「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」14年5月分の投資を実行

ちょいドル

急に暑くなってきましたね。そんななか、「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」2014年5月分の投資を、5月30日に行ないました。

<ご参考> ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

続きを読む

おくすり手帳を持たない人は、薬代が20円安くなるってホント?

薬
先日、久々に近所の病院に行きました。処方せんをとなりの薬局に持っていった時のこと。

薬剤師 「1,110円です」
わたし 「はい、1,200円でお釣りください」
薬剤師 「ありがとうござ……あっ!おくすり手帳なしだった。計算しなおしますので少々お待ちください」
わたし 「はぁ」

何のことだかわからないまま待っていると、

薬剤師 「1,090円です」
わたし 「20円安くなってる……なにこれ?」
薬剤師 「ニッコリ」

続きを読む

「新・投資信託にだまされるな!」(竹川美奈子著)は磨きがかかったオールラウンド投信本

竹川美奈子氏の代表作「投資信託にだまされるな!」が、2007年の初版、2010年の改訂に引き続き、「新・投資信託にだまされるな!」として再び改訂されました。

新・投資信託にだまされるな! ---買うべき投信、買ってはいけない投信新・投資信託にだまされるな! ---買うべき投信、買ってはいけない投信
竹川 美奈子

ダイヤモンド社 2014-05-23
売り上げランキング : 304

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools


続きを読む

毎月分配型投信の不適切販売で、日本中で訴訟ラッシュの可能性!?

裁判
毎月分配型投信の不適切販売で、訴訟ラッシュの可能性があるそうです。

ZAKZAK by 夕刊フジ
2014/05/22 【経済快説】毎月分配型投信の不適切販売 訴訟ラッシュの可能性も

続きを読む

東京証券取引所「ETF・ETN市場に関する意見交換会」で指定参加者やマーケットメイカーさんのホンネに迫る

東京証券取引所

東京証券取引所の「ETF・ETN市場に関する意見交換会」に、要請をいただき参加してきました。

<主催>
・東京証券取引所 マーケット営業部

<参加者>
・ブロガー 7名
・日興アセットマネジメント 商品企画部 ETFセンター長 今井幸英氏
・野村證券 グローバル・マーケッツ本部 ETFマーケティング・グループ長 塩田誠氏
・三菱UFJ投信 営業企画推進部企画グループマネージャー 佐々木康平氏

東京証券取引所の方々に加え、ブロガー7名はほぼ相互リンクブロガーさんたち、野村證券が指定参加者の立場、日興アセットと三菱UFJ投信が運用会社の立場での参加でした。

事前に集められていた質問に、取引所・指定参加者・運用会社が回答するという形式で意見交換会は進められました。途中でツッコミや逆質問なども入り乱れて、大いに盛り上がった意見交換会となりました。

以下に、要点をまとめたいと思います。

続きを読む

「みずほインデックス投資戦略ファンド」をインデックス投資家が見ると

みずほ銀行は、「みずほインデックス投資戦略ファンド(愛称:i パズル)」を取り扱い開始すると発表しました。

みずほ銀行 WEBサイト
2014/05/19 投資信託「みずほインデックス投資戦略ファンド(愛称:i パズル)」の取扱開始について

続きを読む

日経田村氏のマネー記事についに計算式登場。これはデフレ脱却にむけたメッセージかも

graph014.png

日経新聞田村正之氏といえば、著書「しぶとい分散投資術―世界金融危機でわかった!」や、日経電子版のマネーコラム「いつかは経済自由人!」で、データをふんだんに使ったわかりやすいマネー記事を書かれてきました。

ただ、昨日の日経電子版コラムは、ピリッとスパイスの効いたひと味違うコラムでした。

続きを読む

私の場合、DC年金の資産配分はこうしました

DC

多くの企業と同じように、勤務先が確定拠出年金(DC)を導入することになり、社員に資産配分を決めさせています。

私が決めたDC年金の資産配分は以下のとおりです。

続きを読む

通貨選択型の投信を選ぶとパフォーマンスが悪いというデータ

2010年頃から「通貨選択型投信」が人気化しました。「○○ファンド」のあとに「ブラジルレアルコース」とか「トルコリラコース」などと書いてあるアレです。当時、毎月の分配金がよりたくさん出るということで、高齢者を中心に売れまくっていました。

