バンガードが世界の小型株に分散投資するETFを米国で上場

水瀬ケンイチ

バンガードが世界の小型株に分散投資するETFを、米国で上場したようです。

モーニングスター 2009/04/07より引用】
バンガードが世界の小型株に分散投資するETFを米国で上場
 インデックスファンド運用大手のバンガードは6日、米国を除く先進国と新興国の小型株に幅広く分散投資するETF(上場投資信託)「バンガード・FTSE・オールワールド・ex-US・スモールキャップ・ETF(VSS)」を米国のNYSEアーカ取引所に上場した。エクスペンス・レシオ(純資産に対する経費率)が0.38%と海外の小型株に分散投資する既存のETFに比べて低い点が特徴。
【引用おわり】

米国を除く先進国と新興国の小型株に分散投資。
好きな人はとっても好きそうなETFですね。



そして、そのエクスペンスレシオがたったの0.38%。
米国のインデックス商品は、なんでも低コストでいいですね。
さすが金融先進国といったところでしょうか。
米国の金融の発展は、証券化などの分野では少々行き過ぎた感がありますが、普通の個人投資家向けの投資商品については、確実に恩恵をもたらしているようです。

その点は、日本の金融業界もぜひ見習ってほしいです。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