山崎元氏の推薦図書第一候補が「ウォール街のランダム・ウォーカー」!?

週刊ダイヤモンド2009/02/28号のコラム「山崎元のマネー経済の歩き方 291」で、ちょっと意外なことが書いてありました。

【週刊ダイヤモンド2009/02/28号より引用】
 株式投資に本格的に取り組みたいという人に推薦図書を問われたら、第一候補はバートン・マルキール著『ウォール街のランダム・ウォーカー』(井出正介訳、日本経済新聞社)だ。原書の第四版を読んだ20年以上前からそう思う。
俗説から理論まで含めた投資の考え方をていねいに追った好著で、ついでに、米国の株式市場の歴史もわかる。翻訳が何度か出ているが、最新版は原書の第九版を訳したものだ(2007年5月刊)。投資に関する考えを深める素材としてはベストの一冊だ。
【引用おわり】

ウォール街のランダム・ウォーカーといえば、インデックス投資のバイブルで僕の愛読書でもあります。(ついでにブログタイトルもあやからせていただきました)
本書では、効率的市場仮説を前提にした現代ポートフォリオ理論により、最も効率的な投資はインデックスファンドに投資することとしています。
テクニカル分析はオカルト、ファンダメンタル分析も概ねダメという主張でかつて一世を風靡しました。
(もっとも、正確にはウォール街のランダム・ウォーカーは効率的市場仮説についてはガチガチの原理主義ではないのですが、これについてはまた別の機会に書きたいと思います)

そんな本書ですから、普段から効率的市場仮説は誤りだとハッキリ言い切る山崎氏にしては意外な選択だと思いました。
しかも、「20年以上前からそう思う」って。

と思ったら、やっぱり注文が付いていました。

【再び引用】
 以下は筆者の仮説にすぎないが、市場はマルキール氏のような古い教師が信じているほど「効率的」ではない。現実に、バブル(市場価格の正しい価格からの大規模な乖離)は、短期間に何度も、しかもほうぼうで起きている。
 有望な投資戦略の可能性は、ほぼ常に複数存在し、ある程度パターン化できる。しかし、個々の市場参加者は、個人も機関投資家も常に有望な戦略を選択して実行できるほど、賢くない。実質的にはドングリの背比べ的状況だ。株式市場は非効率的だが、それをコンスタントに利用できる特権的な参加者が存在しないだけなのだ。
【引用おわり】

筆者の仮説にすぎないがと前置きをしつつ、やっぱり、効率的市場仮説には否定的ですね。
それでは、何故、ウォール街のランダム・ウォーカーが推薦図書第一候補なのでしょう?
答えは、最後に書いてあったような気がします。

【再び引用】
低コストなインデックス・ファンドは、いくつもある無難なポートフォリオの一つにすぎないが、市場が非効率的であっても相対的に優れた投資対象だ。
「偉くない市場」「情けない人間」を等身大に説明する、新しいテキストがそろそろ欲しい。
【引用おわり】

山崎氏の言っていることを語弊を覚悟でまとめると、個人もプロもたいして賢くないので市場平均に勝つことは難しい。単にそれだけ。
まあ、インデックスファンドの有用性の落としどころは、そんなところなのかもしれません。
それにしても、“「偉くない市場」「情けない人間」を等身大に説明する新しいテキスト”、ぜひ山崎氏に書いて欲しい!と願うのは僕だけでしょうか。


(追記)2009/03/04 23:50
該当記事がDiamond Onlineにも掲載されていました。ちぇ、せっかく図書館でコピーしてきてたのに~(^^;
http://diamond.jp/series/yamazaki_econo/10071/
関連記事


  





コメント

水瀬さんこんにちは。
(前回の記事に間違えてコメントしてすいません゜゜(´□`。)°゜。)

投資の雑誌は読んだことはあまりないのですが、
(書いてあることすぐ信じてしまいそうで^^;)
『ウォール街のランダム・ウォーカー』は水瀬さんの愛読書ということもあり、いつか挑戦して読んでみたいと思います!(amazonの評価も高めですが、みはるんが読んでも果たして理解できるのか!?><;)

みはるんはまだまだ初心者ですが、投資は世界中の頭の回転が速い人がやっても、必ずしもいい結果がでるわけではないので、本当に不思議です。投資をする人の知識レベルが一緒ではないからこそですね。(まさに私のように)

>「偉くない市場」「情けない人間」を等身大に説明する、新しいテキスト 
これは私もすごく読んでみたいです。

ps イラストご覧になってくださってありがとうございました。
前回コメント時のニュースのリンクも勉強になりました(*´∀`*)

