「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」13年1月分の投資を実行

ちょいドル

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」2013年1月分の投資を、本日1月31日に行ないました。
<ご参考> ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

年明け後も、ほぼ一本調子で上昇してきた株式市場です。押し目らしい押し目もなく、ここまで来てしまいましたが月末なので投資しました。
積み立て商品は、以下の4本です。

続きを読む

効率的市場仮説とインデックス投資の有用性(2013年版)

グラフ

今までインデックス投資の有用性について書かれた本をたくさん読んできましたが、その多くは、「現代ポートフォリオ理論」がその論拠でした。

現代ポートフォリオ理論は、その前提となる「効率的市場仮説」(市場価格はすべての投資家の知識と期待を反映しているという理論)さえ正しければ、最も効率的なポートフォリオは、一本道で同じ結論=世界市場ポートフォリオにたどり着くことが、数学的に証明されています。インデックス投資家の中にも信奉者が多い理論です(該当記事)。

実際の運用商品で言うと、たとえば海外ETFの「VT」に投資することがそれに近いと考えられます(本当はさらにリスクフリー資産と言われている債券を加えるのですが)。


効率的市場仮説は本当に成立しているのか

ただ、実際の市場は、効率的市場仮説が求める前提条件とはほど遠いと言わざるを得ません。初心者投資家から上級投資家まで投資家レベルもまちまちである上に、情報の伝わり方も段階的です。その証拠に、私自身は市場の状況を毎日毎時間チェックしていません。一日に一回程度、それも趣味で見ているだけでそれに基づいて売買しようと考えていません。

これをもって、「効率的市場仮説は現実的でないので、インデックス投資などダメだ」という言説も、主にアクティブ投資をすすめる向きに散見されます。

仮に効率的市場仮説が成立していないのであれば、現代ポートフォリオ理論も砂上の楼閣であり、インデックス投資の有用性もなきがごとし脆弱なものなのでしょうか?


続きを読む

最近の株価上昇、リーマンショックの損失、毎月分配型投信、塩漬け投信の扱い等々

――株価が上昇し、銀行や証券会社は手ぐすね引いて待っている。

――リーマンショックのあおりで、退職金全額をはたいて買った新興国株投信が半値になったという話を聞いた。

――毎月分配型の投信はなぜ避けた方が良いのか。

――会場からも質問がきている。一つめは「購入時の半値になったがどうすればよいか」。

――処分できず塩漬けにしたまま の投信は、すぐ売った方が良いか。

――株価の上昇ピッチが早い。「今から買って間に合うか」と焦りの声も聞かれる。

――足元の株高で利益が出た人は、売り時やリバランスをどう判断すれば良いか。

――投信という金融商品に特有の注意点はあるか。

――株価が上がると買いたくなり、下がると売りたくなり、高値づかみしがちだ。

続きを読む

運は投資ではなく人生で使おう

バンガード・ニュースレター第42号が届きました。

その中に、バンガード・インベストメンツ・ジャパン代表取締役加藤氏の年頭挨拶があり、これが「我が意を得たり」の内容だったので、その一部を抜粋してご紹介します。

さて、私たちは人事を尽くしているでしょうか。

私の立場上、生活者の投資についてこれを見れば、予測に依存することなく、自分にあったアセットミックスに応じた広く分散されたポートフォーリオを持つこと、そして、これを長期にわたって堅持することだと言えます。

何か特定のアセットに偏ること(預金に偏ることも含みます)、特定の予想に大きく頼ることは、間違いの元です。

それでもなお自分の運を試したい人には、分散された円満なポートフォーリオを確保した上で、ほんの少しのお金で自分の予測に賭けてみることをお勧めします。

でも、私たちの人生には、もっとずっと大切な決断や賭けがたくさん待ち受けています。しかも、それらは私たち自身に委ねられていて、決して投げ出すわけに行かないもの。私たちのなけなしの運は、そちらで使った方がよさそうです。

バンガード・ニュースレター 第42号より

続きを読む

三菱UFJ投信の第3回意見交換会で面白い企画が

photo20130124.jpg

先日、三菱UFJ投信の第3回意見交換会に呼ばれて行ってきました。

今まで三菱UFJ投信との意見交換は、今回の意見交換会が第3回で、前回のブロガーミーティングが第5回だから、もう何回出たのか分かりません(いや、かんたんな足し算ですね)。個人投資家や外部の識者たちと積極的に交流しようという姿勢を持っためずらしい運用会社のように感じます。

