08年度公募株式投信、資金流入9割減。残り1割は勝者か敗者か

水瀬ケンイチ

08年度の公募株式投信の資金流入が9割減だそうです。

NIKKEI NET 2009/04/14より引用】
公募株式投信、資金流入9割減 08年度、足元では回復の兆し
 投資信託協会が13日発表した投信概況によると、2008年度末にあたる3月末の公募株式投信の純資産残高は40兆3517億円となり、1年前に比べ30%減った。1951年の調査開始以来、年度ベースとして最大の落ち込みとなった。国内外の株価下落などで運用資産が目減りしたほか、資金流入額も前の年度に比べて9割近く減った。足元では外国株投信に資金が入り始めたが、残高の押し上げ効果はまだ限られている。
【引用おわり】

相場が上昇すると流入し、下落すると流出する資金。
トレンドフォローの投資家がいかに多いかが分かります。

そんななか、金融危機の年に市場に資金を投入し続けた、残り1割の投資家たちがいます。
彼らは、勝者なのか敗者なのか。
それは、後になってみないと分かりません。

20年後、「結局、あの頃がいちばんの買い時だったね」と笑いながら話せるといいなぁ。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