信託報酬0.08%のTOPIX連動ETFが登場

信託報酬が0.08%と最安値のTOPIX連動ETFが来月上場するそうです。

【日経新聞 2009/04/17朝刊より引用】
三菱UFJ投信、低コストETF 信託報酬0.08%、来月上場
 三菱UFJ投信は5月中旬に上場する東証株価指数(TOPIX)連動型の上場投資信託(ETF)で信託報酬を0.08%まで引き下げる。国内ETFでは最も低コストのETFになる。すでに同指数に連動するETFは東京証券取引所に3本上場されている。最後発の三菱UFJ投信は、低コストを打ち出してシェア獲得を狙う。

 信託報酬はETFの時価に応じて投資家が運用会社に支払う手数料。これまで国内市場に上場されているETFで最も信託報酬が安かったのは日興アセットマネジメントの「上場インデックスファンドTOPIX」の0.09%だが、売買単位が1000口(80万円程度)からと大口だった。三菱UFJは売買単位を10口に小口化し、個人投資家にも買いやすくする。
【引用おわり】

信託報酬の安さに加えて、売買単位を10口に小口化するというのもいいですね。
TOPIX連動ETFでは、これまでTOPIX連動型上場投資信託(1306)が人気でしたが、これからはこっちが主流になるかもしれません。

コストの次は、流動性がやはり気になります。
TOPIX連動なら問題なさそうな気はしますが、上場されたら売買高にも注目したいと思います。

ところで、日経記事によれば、相場が低迷した2008年度も、個人のETF買越額は前年度比17%増加していたそうです。
ETF、個人に人気が出てきましたね。

そして、クルークによれば、三菱UFJ投信の狙いは個人だけでなく、政府ではないかという推測まであります。
政府が決定した追加経済対策(経済危機対策)では、ETFを市場から最大50兆円買い取る制度が盛り込まれており、これを狙っているのではないかとのこと。

個人に政府に、ETF大人気のようです(^^)
関連記事


  





コメント

薄利多売の精神

はじめまして、こんばんは。
いつも参考にさせていただいてます!
国内ETFは色々と政府が画策(笑)しているようですが
信託報酬引下げ合戦は個人として大歓迎です。
個人的には自動で再分配が可能な投資信託のほうがETFよりも使い勝手が良いと思っていますので、投資信託の信託報酬引下げに繋がるといいなぁ~なんて思ってます。
運用会社も、100均のように「薄利多売の精神」で商品開発してくれると、個人投資家も運用会社もお互いハッピーになる!と単純に考えてます(笑)

これからも更新楽しみにしていますので、頑張ってください。

こんばんは。

>政府が決定した追加経済対策(経済危機対策)では、ETFを市場から最大50兆円買い取る制度が盛り込まれており、これを狙っているのではないかとのこと。


なるほど、そういう狙いもあるんですか・・・。

流動性の問題はありますが、低コストのETFが出てくれるとやはりうれしいですね(^^)。政府に人気があるのはいいのかわかりませんが・・・(笑)

こんばんは。例え政府狙いにせよ個人投資家にとってはいい事ですね。
あとは取引数量が伸びるかどうかですね。それまでは様子見の人が多そうです。

海外ETFもこの流れで

海外ETFもこの流れで、次々に個人投資家向け商品を充実していただけたらと、願っております。

同じく取引数量が気になります。
ただ、三菱UFJ投信もその辺の分析をして、なおかつイケると思ったから行動したんでしょう。

私も1306を持っていますが、動向次第ではこちらに動いても良いかもしれません。
中身とか隠れコストとか見てから慎重に動こうと思っています。

もういいよ

TOPIXは・・・ですw 東証が統制取れないものでしょうかね。
ただ、なんというかTOPIXや225のETFは信託報酬ってどうも
意識しにくいですよね?口数が減るわけじゃないですし、
取引価格も気持ち指数より高めの場合が多いですが、売るときも
そうなわけですし。
ETFの信託報酬は口数に影響が無いのでピンと来ないんですよね

追加経済対策(経済危機対策)

儲かったら、今回の国債ジャブジャブ計画で国債発行残高が大幅に増えたので、その分は減らせるはずです。
儲かったら無駄使いしないで、国債発行残高を抑えるようにやって欲しいですね。
それから、外国人投資家が次第に日本株を買い越すようになってきました。

でも、本当の狙いは三菱UFJ証券の個人情報売却問題で揺れている三菱UFJグループの活性化???だったりして・・・

政府が基準価額底抜け防止にETF買取り介入を表明した影響で、現在キャッシュポジションで待機している人の安値買いのチャンスが潰されてしまいましたね。すでに相当額を投資している人には朗報と思いますが。

最近は(日本株投信については)STAMインデックスシリーズの信託報酬すら馬鹿馬鹿しく思えてTOPIX連動型上場投資信託しか買っていません。証券会社が信用できるなら貸株にすればかなりの低コストになりますし。
今回のは低コストはありがたいのですが既存の物も含めて資金が分散することによる流動性の低下が気になります。
しかし、あの政府の対策は良くわかりません。ETFを買ってどれだけ効果があるのやら…。選挙対策のばらまき給付金よりはましかもしれませんが。

貸し株は

緩熊さん
貸し株は証券会社だけでなく貸し出し先(どこにかは非開示)が
潰れてもダメですよ。
塩漬けの人が利用するケースもあるようですがリスクとリターン
を考えると使わないほうが安全だと思います。

>SAKUさん

はじめまして、SAKUさん。
ほんと投信のコスト低下につながるといいですよね。


>田舎のKenさん

クルークの推測なので、実際のところは分かりませんが…(^^;;


>うさみみさん

コスト競争大歓迎です。


>蓄財王さん

僕も個人の資産運用のコアになるようなメジャーな株式指数に連動するETFを!と要望し続けます。


>にっしーさん

インデックス投資はやることがあまりありませんから、インデックス商品の比較検討は数少ない楽しみのひとつです。
ゆっくり検討しましょう(^^)


>龍王さん

MSCIコクサイ連動などがほしいところですよね。
運用会社・証券取引所に粘り強く要望していきたいと思います。


>タカちゃんさん

三菱UFJ証券の不祥事は、深刻な影響が出ているようです。
続報追記しています。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1043.html
三菱UFJ投信が新商品を出したくらいでは活性化しないような気がします…。


>初心者さん、緩熊さん

政府のETF買取り介入は賛否両論あるようですね。


>龍王さん

僕も個人的判断で貸株はやってません。
貸株のリスクについては、以前の記事のコメント欄で議論になり、理解が深まりました。
ご興味があればご参考にどうぞ。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-723.html

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

信託報酬0.08% TOPIX連動ETF登場!! 

でましたね。 ちょーーっぴりですが、本場USAに近づいた感じがします。 以下、NIKKEI NETより引用 ~三菱UFJ投信、低コストETF 信託...

他より ホンのちょっと低コストのTOPIX ETFが上場

三菱UFJ投信、低コストETF 信託報酬0.08%、5月上場【NIKKEI NET】 三菱UFJ投信は5月中旬に上場する東証株価指数(TOPIX)連動型...

三菱UFJ投信、低コストETF 信託報酬0.08%、5月上場

日経新聞4月17日朝刊で見かけた記事です。NIKKEI NET でも見ることができます。 http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/hotnews.aspx?id=AS2C1600W+16042009 乙も、TOPIX 連動型の ETF を購入していますが、手数料が最安の ETF が登場したことになります。 TOPIX に連...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)