よっしゃ!!ラッキー!!

抽選に申し込んでいた、2011年チャールズ・エリス氏セミナーの当選通知が来ました。

よっしゃ!!ラッキー!!

チャールズ・エリス氏から日本の投資家へのメッセージには、
「この10月皆様とお会いする折には、債務危機やインフレーション、そして不安定なマーケットという難しく不透明な投資環境の中で、何が日本および世界中の投資家の皆さまにとって重要なのか、私の考えをお伝えできることを楽しみにしています」
とあります。
タイムリーな話の予感がして、今からとても楽しみです。

10月9日のセミナーまでにもう一度、新しい「敗者のゲーム―金融危機を超えて<原著第5版>」を読み直して、備えておこうと思います。

続きを読む

ダイヤモンド・オンラインの連載コラム第7回公開。インデックス投資の実践、実践

ダイヤモンド・オンラインでの連載コラムの第7回が、本日公開されました。

ダイヤモンド・オンライン 金融のプロに騙されない等身大の資産作り
「ネット証券、積み立て、ほったらかし」で
楽ちんインデックス投資生活を始めよう! (2011/09/29)


インデックス投資の下準備がおわり、いよいよ実践編へ。
いつ、どこで、どうやって、投資すればいいのか?を書きました。

続きを読む

ybさん米国行っても頑張って

先日、相互リンクブログ「Passiveな投資とActiveな未来」のybさんの米国行き壮行会をやりました。

お声がけしたら、多くのブロガー仲間とFPのカン・チュンドさんが集まってくれました。
当日参加できなかった仲間からはメッセージを預かっていましたので、読み上げさせていただきました。
よろこんでいただけたようでよかったです。

続きを読む

通貨選択型投信、特にレアル型がえらいことに…

世界金融危機の後、世界中で自国通貨安競争をやっていましたが、一転、新興国が自国通貨安防止の介入競争になっているそうです。

WSJ日本版 2011/09/24より引用】
新興国が自国通貨安防止の介入競争に―金融市場混乱のドル高受け
【ロンドン】新興国を中心とした世界各国の通貨当局は23日、従来の国際競争力確保のための自国通貨安誘導競争から一転、今度は下落を防ぐための自国通貨買い介入競争に突入した。
世界同時株安など金融市場の混乱で、資金がここに来て米ドルに集中逃避、各通貨がドルに対して急落するのを受けた動きだ。
【引用おわり】

一生懸命自国通貨安に誘導してきたのを、今度は下がり過ぎたので自国通貨買いの介入までしているとは、為替の世界は忙しいですね。
為替リスクは、理論的にはリスクを取っても期待リターンは上がりません。
個人的には、できれば取りたくないリスクです。外国株や新興国株に投資したいので、渋々取っているリスクです。

為替リスクはただでさえ厄介なのに、外国債券や外国REITだけでなく、国内株式や国内REITといった国内資産に対してまで、わざわざ新興国通貨で為替ヘッジをするという変ちくりんな商品が、一時期、賑わいを見せていました。
通貨選択型投信です。人気はブラジルレアル型でした。

WSJの記事によると、そのレアルが4営業日で10%を超えて下落したそうです。
レアル型の投信は、基準価額が下落して、軒並みえらいことになっているようです。
一例を挙げると……

続きを読む

リバランスの有効性を示すデータ

ほったらかしのインデックス投資でも、年に1回はやるべきことがあると言われています。

それが、リバランスです。
リバランスは、運用していく中で崩れてきたアセットアロケーション(資産配分)を、所定の比率に戻す作業です。
主な目的は、アセットアロケーションを整えることで、過剰なリスクを取ってしまうことを防ぐというものですが、副次的な効果として、高くなっているアセットクラスを売って安くなっているアセットクラスを買い増すことによる、いわゆる「逆張り」効果も狙えると考える人もいるようです。

過去のデータで見ると、リバランスによるパフォーマンス改善が見られます。
しぶとい分散投資術―世界金融危機でわかった!」(田村正之著)に、そのデータが掲載されています。

伝統的4資産(日本株式・外国株式・日本債券・外国債券)の均等配分で、1969年12月末に100円投資したとして2007年12月末まで続けたとします。
期間は38年間です。
リバランスの方法により、結果は以下のとおりです。

リバランスなし: 1,145円
5%乖離時にリバランス: 1,308円
10%乖離時にリバランス: 1,371円
1年ごとにリバランス: 1,404円
3年ごとにリバランス: 1,509円