今回の意見交換会では、初めて(だと思うのですが…違ったらゴメンナサイ)社長さんが登場し、集まったメンバーも立派な肩書きを持った豪華な面々、陪席で金融庁や販売会社の方々も来られているらしいと聞き、一瞬面食らいました。でもまあ、私自身はなんのしがらみもないので、いつもどおり個人投資家としての意見をぶつけてきました。

続きを読む

野村グループ、ETN4銘柄上場ですが、いつもの注意事項

野村證券は、香港、韓国のレバレッジ型(ブル型)株価指数およびインバース型(ベア型)株価指数に連動を目指すETN/JDR(信託受益証券)、合計4銘柄を2月18日に東京証券取引所に上場させると発表しました。

野村グループ、『NEXT NOTES』ブランドでETN/JDRビジネスを国内で展開
~2月18日、東京証券取引所へ上場予定~


銘柄概要は以下のとおり。

NEXT NOTES 香港ハンセン・ダブル・ブルETN (2031)
 ハンセン指数・レバレッジインデックス連動、信託報酬 年率0.80%
NEXT NOTES 香港ハンセン・ベアETN (2032)
 ハンセン指数・ショートインデックス連動、信託報酬 年率0.80%
NEXT NOTES 韓国KOSPI・ダブル・ブルETN (2033)
 韓国総合株価指数200・レバレッジインデックス連動、信託報酬 年率0.80%
NEXT NOTES 韓国KOSPI・ベアETN (2034)
 韓国総合株価指数200(先物)・インバースインデックス連動、信託報酬 年率0.80%

ハンセン指数の騰落率の2倍、もしくはマイナス1倍になるように設計されたものと、韓国総合株価指数200の騰落率の2倍、もしくはマイナス1倍になるように設計されたETN/JDR(信託受益証券)です。

続きを読む

「金融のプロに騙されるな 生命保険・投資信託との正しいつきあい方」は保険と投信を同じ視点で比較できる珍しい本

「金融のプロに騙されるな 生命保険・投資信託との正しいつきあい方」(後田亨・渋澤健著)を読みました。

金融のプロに騙されるな 生命保険・投資信託との正しいつきあい方 (朝日新書)金融のプロに騙されるな 生命保険・投資信託との正しいつきあい方 (朝日新書)
後田 亨 渋澤 健

朝日新聞出版 2013-01-11
売り上げランキング : 6987

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools

私は投資信託の知識は多少ありますが、保険についてはド素人です。本書は、保険と投資信託という別々の金融商品を、同じ視点(主に投資信託を見る上で必要な視点)で比較することができる珍しい本でした。

続きを読む

外国債券クラスの為替リスクはどの程度か

2013年1月現在、私は「外国債券クラスほぼ不要論」を支持しています。

主な理由は、過去に何度かブログにも書いていますが、

・長期的には購買力平価が意外に強力で、外国債券の期待リターンは国内債券と同じであるという考え
・過去データを見ると、外国債券クラスはリターンが低い割にはリスクが高い
・為替リスクはなるべく外国株式クラスに振り向けたい

といったところです。山崎元氏の論説と外国債券クラスのリスク水準のデータをあわせて判断しています。

外国債券クラスはリーマン・ショック後の円急騰で大きなダメージを受けました。これを含み損のまま一気に損切りして国内債券クラスに乗り換えることには、些かの抵抗がありました(これがダメだと山崎氏には叱られますが…^^;)。なので、追加投資のみ外国債券をやめて国内債券に切り替え、既に投資していた分はキープしながら、今まで円安傾向になるチャンスを待っていました。

最近の円安傾向を見るにつけ、いよいよリアロケーションの時が来たかなと感じています。そこで、外国債券クラスを売却する前に、実際、私が運用していた期間、外国債券クラスは為替の影響をどの程度受けたのか確認してみました。そして驚きました。

