野村総研の分散投資の評価

水瀬ケンイチ

野村総研の月刊誌「金融ITフォーカス」2009年3月号に、「分散投資は機能しなかったのか」という興味深いレポートがありました。

金融ITフォーカス 2009年3月号 「分散投資は機能しなかったのか」 

詳しくはレポートをご覧いただきたいのですが、こう結論付けられています。

運用環境の暗転は年金資産に大きな損害を与えており、分散投資の効果にも疑問が投げかけられている。
しかし本稿の検証によれば、ポートフォリオのリスク配分を管理することで、環境変化に対して耐性の強いリターンの享受は可能であり、リスク分散の意義は依然として健在であったといえる。


レポートから何を読み取るかは人それぞれだと思いますが、個人的には、「分散とリバランスの重要性」がデータとともに述べられていたと思います。
(どちらかというと、リバランスの重要性に重きが置かれているかも)



細かいところでは、データ期間が2008年12月までとなっており、金融危機を含めた直近までの最新データで検証されているのがよいところ。一方で、データ期間が12年間と短いところがちょっと惜しいところと思いました。
また、いくつかのポートフォリオを検証しているのですが、伝統的4資産をリバランスしただけの「伝統資産・リスク均等型」ポートフォリオ、シンプルな割にはなかなかやるなと感じました。

わずか2ページのレポートです。
分散投資の効果を理解していたはずなのに、昨今の相場環境でグラグラきているかた、読んでみる価値はあるかもしれませんよ。


※レポートは野村総研の見解であり、水瀬の意見そのものではありません。本記事は単なるレポートの紹介と感想であることを予めご了承願います。
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