台風19号被害支援にネット証券のポイントを寄付しよう

超大型の台風19号は、日本各地におおきな被害を与えました。被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。当ブログでもできることはないかを考え、2011年東日本大震災のときに賛同してくれた方々が数多くいらっしゃった「ネット証券のポイント寄付」を呼びかけさせていただきます。普段、証券会社のポイントを意識していないかたも多いのではないでしょうか。ポイントには期限があるものもあります。期限切れで失効するくらいな...

「ウォール街のランダム・ウォーカー」「敗者のゲーム」などインデックス投資のバイブルが50%ポイント還元! Kindleストアで大型キャンペーン実施中

いまKindleストアで「日本経済新聞出版社 秋の大型施策 1000点以上ポイントバック」キャンペーンを実施中です。今年7月に発売されたばかりの「ウォール街のランダム・ウォーカー」の最新刊が50%ポイント還元など、インデックス投資家や積み立て投資家にとっては見逃せないチャンスです。...

【まとめ記事】低コストインデックスファンド徹底比較(2019年9月末)高評価インデックスファンド集【全部入り】

「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事で取り上げた資産クラス(日本株式、先進国株式、新興国株式、全世界株式、日本債券)ごとのインデックスファンド比較の図表(2019年9月末時点)を、すべて1本の記事にまとめました。各資産クラスの高評価なインデックスファンドが一覧できますよ。※当シリーズ記事の説明書きとして、まずは『新シリーズ!「低コストインデックスファンド徹底比較」開始。まずは説明書き』を...

【日本債券】低コストインデックスファンド徹底比較(2019年9月末) eMAXIS Slim、ニッセイが高評価

「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事として、日本債券クラスの主要なインデックスファンドについて、2019年9月末で比較しました。※当シリーズ記事の説明書きとして、まずは『新シリーズ!「低コストインデックスファンド徹底比較」開始。まずは説明書き』をぜひご覧ください。それではどうぞ。...

【全世界株式】低コストインデックスファンド徹底比較(2019年9月末) 「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」が高評価!

「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事として、全世界株式クラスの主要なインデックスファンドについて、2019年9月末で比較しました。※当シリーズ記事の説明書きとして、まずは『新シリーズ!「低コストインデックスファンド徹底比較」開始。まずは説明書き』をぜひご覧ください。それではどうぞ。...

【新興国株式】低コストインデックスファンド徹底比較(2019年9月末) 「雪だるま(新興国株式)」が高評価!

「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事として、新興国株式クラスの主要なインデックスファンドについて、2019年9月末で比較しました。※当シリーズ記事の説明書きとして、まずは『新シリーズ!「低コストインデックスファンド徹底比較」開始。まずは説明書き』をぜひご覧ください。それではどうぞ。...

【先進国株式】低コストインデックスファンド徹底比較(2019年9月末) eMAXIS Slimがついに「受益者還元型信託報酬率」突入で高評価!

「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事として、先進国株式クラスの主要なインデックスファンドについて、2019年9月末で比較しました。※当シリーズ記事の説明書きとして、まずは『新シリーズ!「低コストインデックスファンド徹底比較」開始。まずは説明書き』をぜひご覧ください。それではどうぞ。...

【日本株式】低コストインデックスファンド徹底比較(2019年9月末) eMAXIS Slimとニッセイの2トップが強い

「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事として、日本株式クラスの主要なインデックスファンドについて、2019年9月末で比較しました。※当シリーズ記事の説明書きとして、まずは『新シリーズ!「低コストインデックスファンド徹底比較」開始。まずは説明書き』をぜひご覧ください。それではどうぞ。...

猫に噛まれました

(写真はイメージです)いや、「飼い犬に手を噛まれる」「窮鼠猫を噛む」のようなことわざ的な話ではなく、文字どおり、猫に噛まれました。...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(19年9月)、乖離はごく小さく許容範囲内

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。国際分散投資に活用できる主要なETFについて、2019年9月末までの乖離率を見てみましょう。...

「新R25」に水瀬の取材記事が掲載されました

R25世代(20~30代)のビジネスパーソン向けWEBメディア「新R25」に、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーと水瀬が掲載されました。...