バンガードETF、豪州市場に上場。うらやましい!

バンガードのETFが豪州市場に上場するとのことです。

【ヘッジファンドクルーク 2009/03/19より引用】
バンガードETF、豪州市場に上場
バーンガード・インベストメンツ・オーストラリアは19日、同社が運用するETFを上場すると発表した。

バンガード・オーストラリアのイアン・アルコック氏は「豪州市場におけるETFの上場は、インデックス投資に実績のある同社にとって当然の展開だ」と述べた。個人投資家は、バンガードのインデックス投信に加えてETFも投資対象として選択できるようになる。

バンガードによると、足元の著しく不安定な投資環境と景気後退局面では、ETFやインデックス投信は、流動性、分散性、柔軟性の特徴から、より多くの投資家から支持されるようになるとのこと。
【引用おわり】

これは…うらやましい!!
いいなあ、豪州市場。

日本市場への海外ETFの重複上場が難しい理由として、日本と欧米の時差のため、NAVと取引価格の乖離率がリアルタイムで確認できないという点をあげるかたがいます。
たしかに、もっともらしい感じはします。

では、日本とほとんど時差のない豪州市場にバンガードETFが上場できたのは何故でしょう?
同じように、日本とほとんど時差のない香港市場に多くの海外ETFが欧米と重複上場できているのは何故でしょう?

豪州や香港はできるのに、日本はできない。その理由は他にありそうです。
おそらく、個人投資家の資産運用のコアになるようなメジャーな海外ETFが日本に重複上場をされると困る人たちが日本にはいて、そいつらが踏ん張っているというのが僕の予想です。

メジャーな海外ETFが上場されない日本の現状を嘆きたくなる気持ちも痛いほど分かりますし、僕もよく嘆いています。
でも、それだけではなく、僕たち利用者側もよく勉強して声をあげていくことがとても大切だと思います。
今後もいち利用者として、証券取引所・運用会社・証券会社といった市場関係者に、粘り強く海外ETFの重複上場の要望をあげ続けていきたいと思います。

なお、日本は市場規模が小さいから難しいと思っているかたがいるかもしれませんが、世界の証券取引所の取引高ランキングは、1位ニューヨーク証券取引所、2位東京証券取引所、3位ロンドン証券取引所、4位フランクフルト証券取で(情報がちょっと古いですが出典はWikipedia)、豪州は格下であることを付け加えさせていただきます。

関連記事


  





コメント

こんばんは。

>>今後もいち利用者として、証券取引所・運用会社・証券会社といった市場関係者に、粘り強く海外ETFの重複上場の要望をあげ続けていきたいと思います。

ほんと仰るとおりですね(^^ゞ。ボクも一投資家として意見を伝えていければと思います。

そして近い将来バンガードの方が「日本市場におけるETFの上場は、インデックス投資に実績のある同社にとって当然の展開だ」と言ってくれる日が来ることを期待します(^^)。

他にも

言葉の違い、も大きいかもしれません。

日本以外のETF上場の先進国は、英語が使えますからね。

とにかく、早く上場してほしいものです・・・。

他にも

言葉の違い、も大きいかもしれません。

日本以外のETF上場の先進国は、英語が使えますからね。

とにかく、早く上場してほしいものです・・・。

あと、法律の縛りがきつく、コストがかかりそうです。

これも、困る人たちの、陰謀や抵抗の一種かもしれませんが。

>おそらく、海外ETFが日本に重複上場をされると困る人たちが日本にはいて、そいつらが踏ん張っているというのが僕の予想です。
いわゆる「日本語バリア」の問題が大きい気がします。オーストラリアや香港なら英語でいいですから。さらに日本の金融行政の問題も大きそうです。

要望行きましょうか!?

「日本の現状を嘆きたくなる気持ちも痛いほど分かりますし、僕もよく嘆いていますが、それだけではなく、僕たち利用者もよく勉強して声をあげていくことがとても大切だと思います。」

まったくもってその通りですよね?
ないものを嘆くよりも行動することで何かが見えてくるものでしょうし
・・・こちらはある意味で素人ですから何度でも声をあげていきましょう!

09年の2発目はバンガードに再再度の突撃と行こうかな?♪(1発目は大証)

インデックス投資家人口比率が少ないのかも!?

