「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」13年7月分の投資を実行

ちょいドル

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」2013年7月分の投資を、本日7月31日に行ないました。
<ご参考> ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

なんのことはない、バタバタ忙しくて今月分の投資をすることを忘れていたがために、末日になった次第です。結果的にですが、月内では平均より安い、まあまあよいところでの投資となったようです。

積み立て商品は、以下の4本です。

続きを読む

マネックス証券から、WisdomTree ETFシリーズ登場

WisdomTree-Investments-Logo.jpg

マネックス証券は、本日2013年7月30日(火)より、WisdomTree ETFシリーズ6銘柄の取り扱いを開始すると発表しました。

マネックス証券 WEBサイト
2013/07/30 『ヘッジファンドの帝王』の米国ETF!ネット証券初の取扱い

気になる銘柄は以下のとおり。

続きを読む

日米の平均信託報酬の推移が正反対すぎて泣ける件

投資信託にコスト革命の予兆が見えてきた、という記事が日経電子版に掲載されています。

日経電子版 投資の知恵袋 Money&Investment
2013/7/27 NISAに賭ける投信 手数料ゼロで若い世代争奪

すべての個人投資家にとって、コストが下がることはよいことです。それ自体は歓迎すべきことだと思います。ただ、上記記事を見ると、投信業界内部の事情は、「渋々感」がありありと出ていて、なんだかなぁという感じではあります。

ただ、記事の中に、日米の投信の平均信託報酬の推移が分かるグラフが掲載されていました。これは、データとして有用なので、引用して残しておきたいと思います。

続きを読む

【イー・アドバイザーコラム】 インデックス投資への「過剰期待」と「過小評価」(後編)

投資情報提供のE-Advisor(イー・アドバイザー)にて、水瀬が連載しているコラムの第22回がアップされています。

photo20130727.jpg

続きを読む

10年ぶりにアセットアロケーションの債券比率を10%引き上げました

photo20130725.jpg

私事で恐縮ですが、先日、私は誕生日を迎え40歳になりました。正真正銘のオッサンです。

そこで、この10年間変更しなかったアセットアロケーションの債券比率を、約10%引き上げました。ターゲットイヤー型のファンドであれば、自動的にアセットアロケーションが変更されていきますが、私はすべて手動です。面倒くさいので、「10年経ったら一気に10%変更するか」と決めていました(参考記事)。

日本株式クラス・先進国株式クラス・新興国株式クラスの商品(昔のやや高コストなインデックスファンド群)を一定比率で売却しました。その資金で、日本債券クラスの商品(次回発行の個人向け国債変動10)を買い増しする予定です。

続きを読む

「eMAXIS」シリーズにNYダウインデックス登場。競合ファンドと比較!

eMAXIS


インデックスファンドの「eMAXIS」シリーズに、「NYダウインデックス」が登場します。

三菱UFJ投信 お知らせ
2013/07/22 ネット投資家向け「eMAXIS」(イーマクシス)に新ファンド追加

商品概要は以下のとおり。

eMAXIS NYダウインデックス
 NYダウインデックス連動・信託報酬0.63%・信託財産留保額なし

続きを読む

相方へのプレゼントは「もっとも美しい本」

ギリシャ神話


これをご覧の男性諸氏におかれましては、彼女や奥さまなど女性へのプレゼントは、どのように選びますでしょうか?
(投資とは無関係の雑談です。ご興味があるかただけご覧ください)

続きを読む

運用資産1000万円を超えると、毎年10万円以上運用会社に払っている

cost-cutting.jpg

日本の個人投資家にとって、インデックスファンドの歴史をざっと振り返るとこうです。

日本初のインデックスファンドは1985年に発売されましたが、その後、個人投資家向けのインデックスファンドは、日経平均やTOPIXなど国内株式ものばかりの時代が、10年以上続きました。国際分散投資に必須である先進国株式・新興国株式等のインデックスファンドは、確定拠出年金制度が導入された2001年以降に、やっと活発化してきました。

繰上償還や取り扱い廃止といった紆余曲折を経て、2013年現在、日本の個人投資家がまともにインデックス投資できるようになってから、ようやく10年ちょっとが過ぎようとしている段階です。


ぼちぼち出てきたインデックス投資家1000万円戦士


10年間インデックス投資をしていれば、初期投資額に加え、コツコツ積み立ててきた資金やボーナス資金の投入等により、資産額が1000万円を超えるインデックス投資家が出てきても不思議はないでしょう。実際、私のインデックス投資仲間では、資産規模が数千万円や1億円を超えるかたも、ぼちぼち出てきています。

資産額が大きくなってきたインデックス投資家を念頭に、あらためて運用コストである「信託報酬」について考えてみたいと思います。


続きを読む

【特別寄稿】 世界でいちばん割安なのはどの国?世界各国のバリュエーション表(2013年6月版)

ご好評いただいている、読者のタカちゃんさんによる特別寄稿「世界でいちばん割安なのはどの国?世界各国のバリュエーション表」の2013年6月版が寄せられました。

PERだけでなく、PBR、ROE、実質実効為替レート、長期金利、配当利回り、益回り、配当成長率、名目経済成長率予想といった複数指標を網羅的にまとめたデータは貴重です。

以下、特別寄稿「世界でいちばん割安なのはどの国?世界各国のバリュエーション表(2013年6月版)」です。

続きを読む

7/17東証上場のiシェアーズETF3銘柄が海外ETFへ「転換」可能に

ishares.jpg
明日(2013年7月17日)、東証に上場される予定のiシェアーズETF3銘柄(先進国株・新興国株・フロンティア株、それぞれ1581・1582・1583)は、海外ETF(それぞれTOK・IEMG・FM)に「転換」できるようです。

