クルーグマン教授「日本に謝罪」。そんなことより日本の教訓を活かして

あのクルーグマン教授が、かつて対日批判について謝罪したそうです。

YOMIURI ONLINE 2009/04/14より引用】
「日本に謝罪」…かつて対日批判急先鋒の米ノーベル賞教授
 【ニューヨーク=山本正実】「私たちは、日本に謝らなければならない」――。

 2008年のノーベル経済学賞を受賞したポール・クルーグマン米プリンストン大教授は13日、外国人記者団との質疑応答で、1990~2000年代のデフレ不況に対する日本政府や日本銀行の対応の遅さを批判したことを謝罪した。

 教授は、「日本は対応が遅く、根本的な解決を避けていると、西欧の識者は批判してきたが、似たような境遇に直面すると、私たちも同じ政策をとっている」と指摘。「(3月で8・5%と)上昇する米失業率を見ると、失われた10年を経験した日本より悪化している」と述べ、経済危機を克服するのは予想以上に難しいとの見方を示した。
【引用おわり】

えっ?

先日、日本のかつての経済政策を批判して「大ばか野郎」と言ったFRB元理事がいましたが、今度は、対日批判の急先鋒のノーベル賞教授がかつて対日批判に対して謝罪とは。
かつての日本に対する評価も微妙に変わってきたのでしょうか。
(関連記事)
2009/02/28 大ばか野郎以下にならないでね

しかし、かつての日本の評価を良いの悪いの言うよりも、それを教訓として、今そこにある危機に対してどう活かしていくかのほうが大切だと思います。

経済危機克服が難しいのは分かりますが、だからこそ人類の英知を結集して頑張ってほしい。
白旗をあげるのはまだ早過ぎますぞ、ノーベル賞教授!

(関連記事)
2007/04/16 「良い経済学 悪い経済学」(ポール・クルーグマン著)
関連記事


  





コメント

曲解もいいところ

>私たちは、日本に謝らなければならない

>似たような境遇に直面すると、私たちも同じ政策をとっている

謝罪しなければいけないのは同じような間違いを犯している西欧の政策担当者であって、「自分の主張が間違っていた」とは言ってないんですよ。
記者がすさまじい勘違いか、我田引水をしてるだけ。

詳しくは田中秀臣氏のブログがわかりやすいかな。
http://d.hatena.ne.jp/tanakahidetomi/20090414#p1

日本に謝罪と言うより今の欧米の対応についての皮肉では?

>アルビレオ師匠

誰が謝罪してもいいのですが(むしろ謝罪などいらないし)、昔の評価についてどうこう議論するより、せっかくの生きた実例を今後どう活かすかに、政策関係者は注力してほしいと思います。


>緩熊さん

そうかもしれませんね。

いろいろな見方があると思いますが、そもそも、クルーグマン
の言っていることは、どうなんだ?

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/f7e49144dd1f0326524232634d9922de


「日本に謝罪」というのは、

補正予算というバラマキを正当化させるための読売の
キャンペーンなのでは?

と思ってしまいます。

>失われた10年を経験した日本より悪化している」と述べ、経済危機を克服するのは予想以上に難しいとの見方を示した。

これって!?
さらなる暴落の可能性もあるってことですよね^^;;

(承認されないかもしれませんが)利益を得る方法はありそうですね。

>ひろんさん

池田氏のブログを見ると、主張が二転三転しているみたいですね。
確かに、どうなんだ?という気はします(^^;


>預金王さん

クルーグマン教授がなんと言おうが、現在の世界経済は予断を許さない状況であり、更なる暴落の可能性は常につきまとっている状況だと思います。
暴落を利用して利益を得る方法もあると思いますので、ぜひ頑張ってほしいですね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)