世界の社債市場復活?

水瀬ケンイチ

世界で社債発行が急回復しているそうです。

NIKKEI NET 2009/03/29より引用】
社債、世界で急回復 1―3月は発行額過去最高に
 金融危機で低迷していた社債発行が世界で急回復している。英米調査会社ディール・ロジックによると、今年に入ってからの世界の企業(金融を除く)による社債発行額は四半期として過去最高ペースで推移している。金融機関が融資に慎重姿勢を維持するなか、格付けの高い企業が市場での資金調達に動いたためだ。

 ディール・ロジックによると、今年に入り3月19日までの社債発行額(金融を除く)は4345億ドル(約42兆5200億円)と昨年10―12月期から倍増。四半期で過去最高だった昨年4―6月期(3452億ドル)をすでに上回る。
【引用おわり】

言うまでもなく、企業にとって社債発行は重要な資金調達手段です。
世界金融危機でボロボロに壊れてしまったものが、だんだんと復活してきているのかもしれません。

ここ最近、ネガティブ一色だった報道に、ポジティブなニュースが混じるようになってきました。いいことですね。



ただ、急回復している社債発行額には、さりげなく「(金融を除く)」と付記されています。
そりゃそうですよね。
公的資金を注入しないと持たないほどの企業が、市場からそうやすやすと資金調達できるはずがありません。
金融機関やビッグスリーなど、火種は依然くすぶり続けています。
手放しで喜べる状況には程遠いのが現状かもしれません。

ポジティブ・ネガティブの両面から、今後の経済動向を注視したいと思います。

関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