三菱UFJ信託銀行 WEBサイト
転換について

国内ETF3銘柄(1581・1582・1583)は、三菱UFJ信託銀行が受託している上場信託(JDR)です。上記サービスは、受益権を持っている投資家が、受益権と引き換えに信託財産である海外ETF(TOK・IEMG・FM)を受け取ることができるというものです。

2013年7月16日現在、転換取扱証券会社(指定転換販売会社)は、SBI証券と楽天証券の2社とのこと。

国内ETFから海外ETFへ「転換」。おもしろい制度ですね。

続きを読む

Amazonで「ほったらかし投資術」のKindle版を買ってみた

先ほどネットをうろついていたら、山崎元氏と不肖水瀬の共著「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」の電子書籍版が、AmazonのKindleストアで買えるようになっていたので、自分でも買ってみました。

Kindle版「ほったらかし投資術」をスマートフォンで見てみた
私のスマートフォン(Xperia GX)で見るとこんな感じです。

続きを読む

インデックス投資ブログの栄枯盛衰

publishers.jpg

Googleで調べ物をしていたところ、懐かしいブログ名を目にしました。以前、私がよく読んだり、コメントでやりとりをしていたインデックス投資ブログでした。

残念ながら、ブログの更新は5年前に止まっていました。更新は止まっていてもなお、その記事の内容が素晴らしいので、今でもこうしてGoogleの検索にヒットするのでしょう。

ただ、一定期間更新がないブログに自動的に表示される味気ないテキスト広告を見ていたら、寂しい気持ちになりました。たしか、他にもお付き合いしていたインデックス投資ブログがたくさんあったはず……。

昔よくお付き合いしていたインデックス投資ブログたちは、現在どうなっているのか?
急に調べてみたくなりました。

続きを読む

【イー・アドバイザーコラム】 インデックス投資への「過剰期待」と「過小評価」(前編)

投資情報提供のE-Advisor(イー・アドバイザー)にて、水瀬が連載しているコラムの第21回がアップされました。

photo20130712.jpg

続きを読む

アンコールサンクス

先週末、少人数制セミナーの講師をつとめさせていただきました。

事務局の後田氏によると、その抽選に外れてしまった方々を中心に、第2回開催のご要望が寄せられているとのこと。とても光栄なことです。ありがとうございます。

ただ、本業をこなしながらのセミナー準備と当日の講演で、すっかり燃え尽きてしまいました。しばらくはゴメンナサイ。。。

m_ojigi.jpg

続きを読む

ガラパゴス化している株主優待制度

IMG_1723-600x400.jpg

株主優待

株主優待(かぶぬしゆうたい)は、株式会社が一定数以上の自社の株式を権利確定日に保有していた株主に与える優待制度のこと。略して株優(かぶゆう)と呼ぶこともある。
実施に対する法的な義務は無く、諸外国ではほとんど行われておらず、基本的に日本独自のものであるがアメリカでも希にあり、スターバックスの物が知られる。
海外投資家、海外への優待発送は行われていない。
wikipediaより)


こういう事を言うとお叱りを受けるかもしれませんが、株主優待に対しては、私は昔から否定的な意見を持っています。これはその昔、インデックス投資を知る前の個別株投資をやっていた頃から変わっていません。

もちろん、株主優待を楽しみにしている個人投資家さんがたくさんいるのも知っていますし、そういった個人投資家によって、株主優待提供企業の株価が維持できているという面もあるかとは思います。

しかしながら……

続きを読む

初めてセミナー講師をやってみた感想

昨日、社団法人バトンが企画する「横浜サカエ塾」のインデックス投資セミナーを無事終えました。

人生初のセミナー講師だったわけですが、率直な感想は……

続きを読む

2013年6月末のアセットアロケーションと主な投資商品

毎年2回、お正月と6月末にアセットアロケーションの把握をしています。前回から半年経ったので再計算してみました。

アセットアロケーションについて

photo20130703.jpg

日本株式 12.3%
先進国株式 43.2%
新興国株式 13.2%
日本債券 21.7%
外国債券 2.5%
その他 7.0%

前回と比較していちばん大きく変わったことは、外国債券クラスから撤退して、その分を日本債券クラスに積み増したことです。主な理由は、過去に何度かブログにも書いていますが、

・長期的には購買力平価が意外に強力で、外国債券の期待リターンは国内債券と同じであるという考え
・過去データを見ると、外国債券クラスはリターンが低い割にはリスクが高い
・為替リスクはなるべく外国株式クラスに振り向けたい

といったところです(関連記事)。これはあくまで個人的な考えなので、他人に強制するつもりはございません。なお、外国債券クラスが2.5%残っていますが、これは海外ETFから出た分配金(米ドル)を、再投資に向けて米ドルMMFで待機している分です。

リスクはおおまかに把握し、有効フロンティアは厳密には追い求めておりません。たいしたアセットアロケーションではありませんので、これをお読みの皆さまは真似しない方がいいと思います。

続きを読む

国内ETFの「基準価額と市場価格の乖離」(2013年6月末時点)、3銘柄ともにマイナス(割安)圏

個人投資家の期待を集めながらも、基準価額と市場価格の乖離の大きさが課題と言われてきた国内ETF。

海外資産クラスの主要銘柄「上場MSCIコクサイ株」(1680)・「上場MSCIエマージング株」(1681)・「MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信」(1550)の乖離率を、2013年6月末時点でチェックしてみます。

photo20130701.jpg
(クリックで拡大)

続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/03/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/03/30まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)