「しぶとい分散投資術」(田村正之著)は金融危機でも分散投資が有効であったことをデータで解説

「しぶとい分散投資術」(田村正之著)を読みました。
この本は、今回の金融危機、また過去の様々な経済危機下でも分散投資が有効であったことを、データを用いて解説していました。



「100年に一度」と言われる金融危機の真っ只中にある現在、世の中はネガティブなニュースで満ち溢れています。
ニュースは新しいからニュースなわけで、もちろんそれはそれで大切なのですが、目の前で起きていることばかり見ていると、どうしても近視眼的になりがちです。
長期的な過去のデータを紐解くと、また別の景色が見えてくることもあるようです。

本書では、例えば、

  • 米大恐慌では株価の戻りに25年かかったが、きちんと投資時期と投資対象の分散をしていれば3年9ヶ月で投資収益はプラスに転じていた
  • 4資産に分散して長期保有していれば、大恐慌以来と言われる今回の金融危機まででも資産は増えていた
  • 過去も経済危機のときには株式の世界分散投資の効果は消えたが、平時になると再び回復してきた
というような事実が、イボットソンのデータなどに基づいて解説されています。
もちろん、過去がそうであったからといって、今後もそうなるとは限りません。
しかし、ネガティブニュース漬けで近視眼的になっている視野を、長期的視野に引き戻してくれる効果はあると思います。
特にインデックス投資家にとっては、おおいに励みになる内容になっていると思います。

「2008年の株安・円高でも分散投資は有効だったか?」
「グローバル化で「株式の世界分散投資」は無意味になった?」
「次に上昇する資産や銘柄に集中投資すべきでは?」
「株は全部売って下落の恐怖から逃れるべきでは?」

上記は本書の小見出しの一例ですが、いま同じような疑問を持っておられるかたは、本書を読んでみると参考になるかもしれません。


<追記1>
著者の田村氏は、僕もブログで取り上げさせていただいた日経新聞2008年10月20日朝刊の記事、「金融危機 分散投資の有効性は?」を書いたかたです。本書はデータ的にも考察的にも、その発展版と言えると思います。
(関連記事)
2008/10/20 金融危機 分散投資の有効性は?

<追記2>
本書には取材に基づくコメントがたくさん出てきますが、そのなかに不肖水瀬のコメントも掲載されていました。何かのご参考になれば幸いです。

※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。

関連記事


  





コメント

分散投資は非常に重要だとこの様な相場の時は痛感させられます。長期分散投資はコツコツ続ける事が大切だと自分に言い聞かせてます。現在の経済はお化け屋敷のど真ん中にいて、いろんなお化けや妖怪が出てきて驚きや恐怖に震えてますが一歩一歩投資を継続していくつもりです(^^)

外国債券は効果があって

いくらかは持つべきだと思います。
日本株と外国株の比率は色々と意見がありそうな気がします。
1/5の水瀬さんの投資割合を見ると日本:外国=1:3位ですね。
どちらか1つというのもありだと思います。

それから1~2年で1/3位になってしまうREITは普通の人は持たない方がいいと思いますけど。

分散投資と一口に言っても

経済成長期にきちんとリターンを得るためには今回のような恐慌で資産を激減、あるいはゼロにしてはいけないという意味で、株の1点買いを避けたほうがよいというのは納得します。

しかし、今日流行の『世界分散投資』?なるものがどれだけ有効に働いているかは中立的に見ています。少なくとも国内企業だけに投資するよりは確実にコストをかけているわけですから、そのコストに見合ったものであるかどうかはきちんと理解が必要ではないでしょうか。見出しを見ていてもそこらへんはなんだかごちゃまぜですね。

おかしい

# 米大恐慌では株価の戻りに25年かかったが、きちんと投資時期と投資対象の分散をしていれば3年9ヶ月で投資収益はプラスに転じていた

→3年9ヶ月という特異点を強調しても意味がありません。
ついこの間まで驚異的な円安でしたから、とある時点を
持ち出せは収益はプラスになるものです。
長期投資は同時に、必要なときに必要なだけ現金化しなくてはならないので、現金化した時点で利益がでてることが大切です。つまり、自分が現金化する時期にあわせた投資計画が必要なのです。

# 4資産に分散して長期保有していれば、大恐慌以来と言われる今回の金融危機まででも資産は増えていた

→これも上と同じ話。

# 過去も経済危機のときには株式の世界分散投資の効果は消えたが、平時になると再び回復してきた

→何をもって平時というのでしょう?
結局は上と同じ話。

こんばんわ
投資に答えがあればみんな同じ方法を取ります。が、それは
あり得ないですよねw
投資の理由は人それぞれですが、分散投資・積立型の人は
「インフレ」「円安」のリスクを軽減し 現在の銀行金利
だけじゃ・・・年金だけじゃ・・・わからんし。。許容の
範囲でリスクを取ってると思います。
分散効果は間違いなくあるんですが、それで平気って訳でも
ないのが昨今ですよね^^;
リスクのない投資はないですから、自分自身の投資スタンスで
無理ない程度に しかし 確実に 実行あるのみ!です。

