楽天証券、NISA口座で売買手数料一律105円&投信1000円無償提供へ

nisa.jpg

「楽天証券が日本版ISA(NISA)の口座で、日本株の売買手数料を一律105円とする」と日経新聞が報道しています。

【日経電子版 2013/06/29より引用】
楽天証券、NISA口座の手数料一律105円に
インターネット証券大手の楽天証券は来年1月に始まる少額投資非課税制度(日本版ISA=NISA)の口座で、日本株の売買手数料を一律105円とする。約定代金によって変動する手数料を一定にし、投資の初心者でもわかりやすい仕組みにする。口座開設者に1000円分の投資信託を無償提供する特典も設け、新制度で広がる投資家層の取り込みを目指す。
【引用おわり】

来年1月開始のNISAの口座獲得競争が激化しています。証券会社や銀行などの金融機関は、口座開設に対して現金やポイントを付けたり、手数料を割り引く等しているようです。楽天証券は、NISA口座内の国内株式の売買手数料を最安クラスに値下げしてきました。

続きを読む

【イー・アドバイザーコラム】 個人ブロガーがいかにしてメディアの連載コラムを執筆するに至ったか

投資情報提供のE-Advisor(イー・アドバイザー)にて、水瀬が連載しているコラムの第20回がアップされました。

photo20130628.jpg

続きを読む

分散投資はもうダメでしょう

032.png

昨年2012年、某投資家交流会で、分散投資を強く否定するかたとお話したことがあります。

お互いにどんな投資をしているのか?という話をしている中で、私は国際分散投資のインデックス投資をしていますと言ったところ、くだんの彼が笑顔で「分散投資はもうダメでしょう」と言ってきました。彼の主張は、概ね以下のとおりでした。

(1) 分散投資でお金持ちになった人を見たことがない
(2) 分散投資は無知に対するヘッジであり、知識がある人にとっては意味がない
(3) アセット間の相関係数がかつてないほど高まったので分散効果はもはやない

なるほど。

続きを読む

<追記あり> カブコムの「女子割」どう思う?

カブドットコム証券が女性限定の現物株式手数料割引プラン「女子割」を始めると発表しました(プレスリリース)。

内容は女性に限り現物株式の取引手数料を一律で1%優遇するというもの。「シニア割引」などいくつかの割引プランとの併用も可能とのことです。
これ、どう思われますでしょうか?

続きを読む

ニッセイアセットがインデックスファンド専用WEBページを立ち上げ。各社のページを比較してみよう

web-design-sthelens.jpg
販売会社や運用会社ではなかなか取り上げられないインデックスファンドについて、ニッセイ アセットマネジメントが専用WEBページを立ち上げています。

ニッセイ アセットマネジメント スペシャルコンテンツ
ニッセイアセットのインデックスファンド

先日、信託報酬年率0.3%台の「<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド」をニッセイ アセットマネジメントが設定するという記事を書きましたが(該当記事)、その後、このインデックスファンド専用WEBページも立ち上げたようです。中の人のインタビュー記事もアップされており、この低コストインデックスファンドを設定した経緯がわかります。

続きを読む

マネックス証券、米国株式取引で「無料」かつ「リアルタイム」の株価情報サービス開始へ

corp_info_logo.gif

マネックス証券は、米国株式(海外ETFの含む)の無料リアルタイム株価情報の提供を7月から開始すると発表しました。

マネックス証券 WEBサイト
2013/06/19 【重要】米国株の標準株価情報が変わります。

続きを読む

【特別寄稿】 世界でいちばん割安なのはどの国?世界各国のバリュエーション表(2013年5月版)

ご好評いただいている、読者のタカちゃんさんによる特別寄稿「世界でいちばん割安なのはどの国?世界各国のバリュエーション表」、2013年5月版が寄せられました。

PERだけでなく、PBR、ROE、実質実効為替レート、長期金利、配当利回り、益回り、配当成長率、名目経済成長率予想といった複数指標を網羅的にまとめたデータは貴重です。個人的には、日本株のPERがいちばん高いのがちょっと気になります…(゚A゚;)

以下、特別寄稿「世界でいちばん割安なのはどの国?世界各国のバリュエーション表(2013年5月版)」です。

続きを読む

セミナー資料作り直します

141.jpg

前回の記事で悩んでいたセミナー内容について、セミナー講師の諸先輩方からたくさんのアドバイスをいただきました。

自分にとっては意外な、かつ、自分のセミナー受講経験に鑑みて確かにそうだよなぁというご見識で、自分の浅はかな考えを恥じ入るばかりです。貴重なアドバイスありがとうございました。

続きを読む

セミナー内容に悩む

a0002_003098.jpg

来月に少人数のセミナー講師をやることになったのですが、セミナー内容で少々悩んでいます。

「ブログに書けない“インデックス投資”」という基本路線はできているのですが、いわゆる「投資のイロハ」からやるべきかどうか。例えば、「株式とは?」「投資信託とは?」「リスクとは?」といった内容をどうするかです。

続きを読む

【イー・アドバイザーコラム】 日銀保有ETFの含み益5,501億円はどのようにして生み出されたか

投資情報提供のE-Advisor(イー・アドバイザー)にて、水瀬が連載しているコラムの第19回がアップされました。

photo20130615.jpg

続きを読む

東証に上場されるiシェアーズ3銘柄の分配金への二重課税分は取り返せるのか?(推論)

前回の記事『海外ETFの「iシェアーズ」3銘柄(先進国株・新興国株・フロンティア株)が東証に上場へ!』では、海外ETFのTOK、IEMG、FMが東証にも重複上場されることを取り上げました。

今回の記事では、このiシェアーズ3銘柄の分配金への二重課税分は取り返せるのか?という点を推論したいと思います。

海外市場に上場された海外ETFは、分配金に対して海外の国と日本の両方で二重に課税されます。しかし、米国の場合、日本との租税条約に基づいて、米国での課税分は確定申告することで還付されます(外国税額控除)。
私自身も、米国上場の海外ETFに投資しているので、毎年確定申告を行ない、外国税額控除で米国課税分相当の還付(控除限度額の範囲内ですが……)を受けています。

今回、東証に上場されるiシェアーズ3銘柄について、分配金への二重課税分は、なんらかの方法で取り返せるのでしょうか?

