「水瀬君、来年度の売上計画は今年度実績マイナス10%でいこう」

水瀬ケンイチ

部長「水瀬君、来年度の売上計画は今年度実績マイナス10%でいこう」
水瀬「えっ、いいんですか部長?」
部長「ああ、無理しないでいいんだよ」
水瀬「でも…」
部長「再来年は更にマイナス20%でいこうじゃないか。ハッハッハ」



会社で次年度の事業計画を立てていた春先、こんな夢を見ました。
連日遅くまでの仕事で疲れていたんですね(笑)

ところで、昨今の世界金融危機を受けて、巷では資本主義経済に対する批判が強まっているように感じます。
弱肉強食の市場原理の経済が、非正規雇用労働者を増加させているとか、環境を破壊しているとか、モラルハザードを引き起こしているとか、いろいろ批判されているようです。それら各論はある意味正しいのかもしれません。

(余談ですが、株式投資をしながら、資本主義経済悪玉論を力説している人をたまに見かけますが、世の中には面白い人もいるものです)

しかし、大きな視野で総論を考えると、一定の方向性があるのではないかと思います。
資本主義経済は長期的には自ずと発展する方向性を持っているということです。

そもそも企業というものは利益の拡大、拡大再生産を宿命付けられています。
それは、変えようのない事実です。
自分の勤務先が、毎年アホみたいに売上・利益の増加を目指してもがいていることからも実感できます。
他の企業でもだいたい事情は同じでしょう。

自分の勤めている会社が、毎年、前年比マイナスの事業計画を立て続ける。
利益拡大、拡大再生産を目指さない。
また求められもしない。

もしそんな時代が来たら、株式投資をやめようか思いますが、そうでないのであれば、長期的には株式投資の未来は明るいのではないかと思います。
今のところ、資本主義経済の未来を信じて、愚直に投資を続けていきたいと思います。


※本記事は、いち個人投資家の個人的な考え方に過ぎません。言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