この条件だと、3年ごとにリバランスがいちばん高パフォーマンス、その次に1年ごとでした。
ちなみに上記データの出所は、イボットソンでした。
なるほどねーと思いつつも、他のデータも見てみたいと思っていたところ……

続きを読む

Google+でインデックス投資の話がしたい

GoogleのSNS、Google+(グーグルプラス)は今まで招待制でしたが、最近、誰でも参加できるようになりました。

Google+の魅力は、その道の専門家にお任せしたいと思います。
「Google+」で検索すれば、いくらでも情報が出てきます。

見た目がイケてるのと、Googleの各種サービスとの相性が良いのが気に入っています。
また、Twitterほどドライでもなく、FacebookやMixiほどウェットでもない、程よい感じなSNSだと感じています(詳しい方々の中ではSNSですらないというご意見もありますが)。
個人的には、Twitterとの棲み分けを試行錯誤中ですが、だんだんGoogle+活用の方向性が見えてきたところです。

まだ参加者が少ないせいか、インデックス投資をやっている方々に、なかなかめぐり合えません。
Google+の限定公開でインデックス投資の深い話ができたら、もっと面白いだろうなと思っています。

続きを読む

世紀の対談動画の始まり!(インデックス投資家にとっては)

インデックス投資家の2大バイブル、「ウォール街のランダム・ウォーカー」と「敗者のゲーム」の著者、バートン・マルキール氏とチャールズ・エリス氏の対談動画が、YOMIURI ONLINEに掲載されています。

YOMIURI ONLINE 英語で学ぶ~投資の基本
投資を成功させる五つのヒント―マルキール、エリス対談(1)貯蓄を始める

気になる内容は、どんなでしょうか?

続きを読む

詐欺?いいえ、「黄金の羽」です

本日の日経電子版より。

「例えば、君が1年に81万6000円分の預金をするとする。預金のご褒美に、君の所得次第ではあるけれど、最高では預金額の50%、つまり半分の40万8000円分のお金を無条件でくれる、って言われたらどうする?」
「とりあえずグーで殴りますね。話がうますぎて詐欺っぽいので」
「まぁ、それが正常な感覚かもね。でもこういう商品は実際に存在する。しかも、この商品を使える人は三千数百万人もいるのに、実際に使っているのは13万人弱にしかすぎない。後で改めて触れるけど、ここには個人の投資環境についての、幾つかの悲しい状況が象徴的に表れてる気がするよ」
「ところでその商品って何ですか」
「教えない」

続きが見たいかたは……

続きを読む

近視的に調子がよければもてはやされ…

昨日のブログ記事「今後日本株は下落するのに、なぜ日本株式インデックスに投資するのですか?」には、たくさんのコメントが寄せられました。

その中に、まさに「我が意を得たり」のコメントがありましたので、ご紹介いたします。
Twitterのインデックス投資クラスタ(?)でおなじみの、虫とり小僧さんのコメントからの抜粋です。

続きを読む

今後日本株は下落するのに、なぜ日本株式インデックスに投資するのですか?

日経平均が下がってくると、メールやコメントで同じような質問が増えてきます。

「今後日本株は下落するのに、なぜ日本株式インデックスに投資するのですか?」

といった主旨のものです。
この「下落するのに」の部分が、「下落するのに」(確信度MAX)、「下落する可能性が高いのに」(確信度高)、「下落すると予想されるのに」(確信度中)、「下落すると言われているのに」(確信度小)といった具合に、確度の違いはあるものの、質問者の方々は、概ね今後日本株が下落することが前提となっているようです。

個人的な考えをお答えすると……

続きを読む

ダイヤモンド・オンラインの連載コラム第6回公開。現時点のベスト・インデックスファンドとか

ダイヤモンド・オンラインでの連載コラムの第6回が、本日公開されました。

ダイヤモンド・オンライン 金融のプロに騙されない等身大の資産作り
第6回 インデックス投資に必要な投資信託は
3000本以上ある中のたった4本、ズバリこれ! (2011/09/15)