現在、お金を持っているお年寄りからはアクティブ型毎月分配投信と言うインデックスとは無縁の投資信託を金融機関から買っている状況でして、とてもではないですがインデックス投資家とは言えそうにありません。
更に日本の場合は購買力平価上の賃金が先進国としては最低と言う状況を作り出し、実労時間を長期化させて金融リテラシーを低くさせている状況でも有ります(勝間和代さんがこの実労時間について指摘しています)。
本当は若年層がインデックス投資に関心を持って欲しいのですが、日本は賃金が非常に安く、現在の派遣労働者と言う非常に劣悪な労働環境におかれている立場の人では、勉強する時間も、投資するお金もない状態です。
こう考えると、今の日本人におけるインデックス投資の比率は非常に低いのではないのかと考えます。
少なくともインデックス投資家が多くなってくれば、それに対応した投信会社が現れる筈ですし、バンガードも進出してくる可能性もあると思います。

この事態を打開する為には、最低賃金の引き上げや金融機関に対して中立的な立場の人が投資の勉強を教える等の機会を作らない限り不可能だと考えています。

インデックス投資の魅力は一度知識を身につければ、「投資する為に必要なお金さえ稼げれば誰でもできる」点です。
少なくとも、現在の状況では株式、REITの配当利回りベースでは7%~11%程度を享受できる状況なので、インデックスならではの低コスト&リスク分散と100年に一度の高配当をダブルでゲットできます。
僕自身もインデックス投資の魅力を伝える事ができる投資家になって、最終的には東証にインデックス投資家に欠かせないETFを上場させる為に声を上げていければと考えています(本当はHPを作りたいですが著作権と言う面倒な点が有り、困っています)。

バンガード社辺りが日本への殴りこみ大歓迎です。

>市場関係者 さんのおっしゃられる言葉の違いというのを聞いて凄く納得しました。

 日本に英語文化がありませんが、確かに日本の投資家のためだけに日本語化させるかどうかとそのための費用が、いろいろなところに波及するか~っということを思ってしまいます。

 法的に英語OKとかかわないとだめなんですかね~いや、そういう法律があるかもわかりませんが・・・。

日本語は・・・

日本語は高い壁ですよね。

仕事でも日本語の壁は本当に邪魔です。世界各国で英語で通用していても日本では日本語を要求されるので、とたんに生産性が落ちます・・・


VWOで0.25%というバンガードの低信託報酬体系だと、多めに見積もっても0.2%程度が手数料収入でしょうか。そうすると、仮にバンガードが日本上場によって1兆円集められるとして20億円。ここからお役所とのやりとり、日本語化・投資家への日本語での説明、そのための人員・場所確保、etc...とやると日本に上場するメリットは無い!?
仮に手数料収入が0.1%とすると1兆円集めても10億円の収入にしかならないので、よほど資金を集められない限りは厳しそうです。

日本語を要求するなら、「上場するなら数十兆円の資金を出すよ?」と投資家が言うようにならないといかんのですかね・・・

上場自体は出来るでしょう

場中はダウ先と為替に右往左往するんでしょうねw
仮に上場すれば投信の信託報酬が下がるでしょうか?ね?
そっちのほうが魅力あります。
私はSTAMシリーズで保有していますが、別にスイッチする気もないです。短期売買なら使ってもいいかも程度ですかね。

ETFと投信の信託報酬が1%以上違えば考えますが、0.5%以下なら
配当の再投資やドルコストの観点からも投信のメリットも十分
あると思っています♪(むしろETFのほうが配当の再投資に不都合有)

上場がまだ日本でされていなのは もちろん利害関係もあるでしょう
し、前にも申した通りで「基準価格」をどうるんだろうねってことです
本来、先進国連動ETF(TOKみたいなの)は日本の場中は固定価格に
すべきでしょうか、、それは無理でしょうから為替・先物に振らされる
投機対象に成り下がると思います

>田舎のKenさん

>>「日本市場におけるETFの上場は、インデックス投資に実績のある同社にとって当然の展開だ」と言ってくれる日が来ることを期待します

いいですねー(^^)
それまで声をあげていきましょう。


>市場関係者さん、えんどうさん、矢向さん、吊られた男さん

言葉の壁ですか。。。
金融商品に限らず、海外からの輸入商品なんていくらでもあると思いますので、なんとか乗り越えてほしいっす。

↓こんな内閣府令の改正もありましたが、これでは不足なのかな。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-58.html


>とよぴ~さん

来月、バンガードインベストメンツジャパンのかたにお会いできる機会があるかもしれない(未定ですが)ので、その際は強く要望したいと思います(^^)


>タカちゃんさん

>> インデックス投資家人口比率が少ないのかも!?

それもあるかもしれませんね。
何だかんだいっても、インデックス投資はまだまだマイナーな存在ですから。


>龍王さん

インデックスファンドでいいというご意見はごもっともです。
以前、↓のような記事を書いた時点よりも低コストなインデックスファンドが登場してきていますから、人によってはもうインデックスファンドでいいというかたがいてもおかしくありません。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-537.html

個人的には、インデックスファンドのコスト水準はまだまだ不満ですが。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

【重複上場は】バンガード豪州市場に上場【幻想なのか?】

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーさんの記事バンガードETF、豪州市場に上場。うらやましい! で知りましたが豪州市場に上場するそうです ...

バンガードETFが豪州市場に上場だとか・・・

この前「VTに投資したいなぁ~」(←重複上場はほとんど諦めているので証券会社で買えれば・・・)なんて思っていたら、バンガードETFが豪州市...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)