世界の社債市場復活?

世界で社債発行が急回復しているそうです。

NIKKEI NET 2009/03/29より引用】
社債、世界で急回復 1―3月は発行額過去最高に
 金融危機で低迷していた社債発行が世界で急回復している。英米調査会社ディール・ロジックによると、今年に入ってからの世界の企業(金融を除く)による社債発行額は四半期として過去最高ペースで推移している。金融機関が融資に慎重姿勢を維持するなか、格付けの高い企業が市場での資金調達に動いたためだ。

 ディール・ロジックによると、今年に入り3月19日までの社債発行額(金融を除く)は4345億ドル(約42兆5200億円)と昨年10―12月期から倍増。四半期で過去最高だった昨年4―6月期(3452億ドル)をすでに上回る。
【引用おわり】

言うまでもなく、企業にとって社債発行は重要な資金調達手段です。
世界金融危機でボロボロに壊れてしまったものが、だんだんと復活してきているのかもしれません。

ここ最近、ネガティブ一色だった報道に、ポジティブなニュースが混じるようになってきました。いいことですね。

ただ、急回復している社債発行額には、さりげなく「(金融を除く)」と付記されています。
そりゃそうですよね。
公的資金を注入しないと持たないほどの企業が、市場からそうやすやすと資金調達できるはずがありません。
金融機関やビッグスリーなど、火種は依然くすぶり続けています。
手放しで喜べる状況には程遠いのが現状かもしれません。

ポジティブ・ネガティブの両面から、今後の経済動向を注視したいと思います。

関連記事


  





コメント

真摯に読み込むべき

春山氏がおかねのこねたで経験に基づいた長期投資についての考え方を述べておられる
梅屋敷のランダムウオーカーなどと、効率的市場仮説の論客マルキール氏を連想させるタイトルで長期投資の考え方を無批判に開陳してきた貴兄にも、是非、ブログでコメント頂きたいものだ
それともいつも通り、都合の悪い意見は完全無視かな
貴兄のブログを見て、長期投資とは何かを考えずに、なけなしの退職金を株に突っ込んだ人間が何人もいるということを、もっと真剣に考えるべきではないかな

自由でいいのが投資の良いところ

おはようございます。
世の中には多種多様な考えを持つ人がいます。
日常生活の中では多種多様な考えを盾にルール(法律)を破ることは許されません。
しかし、原則自由な投資の世界においては自己責任の上で、自分の考える通りの行動をしてかまいません。
従ってなにを信じる、または信じないのも自由で、何かを信じて行動したとしてもそれも自己責任の範疇で、その結果もすべて自分自身が招いたものなのです。
たとえそれが有名な投資家や評論家、有名ブログでも同じです。
自分で勉強して、良いと思うものは取り入れ、違うと思うものはスルーすればいいのです。
個別銘柄投資において、自分の基準において良いと思う銘柄を買い、誰がなんと言っても自分が良くないと思う銘柄は買わないのと同じではないでしょうか。
このブログの管理人、水瀬氏は長期分散インデックス投資が好い方法と信じて(長期的に見れば世界経済は成長するのでその成長性にbetする)覚悟を決めて投資し、その結果は自己責任として受け止めると述べているので、それでいいのではないでしょうか。
下段 ご注意事項参照

江戸の隠居さま

60歳を過ぎてから退職金を株に突っ込む投資家と30歳半ばで将来を見据えてコツコツ勉強している投資家の違いがわからない方には馬の耳に念仏と思いますよ。。。

あと投資は自己責任でという言葉を知らない方には。。。

水瀬さんじゃなく直接マルキール氏に言いましょう。

>ROM人さん

ご紹介いただいたブログ、記事をいくつか読ませていただきました。
多少、ん?と思う部分もありますが、たいへん興味深く勉強になりました。
みながあのように適確な投資判断ができて、ロング・ショート自由自在の投資家になれるといいですね。

なお、全てのページにご注意事項として記載させていただいているとおり、投資判断は自己責任でお願いしております。
その点はご理解いただきたいと思います。


>江戸の隠居さん

フォローいただきありがとうございます。
投資に必勝法がない以上、誰もみな自己責任のもとで自分の考えるとおりに実践していくしかないと思います。


>コマンド三等兵さん

投資は自己責任と頭では分かっていても、気持ちがついてこないかたもいらっしゃるのかもしれませんね。


>インフルさん

近頃は、読者のメールに直接返信してくれる著者も結構いらっしゃるようですよ。

ん?

私は世界経済の成長に余り期待していないので、このブログを見て投資判断することはないですが、ここを見てインデックス投信やETFを定期購入したが成果が出ないと言う愚痴?ならわからないでもないですが、退職金で株って、いくらここを見ても生まれてこない発想のように思います。
本当にそういう方がいるのなら、なぜそうしたのを是非ご教授願いたいものです。

SBI債

ちょっと話がそれるかもしれませんが、SBIさんで1年1.96%のSBI債を
出すみたいですね。
そこらの定期より全然良いですが、以前 余裕資金をどうしようか?と
いうお話で社債はデフォルトリスクがあるからNO!と仰っていました
けど やっぱり対象外ですかね??

>龍王さん

いやいや、社債の話が本記事の主旨ですから(^^)

SBI社債の金利、高いですね。
でも買いません。繰り返しになりますが、個人的には債券クラスで信用リスクを取るつもりはありません(^^ゞ

米シティの社債が破格の高金利で話題になった(シティ傘下の日興コーディアルが必死で売っていた)ことを思い出します。
その後、米シティは経営危機に陥りました。SBIもそうなるとは言いませんが、やはり債券クラスで無用な信用リスクは取りたくないなあと思ってしまいます。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)