その通貨選択型投信、その後のパフォーマンスが良くないようです。

続きを読む

「NISA口座でなくても、分配金を出さなければファンド内は非課税で再投資される」ことに気づいてほしい

非課税

日本の個人投資家に根強い人気を誇っていた毎月分配型ファンドの売れ行きが鈍ってきたそうです。

モーニングスター アナリストの視点(ファンド)
2014/05/13 毎月分配型から低分配型にシフト、「NISA」機に資産配分見直しを

上記記事によると、純資金流出入額で毎月分配「以外」のファンドが、毎月分配型ファンドを3カ月連続で上回っています。これは、2011年10~12月以来2年以上ぶりとのこと。

続きを読む

TOPIXダブルインバース(-2倍)指数連動ETFが登場ですが

TOPIXダブルインバース(-2倍)指数連動のETFが2014年5月28日に登場します。

東京証券取引所 東証からのニュース
2014/05/12 5月29日(木)、新しいETFが上場します ~シンプレクス・アセット・マネジメント「TOPIXベア2倍上場投信」~

気になる商品概要は以下のとおりです。

TOPIXベア2倍上場投信(1356)
 TOPIXダブルインバース(-2倍)指数連動・信託報酬 年率0.81%(税込)

続きを読む

ネット証券の海外ETFの株券は、投資家名義じゃない!?

驚き

ネット証券の海外ETFの株券は、「投資家名義」ではなく「金融機関名義」になっている。こう聞いて、「ええ~っ!?」と思われますか?

続きを読む

公共料金の支払いを還元率の高いクレジットカードに変更

creditcard.jpg

公共料金の支払いに使っていたクレジットカードを、還元率が高いカードに変更しました。

続きを読む

さまざまな投資に取り組んできた投資家の行き着いた先は

不動産

投資歴30年のある投資家の体験談が、日経電子版に掲載されています。

日経電子版 わたしの投資論
2014/05/08 人生90年、自分もお金も生涯現役(生島ヒロシ)

ある投資家というのは、フリーアナウンサーの生島ヒロシ氏です。詳しくは、上記コラムをご覧いただきたいのですが、無理やりまとめると以下のとおり。

続きを読む

週刊SPA! のNISA記事からわかること

週刊SPA!

最近、週刊SPA!のサイトにNISAの記事がよく出ています。先日もこのような記事が出ていました。

日刊SPA!(週刊SPA! のWEBサイト版) 木村和久の「オヤ充のススメ」その12
2014/05/05 NISA制度では儲からない本当の理由

この記事だけでなく、SPA!では最近、「NISAこそ大化け株を狙え」とか「大儲けしている「アベノミクスOL」「NISA女子」が続々出現」のように、割と頻繁にNISAが取り上げられるようになっています。

個々の記事内容を見ると、どうしようもないものも含まれていますが、ここでは論じません。それよりも、これらの記事を続けて読んでみると、ある「共通点」があることに気づきました。それはなにか?

続きを読む

バンガードの運用コストは「改定」?「引き下げ」?

vanguard logo
米国バンガードのETFの経費率(Expense ratio)が改定され、更に下がっています。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン
2014/04/30 2014年バンガードETF™経費率改定のお知らせ

米国に比べて高コストな投資信託を買わされている日本の投信ブロガーたちが、これを聞いて「素晴らしい!」と感じるのは当然のことです。投信ブロガーたちは、「バンガードETFのコスト引き下げ」「バンガードETF (VSS, VT, VWO)がさらにコスト引下げを発表」と書いて賞賛しています。私も同じような表現でブログ記事を書いたことがあります。

しかし最近、「コスト引き下げ」という表現に違和感を覚えるようになってきました。なぜ違和感を覚えるのか?

続きを読む

国内ETFの「基準価額と市場価格の乖離」(2014年4月末時点)、フロンティア株が乖離縮小してきたか?

個人投資家の期待を集めながらも、「基準価額と市場価格の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。海外資産クラスの主要銘柄の乖離率を、2014年4月末時点でチェックしてみます。

基準価額と市場価格の乖離

続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)