中国の存在感が大きくなってきた?

中国の温家宝首相が、米国債の購入継続を示唆したそうです。

【NIKKEI NET 2009/03/13より引用】
米国債の購入継続を示唆 中国首相が会見
 【北京=高橋哲史】中国の温家宝首相は13日の記者会見で、外貨準備の運用について「国家の利益を守ることが第一だが、同時に国際金融の全体的な安定も考慮する」と述べ、米国債の購入を当面は続ける考えも示唆した。一方で「我々は巨額の資金を米国に貸しており(米国に持つ)資産の安全に関心をはらうのは当然だ。正直に言えば少し心配している」とも言明、米国に景気対策の着実な実行を要請した。

 温首相は「中国は米国にとって最大の債権国であり、米国は世界で最大の経済大国だ」としたうえで「我々はオバマ新政権が取った一連の金融危機対応に大きな関心をはらっており、その効果に期待している」と強調。景気対策が効果を挙げ、米経済が回復に向かうことが米国債購入を続ける前提になるとの考えを示した。

 中国の2008年末の外貨準備高は1兆9500億ドル(約187兆2000億円)で世界一。3分の2をドル資産で運用しているとみられ、米国債の保有残高は昨年9月に日本を抜いて世界最大になった。(14:33)
【引用おわり】

今回の世界金融危機のワーストシナリオとして、「米国債の引き受け先がいなくなり米ドルが大暴落」という事態を懸念されている読者のかたがいらっしゃいましたが、中国が当面は購入を続ける考えを示唆したとのことで、ほっとされているのではないかと思います。

とはいえ、米経済が回復に向かうことが米国債購入を続ける前提になるとのことですので、まだまだ予断を許しません。
オバマさん、断固、頑張ってください。

それにしても中国。存在感が大きくなってきました。
米国に堂々と注文をつけるようになっています。
金融危機下でも、他の新興国と比べると、株価も比較的底堅いように見えます。
今回の世界金融危機は中国が救うなんて記事もどこかで見たような気がします。

世界最大の経済大国米国、その米国の最大の債権国中国。
今後、この二国の関係はますます強化されていくのでしょうね。両国ともいろいろと問題は抱えているものの、将来に向けて両国への投資は外せそうにありません。
ああ、日本の存在感はいずこへ…(^^;;
関連記事


  





コメント

こんばんは。

日本では両国とも「日本とは仲良いよ!」みたいに報じられて一見すごく緊密な関係に見えなくはないですが、国際社会の集団のなかに入ると一気に存在感がうすれてしまいますよね・・・。
もう少し外交政策頑張ってほしいものです(^^ゞ。

近年日本は着々と米国債を売っているようなので、ここは中国に米国債を買い支えてもらって、うまくドル離れできると良いのではないでしょうか。
中国の株式市場は他国とは異なり、共産党と人民解放軍の資金調達のために運営されているので、党や軍に有利になるように操作されていると考えた方が良さそうです。

外せない中国への投資

「結局この危機でさらに強くなって浮上してくる国は、ほかでもない米国」というような見方( http://diamond.jp/feature/takenaka-emmott/ )もあるものの、やはりリスク回避の観点からも中国への投資は外せないと思い、最近中国市場に連動するのETFを一定割合で保有することにしました(まだ、少しですが…)。

水瀬さんも今回の記事で、中国への投資も外せないとの見解を述べておられますが、具体的な実践や実践予定はありますか?

誰かの予測や自分の相場観なんて当てになりませんが、エマージングとしてひとくくりにされているインデックスファンドやETFに含まれている中国の割合だけでは、何か物足りない気がしてしまいます。そんなことないですかね??

回答を求めるようなふてぶてしいコメントお許しくださいm(_ _)m

将来の国際情勢

なんだか日を追うごとに日本の国際社会での発言権が低くなっているような気がします。

水瀬さんのご指摘の通り、今後は中国と米国が経済を引っ張って行くんでしょうね。両国共に国内では問題を抱えていますが、どちらも外交上手ですし。

人口減少局面を迎えている日本が今後どのような政策を取っていくのかも気になるところです。

私も中国への投資は欠かせないという意見には賛成です。

中国

おはようございます。
TV報道などで見る限りでは中国は勢いがありそうです。で、エマージング株に何を組み入れるかですが、中国100%ではちょっとコワい気がします。
そこで、STAM新興国株に中国の投信(例 UFJチャイナオープン)を合わせて買ったらどうかなと考えております。

