「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」11月分の投資を実行

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」11月分の投資を、本日11月30日に行ないました。
<ご参考>ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

今月は株価が右肩上がりで、月末に高値圏で投資することになってしまいました。久々にやってしまった、「根性なし投資」です。

とはいえ、高値圏といってもあくまで「月内」の話なので、長期的視野に立てばその限りではないかもしれず、月一回の積み立て投資は淡々と継続します。
積み立て商品は、以下の4本です。

続きを読む

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012」の投票〆切が明日まで

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012」の投票〆切が明日までのようです。

投信ブロガーさんでまだ投票がお済みでないかたは、明日までにぜひ投票しましょう(投票後のブログ投稿もお忘れなく!)。投票自体にかかる時間はたった1~2分程度。金融業界に個人の考えを伝えるチャンスです。個人投資家主催のこの投信アワード、盛り上げていきましょう!

投票はこちらから↓
投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012 公式サイト

続きを読む

New gears と憧れのゲレンデ

10年ぶりにスノーボードの道具を新調しました。これで人生初の海外スノーボードに臨みます。

(投資に関係のない雑談です。ご興味がある方だけご覧ください)

続きを読む

SBI証券、シンガポールドル、タイバーツ、マレーシアリンギット、中国人民元の取扱開始

タイ

SBI証券は、シンガポールドル、タイバーツ、マレーシアリンギット、中国人民元の取り扱いを12月3日より開始すると発表しました。

スプレッドは以下のとおり。

シンガポールドル ±83銭
タイバーツ ±8銭
マレーシアリンギット ±43銭
中国人民元 ±20銭

更に、2013年1月以降には、シンガポール株式、タイ株式、マレーシア株式の取扱いを予定しているそうです。

続きを読む

第5回インデックス投資ナイトの概要確定。チケット発売日は12年12月12日!

<追記> 2012/12/12 19:30
チケットは完売しました。ありがとうございました!


年明け1月12日に開催されるイベント「第5回インデックス投資ナイト」の告知です。

photo20121125_1.jpg

これは、投資家による投資家のためのイベントです。実行委員は、幹事のえんどうやすゆき氏をはじめ全員ふつうの個人投資家で、金融機関のスポンサー等はいっさい無しのお手製イベントです。お金についてのホンネのエンターテイメントを目指しています。

今年は、ファンドマネージャー(および元ファンドマネージャー)の方ばかりをお迎えして、運用業界の中から、資産運用について語っていただくという一風変わった企画になっています。出演者は……

続きを読む

中国H株のレバレッジ型・インバース型ETFが東証上場へ。でも長期保有してはいけないその理由とは

photo20121123_00.jpg

東証は、ハンセン中国企業株レバレッジ指数、ハンセン中国企業株ショート指数に連動するETFを12月6日に上場予定と発表しました。(出所:東証WEBサイト

商品概要は以下のとおり。

中国H株ブル2倍上場投信(1572)
 ハンセン中国企業株レバレッジ指数連動・信託報酬 年率0.8925%以内
中国H株ベア上場投信(1573)
 ハンセン中国企業株ショート指数連動・信託報酬 年率0.8925%以内

1572は、ハンセン中国企業株指数(H株指数)の前日比変動率の2倍となるように設計された、いわゆる「レバレッジ型ETF」です。1573は、同指数の前日比変動率のマイナス1倍となるように設計された、いわゆる「インバース型ETF」です。

中国株について相場観があるかたは、手軽かつ低コストに売買できる商品が出たのではないでしょうか。

ただし、レバレッジ型・インバース型ETFには注意点があります。いつもの話で恐縮ですが、大事なことなので何回でも取り上げます。それは……

続きを読む

【悲報から一転朗報】 マネックス、海外ETF派が年間6,300円取られる仕様は回避可能と追加発表

昨日の記事「【悲報】マネックスの海外ETF派は年間6,300円取られる仕様に改悪」で書いたとおり、マネックス証券は11月28日の米国株取引サービスの全面リニューアルにともない、

