臨時投資資金の使いみち

臨時投資資金がたまってきました。

使っていなかった昨年冬のボーナスや、毎月の投資分・生活費を差し引いて残ったお金などです。
その使いみちを検討しています。まず、

(1)全額、生活防衛資金に積み増す
(2)全額、リスク資産に突っ込む

の2パターンが考えられます。

生活防衛資金は既に2年分以上確保していますが、昨今の不安定な経済情勢を考慮して、これをさらに厚くしておくことは、生活の安定感を高める「守り」の意味があると思います。
一方で、100年に一度と言われる現在の金融危機は、長期的に見れば絶好の投資チャンスになる可能性があり(さらに下がる可能性も十二分にありますが)、ここでリスク資産に投じることは「攻め」の意味があると思います。

さて、どうするか?
いろいろ考えましたが、今までちょこちょこ検討していたことを踏まえ、(1)と(2)の中間アレンジバージョン、

(2)’外国株式(新興国)クラス&日本債券クラスを買う

でいこうと思っています。
アセットアロケーションの弱かったところ(超ハイリスク部分と超ローリスク部分)を少し補完するイメージでしょうか。
具体的商品は、

・Vanguard Emerging Markets ETF(VWO)かSTAM新興国株式インデックス・オープン
・MHAMのMMF

を考えています。

VWOかSTAM新興国株式インデックス・オープンで、現在6%弱の新興国株式比率を少し上げてみようと思います。
(参考記事) 2009/03/15 G20と新興国投資
また、初の日本債券クラスは、金利動向を考慮して、変動金利短期債としてのMMFにしてみようかと思っています。
(参考記事) 2009/02/08 J-REIT検討における水瀬の脳内開示 (その3)

ポートフォリオの期待リターンとリスクがどうなるかをざっくり調べて、それぞれ購入金額を決めたいと思います。
他に検討していたREITクラスは、見送ろうと思います。

あとはいつ投資するかというタイミングの問題が残りますが、率直に言って投資タイミングは分からないので、いつものようにそのうち適当にやると思います。

臨時投資資金の使いみちはこんな感じで考えています。



※投資判断は自己責任でお願いします。

関連記事


  





コメント

日本債券クラスと言えば

今募集中の個人向け国債で10年もの変動金利の物がありますけど。
水瀬さんはどうお考えですか?

金利が安いので余り売れてないみたいです。
1年間は解約できないとか色々とデメリットはありますが私はいくらか持ってます。

>ぷれでたさん

個人向け国債変動10もアリだと思っています。
でもその場合、ちょこちょこ出てくる利子はMMF(MRF)での運用になり、結局2種類の運用商品になると思います。
どうせスズメの涙ほどの金利しかないのにメンドくさいなーというのがホンネですかね(^^ゞ

迷ってるなら

半分安全資産 半分投資で その投資も今のポートフォリオに
均等割りしておけばいいだけだと思いますよ あまり悩むこと
ないですw それか 悩んでるなら全額安全資産ですね、
理由は簡単で既にリスク資産をお持ちなわけですから。

生活防衛資金というのも多すぎて多すぎってことはないと思います♪
(遠い将来どうせ使うわけですからね)

こんにちは!

みはるんなら、「全額(2)だぁぁ」…って初心者がこれじゃタダの無謀なのかも orz
(1)と(2)のいいとこどりっていいですねヽ(`・ω・´)ノ !
水瀬さんのブログを拝見するようになってインデックス投資に興味が沸いてきた今日このごろです…国内と海外に分散したい…
(でもお金ないうちからやってもあまり意味ないでしょうか…><;

>龍王さん

アドバイスありがとうございます。
本文に書いた方針でいこうと考えております。


>みはるんさん

投資総額が少ない頃こそ、一単元あたりの値がかさむ個別株投資よりも、1万円から買えるインデックスファンドを使った国際分散投資がピッタリだと個人的には思いますが、詳しくはみはるんさんのお師匠様にご意見をうかがってみてはいかがでしょうか。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)