2013年梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー的、3大ニュース

2013年梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー的3大ニュース

今日は大晦日、紅白など見ながら今年を振り返っています。

今年もいろいろなことがありましたが、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー的3大ニュースを簡単にまとめておきたいと思います。

続きを読む

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」13年12月分の投資を実行

ちょいドル

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」2013年12月分の投資を、今年の最終営業日の12月30日に行ないました。
<ご参考> ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

今月も、株価がほぼ一本調子に上がってしまったので、最終営業日での「根性なし投資」になってしまいました。株価が上がると資産総額が増えてうれしいのですが、一方で、売却を始めるのはまだまだ先のことであり、安く仕込めないのが悲しいです。

積み立て商品は、以下の4本です。

続きを読む

2013年梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー読まれた記事ランキングベスト10

goldmedal

今日は東証の大納会でした。安倍首相がノリノリの挨拶をしたように、今年一年、日本株は「アベノミクス」で好調だったようですが、国際分散投資を志向する当ブログではどうだったのでしょうか。

一年を振り返る意味で、2013年に当ブログで読まれた記事ランキングベスト10を、PVを調べながら書いてみたいと思います。それでは、いってみましょう。

続きを読む

投信事業は個人投資家にとって人生のインフラ事業

私がインデックス投資を志した10年くらい前は、インデックスファンドというもの自体がマイナーでした。

というのも、日経225とTOPIXばかりで、他の資産クラスのインデックスファンドはあまりなく、あっても信託報酬が高いものとかノーロードではないものとかでした。

ようやく許容範囲のインデックスファンドを見つけても、あっさり繰上償還されてしまったり、販売会社が取り扱いを廃止してしまったりで、個人投資家は継続的に運用を続けられない状態でした。
(そんな状況が、このブログを書き始めるきっかけのひとつでもあったのですが)

続きを読む

【イー・アドバイザーコラム】 単純に「非課税だから有利」ではない、NISAの「キモ」

投資情報提供のE-Advisor(イー・アドバイザー)にて、水瀬が連載しているコラムの第33回がアップされています。今回はいよいよ2014年1月から始まるNISAのお話です。

続きを読む

【特別寄稿】 世界各国のバリュエーション表(2013年11月版)

ご好評いただいている、読者のタカちゃんさんによる特別寄稿「世界でいちばん割安なのはどの国?世界各国のバリュエーション表」の2013年11月版が寄せられました。

PERだけでなく、PBR、ROE、実質実効為替レート、長期金利、配当利回り、益回り、配当成長率といった複数指標を網羅的にまとめたデータは貴重です。

以下、特別寄稿「世界各国のバリュエーション表(2013年11月版)」です。

続きを読む

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2013」が今朝の日経新聞に

先日発表された「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2013」が、今朝の日経新聞で取り上げられていました。

【日本経済新聞2013年12月25日朝刊19面より引用】

個人が選んだベスト投信、投資家目線、売れ筋とは一線(クローズアップ)

 実際に投資をしている個人が最も評価する投資信託は何か。「投信ブロガーが選ぶ! ファンド・オブ・ザ・イヤー2013」が19日、都内で発表された。投票したのは、自らの投資手法などをインターネット上で公開する、著名な投信ブロガー83人。大半は金融業界以外に勤務する会社員で、30~40歳代が多い。それぞれのブログには月間で数十万のアクセスがある。
 1位は米大手投信会社バンガードが運用する「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」(ETFは上場投信)。インターネット証券会社などで購入できる。
(中略)
 この日、90人が入る発表会場は個人投資家で満員。ファイナンシャルジャーナリストの竹川美奈子さんや投信ブロガーらによる座談会では「日本のアクティブ投信は米国のような運用担当者の情報開示規定がない。どんな人が運用しているのか知りたい」などの要望が聞かれた。

 日本の投信の純資産残高上位は、大半が毎月分配型のアクティブ型。しかし個人が評価するベスト10の顔ぶれは、いわゆる「売れ筋」とは全く異なる。発表は今回が7年目だが、過去に選ばれた投信のほぼ全てが、その後純資産を拡大し続けている。投信選びの参考になりそうだ。
【引用おわり】

続きを読む

Merry Christmas !!

Merry Christmas

素敵な夜をお過ごしください。

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー、8年ぶりにリニューアル

smile

PC版をご覧のみなさま、ブログの見た目がちょっと変わったと思いませんか?
ブログを8年ぶりにリニューアルしてみました。

続きを読む

新たな日本株式インデックス「JPX日経400」連動のインデックスファンドが続々。投資する?

JPX

2014年1月6日から算出が始まる新たな日本株式インデックス「JPX日経400」 連動のインデックスファンドが続々と設定されています。

ダイワJPX日経400ファンド
JPX日経400連動・信託報酬 年率0.68775%(税抜0.655%)・信託財産留保額なし

JPX日経400ノーロードオープン
JPX日経400連動・信託報酬 年率0.8085%(税抜0.77%)・信託財産留保額なし

続きを読む

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2013」結果発表!



「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2013」が本日発表されました。 

このアワードは、『証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベント』(公式サイトより)です。 

このアワード、結果発表&表彰式が今まで「インデックス投資ナイト」内のいちプログラムとして行なわれていましたが、今年から、別のイベントとして独立して行なわれました。もちろん会場に駆けつけ、こうして会場からブログを更新しています。 

気になるファンド・オブ・ザ・イヤーはどのファンドになるのか!?
結果は以下のとおり!

