マス富裕層の4割、金融危機は「投資の好機」

金融資産1000万円以上を保有する「マス富裕層」の約4割は、現在の金融危機を投資の好機ととらえているそうです。

【ロイター 2009/03/02より引用】

マス富裕層の4割、金融危機は「投資の好機」=調査

[東京 2日 ロイター] 金融資産1000万円以上を保有する「マス富裕層」の約4割は、現在の金融危機を投資の好機ととらえている──英金融大手HSBCが日本の個人を対象に行った調査でこんな結果が明らかになった。

 同社は金融資産1000万円以上1億円以下を保有するマス富裕層向けの金融サービス「HSBCプレミア」を展開しており、対象となる顧客層の意識の変化などを調べるため、昨年12月16─17日に調査を行った。対象は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県に住む30─60代の男女929人で、金融資産1000万円以上の「マス富裕層」と1000万円未満の「マス層」に分けて分析した。

 調査結果によると、現在の金融市場の状況を「資産を増やすチャンス」とみるマス層は15%だったが、マス富裕層は39%で「マス富裕層の積極的な投資意欲が示された」(HSBC)。

【引用おわり】

「マス富裕層」という言葉は初めて聞きましたが、金融資産1000万円以上1億円以下とのこと。
マス以上、富裕層未満という、まさに資産形成層という感じでしょうか。

毎日のニュースは悲観論一色ですが、マス富裕層と呼ばれる人たちは、投資のチャンスとポジティブに捉えている人が意外に多いんだなあと思いました。
心強い限りです(^^)

HSBCのプレスリリースを見ると、さらに興味深いデータが。
HSBCプレスリリースより引用】

調査からは、次のような興味深いマス富裕層の意識が明らかになりました。

1.現在の金融市場の状況は、資産を増やすチャンスであるとみる人の割合はマス層と比較してマス富裕層は2.5倍以上である。
2.全体の60%以上が、現在の金融危機の状況は2年以内に終わるだろうと考えている。
3.マス富裕層の2/3が金融危機により資産が減少したと回答しているが、30%以上資産が減少した人の割合は20%以内と限定的だった。
4.金融危機の教訓として、情報収集をより積極的に行う姿勢が示された。また、金融機関への格付けや評価、時価総額も気にするようになった。

【引用おわり】

興味深いデータについて、個人的な感想を少々。

1については、前出のロイター記事とその感想のとおり。

2については、「ポジティブだなあ。いいね!」と思いました。
最近発表された、米国の学者の論文によると、1929年の大恐慌を初めとして世界各国が経験した22 回の金融危機において、株価が下落を始めてから反転するまでの期間は最長で5年半、平均が3.4年とのこと。
(出典:ニッセイ基礎研究所 ニッセイ年金ストラテジー 2009年03月号

個人的には、2年で終わったらラッキー、ぜひそうなってほしいと思います。
ただ、しがないサラリーマンとしては給与所得から毎月投資できる金額が限られているので、あまりに早すぎる回復は…(^^ゞ

3については、「さすが手堅い。いいねえ!」と思いました。
リスク資産への投資比率自体が低いのか、ポートフォリオの債券比率が高いのか、いずれにせよ、金融危機でもうまく乗り越えている感じでさすがです。

4について、金融危機以降に情報収集をより積極的に行なうということは、ネガティブ情報に接する機会ばかりのはず。
それなのに、1や2で言われるようなポジティブな考えでいられることに、「意志の強さ」のようなものを感じました。

マスコミの情報よりも、一般のかたの生の声のほうが、時として真実に近いこともあろうかと思います。
マス富裕層の調査、たいへん勉強になりました。
関連記事


  





コメント

こんばんは。

これは嬉しい&元気が出る記事ですね(^^)。

>マスコミの情報よりも、一般のかたの生の声のほうが、時として真実に近いこともあろうかと思います。

ボクもそう思います。生の声は説得力がやはり違うな、という印象です。

ボクも気持ちだけマス富裕層の仲間入りです(^^ゞ(笑)。

長期投資の積み上げ段階では

はじめまして、いつも勉強させてもらってます。

>個人的には、2年で終わったらラッキー、ぜひそうなってほしいと思います。

長期投資の積み上げ段階では、むしろ安値が続いたほうが有利になると思いますが、精神的には落ち着かないですね。

『投資4つの黄金則』では、20年にわたる弱気相場がありうると述べられてました。20年は長いなぁ~

安心してください。
失われた10年があった日本より酷いですから。
今後3年くらいは、常に安値更新で買えると思いますよ。


すでにキャッシュ化されてる方は
短期トレードに徹して上手にお小遣い稼ぎしましょう。
米国、欧州の国債、株には手出ししないように!