はじめまして
私も最近、ウォール街のランダム・ウォーカーを読み終えました。

>もっとも、正確にはウォール街のランダム・ウォーカーは効率的市場仮説についてはガチガチの原理主義ではないのですが、これについてはまた別の機会に書きたいと思います

水瀬さんのこの本についての解釈・御意見等がすごく気になります。
記事をとても楽しみにしております。

>みはるんさん

翻訳本で敷居は高いかもしれませんが、米国では30年以上読み継がれている名著ですので、よかったらチャレンジしてみてください。


>katujiさん

いつかはお約束できませんが必ず書くつもりですので、それまでお待ちください(^^ゞ

> みはるんさん
お疲れさまです。 僕もウォール街のランダムウォーカーを読みました。結構風呂に入りながら本を読むのでもうすでに、一冊よれよれです。
なんとなく、女性がハリーポッターを読むような感覚で読めました。

多々ページ数が多いので、いったん自分が興味があるところをつまみ読みして、後からまとめ読みをすれば。。。っという感じです。

新聞を読んで、経済を知るより、時間が有るならこの一冊を読んだほうがいいですw

山崎氏とシンクロしてしまいます・・・

どうも感性が似ているのか^^;
私も山崎氏と同じくウォール街のランダムウォーカーに少し疑問を持ちながらも良書として推薦してしまいます。疑問部分も山崎氏と同じです。

ただ、"ランダム・ウォーカーは効率的市場仮説についてはガチガチの原理主義ではない"点が突っ込みを難しくさせています。(個人的には山崎氏もそれで鋭くは切り込めないと推測)


いずれにしても良書だと思います!!




現在の版との違いを見てみようと1973年発行の第1版を買ったのですが、他の本に木をとられてまだ読めていません(T_T)

これだけ引用してブログ記事にするのならせめてコピーじゃなくて雑誌くらい買ってあげましょうよ。。。

>吊られた男さん

英語版ですね。
マルキール・ステップがまだ有効だった頃の貴重な本ですね。
よろしければ感想をお待ちしております。


>あらさん

ケチでゴメンナサーイ(^^ゞ
ダイヤモンドは毎週行く図書館で常備してあるもので。

>「偉くない市場」「情けない人間」を等身大に説明する、新しいテキストがそろそろ欲しい。

「偉い」「情けなくない」というのを「合理的」と読み替えれば、最近はやりの行動経済学が参考になると思いますよ。

 予想通りに不合理 ダン・アリエリー著
 世界は感情で動く マッテオ・モッテルリーニ著

といったわかりやすい本も出ています。

僕も本を希望します

ここで言う「効率的」とは「効率的市場仮説」の効率的を指す物とします。
「偉くない市場」「情けない人間」と言うのはある意味言えると思います。
ジョージ・ソロスの言う「市場は常に間違っている」って言うのもこれに近いかも知れません。
実際にバブルが起きると必ずと言っても良いほど、市場関係者の相場に対する考え方が偏ってきて、各経済指標や過去のデータからでは想像も付かないような異常値が出るのは今でも同じです。

ただ、効率的市場仮説が間違っていると言ってしまうと、米国株式市場以上に効率的なマーケットとして外国為替(長期の場合は)が有りますが、これについては山崎氏は2通貨間で金利差が生じてもプロ同士が参加してるマーケットではっきりと差がつくのは不自然では!と言っています。
実際に世界一高金利を提供しているジンバブエドルが急落しているのを見れば効率的(我々のレベルで言う効率的市場仮説は正しい)と考えて差し支えないでしょう。
外国為替がプロ同士で、米国株式市場がドングリの背比べって言う所が???です。

ここで、行動ファイナンス的な(ちょっと嘘っぽいですが・・・)言い方をすると、立川市にあるXXXXセンターの人は「株主優待は有利です」とか、ちょっと前にあった円キャリーをやった事がある人は「高金利通貨は有利です」とか、転換社債型新株予約権付き社債(以下CB)は発行体の倒産が無ければ株式よりも安全で有利ですとか・・・
これって、おまけが有ると得した気分になるのが人間の性ですが、効率的なマーケットでは相場に織り込まれて、有利不利とは一概には言えない水準に価格が決まってくる筈です。
この辺りを山崎氏が「偉くない市場」「情けない人間」的な感じで本を出してくれて、解説してくれると面白いと思います。

山崎氏のこのコメントは、私もしっかり「図書館で立ち読み」しました。

我が家にあるのは、タイトルが「~ランダム・ウォーク」だった頃のものです。

今度、新しいのを買って、読み直してみようと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)