ネット証券3位のマネックス株、米シティが売却方針

マネックス証券の筆頭株主である米シティが株を売却方針とのこと。

【YOMIURI ONLINE 2009/03/06より引用】
ネット証券3位のマネックス株、米シティが売却方針
 米政府の管理下で経営再建中の金融大手シティグループが、保有する日本のインターネット証券マネックスグループ株を売却する方針を固めたことが5日、分かった。
 既に、日本国内の複数の金融機関に打診を始めた模様で、証券業界の再編の新たな目となる可能性が出てきた。
 シティは、中核となる銀行業務と関係の薄い資産の売却を加速している。日本では2月、個人向け証券大手、日興コーディアル証券の入札手続きを始めるなどしており、マネックス株の売却はこれに続く動きだ。
(中略)
 日興グループの日興ビーンズ証券と2004年に経営統合したことから、現在は、シティの日本での証券事業を統括する日興シティホールディングスが、約26%のマネックス株を保有し筆頭株主となっている。
 インターネット証券各社は、08年4~12月期決算で軒並み経常減益になったが、昨秋からの株価下落局面では「買い時」と判断した個人投資家の口座開設が急増するなど、リテール(個人、小口取引)で独自の強みを持つ。
 シティの売却方針を受け、他のネット証券や、リテール証券強化を狙う大手金融機関などがマネックス株獲得に動く可能性がある。
【引用おわり】

マネックス証券は、個人投資家のほうを向いた数少ない証券会社のひとつだと思っています。
インデックスファンド・海外ETFなど低コストで良心的な商品がきっちりと取り揃えられています。
米バンガード社と関係が深いのも特徴だと思います。
仕組債など疑問符の付くような商品もあるので、全ての取扱商品が素晴らしいとまでは言えませんが、他の金融機関と比べて、相対的に個人投資家のほうを向いていると感じています。

シティグループの次に、どこがマネックス証券の筆頭株主になるのかわかりません。
できれば、同じような志を持った金融機関に名乗り出てほしい。
少なくとも、投資家から手数料をむしりとることしか考えていないような金融機関に買われてしまわないことを祈ります。

マネックスファンのひとりとして。
関連記事


  





コメント

こんばんわ
マネックスは結構長く使っています。他に比べシンプルで見やすい
ですし 外貨建てMMFが早くから3通貨で積立が可能。
楽天は1万円単位では無理ですし積立が出来ないんですよね。
マネに取扱い通貨増やしてくれと要望しましたが、予定ないとの
回答でした FXを伸ばしたいからでしょうかね。
いずれにせよ 事業方針が大きく変わらないこと祈ります。
証券会社の統廃合は遅かれ早かれ起こることはわかっています。

マネックスは、内藤さんとか松本大さんとか
著名な方が多くて、キャラクター的には好きです。

日興系は、何処も不安定ですねぇ。。

>龍王さん

僕も事業方針が変わらないことを祈ってます。


>silencejokerさん

たしかに日興系は精彩を欠きますね。
やはり、あの事件以降でしょうか…。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)