Kindleで山崎元氏の「資産運用実践講座Ⅰ・Ⅱ」など、『全点40%ポイント還元』東洋経済新報社キャンペーン実施中

現在、Kindleストアで、「『全点40%ポイント還元』東洋経済新報社キャンペーン」を実施しています。対象Kindle本のなかから、読んでおもしろかった本をいくつか感想とともにご紹介します。...

NISA口座の2014年分のロールオーバー申込書が6日で届く。忘れないように明日ポストへ

2018年11月10日のブログ記事「NISA口座で無事、2014年分のロールオーバー申込み。こんな画面でしたよ(楽天証券の場合)」で手続きをした、NISAのロールオーバーについて、「申込書」が届きました。...

「無料」証券投資サービスのカラクリがわかるレポート

米国ではフィデリティが信託報酬ゼロのETFを上場したり、証券会社が株やETFの売買手数料を無料にしたりと、「無料」証券投資サービスが盛り上がってきています。日本においても、楽天証券が東証上場の「iシェアーズ」「MAXIS」シリーズETFの売買手数料を無料化、マネックス証券が「ウィズダムツリー」シリーズETFの売買手数料を無料化、カブドットコム証券が「MAXIS」シリーズETF等の売買手数料を無料化するなど、米国の動きに追随...

NIKKEI STYLE の記事がTV番組に!?

ブログでたびたび取り上げさせていただいている NIKKEI STYLE に、同じくたびたび取り上げさせていただいているFP山崎俊輔氏の記事が動画でアップされています。記事が動画でアップされる? どんな感じか、ぜひ見てみてください。...

知らずに買ってしまったダメ商品は、サンクコスト(埋没費用)としてスッパリ切り捨てて未来に目を向けよう

ニッセイ基礎研究所に、「サンクコスト」(埋没費用)についてのレポートが出ています。サンクコストの呪縛-もったいないから、やめられない? | ニッセイ基礎研究所サンクコストとは、「既にかかってしまっていて、いまさらとりかえせない費用のこと」(上記レポートより)で、過大視されやすく、人は、サンクコストにこだわり過ぎて、ついつい不合理な判断をしてしまうとのこと。...

NISA口座で無事、2014年分のロールオーバー申込み。こんな画面でしたよ(楽天証券の場合)

勝手に自分の中ですったもんだがあったNISA口座のロールオーバーですが、無事、2014年分を申込みをしました。<ご参考>2018-09-15 NISA口座初のロールオーバー間近! 損益計算は、2014年分の評価額でするのか、2014年~2018年の平均でするのか?2018-11-05 「どうやら、ロールオーバー時の損益は、2014年の取得額ではなく、2014年~2018年の取得額の平均で計算されてしまうっぽいです」というのはちょっと見当違いでした今回の...

北陸某県でもほったらかし投資

全国出張行脚で北陸某県に来ています。幸いなことに、いまのところ仕事は順調です。...

先日の金融庁主催「つみたてNISA Meetup 女子部」の様子が、QUICK Money World に掲載

2018年11月2日開催の金融庁主催「つみたてNISA Meetup 女子部」の様子が、QUICK Money World に掲載されています。ゲスト出演していた水瀬も名前が出ていました。つみップ女子部、講師2人も女性 つみたてNISAやiDeCoを解説 | 資産運用研究所 | QUICK Money World懇親会での山崎元氏による「斬新な締め」にもご注目あれ😊<関連記事>2018/11/03 金融庁主催「つみたてNISA Meetup 女子部」にゲスト登壇させていただきま...

「どうやら、ロールオーバー時の損益は、2014年の取得額ではなく、2014年~2018年の取得額の平均で計算されてしまうっぽいです」というのはちょっと見当違いでした

以前、「NISA口座初のロールオーバー間近! 損益計算は、2014年分の評価額でするのか、2014年~2018年の平均でするのか?」という記事で、自分がNISA口座を開設している楽天証券では、「どうやら、ロールオーバー時の損益は、2014年の取得額ではなく、2014年~2018年の取得額の平均で計算されてしまうっぽいです」と書きました。これがちょっと見当違いだったようです。申し訳ございません。...

金融庁主催「つみたてNISA Meetup 女子部」にゲスト登壇させていただきました。活発な質疑応答をメモしたよ

昨日、金融庁主催のイベント「つみたてNISA Meetup 女子部」にゲスト登壇させていただきました。...

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に投票しました

今年も「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に投票しました。投票したのはもちろんアノ銘柄!...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(2018年10月)。市場は大荒れでしたが乖離率はまずまず

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。海外資産クラスの主要銘柄の2018年10月末までの乖離率について見てみましょう。...