信託報酬0.08%のTOPIX連動ETFが登場

水瀬ケンイチ

信託報酬が0.08%と最安値のTOPIX連動ETFが来月上場するそうです。

【日経新聞 2009/04/17朝刊より引用】
三菱UFJ投信、低コストETF 信託報酬0.08%、来月上場
 三菱UFJ投信は5月中旬に上場する東証株価指数(TOPIX)連動型の上場投資信託(ETF)で信託報酬を0.08%まで引き下げる。国内ETFでは最も低コストのETFになる。すでに同指数に連動するETFは東京証券取引所に3本上場されている。最後発の三菱UFJ投信は、低コストを打ち出してシェア獲得を狙う。

 信託報酬はETFの時価に応じて投資家が運用会社に支払う手数料。これまで国内市場に上場されているETFで最も信託報酬が安かったのは日興アセットマネジメントの「上場インデックスファンドTOPIX」の0.09%だが、売買単位が1000口(80万円程度)からと大口だった。三菱UFJは売買単位を10口に小口化し、個人投資家にも買いやすくする。
【引用おわり】

信託報酬の安さに加えて、売買単位を10口に小口化するというのもいいですね。
TOPIX連動ETFでは、これまでTOPIX連動型上場投資信託(1306)が人気でしたが、これからはこっちが主流になるかもしれません。



コストの次は、流動性がやはり気になります。
TOPIX連動なら問題なさそうな気はしますが、上場されたら売買高にも注目したいと思います。

ところで、日経記事によれば、相場が低迷した2008年度も、個人のETF買越額は前年度比17%増加していたそうです。
ETF、個人に人気が出てきましたね。

そして、クルークによれば、三菱UFJ投信の狙いは個人だけでなく、政府ではないかという推測まであります。
政府が決定した追加経済対策(経済危機対策)では、ETFを市場から最大50兆円買い取る制度が盛り込まれており、これを狙っているのではないかとのこと。

個人に政府に、ETF大人気のようです(^^)
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