国内ETFの「基準価額と市場価格の乖離」(2015年10月)、3か月連続で許容範囲(ただし1550以外)

個人投資家の期待を集めながらも、「基準価額と市場価格の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。海外資産クラスの主要銘柄の乖離率を、2015年10月の状況をチェックしてみます。

続きを読む

楽天証券の超・低コストインデックスファンド4銘柄が、積み立てだけでなく金額指定のスポット購入も可能に。更に続報が!?

sky-sunny-clouds-cloudy.jpg

楽天証券は、2015年11月4日(水)から、三井住友アセットマネジメントのDCファンド4銘柄を積立注文だけでなく、金額指定注文も可能にすると発表しました。

続きを読む

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」15年10月分の投資を実行

money-18554_640.jpg
さわやかな秋晴れが続く今日このごろ、なぜか毎日二日酔いです。そんななか、「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」2015年10月分の投資を、本日10月28日に行ないました。

<ご参考> ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?
※この投資法が日経ヴェリタスにとりあげられました(2014年7月6日号)

続きを読む

日本投信全体(↑)、日本インデックス投信(↓)、米国投信全体(↓)、米国インデックス投信(↓)

arrow-394143_640.jpg

タイトルを見て、「なんのこっちゃ?」と思ったかたもおられるかもしれませんが、これは投信の保有コストの過去10年の推移です。

続きを読む

ニッセイアセットマネジメントが11月にネット販売向け投信のコストを大きく引き下げる!?

nissay_asset_2.jpg

ニッセイアセットマネジメントが、11月にネット販売向け投信のコストを大きく引き下げるという報道が出ています。これは見逃せません。

続きを読む

山崎元氏「本当はアクティブ運用がやりたい」について

joy-579550_640.jpg

共著の「全面改訂 ほったらかし投資術」でインデックス投資の優位性を書いた経済評論家の山崎元氏、日経電子版のマネー欄で、「本当はアクティブ運用がやりたい」という本音を吐露しています。

続きを読む

ZUU online の「株式投資家必見のブログ10選」に選ばれました

blog-13443_640.jpg
ZUU online という媒体の「株式投資家必見のブログ10選」に選ばれました。

続きを読む

竹中平蔵氏、山崎元氏、竹川美奈子氏などが出演する新春講演会に申し込み

photo20151017.jpg

あの竹中平蔵氏や、インデックス投資家にもおなじみの山崎元氏、竹川美奈子氏などの講演を聞けるセミナーが2016年1月に開催されるようです。

続きを読む

インデックスファンドの10割すべてがインデックスを上回れない?(その3)

ball-93120_640.jpg

前回の記事「インデックスファンドの10割すべてがインデックスを上回れない?(その2)」の続きです。

前回までの記事で見てきましたが、インデックス(指数)そのものではなく、信託報酬がかかるインデックスファンドとアクティブファンドとの比較でどうなのか?という疑問に対するデータがなかなかありません。ずっとモヤモヤしていたのですが、見つけました。

続きを読む

インデックスファンドの10割すべてがインデックスを上回れない?(その2)

solution-860229_640.jpg

前回の記事「インデックスファンドの10割すべてがインデックスを上回れない?(その1)」の続きです。

記者 「でも水瀬さん、アクティブファンドの6~7割はインデックスを上回れないって言いますが、インデックスファンドは10割すべてがインデックスを上回れませんよね?」
水瀬 「どういうことですか?」

続きを読む

インデックスファンドの10割すべてがインデックスを上回れない?(その1)

argument-238529_640.jpg

数年前、あるマネー誌の取材に応じた時のこと。記者さんの質問に私が答える形で、取材は進行しました。

ところが、インデックス投資の良さを語る私に、記者さんは明らかに不満そうな顔をされていました。どうやらアクティブ派の記者さんのようです。

続きを読む

インデックス投資家のお笑い芸人がいた!

数少ないインデックス投資家芸能人を発見。

続きを読む

「全面改訂 ほったらかし投資術」が5刷決定。ありがとうございます

five-32139_640.png

山崎元氏との共著「全面改訂 ほったらかし投資術」の第5刷が決まったと、出版社から連絡が入りました。

続きを読む

全国行脚のなかで、投資に手間がかからないありがたみを再認識

home-office-336373_640.jpg

またこの季節がやってきてしまいました。現在、四国某所に来ております。

続きを読む

インデックスファンド・ETFのオールキャップ・インデックス(小型株も含む)への移行、大歓迎です!

hands-600497_640.jpg

バンガードは、バンガード®・FTSE・ヨーロッパETF(VGK)およびバンガード・FTSE・パシフィックETF(VPL)が、小型株を含む新しいベンチマークに移行すると発表しました。大歓迎です!


続きを読む

国内ETFの「基準価額と市場価格の乖離」(2015年9月)、先月に引き続き1550以外は許容範囲に収まる

個人投資家の期待を集めながらも、「基準価額と市場価格の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。海外資産クラスの主要銘柄の乖離率を、2015年9月の状況をチェックしてみます。

続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大110,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/04/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/04/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)