現時点での、ベスト・インデックスファンドをズバリ書いています。
オマケで、そのライバルファンドの一覧表も付けています。

続きを読む

保有資産のリスクを下げるもっとも良い方法

前回、下げ相場のヘッジに関連する記事(該当記事)を書きましたが、保有資産のリスクを下げる方法について、まとめておきたいと思います。

保有資産のリスクを下げるもっとも良い方法は、

投資額そのものを減らすこと

です。
身も蓋もない答えですが、意外と投資本に明記されていることが少なく、気づいていないかたもいらっしゃると思います。
これには、難しい知識も必要なければ、かかるコストもほとんどありません。
しかも効果は抜群です。

次に良い方法が、

保有資産の債券比率を増やすこと

です。
債券クラスは株式クラス等に比べて値動きが少なく、債券比率を上げると保有資産全体のリスクを下げることができます。
特に、「日本債券」の比率を増やすと、大きくリスクを下げることができます。
これは、いろいろな投資本にも書いてあるオーソドックスな方法です。

続きを読む

「国際のETF VIX短期先物指数」は投資家にとって最高のヘッジ手段か?

ロイターによると、最近の相場下落で、「国際のETF VIX短期先物指数」(1552)が注目されているそうです。

ロイター 2011/09/12より引用】
〔アングル〕「恐怖指数」関連ETFにヘッジ需要、不透明な投資環境が追い風
VIX指数(恐怖指数)関連の上場投信(ETF)が、投資家のヘッジ手段として注目されている。12日の東京市場では「国際のETF VIX短期先物指数」が年初来高値を更新。欧州債務問題や米国経済の失速懸念などを背景にリスクアセットの下落が続くなか、相場のボラティリティの高まりとともに、相場動向と逆相関する可能性の高いVIX指数関連ETF投資が浸透しつつある。同ETFについては「機関投資家、個人投資家を問わず、投資家にとって最高のヘッジ手段」(マネックス証券のチーフ・ストラテジスト・広木隆氏)との声もでている。
【引用おわり】

個人投資家がこの商品を使って、相場下落を「ヘッジ」することに反対するつもりはありません。
ただ、この記事が「機関投資家、個人投資家を問わず、投資家にとって最高のヘッジ手段」とベタ褒めしているのには違和感を感じます。
なぜなら……

続きを読む

スマホさまさま

いま軽井沢に小旅行にきています。

いままで旅先でブログを書く時は、たいがい共用PCがある宿で書いていました。
ない時には、近くにインターネットカフェがあればそこで、なければ諦めて書きませんでした。

今回はスマートフォンを買って初めての旅行だったので、どうしようかと思っていましたが、フリック入力に慣れてきたこともあり、ちょっと書いてみています。

続きを読む

購買力平価で「企業物価ベース」を使う理由が分かった!

昨日のブログ記事、「購買力平価でみると円高は約15%行き過ぎ!?」のなかで、購買力平価には「消費者物価PPP」「企業物価PPP」「輸出物価PPP」等といろいろな数字があるが、一体どれが適切なのか分からない。日経新聞経済教室に出ていた竹中教授は、「企業物価PPP」を使って購買力平価を説明しており、参考になると同時に、何故「企業物価PPP」を使うのか、その理由が分からないという旨のことを書きました。

読者のhinoさんから、竹中氏のブログにタイムリーにドンズバの答えが出ているとの情報を教えていただきました。
ありがとうございます。

たけなかまさはる
2011/09/09 日経新聞「経済教室、円高と日本経済(下)」

「現在公表されている日銀の実質実効為替レートは、各国の消費者物価指数で計算されている。しかし購買力平価(あるいは同じことだが為替相場の実質化)に適合する物価は、貿易財だから非貿易財の比率が高い消費者物価指数は妥当性が低い」

とのこと。
なるほど、貿易財の比率が高いから、消費者物価ではなく企業物価を使うのですね。

続きを読む

購買力平価でみると円高は約15%行き過ぎ!?

いつも小難しいことが書いてある日経新聞の経済教室欄ですが、今日は個人的に注目の記事が出ていました。

【日経新聞2011年9月8日朝刊23面・経済教室より引用】
超円高と日本経済 中期の継続前提に対応を 竹中正治龍谷大学教授
ポイント
・購買力平価でみると円高は約15%行き過ぎ
・米国の超低金利政策継続で円安反転難しく
・デフレ・円高抑制へ市場介入・金融緩和カギ

