「投信の新規販売が多いと良い」という発想をそろそろ変えたらどうか

2012年上半期の国内投資信託販売動向が、全体で8割減ながら新規設定は好調、とのニュースが東洋経済オンラインに掲載されています。

【東洋経済オンライン 2012/07/30より引用】
2012年上半期の国内投資信託販売動向、全体で8割減ながら新規設定は好調
2012年上半期の世界の株式市場は、日米欧と東南アジアを中心におおむね上昇したものの、欧州債務問題に振り回された。
(中略)
昨年上半期は新規設定の投資信託が10位内に1本もランクインしなかったのだが、今年上半期は一転して新規設定の投資信託が4本も名を連ねた。なお、国内公募投資信託における新規設定は231本であり、当初設定額は追加型・単位型合計で1兆1628億円と、これは前年同期を約24%上回っている。
【引用おわり】

新聞もマネー誌も、節目ごとに投信の新規設定額を計算し、新規設定額が多ければ「好調」、少なければ「不調」と報じます。
この論調に、そろそろ異議をとなえる時が来ていると私は感じます。

そもそも、現在この日本には投信が3,887本もあります(2012/07/30現在、モーニングスターより)。これは、東証の上場企業数(一部・二部・マザーズ・PRO)の2,286よりもはるかに多い数です。
「少額から多くの銘柄に分散投資できる」ことが売りのはずの投信が、個別株式よりも多くの銘柄数があるというのは、いったいどういう冗談でしょうか?

続きを読む

キリンビール工場見学体験記

先日、キリンビールの工場見学に行ってきました。
(投資に関係ない雑談です。ご興味があるかただけご覧ください)

続きを読む

公的年金、2012年度も国内債券の売り手に。個人投資家はどうすれば?

世界最大級の運用規模を持つ日本の公的年金は、2012年度も国内債券の売り手になるとのこと。

【Bloomberg.co.jp 2012/07/26より引用】
GPIF理事長:今年度も国内債売却-年金支払い増加で
世界最大の資産規模を持つ日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、人口の高齢化による年金支払い増加などで、2012年度も国内債券を売却していることを明らかにした。
【引用おわり】

公的年金を運用するGPIFは、昨年2011年に国内債券の買い手から売り手に回りました(該当記事)。
団塊世代への支給開始等年金支払増加のため、保険料や運用利益ではまかなえず積立金を取り崩す環境にあり、国内債券を売って現金化しているのです。
2011年度は(満期償還分を含め)国内債券7兆4637億円を現金化したそうです。
運用利益が2兆6092億円でしたから、現金化した金額の大きさがうかがえます。

最大の国内債券の買い手であったGPIFが、このまま継続して売り手に回ると、債券市場はどうなってしまうのでしょうか?

続きを読む

毎月分配型投信の分配金の82%が、単に自分のお金の払い戻しという茶番

毎月分配型投信をめぐる推進派と反対派の論争が長らく続いて来ました。

それぞれの主な主張は、推進派は「増やしながら取り崩すニーズに合っている」、反対派は「分配金が出ると複利効果が減り効率的ではない」というものです。
両者の主張はかみ合うことがなく、いきおい感情的な言い争いに発展するケースもしばしばありました。

感情や考え方とは関係ない「事実」として、すべての投信の分配金は、純資産を削って支払われます。当然、分配金を支払った後は、その分投信の基準価額は下がります。
分配金は、儲けた利益から支払われるとは限りません。利益がないのに分配しようとすると、投資家の元本を払い戻すしかなくなります。

利益の範囲で払われる分配金を「普通分配金」と呼びます。
これに対して、元本を取り崩して払われる分配金を、以前は「特別分配金」と呼んでいましたが、「特別」というネーミングがなんとなくスペシャルな語感があり投資家の誤解を招くとして、「元本払戻金」という身も蓋もない言い方に、現在は変わっています。

この元本払戻金について、驚くべきデータを見つけました。
本日の日経電子版のマネーコラム「いつかは経済自由人!」によると、毎月分配型投信について、2012年3月末まで過去5年間の分配金の内訳(2007年3月末に買ったと仮定)を調べたところ、なんと、分配金の82%が元本払戻金だったそうです。

