インデックス投資家は、知らないうちにコロナ治療薬有望候補薬メーカーも応援している

新型コロナウイルス感染症の影響による「コロナ・ショック」で、株式市場が大ダメージを受けています。直近の高値から見ると、米国株は40%近く下落、日本株も30%近く下落しており、まさに「暴落相場」と言っていいと私も思います。しかしながら、不安を感じているインデックス投資家の皆さまにお伝えしたいことがあります。...

外出自粛のこの週末をどう過ごしたか

東京都内で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受けて、東京都はこの週末、不要不急の外出を控えるように呼びかけられていました。今週末は外出せずに自宅で過ごしました。...

コロナショックには、水瀬ケンイチさんの書籍『お金は寝かせて増やしなさい』が効く!?

インデックス投資アドバイザーのカン・チュンド氏のブログで、「コロナショックには、水瀬ケンイチさんの書籍『お金は寝かせて増やしなさい』が効きます」とご紹介いただきました。...

「日経新聞最後の良心」田村正之氏の新連載は「稲妻が輝く瞬間」にスタート!?

ラスト・サムライではありませんが、「日経新聞最後の良心」といわれる田村正之編集委員の連載「お金を殖やすツボとドツボ」が始まったようです。「お金の制約なしに人生の様々な選択ができる経済的自由(Financial Freedom)。それに近づくために必要な運用や社会保障の知識を、会話形式でわかりやすく伝えるコラム」とのこと。お相手は、難しい話が出ると寝ちゃうハナちゃん。なんともいえないなつかしさがこみ上げてくるのは私...

東京オリンピック2020延期で、逆にやる気に

日本の安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が24日夜、電話会談を行い、東京オリンピックを1年程度延期する方針が出たとの報道です。(投資に関係のない雑談です。ご興味がある方だけご覧ください)...

「ウォール街のランダム・ウォーカー」や「敗者のゲーム」など投資のバイブルが半額以下。【40%OFF以上】新生活キャンペーンで「原典」に当たろう

現在、Kindleストアで、「【40%OFF以上】新生活キャンペーン」を実施しています。4000冊以上の対象Kindle本のなかから、当ブログの読者さまにおすすめの本をご紹介します。今回のキャンペーンでは投資の名著の「原典」が対象になっています。...

短期投資家が安値で投げ売った株を、長期積み立て投資家が安値で拾っている

新型コロナウイルスの拡大をトリガーに、世界中で株式市場で暴落が続いています。この「コロナ・ショック」で市場は悲観ムードにつつまれています。そんななか、インデックスファンドの「eMAXIS」シリーズへの資金流入が加速しているという現象が起きています。...

「たまひよ」に第17回連載記事が掲載。Q&Aその4 「つみたてNISA」に関する心配事

新米ママパパさん向けサイト「たまひよ」に、水瀬ケンイチの第17回連載記事が掲載されました。全国の子育て中のママパパさんへのアンケートに寄せられたご質問に回答します。今回はQ&Aその4、「つみたてNISA」に関する質問を取り上げます。...

短期投資家にとって必要な情報と、長期投資家にとって必要な情報

世界中の株価チャートを頻繁にチェックすること、全銘柄の騰落をヒートマップでいち早く一覧表示すること、FRB議長や日銀総裁の発言を逐一チェックすること、今回の下げは過去何番目であるかを調べること。こういう情報収集に精を出している方々がいるのは知っています。短期投資家にとってはありがたい情報でしょう。でも、それは長期積み立て投資家にとって毎日チェックする必要ある?...

株価乱高下のなか、バンガードさんから長期投資家に向けたナイスアシスト! 衝動的な売買にご注意あれ

今週は世界中で株価が乱高下しました。市場が急に大暴れしだしたので、びっくりした方々もいらっしゃると思います。なんでも、世界中で新型コロナウイルス感染症が拡大するなか、NYダウが1987年の「ブラックマンデー(暗黒の月曜日)」以来の大暴落となるなど、5日続けて1000ドルを超えて乱高下したそうです。たいへんな大騒ぎの状況のなか、バンガード・インベストメンツ・ジャパンさんが、良い情報を発信されていました。資産の...

「THE21 2020年4月号」に掲載されました

PHP研究所の月刊ビジネス誌「THE21 2020年4月号」に私水瀬ケンイチが掲載されました。THE21 に掲載されるのは初めてのことです。...

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」20年3月分の実行、177回目の積み立て。信じられないかもしれませんがいつもどおりです

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」の20年3月分の積み立て投資を、本日3月10日に行ないました。 ブログで記録をはじめてから177回目の積み立てになります。※「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」とは、積み立て投資の退屈対策のためにやっている投資法に付けたテキトーな名前です。詳しくはこちらを参照。...

いつもどおり一歩ずつ、一歩ずつ

国内外の株式市場が下落しています。ツイッター等のSNSでは、下げ相場恒例の「おはぎゃああああ」に加えて、ネガティブ情報を必死にリツイートしまくる人が増えています。たとえば、急落した株価指数のチャートや、なぜか時間外に先物のチャートまで送ってきたり、どこで見つけてきたのか真っ赤なヒートマップみたいな画像(?)を送ってきたり、逆に発言が一切なくなり行方不明状態になったり。かなり動揺している雰囲気を感じる...

「たまひよ」に第16回連載記事が掲載。Q&Aその3 「インデックス投資」に関するごもっともな質問

新米ママパパさん向けサイト「たまひよ」に、水瀬ケンイチの第16回連載記事が掲載されました。全国の子育て中のママパパさんへのアンケートに寄せられたご質問に回答します。今回はQ&Aその3、いわゆる「インデックス投資」に関する質問を取り上げます。...

うれしい! 監修した『カラー版 お金が勝手に増える「熟成」投資術』がAmazonでベストセラーいただきました

うれしい!監修させていただいた『カラー版 お金が勝手に増える「熟成」投資術』(宝島社新書)が昨日発売されたのですが、本日、Amazonでベストセラーをいただきました。「宝島社新書」という限られたカテゴリですが、なんにしても1位はうれしく光栄です。ありがとうございます🙏...

監修させていただいた『カラー版 お金が勝手に増える「熟成」投資術』(宝島社新書)が発売

私水瀬ケンイチが監修させていただいた投資本『カラー版 お金が勝手に増える「熟成」投資術』(宝島社新書)が本日、発売されました。新書ですが、全ページフルカラーで漫画や図解をふんだんに使ったインデックス投資本に仕上がっています。...

日経電子版に「コロナ株安」でも長期積み立て投資を継続するべきとの記事

日本経済新聞電子版に、古参投資家の間で「日経最後の良心」との呼び声が高い田村正之編集委員の長期積み立て投資に関する記事が掲載されています。「コロナ株安」が高める長期の積み立て効果(写真=共同)新型コロナウイルスが株式市場を激しく揺らしている。先週の日経平均株価の下げは2243円とリーマン・ショック直後以来の大きさだった。波乱相場の中で個人はどうするか。急速に実行者が増えている積み立て投資をwww.nikkei.c...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(20年2月)、日興 上場MSCIエマージング株(1681)が2か月連続大きな乖離

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。「市場価格と基準価額の乖離」とは、かんたんにいえば、ETFの中身に対して中身どおりの価格がついているか、それとも割高 or 割安な価格がついてしまっているかを表しています。いちばん良いのは、ETFの中身と価格が同じ(乖離率±0%)というフェアな状態です。国際分散投資に活用できる主要な国内ETFについて、2020年2月末ま...