歴史的な高値を更新した円相場について「米国債の格下げやユーロ圏の政府債務の信認危機で、欧米諸国の状況が深刻化している」という解説がメディアでは一般的だ。しかしこの説明で納得できる人は少ないだろう。
為替相場の10年以上の長期変動については、通貨の「モノを買える価値」を示す相対的購買力平価原理で最も適切に説明できる。高インフレはその通貨の購買力平価低下を意味するので、ある時点を起点に計ると、高インフレ通貨は低インフレ通貨に対しインフレ率の格差分だけ名目為替相場が下落すると考えるものだ。
【引用おわり】

竹中正治龍谷大学教授は、日経新聞田村記者の購買力平価に関する記事で度々引用されているかたで、そのお話は論理面で個人的にかなり信頼しております。

上記経済教室は、新聞紙面の半ページにわたる長文ですが、ポイントは引用部分の3点になるかと思います。
特に、購買力平価の説明では、現在の1ドル76~77円台は、73年起点の「実質相場指数」(企業物価ベース)の平均値から約15%円高方向にずれた水準にあると書かれていて参考になります。
ただし、記事でも書かれているとおり、それがいつ是正されるのかは説明できないそうなのでご注意を。

続きを読む

過大な損失が発生すると発生確率が当面高くなる傾向と対策案

リスク管理について、興味深いレポートがありました。

ニッセイ年金ストラテジー 2011年09月号(vol.183)
リスク管理:市場は精巧に作られたサイコロか?

詳しくは上記レポートをご覧いただきたいのですが、無理やりまとめると、リスクに基づく資産配分決定をする時、損失の発生確率が時点によらず一定であると仮定していることが多いが、実際は一度過大な損失が発生すると発生確率が当面高くなる傾向があるとのこと。

市場のショック発生時期とショックの規模
(年金ストラテジー Vol.183 September 2011より引用・クリックで拡大)

上記グラフを見ると、6年程度のデータではあるものの、たしかに2008年~2009年前後は、大きなショックが固まっているように見えます。
また、アセットアロケーションのリスクを計算する時には、たしかに時点による発生確率の違いは考慮に入れていないです。

続きを読む

国内ETFと海外ETFの比較記事に欠けている重大なポイント

ダイヤモンド・オンラインに、「国内ETF VS 海外ETF」という記事が出ていました。

ダイヤモンド・オンライン ダイヤモンドZAi 注目記事!
2011年9月1日 国内ETF VS 海外ETF

記事では、コスト・指数との連動性・取引時間について比較し、どちらかというと海外ETFに軍配を上げているトーンで書かれています。
概ね同感であり、実際に私も海外ETFをメインに据えて運用をしています。

しかし、記事の比較項目には重大なポイントが抜けているように思います。
それは、「特定口座に入れられるかどうか」です。

続きを読む

「敗者のゲーム」のチャールズ・エリス氏、リベンジセミナー!

ウォール街のランダム・ウォーカー」(バートン・マルキール著)と双璧をなすインデックス投資のバイブル、「敗者のゲーム」著者のチャールズ・エリス氏の来日講演があります。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン セミナー情報
2011年チャールズ・エリス氏セミナー開催


バンガード・インベストメンツ・ジャパン主催
「正しい投資の始め方 ~『敗者のゲーム』チャールズ・エリス氏を迎えて~」

●開催日:2011年10月9日(日)
●場所:有楽町朝日ホール
●定員:750名
●募集期間:2011年9月1日(木)~9月28日(水)【抽選】

青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科主催
青山MBAフォーラム『チャールズ・エリス氏講演会』

●開催日:2011年10月8日(土)
●場所:青山学院 621教室(6号館2階)
●定員:200名
●募集期間:2011年9月1日(木)~10月7日(金)【先着順】

実は、1年前にも来日セミナーの企画がありました。
私も運よく当選してとても楽しみにしていたのですが、エリス氏の健康上の理由により来日が困難とのことで延期(関連記事)。
今回は1年越しのリベンジセミナーです!

続きを読む

ダイヤモンド・オンラインの連載コラム第5回公開。アセットアロケーション作りの「肝」をわかりやすく書いたつもりです

ダイヤモンド・オンラインでの連載コラムの5回目が、本日公開されました。

ダイヤモンド・オンライン 金融のプロに騙されない等身大の資産作り
保有資産の値動きの9割を決める
資産配分の「肝」は意外にも日本債券だった!(2011/09/01)


アセットアロケーション作りの「肝」は株式クラスではなく、実は「日本債券」なのではないかという自分なりの考えに基づいて、読者さんが自分でアセットアロケーションの目途をつけられるような具体的方法を書きました。

続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)