・取引ごとの売買手数料は大幅値下げされるが、全ユーザーがリアルタイム株価サービス利用料年間6,300円か214,200円を払わなければいけなくなる。
・利用料無料キャンペーンが始まるが2013年2月28日で終了し、その後は年間6,300円か214,200円が課金される。
・課金を回避する手段は今のところない。

という改悪と考えられるお知らせをしていました。私は昔からマネックス証券ユーザーでもあり、「マネックスがそんなアホなことをするはずがない」との思いもあり、念のためコールセンターにも確認したところ、上記内容で間違いないとの回答を得ました。これは、早期に制度見直ししないと、既存のユーザーも逃げていきかねないとの懸念をブログ記事で表明しました。

すると、本日お昼ごろ、マネックス証券のマーケティング部のかたから直接電話があり、以下の説明を受けました。

続きを読む

<追記あり> 【悲報】マネックスの海外ETF派は年間6,300円取られる仕様に改悪

マネックス証券の海外ETF派に悲しいお知らせです。

先日、マネックス証券が米国株式取引サービスの全面リニューアルを発表し、米国株式の売買手数料が25.2ドルから14.7ドル~に値下げされると書きました(該当記事)。それは正しいのですが、「米国株スペシャルサイト」なるサイトが立ち上がり(当時私が気づかなかっただけかもしれませんが…)、それをご覧になった読者のかたから、「これは改悪では?」というご指摘を受けました。

よく見ると、スペシャルサイトの「ご注意事項」ページにはこう書かれています。

続きを読む

日経ヴェリタスに掲載されました

いま発売中の日経ヴェリタス 2012年11月18日号に掲載されました。

日経ヴェリタス 2012年11月18日号

続きを読む

【特別寄稿】 世界でいちばん割安なのはどの国?世界各国のバリュエーション表(2012年10月版)

特別寄稿いただき好評だった「【特別寄稿】 世界でいちばん割安なのはどの国?世界各国のバリュエーション表(2012年9月版)」ですが、読者のタカちゃんさんがアップデートして2012年10月版を作ってくれました。

PERだけでなく、PBR、ROE、実質実効為替レート、長期金利、配当利回り、益回り、内部留保率、配当成長率、予想名目経済成長率といった各種指標を網羅的にまとめたデータは貴重です。

「バリュエーション表の使い方の留意点」のところで、毎回違った内容の解説がされています。その部分だけ読んでもためになると思います。

以下、特別寄稿「世界でいちばん割安なのはどの国?世界各国のバリュエーション表(2012年10月版)」です。

続きを読む

楽天証券・SBI証券で、フロンティア・マーケットに投資する海外ETF取り扱い開始

楽天証券で、11月15日からフロンティア・マーケットの株価指数に連動するiシェアーズETFが取り扱い開始になりました。

iShares MSCI Frontier 100 Index Fund (FM)
 (MSCI Frontier Markets 100 Index連動・Expense Ratio 0.79%)

今年9月にニュースになりましたが、実際の取り扱いは静かに始まった感じです。
エマージング・マーケットにもカバーされない国々の株式市場に投資するというこのフロンティア・マーケットETFは、ながらく一般投資家の夢でもありました。

続きを読む

日経新聞にもリスク・コントロール型の分散投資が紹介されるこんな世の中じゃ

本日の日経新聞に、リスク・コントロール型の分散投資が注目されはじめたと報道されています。

ohoto20121114.jpg

【日本経済新聞2012年11月14日朝刊19面より引用】
リスク一定 新・分散投資 資産比率を機敏に変更
 資産運用で「リスク・コントロール型」と呼ぶ新しい分散投資の手法が注目され始めた。リターンの獲得よりも過大なリスクの回避を優先。市場の変化に合わせて資産の配分比率を機動的に見直し、安定した投資成果が得られる運用を目指している。

 ここ数年、機関投資家などの間で「リスク」に焦点を当てた投資手法が関心を集めている。リーマン危機時に株式や債券など多くの資産が同時に急落し、「下げに強い」といわれた伝統的な分散投資が大きな痛手を受けたのがきっかけだ。バランス型投資信託などで運用してきた個人投資家も事情は同じだろう。
【引用終わり】

