クルーグマン教授「日本に謝罪」。そんなことより日本の教訓を活かして

水瀬ケンイチ

あのクルーグマン教授が、かつて対日批判について謝罪したそうです。

YOMIURI ONLINE 2009/04/14より引用】
「日本に謝罪」…かつて対日批判急先鋒の米ノーベル賞教授
 【ニューヨーク=山本正実】「私たちは、日本に謝らなければならない」――。

 2008年のノーベル経済学賞を受賞したポール・クルーグマン米プリンストン大教授は13日、外国人記者団との質疑応答で、1990~2000年代のデフレ不況に対する日本政府や日本銀行の対応の遅さを批判したことを謝罪した。

 教授は、「日本は対応が遅く、根本的な解決を避けていると、西欧の識者は批判してきたが、似たような境遇に直面すると、私たちも同じ政策をとっている」と指摘。「(3月で8・5%と)上昇する米失業率を見ると、失われた10年を経験した日本より悪化している」と述べ、経済危機を克服するのは予想以上に難しいとの見方を示した。
【引用おわり】

えっ?



先日、日本のかつての経済政策を批判して「大ばか野郎」と言ったFRB元理事がいましたが、今度は、対日批判の急先鋒のノーベル賞教授がかつて対日批判に対して謝罪とは。
かつての日本に対する評価も微妙に変わってきたのでしょうか。
(関連記事)
2009/02/28 大ばか野郎以下にならないでね

しかし、かつての日本の評価を良いの悪いの言うよりも、それを教訓として、今そこにある危機に対してどう活かしていくかのほうが大切だと思います。

経済危機克服が難しいのは分かりますが、だからこそ人類の英知を結集して頑張ってほしい。
白旗をあげるのはまだ早過ぎますぞ、ノーベル賞教授!

(関連記事)
2007/04/16 「良い経済学 悪い経済学」(ポール・クルーグマン著)
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