世界の株価が回復基調というけれど

水瀬ケンイチ

世界の株価が回復基調だという報道です。

NIKKEI NET 2009/03/25より引用】
世界の株価、回復基調 新興国で際立つ
 世界の株価が回復基調にある。24日の東京市場では前日の米国株が今年最大の上昇を記録したのを受けて日経平均株価が2カ月半ぶりの高値をつけた。欧州株も戻り歩調にあり、ロシアやブラジルなど昨年末比でプラスに転じる市場も出てきた。各国の景気対策や金融安定化策の具体化で過度の悲観ムードが修正されている。ただ世界経済の悪化に歯止めがかかったわけではない。マネーがリスク資産を敬遠する傾向は続いており、回復が続くかどうかは不透明だ。

 株価の回復が鮮明なのは新興国。中国・上海総合指数が昨年末比で28%上昇しているのをはじめ、ロシア・RTS指数が17%、ブラジルのボベスパ指数も13%上昇している。
【引用おわり】

久々に景気のいいニュースですね。
でもまあ、昨年末比で○○%上がったといっても、昨年末に至るまでどれだけ下がったかを考えれば、まだまだ…(^^ゞ


※投資判断は自己責任でお願いします。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