最近、リレー投資をしてないなあ

インデックスファンドが結構な額まで積み上がってきています。
でも最近、インデックスファンドから海外ETFへのリレー投資をしていません。

損益がマイナス時のインデックスファンド売却&海外ETFの買戻しによる購入単価引き下げで、将来の海外ETF売却時に税金が高くなるのが嫌だなあと思っているからです。
とはいえ、インデックスファンドのままだと海外ETFよりも信託報酬等のランニングコストが高いまま。長く持てば持つほどコストがかさみ、痛し痒しといった具合です。

税金面では、いちばん良いリレー投資のタイミングは…
損益がプラスマイナスゼロ付近の時のようです。
でも、その時期は、自分でコントロールできるものではありません。
相場は自分の思いどおりには動いてくれないからです。

今のところ、STAMとインデックスファンドTSPの信託報酬が比較的低めであることで、「まあいいや」と自分を納得させ、インデックスファンドで放置しています。
来たるべき時が来たら、さっさとリレーしたいと思います。

(関連記事)
2008/03/20 リレー投資のチャンスかも
関連記事


  





コメント

SBIの分配金問題

そういえば、いつの間にか、SBI証券に預けている海外ETFの分配金明細書が電子交付されるようになりました。
以前、お知らせ欄にテキトーなメッセージだけで、しかも90日で消えていたことを考えると、大幅な進歩です。
これもETF愛好家が増えたからこその改善でしょうね。

リレー投資はしないです

地味に積み上げると効果が大きいのかもしれませんが、
リレー投資のコストやドルコストその後の分配金の
再投資方法や今の信託報酬の差などなど勘案して
やっていません。
昔?のインデックスファンドは信託報酬が高額だった
のでしょうかね?(その頃には投信に興味なかったです)

私は年金積立インデックスファンドの新興国先進国を
持っていましたが 今はSTAMシリーズにしています。

TOPIXと海外ETFなら全然STAMシリーズのほうが楽に
管理も他とのリバランスもできると思います。
まあ、積立ですのでリバランスすることも当面ないですけど。

一時米国ETFにトライしましたが使い勝手が私には
悪く辞めました。おかげで円高の波に巻き込まれなかったのは
たまたまですけどw

水瀬さんと私の違いは 私の場合は分散投資もしますけど
投資額をゼロにしたり(全部売っておく)個別株で短期売買も
するので 参考にならんかもしれませんけど。ただ、将来に
向けた自分の最適なポートフォリオに向けた取り組みでは
あります。

興味あります。

インデックスファンドとか、まだよくわかりませんが興味あります。勉強させてください。よろしくお願い致します。

リレー投資のコスト!?

横道にそれますが、山崎 元さんのホンネの投資教室弟九十九回 市場の効率性と伝統ファイナンス・行動ファイナンス は読みごたえがありました。
面白い反論ですが、どっちを信じるか?ですね。

それはともかく、リレー投資はできるだけインデックスとの連動性を保つと言う意味ではなるほどなあ・・・って感じます。
でも、コストまで本当に考えるのならばマーケットタイミングを見計らってやる必要が有ります。
今回の下落相場が元に戻るまでにどの程度時間がかかるかは分かりませんが、それによってインデックスファンド保有期間が長くなる事はどうにもならないですね。
やはり、どんなやり方(リレー投資に限らず)を取っても一長一短で、どれが良いのかは一概に言えそうにないです。
ここまでは、投資している場合のコストです。

今度はリタイヤ時のコストです。
リレー先がTOKのように余り配当が出ないタイプの物は配当課税のロスが少ない利点が有りますが、自分がリタイヤした時に売却をしなければならず、その時に売買手数料(楽天証券では$31.5)と社会保険関係のコストも上昇する可能性も有ります。
つまり、その結果として都営住宅に入居している場合は所得を引き上げて入居条件を超えてしまう可能性があるわけです。

リレー先が配当を多く出すタイプの場合は、配当課税が大きくなります。
それと引き換えにETFを売却をしなくても配当と年金だけで生活していけるレベルに持っていければ、二重課税のみで済ませられる為、売買手数料、社会保険関連コスト上昇がなく、都営住宅の所得制限に引っ掛かる事がなくなります。
十分な投資額が確保できる場合は、現在の配当利回りベースでは可能な人も出てきます。

リレー投資の場合は、リレー先の配当政策によってもコストが大きく変動するので注意が必要です。
ただ、STAMシリーズは配当を出さずに(税金のロスが最少)しかも特定口座源泉有りが使えるので、信託報酬が多少は高めでも、将来の売買手数料や社会保険関係のコストまで考えたら、後々管理を徹底する必要が有るリレー投資をしなくても極端に大きく変わる事はないように思えます。

吊られた男さんのブログ「ETFは過大評価では!?」が参考になると思います。
http://blog.livedoor.jp/tsurao/archives/1048971.html

タカちゃんさん

でも、コストまで本当に考えるのならばマーケットタイミングを見計らってやる必要が有ります。
→これですと タイミング投資が分からないから地道に
 積み立ててる投資方法を否定することになっちゃいますね。
(私は積立一部のタイミングは重視派です)

私はリレー投資については手間と切り替え時のコストが気になってやっていません。日本株はTOPIX連動型上場投資信託、外国株はSTAMをタイミングを見ながら購入しているのでそんなにコストを気にすることもないかなと思っていますし。
もっとも、最近は日本株については厳選した個別株を幅広く買った方がメリットが大きいように思えて自分投信(笑)の方向です。優待も配当ももらえるし、さわかみファンドを買うよりはましかなと。
特に日本についてはある程度は戻るでしょうが、長期的には衰退する方向である可能性を否定できないと思っていますので日本株のインデックス投資には不安を感じます。

>北尾さん

良い改善ですよね。
読者の方に教えていただいて知りました。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-640.html#comment_list


>龍王さん、タカちゃんさん

よく考えたうえでリレー投資をしないのもひとつの知見だと思いますよ。
たしかに手間とコストがかかりますからね。


>ツイてる!さん

1000近くの記事がありますので、ご自由にどうぞー。
もしくは、右メニューで紹介しているおすすめ本をどれか一冊でも読まれることをおすすめします。


>田原さん

僕も日本株式のインデックスにはあまり期待をしていません。
欧米のインデックスとは別物だと考えています。日本の株式市場が出来た歴史的経緯やインデックスの推移を見ると尚更そう思います。

はじめまして

いつも拝見しています。
この度はコメントありがとうございました。

私はインデックス投資歴1年です。
当初は「投資信託にだまされるな」のおすすめ投信をある程度悩んで選びましたが、1年たった今、より低コストのSTAMシリーズに変えるべきなのかなぁと悩んだりしています。
すべてをSTAMシリーズするのは素人考えで何となく危ないかなぁとも思ったり。

いつも参考にしています。
またちょくちょく来ますので、よろしくおねがいします。

>キャラメルさん

「投資信託にだまされるな」に出ている投資信託なら、そんなに悪いものではないと思います。
STAMにしても、今後それ以上のものが出ないとも限りません。
いろいろ悩ましいですね。いい意味で(^^)
また遊びにきてください。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)