高速道本格値下げでレンタカー各社がETC車両を拡大。グッジョブ!

水瀬ケンイチ

レンタカー各社でETC対応車が増えているようです。

NIKKEI NET 2009/03/28より引用】
高速道が本格値下げ、ETC車両を拡大 レンタカー各社
 28日に本格的に始まった高速道路料金の引き下げにあわせ、レンタカー各社が自動料金収受システム(ETC)対応車を増やしている。トヨタレンタリースとニッポンレンタカーサービス(東京・渋谷)はトラックなどの商用車にもETC車載器を導入、東日本旅客鉄道(JR東日本)子会社も乗用車すべてを対応させる。一時的な利用でも割引料金の適用を受けたい企業・個人の需要を取り込む。
【引用おわり】

今日から高速道路の通行料金の引き下げが本格スタートしましたが、これがレンタカーのETC対応を後押ししたようです。

クルマを持たずレンタカー派の僕にはうれしい流れです。
よくJR東日本のトレン太くん(電車とレンタカーのお得なセット)を利用するのですが、ETCがないと早朝割引などの高速道路の各種割引が適用にならず、せっかく電車は割安なのに高速が割高という状況になり、「ちぇっ」と思っていました。
報道によると、JR東日本も乗用車すべてをETC対応するとのこと。

良きかな、良きかな(^^)
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