日経新聞が「リスク・コントロール型」と言っているのは、今までの分散投資のようにアセットアロケーション(資産配分)を一定水準に保つのではなく、リスクが常に一定水準になるような運用を目指す手法のことのようです。似たような運用法を、以前から当ブログでも「リスク・バジェッティング」「リスク・パリティ」として取り上げてきました。
<関連記事>
2009/03/10 野村総研の分散投資の評価

過去をさかのぼってシミュレーションすれば、リーマン・ショックでもダメージを受けなかった手法ということで、当時から注目されていました。

続きを読む

ブロガーの心強い味方をゲット

ブログを書き始めて8年目ですが、先日、初めてブロガーらしい買い物をしました。

photo20121113_1.jpg
これ、何だと思います?

続きを読む

「債券と国債のしくみがわかる本」(久保田博幸著)は牛・熊・猫の3キャラの会話で楽しく債券が勉強できる

「債券と国債のしくみがわかる本」(久保田博幸著)を読みました。イラストやキャラクターの掛け合いで、とても分かりやすい債券本でした。

債券と国債のしくみがわかる本債券と国債のしくみがわかる本
久保田 博幸

技術評論社 2011-07-21
売り上げランキング : 248618

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む

今夜の鍋の主役は

だんだん肌寒くなり、鍋の季節になってきましたね。今夜の水瀬家も鍋です。
主役は……

続きを読む

【イー・アドバイザーコラム】 なぜ、インデックス投資はマイナーなのか(中編:市場・業界の要因)

投資情報提供のE-Advisor(イー・アドバイザー)にて、水瀬が連載しているコラムの第6回がアップされました。

photo20121109.png

続きを読む

国内ETFの「基準価額と市場価格の乖離」(2012年10月末時点)、日興のETF群はディスカウント圏

個人投資家の期待を集めながらも、基準価額と市場価格の乖離の大きさが課題と言われてきた国内ETF。

海外資産クラスの主要銘柄「上場MSCIコクサイ株」(1680)・「上場MSCIエマージング株」(1681)・「MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信」(1550)の乖離率を、2012年10月末時点でチェックしてみます。

海外資産クラスの主要国内ETFの「市場価格と基準価額乖離率」

乖離率は、MSCIコクサイに連動する1680が -0.64%、1550が +0.36%、MSCIエマージングに連動する1681が -0.68%でした。

続きを読む

せこせこブログなんて書いてて何かいい事あんのかよ?という話

ここのところ公私ともに忙しく過ごしています。

というのも、本業の仕事に加えて、このブログの執筆、イー・アドバイザーの連載コラム執筆、インデックス投資ナイトの実行委員と、ややタスクを抱えすぎているなぁと思っていたところに、普通お会いできないようなかたとお会いできることになったり、メディアの取材が入ったりしてもうカオス。

暇な時はずっと暇なのに、重なる時はとことん重なるものです。
でも、よく考えると、本業以外のタスクは、投資イベント実行委員も連載コラム執筆もメディア取材もすべて、ブログを書きはじめたことで広がってきた世界のものです。
ブログを書きはじめたことで、ふつうの会社員である私に何が起こり、その時どうしたかを少し振り返ってみたいと思います。

続きを読む

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012」、あのファンドに全力投球

今年もこの季節になりました。「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012」に投票しました。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012」

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012」とは、証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。詳しくは、公式サイトをご覧ください。

私が投票したのは、全てのファンドのお手本になる「あのファンド」です。5ポイント全てを投入しました。

続きを読む

マネックス証券で米国株式の手数料値下げ。乗り換えるか?

マネックス証券が、2012年11月28日からの米国株取引サービスの全面リニューアルにともない、売買手数料も値下げすると発表しました。

25.2ドル → 14.7ドル、16.8ドル、18.9ドル

前月の取引回数によって3段階の売買手数料設定になります。
海外ETF派にとっては、そう頻繁に売買するわけではないので、18.9ドルになると思えばいいでしょう。

続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中! (2017/05/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/05/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)