続きを読む

海外ETFの「iシェアーズ」3銘柄(先進国株・新興国株・フロンティア株)が東証に上場へ!

ishares.jpg
東京証券取引所は、海外ETFのiシェアーズ3銘柄(先進国株・新興国株・フロンティア株)が2013年7月17日に新規上場されると発表しました。

東京証券取引所 東証からのニュース
2013/06/14 ETFの運用残高で世界最大手の「iシェアーズ®」3銘柄が 7月17日(水)、新規上場します

具体的な銘柄は以下のとおり。

iシェアーズ 先進国株ETF(1581)
 MSCIコクサイインデックス連動・信託報酬 年率0.25%
iシェアーズ エマージング株ETF(1582)
 MSCIエマージング・マーケットIMIインデックス連動・信託報酬 年率0.18%
iシェアーズ フロンティア株ETF(1583)
 MSCIフロンティア・マーケット100インデックス連動・信託報酬 年率0.79%

これらは海外ETF投資家にはおなじみの銘柄、TOK、IEMG、FMであり、東証にも重複上場されるということです。先進国株・新興国株に加えて、フロンティア株にも低コストかつ手軽に投資できるようになります。

続きを読む

「世界一やさしい金融工学の本」(田渕直也著)でインデックス投資との「よい付き合いかた」を学ぶ

「世界一やさしい金融工学の本」(田渕直也著)を読みました。

世界一やさしい金融工学の本です世界一やさしい金融工学の本です
田渕 直也 トレンドプロ

日本実業出版社 2006-03-24
売り上げランキング : 7038

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools

これにはびっくりしました。金融工学についてこんなにわかりやすい本があったとは!
2006年発売の本なので、もっとはやく読みたかったと心から思います。

続きを読む

信託報酬0.3%台のJ-REITインデックスファンド登場

nissay_asset_2.jpg

J-REITクラスのコスト最安インデックスファンドが登場します。

Fanet MoneyLife 投資信託 [ ニュース ] 2013/06/05
新規設定オープン:ニッセイ「<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド」商品概要

ファンド概要は、以下のとおりです。

<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド
 東証REIT指数連動・信託報酬 年率0.35175%以内・信託財産留保額なし

続きを読む

「銘柄も選択しないしタイミングも気にしない投資法」で儲かるわけない?

man-76196_640.jpg

今日の日経電子版に、投資における「第3の選択」があるという良記事が掲載されています。

日経電子版 マネー底流潮流
2013/6/10 株・為替大波乱で考える資産形成「第3の選択」
編集委員 田村正之


何が「第3」なのか? それは、「元本確保一本やり」でも「当てに行く投資」でもない、「投資対象と購入時期の分散による、ゆったりした資産形成」のこととのこと。国内外の株や債券のインデックスファンド等に積立投資するインデックス投資は、まさにこれに該当します。

詳しくは上記記事をご覧いただきたいのですが、まさに「我が意を得たり」の内容でした。

続きを読む

「ほったらかし投資術」の増刷&電子書籍化の連絡が

「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」(山崎元・水瀬ケンイチ共著)の増刷と電子書籍化の連絡が出版社から来ました。

ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)
山崎 元 水瀬ケンイチ

朝日新聞出版 2010-12-10

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools


続きを読む

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」13年6月分の投資を実行

ちょいドル

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」2013年6月分の投資を、本日6月7日に行ないました。
<ご参考> ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

連日、日本株式の下落が続き、為替も一気に2~3円も円高ドル安が進んだので、少し早いですが今月分の投資をしてみました。ポートフォリオの外国株式比率が高いので、円高&株安は「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」の投資チャンスです。
<関連記事> ロイター 2013/06/07
主要通貨の騰落率:日本円、対ドルで上昇一位

積み立て商品は、以下の4本です。

続きを読む

「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ(東京)」3周年おめでとうございます

コツコツ投資家の交流会「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ(東京)」が本日3周年を迎えたということで、お祝い申しあげます!

WITV CAFE
(この写真は以前撮った写真です)

続きを読む

国内ETFの「基準価額と市場価格の乖離」(2013年5月末時点)、やや乖離拡大

個人投資家の期待を集めながらも、基準価額と市場価格の乖離の大きさが課題と言われてきた国内ETF。

海外資産クラスの主要銘柄「上場MSCIコクサイ株」(1680)・「上場MSCIエマージング株」(1681)・「MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信」(1550)の乖離率を、2013年5月末時点でチェックしてみます。

国内ETFの「基準価額と市場価格の乖離」(2013年5月末時点)
(クリックで拡大)

続きを読む

少人数制のインデックス投資セミナーの講師を務めさせていただきます

a0002_003098.jpg

不肖水瀬がセミナー講師を仰せつかりました。

【横浜サカエ塾】第二回プレミアムイベント
ブログに書けない“インデックス投資” (インデックス投資ブロガー 水瀬ケンイチ)


続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大95,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/02/28まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/02/28まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/02/28まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

フィデリティ証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXISなど)
・電話でも取引可能(他社はあまりやっていない)なのでネット取引が心配な人におすすめ

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)