続きを読む

【特別寄稿】世界各国のバリュエーション表(2012年12月版)&I-1グランプリ用プレゼン資料

ご好評いただいている、読者のタカちゃんさんによる特別寄稿「世界各国のバリュエーション表」の2012年12月版が寄せられました。

PERだけでなく、PBR、ROE、実質実効為替レート、長期金利、配当利回り、益回り、内部留保率、配当成長率といった各種指標を網羅的にまとめたデータは貴重です。

また、今回は、先日開催された「第5回インデックス投資ナイト」内で行なわれたプレゼン大会「I-1グランプリ」に出場したタカちゃんさんのプレゼン資料も、あわせて公開してくれるとのこと。

以下、特別寄稿です。

続きを読む

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2012」結果がロイターで報道

FOY2012

先日の第5回インデックス投資ナイトで発表された「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2012」の結果が、ロイターで報道されています。

ロイター 2013/01/15
バンガードのETF、ブロガーが選ぶファンド・オブ・ザ・イヤーに

記事では、1位の「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」をはじめ、10位までのファンドが掲載されていました。個人投資家の手作りアワードの結果が、ニュースになるというのはうれしいものですね。

続きを読む

第5回インデックス投資ナイトが盛会のうちに閉幕

第5回インデックス投資ナイト座談会

2013年1月12日、第5回インデックス投資ナイトが行われました。ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

今回、私は実行委員のひとりとして「中の人」をやっていましたので、イベント実況レポートは書かないことにします。でも、ご参加いただいたブロガーさんやツイッタラーさんが素晴らしいレポートを次々とアップしてくれているので、それをご紹介します。

まずはツイッタラーさんたちの実況ツイートをまとめたトゥギャッターです。まとめてくださった方々、ありがとうございます!

第五回インデックス投資ナイト 座談会
I-1グランプリ2013お台場大会(第五回インデックス投資ナイト) #idxnght

続いて、ブログレポートです。現在進行形で続々とアップされているようです。

第五回インデックス投資ナイトレポート(1) ファンドマネージャー座談会(1)|"いい投資"探検日誌 from 新所沢
第五回インデックス投資ナイトレポート(2) ファンドマネージャー座談会(後編) |"いい投資"探検日誌 from 新所沢
投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2012が発表されました|"いい投資"探検日誌 from 新所沢
第5回インデックス投資ナイトのレポート(1)|ちんあおの小さなお金のブログ
インデックス投資ナイト初体験|夢見る父さんのコツコツ投資日記
「目指すは明日の個人投資家」|こまけだら日記Ⅱ
第5回インデックス投資ナイトに行ってきました|高配当ETFで戦略的インデックス投資
第5回インデックス投資ナイトの雑感 その2|高配当ETFで戦略的インデックス投資
インデックス投資ナイトに参加してきました。|マネーの知恵(仮)
第5回インデックス投資ナイトへ逝ってきました #idxnght|おっくん(ω)のドキ☆ドキ☆分散投資日記
I-1グランプリ2013お台場大会雑感(第5回インデックス投資ナイトのイベントレポート第2段) #idxnght|おっくん(ω)のドキ☆ドキ☆分散投資日記
第5回インデックス投資ナイトに参加|セルフ・リライアンスという生き方
ファンドの海|第5回インデックス投資ナイト&投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012表彰式が無事に終了。主催者側の裏話を少し

また発見したら追加する予定です。

続きを読む

今宵はインデックス投資ナイト、チケットは忘れずに!

本日1月12日は、第5回インデックス投資ナイトが開催されます。

あらためまして、時間と場所をおさらいしておくと、18時開演(17時開場)、場所はお台場の「東京カルチャーカルチャー」です。ここはは、お客さんも登壇者も、飲み食いしながらワイワイやるという一風変わったイベント会場です。初めてのかたも気楽な気分でお越しください。

ただ、チケット忘れにはご注意を!実は私、第1回インデックス投資ナイトの時に、うっかりチケットを忘れて出かけてしまい、うちに取りに戻ったことがあります。できれば、今すぐカバンかサイフに入れちゃってくださいね。

水瀬は実行委員のひとりとして裏方仕事をやってます。会場でうろうろしていると思いますので、見かけたらお気軽にお声がけくださいませ。

続きを読む

【イー・アドバイザーコラム】 投資を始める前の「家計診断」を自分でやる方法

投資情報提供のE-Advisor(イー・アドバイザー)にて、水瀬が連載しているコラムの第10回がアップされました。節目なので、今回は大盛りです (゚∀゚)

photo20130111.jpg

続きを読む

「日本人は年金や保険を通じて既に国内資産にたくさん投資しているから自分の資産運用では海外資産のみでよい」って本当?

