「つぶやき介入」という気になるキーワード

pexels-photo-218536.jpeg

常々ツイッターのタイムラインを眺めているツイッター廃人(予備軍)の自分としては気になる「つぶやき介入」というキーワードを見かけました。

続きを読む

モーニングスターのETF乖離率表示で異常値?

8680774480_b55d8e1471_z.jpg

国内ETFの市場価格と基準価額の乖離率を、毎月、モーニングスターでウォッチしています(関連記事)。

個人的な乖離率の許容範囲を±1.0%以内と設定して、数年にわたってチェックしていますが、そんななか、最近上場された国内ETFで、いくらなんでもおかしいだろ?という銘柄があります。

続きを読む

米国次期大統領ドナルド・トランプ氏が「ウォール街のランダム・ウォーカー」にも登場していたとは

photo20161126.png

米国次期大統領ドナルド・トランプ氏が、インデックス投資のバイブル「ウォール街のランダム・ウォーカー」(バートン・マルキール著)にも登場しているって知ってました?

続きを読む

日経マネー 2017年1月号に掲載されました

photo20161124.png

11月21日発売の日経マネー 2017年1月号に掲載されました。

続きを読む

NIKKEI STYLE に当ブログの主張が掲載されました

abstract-1238980_640.jpg

2016/11/17 の NIKKEI STYLE に、インデックス投資家への誤解に関する当ブログの主張が掲載されました。

続きを読む

50万円儲かった時には、50万円損した時のことを考えてみる

photo20161121.png

だんだんと株高&円安が進み、国際分散投資をしている投資家から「かなり利益が出ている!」「含み損が消えた!」というよろこびの声が、SNS等でちらほら出始めています。

続きを読む

ニッセイ外国株式インデックスファンドが一発やらかしたようです

woman-975339_640.jpg

ニッセイアセットマネジメントが、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの運用でやらかしたようです。

続きを読む

松井証券の投信事業再参入が予想外にインデックス投資家向けだった

matsui_logo.png

松井証券が投信事業に再参入するという発表をしましたが、これが予想外にインデックス投資家向けでした。

続きを読む

トランプ大統領誕生。今後の株価はどうなるのか?どうするべきか?

presidents-652347_640.jpg

米国大統領選挙前、「民主党政権の方が株価にはプラス」という話をよく見聞きしました。(ちなみに、ヒラリー・クリントン氏が民主党で、ドナルド・トランプ氏が共和党)

続きを読む

NIKKEI STYLE に掲載されました

photo20161110.jpg

本日の NIKKEI STYLE に意外な形で掲載されました。

続きを読む

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」16年11月分を実行

pig.png

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」の11月分の積み立て投資を、11月9日に行ないました。

※「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」とは、積み立て投資の退屈対策のためにやっている投資法に付けたテキトーな名前です。詳しくはこちらを参照

続きを読む

ご自身では投資していなかった山崎元氏、ついにVTを購入

calculator-calculation-insurance-finance-53621.jpeg

楽天証券のコラムで山崎元氏が、「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」に約600万円投資したと語っています。

続きを読む

なぜ先進国、新興国という分類のほかに、日本という分類をするのでしょうか?

question-mark-457458_640.jpg

ブログ読者の方から、「なぜ先進国、新興国という分類のほかに、日本という分類をするのでしょうか?」というご質問をいただきました。自分なりの回答をしたいと思います。

続きを読む

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」に投票しました

photo20161103.png

先ほど、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」に投票しました。

続きを読む

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(2016年10月)、9か月連続で安定状態継続中

good-1122969_640.jpg

個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。

海外資産クラスの主要銘柄の乖離率を、2016年10月の状況をチェックしてみます。

続きを読む

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」16年10月分を実行

pig.png

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」の10月分の積み立て投資を、10月31日に行ないました。

※「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」とは、積み立て投資の退屈対策のためにやっている投資法に付けたテキトーな名前です。詳しくはこちらを参照

続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)