続きを読む

「MAXIS トピックスリスクコントロール(10%)上場投信」上場と一般投資家のリスク・バジェッティング

三菱UFJ投信は本日、「MAXIS トピックスリスクコントロール(10%)上場投信」を8月9日に東証へ上場すると発表しました。

三菱UFJ投信 プレスリリース
『MAXIS トピックスリスクコントロール(10%)上場投信』新規設定について

この国内ETFの商品概要は以下のとおり。

MAXIS トピックスリスクコントロール(10%)上場投信 (証券コード:1574)
 TOPIXリスクコントロール指数(ボラティリティ10%)連動・信託報酬年率0.252%

東証には既に、「MAXIS トピックスリスクコントロール(5%)上場投信」というETFが上場されています。
これで、リスクが5%と10%で選べるようになりました。
いずれも、日本株式(TOPIX)と現金の比率を勝手に調整してくれるETFであり、なかなかおもしろい商品だと思います。

続きを読む

なかなか投資セミナーやイベントに参加できないかたはネットで投資関連動画を見よう

首都圏にお住まいの方々は、投資イベント・セミナーに参加することが比較的容易だと思います。

でも、地方在住のかたや土日休みでないかたなど、参加したくてもできない方々も多くいらっしゃると思います。
私もずっと転勤族で地方各地で働いていた経験があるので、各種イベントの首都圏偏重を苦々しく味わったひとりであります。

なので、たまたま自分が東京で働いている間は、投資セミナーやイベントに参加した際に、できるだけブログにレポートを書き残しておこうと考えてやってきました。
実際に、当ブログのカテゴリー「投資イベント・セミナー体験談」にはそれなりの数の体験レポートが残っています。

しかしながら、ブログのレポートでは、イベント・セミナーの臨場感まではなかなか表現できません。
また、臨場感あるレポート(登壇者のセリフ形式のレポートなど)を書こうとすると、記事執筆にとても労力がかかり、最近はややくじけ気味です…。

時間と場所を問わず、オンデマンド形式で投資イベント・セミナーの臨場感を味わえる媒体があればいいなーと思っていましたが、良さげなのを見つけたので紹介します。

続きを読む

【特別寄稿】 世界でいちばん割安なのはどの国?世界各国のバリュエーション表

世界各国の株式市場で割安なのはどこか?
通貨で割安なのはどこか?

PERなど単発のデータで世界各国を比較するものはありますが、PERだけでなく、PBR、実質実効為替レート、長期金利、配当利回り、益回り、内部留保率、配当成長率といった各種指標を網羅的にまとめたデータが、読者のかたから寄せられました。

複数の指標を比較することで、より正確に現状を把握することが可能になります。
あまりに素晴らしかったので、ご本人にお願いしてデータとともにその説明文を書いていただき、「特別寄稿」として掲載させていただくことにしました。

何かのご参考になさっていただければと思います。
以下、特別寄稿「世界でいちばん割安なのはどの国?世界各国のバリュエーション表」です。

続きを読む

インデックス投資の進化の方向性

私は基本的に、「ウォール街のランダム・ウォーカー」で提案されている伝統的なインデックス投資を実践しています。

国内外の株と債券のインデックスに連動するインデックスファンド・ETFに投資しています。
インデックスは、国内株式であればTOPIX、外国株式であればMSCIコクサイといった伝統的なものに投資しています。
これはシンプルな基本形のインデックス投資だと思っています。

数年前まで、この基本形を日本で実践しようとするだけで、なんだか知りませんが、次々に障害が立ちはだかりました。
インデックスファンドの繰上償還、新規取扱停止、販売会社の事業廃止……等々。
個人投資家が基本形のインデックス投資をマトモに継続することが極めて困難な時代が続いていました。
<関連記事>
2006/06/06 外国株式インデックスファンド放浪記(まとめ)

マトモなインデックスファンド・ETFが継続的に運用されるようになったのはこの数年のことです。
ようやく腰を据えてインデックス投資を行えると思っていたら、世界のインデックス投資家たちは、早くもその次のステップを模索し始めました。

そのあたりのことは、「ファンダメンタル・インデックス―新しい資産運用手法のすべて」(ロバート・D・アーノット/ジェイソン・C・スー/ジョン・M・ウェスト著)に詳しいです。

ファンダメンタル・インデックス―新しい資産運用手法のすべてファンダメンタル・インデックス―新しい資産運用手法のすべて
ロバート・D. アーノット ジョン・M. ウェスト ジェイソン・C. スー Robert D. Arnott

