規制当局の働きかけで「フィー」ベースに移行した(もしくは移行する予定)そうです。

海外での「コミッション」と「フィー」の違いがよく分からなかったので、調べてみました。
するとどうやら、「コミッション」は販売に対して投信会社からアドバイザー(ファンド販売の仲介者)に支払われる手数料のことで、「フィー」は資産残高に応じて投資家からアドバイザーに支払われる手数料のことのようです。
<参考記事>
カン・チュンドのインデックス投資のゴマはこう開け!
2009/12/15 ETFのみを推奨するアドバイザーなんて本当にいるの?

米国バンガードが判断基準のひとつにしているのが、その国のアドバイザーが投信会社から手数料(販売に対する対価)をもらうことをメインにしているか、顧客から手数料(資産管理に対する対価)をもらうことをメインにしているかの違いなのだと理解しました。

続きを読む

リタイア後の資産運用法について その2

前回の記事「リタイア後の資産運用法について その1」の続きです。

日経新聞に掲載されていたリタイア資金の運用法について、思うところを備忘録代わりに書きました。
記事では、「総資産の利回り3%を目指す資産配分」というポートフォリオが2つ提案されていました。

まずは、深野康彦氏の提案は以下のとおり。

深野康彦氏の提案
(日経新聞2011年6月6日朝刊17面より筆者がmyINDEXを使って作成)

安全資産(運用しないお金) 45%
日本株 10%
先進国株 10%
新興国株 8%
日本債券10%
外国債券14%
金 3%

なかなか手堅いアセットアロケーションだと思います。
リタイア後の運用の参考にさせていただきます。

続きを読む

リタイア後の資産運用法について その1

今朝の日経新聞朝刊17面に、リタイア後の資産運用法についての記事が出ていました。

リタイア後の運用法は、現役世代の運用法と何か違うのでしょうか?安全資産の比率を高める以外は同じじゃないの?と思っていたので、興味深く読ませてもらいました。
記事にはいろいろなアドバイスがありましたが、参考になる部分といまいちだとと思われる部分があったので、備忘録代わりにメモしておきます。

退職金はすぐに運用しなければならないと考える人が多いが、数ヶ月は定期預金にしてゆっくり使い道を考えよう
→良いアドバイスだと思います。
特に、資産運用の経験がないかたは、初めてまとまった大金を手にして舞い上がってしまうかもしれません。勧められるがまま妙な金融商品に手を出してしまうくらいなら、しばらく引き出せない定期にとりあえず入れておき、腰を据えて運用の基礎的知識を勉強をするのはアリだと思います。

普段の生活資金(普通預金)と、子供の結婚資金援助など何かに使う「ゆとり資金」(債券や定期預金)、相続も見えた「残す資金」(長期運用)に3分割しよう
→いまいちなアドバイスだと思います。
ポートフォリオの安全資産部分を生活費にあててしまうと、最初はいいのですが、年を追うごとに安全資産が減りポートフォリオがハイリスクになっていくというおかしなことになってしまいます。子供が結婚したら債券クラスがなくなるとか、運用としてよくありません。
運用資産は使い道別に運用商品を分けたりせずに、最適なポートフォリオで一括管理し、それを必要に応じて所定の比率で売却していくのが合理的だと思います。

続きを読む

相方の借金

突然ですが、私の相方には借金があります。

……と言っても学生時代の奨学金ですが。
日本学生支援機構(旧日本育英会)の第一種奨学金なので無利息です。
これを働きながら十数年間、毎月少しずつ返済しています。

結婚後、「返済手伝うから全部返しちゃえば?」と申し出たところ、「いや、自分で少しずつ払う」と言って聞きません。
私は、「まあ、無利息だから長い期間をかけて少しずつ返済していくのもアリか。むしろ、将来インフレにでもなれば割引現在価値の考え方から借金の実質的な重さが軽くなるので、なるべく粘った方が得かも……」などと小ざかしい計算をしていました。

それが先日、「繰上返済で全部返してきた」と言うのです。
どういうこと?

続きを読む

「20代で知っておきたいお金のこと」(岡村聡著)はお金の実践的ライフハック

「20代で知っておきたいお金のこと」(岡村聡著)を読みました。
本書は、お金について広範囲に取り扱い、具体的に答えを提示している実践的ライフハックだと思いました。

20代で知っておきたいお金のこと20代で知っておきたいお金のこと
岡村 聡

中経出版 2011-06-01
売り上げランキング : 5900

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools


取り扱っているテーマは、お金リスク、お金センス、貯金ルール、仕事とお金、結婚とお金、保険とお金、老後とお金、投資の仕組み、投資入門、投資と世の中の流れ、とかなり広範囲にわたっています。
そして、それらについて具体的にどうすればよいのか、筆者が考えるベストな答えが分かりやすい図解とともに書かれています。
例えば、家計の比率は、固定費(家賃・保険料など)3割、変動費(食費・交際費など)3割、教育・自己投資2割、貯金・投資2割というバランスにすべし(グラフ付き)、といった具合です。

続きを読む

「お金の教室」(山崎元著)は値千金の大学講義のエッセンス

『お金の教室―二十歳の君に贈る「マネー運用論」』(山崎元著)を読みました。
本書は、著者が獨協大学の「金融資産運用論」で教えた内容のエッセンスが詰まった資産運用の入門書です。

お金の教室―二十歳の君に贈る「マネー運用論」お金の教室―二十歳の君に贈る「マネー運用論」
山崎 元

NHK出版 2011-05-24
売り上げランキング : 2751

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る

by G-Tools


以前、著者が大学で資産運用の授業をするという話を聞いた時に、正直、「学生さんがうらやましい!」と思いました。
<関連記事>
2010/07/16 将来役に立つテスト問題ですぞ

本書はそんな大人たちに授業の内容を垣間見せてくれています。
取り扱っているテーマは、お金と幸福、リスクの考え方、投資と投機、複利効果、割引現在価値、PER(株価収益率)、予想利益の変化、バイアス、リスクと標準偏差、分散投資とポートフォリオ、投資信託、オーバーコンフィデンス、毎月分配型ファンド、バブル、資産運用の手順、と資産運用の基礎をひと通り押さえつつも、高度な内容や新しい研究成果が盛り込まれています。

続きを読む

「いつかは経済自由人!」第4回はタイトルが全て

日経電子版で田村正之氏が執筆している新コラム「いつかは経済自由人!」の第4回目が掲載されていました。

日経電子版 > マネー > コラム
人気の新投信、3年後に7割が平均下回る (5/31)
(大人の事情で直リンクができません。申し訳ありませんが上記リンクを辿ってください^^;)

ポイントを勝手にまとめると以下のとおり。

・家電や自動車と違い、『新しくて人気がある』というのは金融の世界では必ずしもよい商品とは限らない

以上(笑)

続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/03/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/30まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)