>田舎のKenさん

日本はODAやIMF支援など結構国際貢献していると思うのですが、外交下手なんでしょうかね。


>えんどうさん

>>近年日本は着々と米国債を売っているようなので

もしよろしければ、この情報のソースを教えていただけないでしょうか。
日本が所有する米国債は売るに売れない状態(昔、橋本総理が「米国債を売却したい衝動にかられる」と言っただけで市場が大騒ぎになったとかならないとか…)であると長年言われていたように思いますが、どこからか潮目が変わったのでしょうか。


>虫とり小僧さん

個人的には新興国投資には消極的なので、あまりご参考にならないと思いますが、事実だけお話します。

中国株には、DIAM中国関連株オープンを通じて少し投資しています。
ノーロードの新興国ファンドがなかった時代に珍しくノーロードだったので、試しに買ってみたものをホールドしているだけです。
一時期は3倍くらいになりましたが、今はずいぶん落ち着いてしまいましたね。
アクティブファンドだし、信託報酬は安くないし、今はあまりおすすめしません。

新興国全体への投資は、今後拡大を検討しようかと思っています。
関連記事を書いたので、ご興味があればご覧ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1021.html

いずれにしても、中国だけに特化するつもりはなく、やるとしてもエマージングマーケットインデックスへの投資になると思います。


>ヒデさん

田舎のKenさんへのコメントにも書かせていただきましたが、個人的には日本は結構国際貢献していると思うんですけどね。なのに発言権が低い。
米国・中国だけでなく、外交上手な国というのはうらやましい感じがします。


>Tansney Gohnさん

新興国が中国100%は怖いですね。
自分の今の新興国投資は、中国関連とロシア東欧に偏っているので、あまり良いと思っていません。
新興国に投資するならもっと分散したほうがいいと思っています。

http://karetta.jp/article/blog/MoneyHacking/232426
上記で記事にしました。

覇権国に対する挑戦

水瀬様
いつもブログ見させていただいていますっ!
コメントは今回初めてさせていただきます。

私自身は、国内金融機関は最小限に留めて、
メインはアメリカ・シンガポール・香港の
金融機関を利用していますが、
いつの間にか、アメリカの証券会社などは、
中国語でのHP対応を行って、資金を
呼び込んでいますね。

また、ウォーレン・バフェット氏・ジョージ・ソロス氏
・ジム・ロジャース氏など世界的投資家の著作や記事を
読むと、21世紀は中国が、世界の覇権国アメリカに対する
最大の挑戦者になり、その過程を見ることになる時代とも
言っていますしね。

普段私たちが目にするメディアでも中国関連の記事を
見ない日はありませんしね。
(良いニュースでも悪いニュースでもですが)
それだけ影響力が大きくなっているという事なんでしょう。

私自身は、ブログを始めたばかりで使用方法や利用の仕方など、
まだ全然慣れていないのですが、
備忘録も兼ねて、少しずつ投資やその他の事に関して、
自分のやってきた事や考えを記事にしておこうと思っています。

http://note-m.seesaa.net/

でも、肝心の投資に関しては、
上手くまとめようと思ってしまって、
まだ余り書いていません。(^-^ა)


>えんどうさん

ソースのご紹介ありがとうございました。
たしかに、日本の米国債保有額は減っているようですね。


>恵(KEI)さん

はじめまして、恵(KEI)さん。

>>いつの間にか、アメリカの証券会社などは、
>>中国語でのHP対応を行って、資金を
>>呼び込んでいますね。

うわー、そうなんですか。
日本人口座開設者が次々締め出されていくのとえらい違いですね。
こんなところからも、米国と中国の関係が垣間見れるような気がします。

えんどうさん

元にされているデータは「Major Holders」、つまり政府の保有額ではなく金融機関などの保有分も含まれたものとなっていますね。
減少額が大きいので政府保有分も減っている可能性は十分ありますが、あくまで間接的なデータなので読み取るのには注意が必要だと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

中国株ETF購入

中国については、ファンドのみ小額での保有だったので、ETFを購入しようと思っていました。 しかし、年初から何かやけに中国や香港株式に関しては、旧正月の影響だかで上昇していたので(世界的にはこんな状況なのにも関わらず)、様子を見ていました。何か下げ止まっ..

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)