一番のリスクは「病気をのぞくと会社を解雇されて再就職先が無い」
ことですね。ある程度の安定収入があれば ある程度のリスクを
とって こういう時期こそ!買えます!w

一番悪いパターンはバブル期にまとめ買いですので、それさえ避ければ
結果は平均値ではついてくる可能性が高いと思っています。


しかし、日本にインフレって来るんですかね・・・・??あくまで
たらればのリスク回避ですね

ちなみに私は積立もしていますが、損切りもしているので単に積み立ててる
というわけでもないです。。

>ちしちゃんさん

お化け屋敷でも一歩ずつ進んでいけばいずれ明るい出口に、ですね(^^)


>ぷれでたさん

アドバイスありがとうございます。
参考にさせていただきます。


>kackyさん

それでいいんじゃないでしょうか。
国内企業のみに投資されたいかたは、そうされればよいと思います。
国内集中投資にも国際分散投資にも、メリット・デメリットがあり、正解はないように思います。


>これは…さん

まあまあ。しょせんは個人ブログの書評ですから、本の内容の全ては書けません。
気になるのであれば、まずは実際に読まれてみることをおすすめします。
個人的な見立てでは、抱えられている疑問の半分くらいは、本のなかに答えがあるように思います。


>龍王さん

>>投資に答えがあればみんな同じ方法を取ります。が、それはあり得ないですよねw

>>リスクのない投資はないですから、自分自身の投資スタンスで
>>無理ない程度に しかし 確実に 実行あるのみ!

至極ごもっとも。
そのためには、近視眼にならないよう、世の中で起きていることを近くから遠くから、上から下から右から左から、いろいろな方向から見ていきたいと思っています。

1つ追加で。。すみません

世の中で起きていることを近くから遠くから、上から下から右から左から、いろいろな方向から見ていきたいと思っています。
→はい。不況?下でも投資を継続できる環境に出来るのか?が一番
 長期投資には大事なことだと思います。その手段や方法の1つに
 損切りやアセロケなどいろいろあると思います。

 誰でも分かっていて誰でも出来ないことが不況時に投資を継続
 することだと思います。言い方変えればこれを実効さえ出来て
 いれば何も気にすることないと思います。むしろバブル(直近の
 景気は給与が大して増えず?ですが不動産はバブルでしたし)
 時の対処のほうが難しいです。

横入りスミマセン (これは…さんへ)

これは… さん、

水瀬さんも田村さんも3年9ヶ月という点を強調していません。たまたま結果が3年9か月だっただけとのことです。そう読めませんでしたか?


>つまり、自分が現金化する時期にあわせた投資計画が必要なのです。

ですからその題材として大恐慌やら4資産分散やらを示しているわけですよね。

私も読んでみました

水瀬様、いつも拝見しております。m(__)m
希望をもたせてくれる良い本だと思います。感想を少々。。

(1)筆者は配当込みで考えておられるようです。私はSTAMシリーズのグロ株やTOPIXでドルコストで積み上げておりますが、これらは配当込みかどうか不安になっております。

(2)23ページの図表4で、3年9ケ月でプラスに、と書かれていますが、ちょうどその時点から株価が急上昇していますね。これがもっとゆっくりしたカーブだったら、もう少しかかっていたでしょうね。
(^^;

>龍王さん

まさに継続は力なり、ですね。
市場にとどまり続けられるよう、工夫していきたいと思います。


>吊られた男さん

フォローありがとうございます。

書評の言葉じりだけをとらえて、あれこれ言われても仕方がないことだとは思いますが、気になるならまずは本を読んでもらうことが一番だと思います。


>Tansney Gohnさん

ベンチマークのインデックスが何であるかは、目論見書を見れば書いてあるはずです。
それでも不明な場合は、証券会社や運用会社に問い合わせれば教えてくれると思いますよ。

梅屋敷、楽しかったですね。
幹事、お疲れ様でした。
非常に細やかなお気遣い、敬服です。
それに引き換え僕は毎度酔っ払ってしまって、
どうもすみません。

ところで前に本の紹介をしていただいていたのに、
お礼を言っていなくてすみませんでした。

記者という立場上、
意見は新聞でのみ述べるべきで、
他の人のブログにコメントを書きこむことに
何か支障があるのでは、と自粛していたのです。

しかし考えてみると、
記事への問い合わせに対しては個人の意見を答えているわけなので、
自著に対する様々なご意見にお答えするのも
問題はないはずだと思うようになりました。

……ということで
自著「しぶとい……」に関する
上記の皆様のご疑問に
遅ればせながらお答えしようと思ったのですが、
本日も酔っ払っており、
どうもこのまま沈没しそうです。
なんじゃそりゃ(笑
来た意味ないやん(笑

しかしまあ、答えたいことは
水瀬様がほとんど代わりに
お答えいただいている気も……

というわけで、今後ときどき
遊びに来させていただきます。
(酔ってないとき)





>田村ですさん

コメント大歓迎です!
酔っていてもいなくても、いつでも遊びにきてください(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

しぶとい分散投資術を読みました

田村正之著「世界金融危機でわかった!-しぶとい分散投資術」(日本経済新聞社)を読みました。 インデックス投資家の方はもちろんのこと、...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中! (2017/05/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/05/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)