世界の株価が回復基調というけれど

世界の株価が回復基調だという報道です。

NIKKEI NET 2009/03/25より引用】
世界の株価、回復基調 新興国で際立つ
 世界の株価が回復基調にある。24日の東京市場では前日の米国株が今年最大の上昇を記録したのを受けて日経平均株価が2カ月半ぶりの高値をつけた。欧州株も戻り歩調にあり、ロシアやブラジルなど昨年末比でプラスに転じる市場も出てきた。各国の景気対策や金融安定化策の具体化で過度の悲観ムードが修正されている。ただ世界経済の悪化に歯止めがかかったわけではない。マネーがリスク資産を敬遠する傾向は続いており、回復が続くかどうかは不透明だ。

 株価の回復が鮮明なのは新興国。中国・上海総合指数が昨年末比で28%上昇しているのをはじめ、ロシア・RTS指数が17%、ブラジルのボベスパ指数も13%上昇している。
【引用おわり】

久々に景気のいいニュースですね。
でもまあ、昨年末比で○○%上がったといっても、昨年末に至るまでどれだけ下がったかを考えれば、まだまだ…(^^ゞ


※投資判断は自己責任でお願いします。
関連記事


  





コメント

水瀬様 こんばんは
株価は今しばらく下げたままの方が買い付け単価が下がっていいのですが、上がるとうれしいですね。投資はメンタル面が大事といいますが、正にその通りだと思います。

日経平均は今日も続伸です

確かになんかほっとしますね。
買える口数が多いのはいいけど余り安すぎると怖くて買えないです。
もうちょっと高くても個人的には問題無いです。

>Tansney Gohnさん、ぷれでたさん

上がってもうれしいし下がってもうれしいというのが、積立投資の不思議な心境ですよね(^^)

Financial Times と The Economist

"Tarp"を検索していたら、Financial Times とThe Economistの翻訳記事が読めるサイトを見つけました。(^^)

Japan Business Press http://jbpress.ismedia.jp/category

マルキールさんの「ウォール街のランダムウォーカー」の文字を見つけたので原文まで読んでしまいました。知らない単語ばかりでしたが、こんなに楽しく読めたのは、水瀬さんのブログのおかげです。

株式信仰の崩壊  FT大型連載 資本主義の未来
2009年03月26日(Thu) Financial Times
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/774

元の記事はこちら
Is it back to the Fifties?
http://www.businessspectator.com.au/bs.nsf/Article/Is-it-back-to-the-Fifties-$pd20090325-QFSZM?OpenDocument&src=sph

実は最後までちゃんとは訳してありませんでした。

そうですよね!

異常な下げが続いていたので、少し安定してきたのかな?って感じもしますし、でもまだ安心できないかもって思ったり。

ブルームバーグ(米国版)の1年間騰落率データ(ETF)を見ると、上位は新興国郡が多いですね。
それでも過去1年前から-20%~-40%がごろごろしてますからね(^-^ა)

まだまだ予断を許せず、慌てずコツコツと購入という感じですかね。(*^^*)


すみませんっ!

上記の私が書いたコメント、モーニングスター(米国版)のデータでした。勘違いしてブルームバーグと書いてしまいました~(>_<。)\

どうもです。。

なかなかnikkeiも7000円を割ってくれません。
っと思っているうちに7000円から考えると あげた~

と思っています。じーっとみて、あと一日、後一日っとおもう
ところで粘りますな~。

>あづささん

ご紹介ありがとうございました。
読んでみましたが、興味深い記事でした。

原文の‘I haven't opened a statement for months'以降が訳されていないみたいです。
投資家はとりあえずステートメントを見ろと(笑)


>恵(KEI)さん

僕もまだまだ予断を許さない状況だとは思います。
昨年10月の大暴落からまだ半年。どうなることやら。


>矢向さん

相場はなかなか思い通りにはならないですよね(^^;

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

相場師 自己批判

タイトルは「相場師一代記」から借用です(笑) あまり自分のトレーディングを語らない寡黙な投資家な僕ですが、ここ最近、ナイーブだったんですが、ちょっと心境告白的なものを書こうかと思います。 いつもは切り込む記事を書く人ですが、色々と葛藤もありまして・...

世界の株価 回復基調

上海株が7日続伸となって年初来高値を伺う展開となっています 日経ネット 上海株7

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)