a0002_003655.jpg

投資本で「日本人は年金や保険を通じて既に国内資産にたくさん投資しているから、自分の資産運用では海外資産のみでよい」という主張を見るようになってきました。

「海外資産のみでよい」部分は論者によって「海外資産中心でよい」だったりしますが、いずれにしても「年金や保険の投資先と合算して自分のポートフォリオを組むべき」という主張です。

この主張は、数年前に北村慶氏の著書「大人の投資入門」(書評はこちら)で私は初めて知りましたが、その後もちょくちょく見かけていました。朝倉智也氏の著作「30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと」(書評はこちら)、「低迷相場でも負けない資産運用の新セオリー」(書評はこちら)が同様の主張で、国内株式・国内債券0%のポートフォリオが推奨されていました。

最近では、岡村聡氏の著作「みんな不安に思っているのにだれも口にしない「人生とお金」の話」でも同様の主張がされていました。

当時は、年金や保険が実は株や債券で運用されているという事実が、今ほど個人投資家に知られていなかったこともあり、この主張はとても新鮮に見えたようです。投資ブロガーたちも賞賛していたように記憶しています。また、この主張は個人の資産運用に「全体最適」という視点を提供しており、ひとつの考え方としては面白いと私も思いました。

しかし、この主張は本当は間違っているのではないか?と最近は考えています。なぜか?

続きを読む

ガーラ湯沢で今シーズン初すべり。地ビールに温泉!

先日、新潟のガーラ湯沢へ今シーズン初すべりにいってきました。

(投資には関係のない雑談です。ご興味がある方だけご覧ください)

続きを読む

投信スーパーセンター、新規口座開設の受付停止。もし今後事業廃止するつもりなら……

投信スーパーセンター

SMBC日興証券が運営する投信スーパーセンターは、新規口座開設の受付停止したと発表しました。

投信スーパーセンター お知らせ
2012年12月28日 新規口座開設の受付停止について

お知らせでは既存の口座開設者は今までどおり取引できると書いてあります。でも、これは誰がどう見ても、事業廃止に向けた縮小の一環だと思われます。しばらくすると(半年後くらい?)既存顧客にも事業廃止のお知らせがいくと予想しています。

投信事業は、個人投資家の人生をも左右する、言わば「人生のインフラ事業」であり、他の分野にも増して、事業の継続性が重要視されるべきだと考えているので、非常に残念です。

続きを読む

「大増税時代を生き抜く共働きラクラク家計術」(花輪陽子・是枝俊悟著)は今風な共働きのすすめ

お正月に「大増税時代を生き抜く共働きラクラク家計術」(花輪陽子・是枝俊悟著)を読みました。

大増税時代を生き抜く共働きラクラク家計術 (朝日新書)大増税時代を生き抜く共働きラクラク家計術 (朝日新書)
花輪陽子 是枝俊悟

朝日新聞出版 2012-11-13
売り上げランキング : 22427

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools


本書は、大増税時代を迎えるこれからは「片働き」よりも「共働き」が有利であることを解説したマネー本です。投資本ではありませんが、水瀬家も共働きであり、共感する部分が大きかったのでご紹介します。

続きを読む

2012年12月末のアセットアロケーションと主な構成商品

毎年2回、お正月と6月末にアセットアロケーションの把握をしています。今年も計算してみました。

アセットアロケーションについて


2012年12月末のアセットアロケーション

日本株式 11.1%
先進国株式 41.2%
新興国株式 19.2%
日本債券 9.8%
外国債券 12.4%
その他 6.4%

前回(半年前)と比較して、新興国株式が3%弱大きくなった以外は、大きな変化はありません。しいて言えば、年々少しずつしぼみ続けていた日本株式がやや戻してきたなというくらいです。

リスクはおおまかに把握し、有効フロンティアは厳密には追い求めておりません。たいしたアセットアロケーションではありませんので、これをお読みの皆さまは真似しない方がいいと思います。

続きを読む

2013年、あけましておめでとうございます

迎春

続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)