J-REIT、3割が含み損。REITの含み損ってなに?

J-REITの3割が含み損を抱えているそうです。

【日経新聞 2009/03/17朝刊より引用】
REIT、3割が含み損
 不動産投資信託(REIT)が保有する不動産の資産価値が目減りしている。不動産市況の悪化を受け、2008年下期(7月-12月)の決算期末で12銘柄が鑑定評価額が簿価を下回り含み損を抱えた。上場REIT全41銘柄の約3割に達し、マンションを運用する銘柄が多い。含み損は将来の損失計上につながりかねず、REIT相場の重しとなっている。
【引用おわり】

はて?REITの含み損ってなに?
ETFでいうところのNAVと市場価格との差額のこと??

と思って記事を読みこんでみたら、そうじゃないみたいです。

REITは、各期末の保有物件の時価を、外部の不動産鑑定会社に評価してもらうそうです。この評価額と簿価(不動産を購入した価格のことだと思います)の差額が含み損益とのこと。
市場価格とは関係ないみたいです。

以前、配当利回りに着目して、J-REITへの投資を検討しました。
(関連記事)
2009/02/07 J-REIT検討における水瀬の脳内開示 (その1)
2009/02/07 J-REIT検討における水瀬の脳内開示 (その2)
2009/02/08 J-REIT検討における水瀬の脳内開示 (その3)
結局、個人的に追加すべきアセットクラスの優先順位からREIT購入は見送りましたが、REITという仕組み自体はけっこう良いものだと思っていました。
でも、買う前から含み損を抱えている銘柄は、やっぱり買いたくないですね。

J-REITの保有不動産の簿価と評価額をきちんと把握して、銘柄を選別しなければいけないとなると、僕のような面倒くさがりのインデックス投資家にはちょっとなぁと思います。
それじゃあJ-REITインデックスにということになるのですが、現在は全J-REITの3割が含み損を抱えているそうですので、インデックスに投資するのも少しためらわれます。

J-REITの様子見は続きそうです。

関連記事


  





コメント

日経ヴェリタスに

REITの特集が載ってました。
新興企業が主催するREITはかなり厳しいようです。

>現在は全J-REITの3割が含み損を抱えているそうですので、
>インデックスに投資するのも少しためらわれます。

時価総額インデックスならそれらの割合はかなり低くなると思います。
TOPIXや日経平均にも不良企業は含まれてますよ。
それよりリスクが高いのは確かだとは思いますけど。

相変わらず気にはなっているのでしょうか?

確かに怖いですが…

含み益を抱えているようなときには、今より利回りもずっと低下しているでしょうし、REITはおいしい商品ではなくなっているのでは?

J-REITは歴史が浅い

以前から言われている事は日本の場合は何といっても、米国REITと比べて関係会社が多く、投資家のリターンを下げていると言う専門家の指摘が有ります。
その他にも、昔は生保のビルを高い値段でREITに買わせているとの指摘も有るようです。
特に少子高齢化の著しい地方都市ほど地価が値下がりしやすくなってくるので、この点も注意が必要なのかも知れません。
米国REITに比べて歴史が浅く、REITを悪用する業者もいるので、こう言った理由からJ-REITではなく、US-REITを中心に投資しています。
今回の含み損についてはこの辺りに理由が有れば、やはり問題なのだと思います。

日本版不動産投資信託

水瀬さん、こんにちは。 

J-REITはこの前もニュースで色々と書かれていましたし、私は中身が理解できないので、内容のよく分からないものは手を出さないようにしてます(;´Д⊂)

ヒデ師匠の教えですw

個人的な感度

市場全体の平均利回りが9%程度の時に投資することが出来れば、悪くない投資対象だと思います。

個人的には、バイ&ホールドというよりも、買って利回りが7%に近くなったら売却する様な戦略が一番良いのではないかと考えています。

利回りが7.3%程度の今はまだ買い時ではないと思います。

>ぷれでたさん

新興REITは厳しそうですね。

>>相変わらず気にはなっているのでしょうか?

REITに限らず、投資していないアセットクラスについても、興味だけは持っています。


>個別株専門者さん

利益を内部留保して成長できる普通の企業と違って、REITはその仕組から利益の9割を投資家に還元してしまうので、一度含み損になったら厳しいのではないかと思ってしまいます。
なので、株と同じように逆張りでOKというわけにはいかないような気がしてしまうのです。


>タカちゃんさん

歴史が浅いだけに、投資家側も経営側もまだまだ未体験のことがありそうですね。


>みはるんさん

値千金のよい教えだと思います。


>レバレッジ君さん

たしかに、ほったらかしというわけにはいかないような気がしています。
9%ルール、参考にさせていただきます。

J-REITは、インデックス投資ではお勧めできない対象ですね。
なぜなら、銘柄間の格差が大きすぎる為です。
悪い銘柄に足を引っ張られて、成績が振るわない状態が続いています。
このため、個別銘柄での投資にしたほうが、リスクも低下しますし、運用成績も良くなると思います。
株と比べて銘柄数が少なく、リスク分散が計り難い点では、J-REITはやっかいな存在かもしれません。

>siferさん

そうですねえ。。。
インデックス投資に不可欠な相関係数など過去のデータも、まだ期間が短くていまいち信頼性に欠ける部分があると思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)