東洋経済新報社 2009-05
売り上げランキング : 613042

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools


ご興味があれば、読んでみてください。
「でもなんだか、海外の本だし分厚いし……」というかたもいらっしゃると思います。
探したら、日本人向けの分かりやすい情報がありました。

続きを読む

レバレッジ型・インバース型ETFの売買急増、押さえておくべき注意点をデータで確認

日経新聞によると、値動きが株価指数よりレバレッジ型・インバース型ETFの売買が急拡大しているとのこと。

【日経新聞2012年7月14日朝刊15面より引用】
新型ETFの売買急増 収益拡大やリスク回避に活用 個人投資家のニーズ映す
 値動きが株価指数より大きくなったり反対になったりする新しいタイプの上場投資信託(ETF)の売買が急拡大している。新型ETFの6月の月間売買代金は前月より2~6割前後増えた。株式相場の低迷が長引く中、売買益拡大やリスク回避を目的とした投資家のニーズを取り込んでいるためだ。今後も市場参加者の裾野が広がるとの見方が出ている。

日本株式のレバレッジ型・インバース型ETF(とVIX短期先物ETF)の売買代金のグラフ
【引用おわり】

記事では、日本株のレバレッジ型・インバース型ETF(とVIX短期先物ETF)の売買代金推移のグラフが掲載されています。これを見ると、レバレッジ型もインバース型ETFは伸びています。
現在、日本の株式市場は売買代金が低迷しており、レバレッジ型・インバース型ETFの伸びは、市場関係者にとって数少ない明るい材料になっていることでしょう。

証券会社がプッシュしてくる可能性があるので、ここで、以前の記事「東証、レバレッジ型・インバース型ETF上場へ。ちょっと注意点も」で指摘していた、押さえておくべき注意点を、あらためて振り返っておきたいと思います。


続きを読む

国内ETFの「基準価額と市場価格の乖離」(2012年6月末時点)、MSCIコクサイの乖離がやや悪化

個人投資家の期待を集めながらも、基準価額と市場価格の乖離の大きさが課題と言われてきた国内ETF。

海外資産クラスの主要銘柄「上場MSCIコクサイ株」(1680)・「上場MSCIエマージング株」(1681)・「MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信」(1550)の乖離率を、2012年6月末時点でチェックしてみます。

海外資産クラスの主要国内ETFの「市場価格と基準価額乖離率」


直近の2012年6月の乖離率は、1680と1550というMSCIコクサイ連動ETFの乖離率がともに +0.82%とやや悪化しています。
ここ数ヶ月、乖離がプラスマイナス0%付近と小さく収まっていたので、ここへきての悪化は残念です。
マーケットメーカー等、市場関係者に改善を期待したいと思います。

続きを読む

東証売買代金低迷は「自粛ムード」ではなく「経済犯罪による市場縮小」

本日の日経新聞朝刊に、「内憂外患の株式市場 東証売買代金、7カ月ぶり低水準」という記事が出ています。

今月の東証1部の1日当たり売買代金は13日時点で9111億円、年末で商いが細る12月を除くと、2003年以来の低水準となるそうです。
記事によると、要因として「外国人投資家の世界景気の先行き警戒感」と「国内証券会社や運用会社の自粛ムード」をあげ、内憂外患だとしています。

この報道内容に違和感を覚えます。

続きを読む

東南アジアでは欧州危機といってもピンとこない

朝食をとりながら Bangkok Postを見ていたら、こんな見出しの記事がありました。

photo20120713.jpg

「欧州危機?危機って何よ?そんなのあんたがどう定義するか次第だろ」(意訳)

リーマン・ショック後、回復もままならないうちに欧州債務危機に直面し、厳しい状態が続くいち日本人投資家としては、えらく強気に見えます。
記事には強気材料が並び、欧州危機などどこ吹く風です。

なんとなく、「これはタイ人のんびりした気性のせいなのかな?」と思いましたが、インデックス投資家たるもの何事もデータで確認するのが大切だ!とばかりに、暑さでボケた頭を回転させて調べてみました。
すると、なるほどなデータが見えてきました。

続きを読む

相次ぐインサイダー取引、日本の証券会社と金融庁は投資家をナメてんのか?