正体は後でバラします

大宮のネットカフェで書いているので?????とさせていただきます。
今日も株価は下落気味で、配当フリークの僕には余りにも美味しすぎます。
ある意味、金融危機が2年で終わってしまうのは、高配当を得るのにちょっと勿体ない感じがします。
ただし、シティ、バンカメ次第ではもっと長引く可能性がありそうです。
マスコミは騒がしいようですが、我々からするとチャンスでもあるし、マス裕福層は知識さえ有れば幾らでもチャンスが有ります。
そんな訳でこれを読む限り、マス裕福層の考え方は間違っていないと考えています。

>英金融大手HSBCが日本の個人を対象に行った調査でこんな結果が明らかになった。


HSBCを利用するような人々が「資産運用に興味がない」とか「永遠に現在の経済危機が続く」とか調査で回答するとは思えません。

>東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県に住む30─60代の男女929人で、金融資産1000万円以上の「マス富裕層」と1000万円未満の「マス層」に分けて分析した。


関東圏の現役世代のみをHSBCが「分析」したわけですかから
HSBC側に都合の悪い結果が出るわけがありません。調査の結果は
発表元のブランドに惑わされずに、よく見ないと結局踊らされると思います。



2については私も同意見です。
それよりも下落傾向に慣れ過ぎている自分がいて、逆に上昇した場合に『なんで上昇するねんっ!』と思わないかと。

せっかくのチャンスをみすみす逃すことはするつもりはありませんが、あまり積極的に投資をし過ぎて、生活面を切り詰めることまではしたくないものです。

しかし、今の景気が長く続くようだと仕事が非常に厳しいので早めの回復を期待します。

>田舎のKenさん

この時期、どうしてもマスコミは画一的な悲観論に偏りがちです。
たまにはこういう情報もいいですね。


>lazyさん

20年は長いですよね。
いまの心境は以下のコメント1件目のような感じです。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-998.html#comment7648


>katsuさん

短期トレード大いに結構です。
あなた方がいなければインデックス投資家は生きていくことができません。
頑張ってください。


>?????さん

コメント内容(「配当フリーク」「高配当」など)からどなたかは分かってしまうような気がしますが…(^^ゞ


>シャインさん

だからこそ、調査結果だけでなく調査対象の情報も含めて引用しているわけです。
それを踏まえたうえでどう判断するかは人それぞれだと思います。


>にっしーさん、名無しさん

上がってほしくないけど上がってほしい。
積立投資をしている者の複雑な心境ですね(^^)

はじめまして

こんにちは!
初めてコメントさせていただきます、みはるんと申します。

約1年前より株式投資をさせていただいております。
(ちなみに、リンクのURLでは、みはるんはイラストを担当しています。文章は全然かけません。。。)

マス富裕層・・・初めて聞きました!1000万円以上というのがもう、私からしてみると目のくらむような金額なのですが、流石にそういった方たちは余裕のあるコメントをしてくださるのですね。
しかも、「投資の好機だ!」なんて心強い。。。私も(一応)株式投資家としてその波にのれるようがんばります~(´ー`~)

こんな株初心者ですが、これからも水瀬さんのブログで勉強させてください (*´∀人)
そしてご迷惑でなければまたコメントさせてください(笑

でわでわ

>みはるんさん

はじめまして、みはるんさん。
オバマ大統領も「株は今が買い時」と言ったとか言わないとかいうニュースが流れていました。投資は自己責任ですが。
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090304AT2M0400Z04032009.html

イラスト拝見しました。ほのぼのしていいですね~(^^)
またのコメントお待ちしています。

水瀬さんこんにちは。
投資の雑誌は読んだことはあまりないのですが、
(書いてあることすぐ信じてしまいそうで^^;)
『ウォール街のランダム・ウォーカー』は水瀬さんの愛読書ということもあり、いつか挑戦して読んでみたいと思います!(amazonの評価も高めですが、みはるんが読んでも果たして理解できるのか!?><;)

みはるんはまだまだ初心者ですが、投資は世界中の頭の回転が速い人がやっても、必ずしもいい結果がでるわけではないので、本当に不思議です。投資をする人の知識レベルが一緒ではないからこそですね。(まさに私のように)

>「偉くない市場」「情けない人間」を等身大に説明する、新しいテキスト 
これは私もすごく読んでみたいです。

ps イラストご覧になってくださってありがとうございました。
前回コメント時のニュースのリンクも勉強になりました(*´∀`*)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)