ついに10万部突破!「お金は寝かせて増やしなさい」(フォレスト出版)13刷決定で目標達成(プレゼント企画もあるよ!)

仕事の出張先で、目が回るほど忙しく走り回っていた時、フォレスト出版の編集さんからのメールがスマホ通知されました。「件名: キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」...

「たまひよ」に若いママパパ向けの第11回連載記事が掲載。今回は「途中で売りたくなったら、どうすればいいの?」というお話

妊娠や出産・育児のお役立ち情報サイト「たまひよ」に、水瀬ケンイチの第11回連載記事が掲載されました。今回は、「途中で売りたくなったら、どうすればいいの?」というお話です。...

マネックス証券とSBI証券、米国ETF9銘柄の買付手数料実質無料化

マネックス証券とSBI証券は、バンガードなど米国ETF9銘柄の買付手数料を実質無料化すると発表しました。...

松井証券に追随して、すかさずSBI証券も1日の約定代金50万円までの株式取引手数料を無料化

2019年12月9日に松井証券が、国内株式について1日の約定代金50万円までの株式取引手数料を無料とすると発表しました。すると同日、すかさずSBI証券も追随して、1日の約定代金50万円までの株式取引手数料を無料とすると発表しました。...

「お金は寝かせて増やしなさい」(フォレスト出版)2周年

拙著「お金は寝かせて増やしなさい」(フォレスト出版)の初版が2017年12月8日に発売されてから、本日で丸2年です。...

もしコストゼロのインデックスファンドがあったら必ず儲かる?

昨年2018年の夏、米国フィデリティ・インベストメンツが信託報酬ゼロのインデックスファンドを発売して話題になりました。...

複雑怪奇な2階建て新NISAの日経新聞報道。脳内で円卓会議を妄想

日本経済新聞に、2024年に刷新される「新NISA」の報道が出ています。...

「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の信託報酬がライバル追随値下げ!

三菱UFJ国際投信は、インデックスファンドの「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の信託報酬を、他社類似ファンドに対抗して引き下げると発表しました。...

DMM.com証券、米国株式の取引手数料を完全無料化

昨日、「【追記あり・SBI証券も】松井証券・楽天証券・マネックス証券、投資信託の購入時手数料を無料化」というブログ記事を書きましたが、今度は「米国株式」の取引手数料の完全無料化を発表する証券会社が現れました。...

【追記あり・SBI証券も】松井証券・楽天証券・マネックス証券、投資信託の購入時手数料を無料化

松井証券は2019年12月9日から、楽天証券は2019年12月16日から、投資信託の購入時手数料(販売手数料)を無料化すると発表しました。また、マネックス証券は2020年1月から、投資信託の購入時手数料を全額キャッシュバックすると発表しました。こちらは完全な無料化ではありませんが、実質無料化です。...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(19年11月)、マーケットメイク対象外ETFの乖離が大幅拡大。薄々感じていたことが確信へ

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。国際分散投資に活用できる主要なETFについて、2019年11月末までの乖離率を調べてみました。そして、以前から薄々感じていたことが確信めいたものになりました。...