ここ最近、野村・日興・大和という大手証券等で相次いでインサイダー取引が摘発されています。

Bloomberg.co.jp 2012/07/11
日本のインサイダー取引摘発-野放し状態にようやくメス

当ブログではなるべく穏当な言葉づかいを心がけていますが、堪忍袋の緒が切れました。あえて書かせてもらいます。

日本の証券会社と金融庁は投資家をナメてんのか?

インチキ評論家や金融業界の中には、「インサイダー取引なんて昔から多かれ少なかれあるもんでしょ?今さら熱くなるなよ」みたいな言説を恥ずかしげもなく開陳する向きもあるようですが、言語道断と言わざるを得ません。

市場でインサイダー取引を行なってはいけないということは、いわば「大前提」であり、例えば「人を殺してはいけません」ということと同じで、議論の余地は一切ありません。

続きを読む

「ETFとインデックスファンドの合わせ技で運用する」という提案の根拠がおかしい件

QUICK MoneyLifeに、「ETFとインデックスファンドの合わせ技で運用する」というコラムが掲載されていました。

熟読した結果、ETFとインデックスファンドの合わせ技で運用するという結論には同意であるものの、その根拠はちょっと違うのでは?と思いましたのでメモしておきます。

上記コラムでは、ETFとインデックスファンドの組み合わせとして、日本株式・先進国株式・新興国株式といった「株式クラス」をETFで運用し、債券債券・外国債券といった「債券クラス」をインデックスファンドで運用するという区分けを提案していました。
株式クラスがETFで、債券クラスがインデックスファンド。
ここがヘンだと思います。

続きを読む

SBI証券、韓国上場の海外ETFの取り扱い開始

東南アジア某国に来ていますが、ホテルの滞在客を見ていると、アジア人では韓国人が多いようです。

などと思っていたら、SBI証券がネット証券初、韓国上場の海外ETFの取り扱いを開始したという情報が目に入りました。
銘柄の概要は以下のとおり。

サムスンKODEX200 ETF (コード:069500)
 KODEX200連動・信託報酬年率0.35%

続きを読む

ネットにつながっていますが本を読んでいます

東南アジア某国におります。

現地にネット環境があるかどうかわからなかったのですが、ホテルに無料のWi-Fi環境が用意されていました。
ネットにつながっていますので、トラックバックやメールの対応等はできます。
よかったよかった。

続きを読む

ちょっと早い夏休みをいただきます

明日からちょっと早い夏休みをいただきます。

休み中は、円高メリットをフル活用して、東南アジア某国に行ってきます。
その間、トラックバックやメールの対応はできないかもしれません。
(滞在先にネット環境があれば可能かもしれませんが、行ってみないと分かりません)

yuu0100-073.jpg

続きを読む

コツコツ六本木 #26 で思ったファイナンシャル・プランナーのお仕事

先日、「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ #26」に参加しました。

今までコツコツ六本木には散発的に参加してきましたが、ここ数ヶ月は連続参加しているので、コツコツ六本木参加の感覚が戻ってきました。
なんと言っても、個人もプロも含め、いろいろな投資家に会えるのがよいところです。

今回、興味深い出来事がありました。
それは、某独立系ファイナンシャル・プランナー(FP)さんと突っ込んだお話をしたことです。
たいへん勉強になりました。

続きを読む

メールフォームから送られてくる珍メール

ブログのメールフォームから、たくさんのメールをいただいております。

その中には温かい応援メッセージから、辛辣な罵詈雑言まで、様々なものがあります。
ただ、同じようなパターンで「こういうメールは困るなぁ」というものがたくさん来ますので、いくつか取り上げさせていただきます。


続きを読む

2012年6月末のアセットアロケーションと主な構成商品

毎年2回、お正月と6月末にアセットアロケーションの把握をしています。
今回も計算してみました。
なお、私が共著で書いた「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」で理論編を担当した山崎元氏が推奨アセットアロケーションを提示していますが、水瀬のアセットアロケーションは山崎氏の推奨とは異なることをあらかじめご了承ください。

2012年6月末のアセットアロケーション

日本株式 10.3%
先進国株式 42.2%
新興国株式 16.4%
日本債券 11.6%
外国債券 13.2%
その他 6.3%

主な構成商品は以下のとおりです。
(これ以外にも、多少の金融商品があったりなかったりしますが)

続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/03/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/30まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)