続きを読む

ニコニコ生放送でマネー講座、これは「アリ」かも

「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」(山田真哉・花輪陽子著)という本を読みました。「ニコニコ生放送でマネー講座」というセミナー形態の可能性を感じさせる一冊でした。

「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」
山田真哉 花輪陽子

祥伝社 2013-12-04
売り上げランキング : 1214

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー流「NISAの考え方のキモ」

NISA

そろそろNISAについてまとめておこうと思います。

今まで、NISAについてのまとめ記事を書くことを意識的に避けてきました。なぜなら、金融庁の原則だけは明らかになっていましたが、各金融機関がどこまで対応するかは未定であり、実際確認しても「未定」と言われる事項が多すぎたからです。

ところが、各金融機関が、詳細部分が未定のままNISA口座獲得競争に入ってしまい、「中身は決まってないけどとにかくうちで口座開設を!」というあやしいPR合戦の様相を呈していました。案の定、投資に詳しい有志が詳細を調査し始めると、新事実がさみだれで発覚し、情報発信者の当初のオススメが覆ったり、また戻ったりという混乱がありました。

この時期になり、さすがに未定事項がだんだんと明らかになってきて、NISAに関する全体像を把握した上で、どうするべきかをようやく判断できる状況にはなってきたと思います。なので、この記事を書くことにしました。

続きを読む

【イー・アドバイザーコラム】 やり手投資銀行家が亡くなる前にどうしても伝えたかったこと

投資情報提供のE-Advisor(イー・アドバイザー)にて、水瀬が連載しているコラムの第32回がアップされています。今回はある投資銀行家のお話です。

インデックス投資と何の関係があるの?と思われるかもしれませんが、まずは読んでみてください。

photo20131214.jpg

続きを読む

「ETFカンファレンス2013」における値千金のセミナー動画が無料公開

morningstar
先日のイベント「ETFカンファレンス2013」における、モーニングスター朝倉氏の値千金のセミナー動画が、無料公開されています。

モーニングスターETFカンファレンス2013
基調講演「NISAを始める前に考える最適なポートフォリオの作り方」

詳しくは上記動画をじっくり見てほしいのですが、インデックス投資を中心とした見応えのある内容となっています。

続きを読む

いくらNISAを盛り上げたくても、不適切な説明はダメ。またもや!

ダメ

NISAの解説記事が増えてきましたが、「これはダメだ」と思われるものがまたもやありましたので、取り上げます。

アメーバニュース 2013/12/11
ETFのラインアップも充実中。来春にNISA対応もスタート

なにがダメだって、記事の中に「米国ETF人気ランキング」という1位から10位までのランキングが出てくるのですが、そのうち、2位から9位までの説明がすべて間違っているという有り様です。

続きを読む

上げ相場で自分のリスク許容度を超えていないか、いま一度チェック

risk

目下、相場が好調なようです。でも、こういう時こそ、調子にのって自分の「リスク許容度」を超えた資産運用をしていないか、厳しくチェックするべきだと思います。

続きを読む

NISAでの米国ETF運用の疑問に対するネット証券各社からの回答比較

NISAで米国ETF

来年1月のNISA(少額投資非課税制度)開始まで、残り1か月を切りました。

私は運用コストの低さと永続性の観点から(少々手間はかかるものの)、NISAでは米国ETFで運用しようと考えています。

今まで、主要ネット証券各社ともNISAでの米国株式(米国ETF)についてはあまり情報がなく、質問しても「未定、未定」でした。しかし、制度開始まで1か月を切ったこの時期になると、さすがにもう未定は通用しないだろうということで、個人的にずっと気になっていた詳細部分を最終確認(質問)してみました。

主要ネット証券各社からの回答が出揃いましたので、回答をご紹介するとともに、各社横並びで比較してみようと思います。

続きを読む

SBI証券の米国株式、HDV・OEFの取り扱い開始&最低買付単位1株へ

SBI証券

SBI証券が米国株式で、米国ETFのHDV・OEFの取り扱い開始、最低買付単位を10株から1株へ変更すると発表しました。

2013/12/05 米国ETF:ブラックロックの2銘柄、取扱を開始(12/5~)
2013/12/05 米国株式:最低買付単位変更(10株→1株)のお知らせ(12/6~)

続きを読む

NISAでの米国ETF運用の不明点について、ネット証券各社に質問中

朝日新聞DIGITALより
(PHOTO:朝日新聞DIGITAL

来年1月のNISA(少額投資非課税制度)開始まで、残り1か月を切りました。

今まで、ネット証券各社ともNISAの詳細、特に米国株式(米国ETF)についてはあまり情報がなく、質問しても「未定、未定」でしたが、制度開始まで1か月を切ったこの時期になると、さすがにもう未定は通用しないのではないでしょうか。

本日、ネット証券各社のNISAでの米国ETF運用について、個人的にずっと気になっていた詳細部分をまとめて質問しました。

続きを読む

国内ETFの「基準価額と市場価格の乖離」(2013年11月末時点)、ウォッチ銘柄はほぼすべて乖離拡大…

個人投資家の期待を集めながらも、基準価額と市場価格の乖離の大きさが課題と言われてきた国内ETF。

海外資産クラスの主要銘柄の乖離率を、2013年11月末時点でチェックしてみます。今年7月から追加したiシェアーズ3銘柄(iS先進国株・iSエマージング株・iSフロンティア株)がそろそろ落ち着いてきたのかにも注目です。

国内ETFの「基準価額と市場価格の乖離」(2013年11月末時点)
(クリックで拡大。クッキリしたグラフが表示されます)

続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大95,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/02/28まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/02/28まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/02/28まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

フィデリティ証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXISなど)
・電話でも取引可能(他社はあまりやっていない)なのでネット取引が心配な人におすすめ

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)