バークレイズのiシェアーズ買収の優先交渉権者

水瀬ケンイチ

バークレイズのETF事業売却先に関する新たなニュースが出ていました。

NIKKEI NET 2009/04/01よリ引用】
バークレイズ、iシェアーズをCVCに売却か
 ロンドン(ウォール・ストリート・ジャーナル)英バークレイズ(BARC.LN)(NYSE:BCS)は、上場投資信託(ETF)運用部門「iシェアーズ」を、未公開株投資会社の英CVCキャピタル・パートナーズに30億ポンド(43億ドル)で売却することになりそうだ。バークレイズは、予想されている数十億ポンドの赤字を穴埋めするために現金を必要としており、この売却で得る資金を充てる見通し。



 バークレイズは3月31日の声明で、iシェアーズの入札でCVCが「優先交渉権者」だとした。事情に詳しい筋によると、iシェアーズ売却後もバークレイズは株式20%を保有する予定で、今週中にも売却契約を結ぶ可能性があるという。
【引用おわり】

CVCキャピタル・パートナーズ…。
またしても、プライベートエクイティですか。
先日報道されていたの3つの投資会社もふくめ、もっとマシな交渉相手はいないのでしょうか。
(関連記事)
2009/03/23 バークレイズのiシェアーズの買収に3社が関心?

正式にはまだどうなるか分かりませんが、iシェアーズのETFを保有するいち投資家として、ことの行く末を見守りたいと思います。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